竹ペグが冬山でのキャンプにおすすめ!打ち込むコツや自作方法も!

お気に入りに追加

冬山キャンプで大活躍の、竹ペグの魅力について触れています。竹ペグの自作方法や、結び方の説明をしました。また、竹ペグの打ち込むときのコツや、メリットも詳しくまとめています。テントを組み立てるときにかかせない、竹ペグを徹底解説。ぜひ参考にしてみてください。

竹ペグが冬山でのキャンプにおすすめ!打ち込むコツや自作方法も!

目次

  1. 竹ペグの自作方法や打ち込むコツを紹介!
  2. 竹ペグのメリットと自作方法
  3. 竹ペグを打ち込むコツと結び方のポイント
  4. 竹ペグを使ってテントを張ってみよう!

竹ペグの自作方法や打ち込むコツを紹介!

通常のペグの代用の竹ペグですが、夏用のペグに比べて長さがあります。冬キャンプではペグを雪に刺すこともあり、雪中でのキャンプにはおすすめです。ペグが短いと効果がないため、冬キャンプで使うペグは長い仕様になっています。
竹ペグは長さがあるため地面に深く刺さり、しっかりと固定することが可能です。店舗でも販売はされていますが、購入しなくても簡単に自作でき、値段もかからずに安く作れます。
つきましては、テントを設営するのに大活躍の竹ペグについて掲示しました。また、ペグの代用としても使える竹ペグの作り方も解説しています。ぜひ、チェックしてみてください。

竹ペグのメリットと自作方法

竹ペグのメリット

竹ペグは軽量なのが、メリットとして挙げられるでしょう。そのため、携帯にも非常に便利です。また、軽量にも関わらず、強度もあるので使い勝手が良いでしょう。さらに、竹ペグを作るのに必要な材料も、安く手に入れることができます。
100均でも道具をそろえることが可能なので、コスパが良いです。なによりも、竹ペグは地面に刺したままでも土に還ります。そのため、キャンプギアとして自然に優しく、アウトドアに最適です。

自作方法①必要な道具と材料

竹ペグを作る際は、バトニングナイフと、のこぎりが必要です。バトニングとは、アウトドア用語で「薪割りが可能なナイフ」を指します。竹は頑丈なので通常のナイフだと、手元が狂い、ケガをする恐れがあります。
竹を加工するときは、バトニングナイフを利用するようにしましょう。のこぎりに関しては、とくに竹用ではなくても問題はありません。材料は竹になりますが、伐採済の竹を使用するようにしましょう。
竹の直径は、5cm前後のものが作りやすいです。また、竹の代わりに割り箸も使用できます。ただし、割り箸は折れやすいので注意してください。

自作方法②作り方

  1. 適当な竹を選んだら、バトニングナイフで縦に切る
  2. さらに、縦に切った竹をさらに縦に切り、4本にする
  3. 先端をバトニングナイフで鋭利にする
竹を縦に4等分にするので、一本の竹で4本の竹ペグが作れるということになります。必ず縁は削って、丸みを帯びるように加工しましょう。縁が鋭利だと、ロープに傷がつきロープの強度が低くなるからです。
また、竹ペグに節がないとロープが引っ掛かりにくくなります。節は切り取らずに残して、しっかりと加工しましょう。

竹ペグを打ち込むコツと結び方のポイント

竹ペグを打ち込むコツ

竹ペグは、テント側に竹の外皮が向くように固定します。また、ロープに対して90度前後に角度を固定すると、ロープが外れにくくなります。
打ち込むときはペグ用のハンマーで、通常通り叩いて打ち込んでください。適当な大きさの石でも打ち込むことは可能です。

ロープを結ぶ時のポイント

竹の節にしっかりとロープを引っ掛けてください。結び方は自在結びでピンと張るようにしましょう。また、先述したように、節がしっかりと残されていないと、ロープが引っ掛かる部分があまくなります。
その結果、何度もロープが外れてしまい竹ペグが地面から抜けやすくなります。ロープが外れるたびに反動で、せっかく打ち込んだ竹ペグが地面に対して、もろくなるためです。竹ペグにしっかりとロープを引っ掛けて、結んでください。

竹ペグを使ってテントを張ってみよう!

ペグの代用としても使える竹ペグは、100均で販売されている材料で簡単に作れます。100均で材料をそろえることができるので、経費も安く抑えることが可能です。この記事では、竹ペグの作り方やメリットについて、わかりやすく掘り下げました。
竹ペグを打ち込むときや、ロープを引っ掛けるときの注意点を把握してテントを張ってみてください。
永塚 学

この記事のライター

永塚 学

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

チタンペグのメリット・デメリットは?使い方やおすすめの長さも

ペグ

チタンペグのメリット・デメリットは?使い方やおすすめの長さも

軽くて強く、さびない人気のチタンペグについてまとめました。この記事では、チタンペグのメリット、デメリットをはじめ、詳しい使い方など詳もわかりやすく解説しています。おすすめのチタンペグを3つ紹介しているので、購入を悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

ペグの抜き方のコツは?簡単に抜くテクニックと上手な打ち方も!

ペグ

ペグの抜き方のコツは?簡単に抜くテクニックと上手な打ち方も!

ペグの抜き方のコツやおすすめの方法について紹介します。ペグ抜きのコツとしてハンマーやペグを使った方法を解説!簡単に抜くテクニックや、キャンプでテントを設営する際の上手な打ち方のアドバイスもまとめました。ペグの抜き方のコツの参考にしてください!

DOD「チンアナゴペグ2」のレビューまとめ!タープ設営時にも便利

ペグ

DOD「チンアナゴペグ2」のレビューまとめ!タープ設営時にも便利

DOD「チンアナゴペグ2」のレビューをまとめました!ランタンスタンドとしてだけでなく、アイデア次第で便利に使えるチンアナゴペグ2の実力を紹介していきます。従来品からの改良点も解説していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

竹ペグが冬山でのキャンプにおすすめ!打ち込むコツや自作方法も!

ペグ

竹ペグが冬山でのキャンプにおすすめ!打ち込むコツや自作方法も!

冬山キャンプで大活躍の、竹ペグの魅力について触れています。竹ペグの自作方法や、結び方の説明をしました。また、竹ペグの打ち込むときのコツや、メリットも詳しくまとめています。テントを組み立てるときにかかせない、竹ペグを徹底解説。ぜひ参考にしてみてください。

ペグの種類と使い方まとめ!おすすめアイテム12選も紹介!

ペグ

ペグの種類と使い方まとめ!おすすめアイテム12選も紹介!

ペグの種類や正しい使い方について、まとめています。ペグには用途に応じてさまざな種類があるので、その特徴をわかりやすく解説!さらに、おすすめの商品12選とそれぞれの用途や性能、口コミなども入れて紹介していますので、ぜひチェックしてください。

関連するキーワード

ペグランキング

人気ランキング

話題のキーワード