【厳選】キャンプでおすすめのモバイルプロジェクターを10個紹介!選び方のポイントも解説

お気に入りに追加

キャンプで注目を集めているモバイルプロジェクターの選び方について解説します。モバイルプロジェクターを使う際の注意点からおすすめ商品まで紹介していきます。キャンプでモバイルプロジェクターを使う際に必須のアイテムもありますので最後まで読んで下さいね。

 【厳選】キャンプでおすすめのモバイルプロジェクターを10個紹介!選び方のポイントも解説

目次

  1. キャンプに最適!おすすめモバイルプロジェクターを紹介
  2. モバイルプロジェクターの選び方!8つのポイント
  3. プロジェクターの選び方①:iPhoneやスマホに接続の有無で選ぶ
  4. プロジェクターの選び方②:低価格帯の安いタイプを選ぶ
  5. プロジェクターの選び方③:妥協しないで高性能モデルを選ぶ
  6. プロジェクターの選び方④:消費電力で選ぶ
  7. プロジェクターの選び方⑤:軽くて持ち運びしやすいタイプを選ぶ
  8. プロジェクターの選び方⑥:Wi-FiやBluetooth対応で選ぶ
  9. プロジェクターの選び方⑦:画面の明るさで選ぶ
  10. プロジェクターの選び方⑧:Android搭載モデルで選ぶ
  11. キャンプでモバイルプロジェクターを使うときの注意点
  12. 注意点①:音量に注意する
  13. 注意点②:明るさに注意する
  14. 注意点③:スクリーンの設置に注意する
  15. キャンプで使いやすいおすすめのモバイルプロジェクター10選!
  16. モバイルプロジェクター①:XGIMI Halo+
  17. モバイルプロジェクター②:Anker Nebula (ネビュラ) Astro
  18. モバイルプロジェクター③:Anker Nebula (ネビュラ) Capsule II
  19. モバイルプロジェクター④:FunLogy X-03
  20. モバイルプロジェクター⑤:Aladdin Vase
  21. モバイルプロジェクター⑥:BenQ GV30
  22. モバイルプロジェクター⑦:ETOE1080P
  23. モバイルプロジェクター⑧:Pokitter Lemonade-JP
  24. モバイルプロジェクター⑨:AKASO プロジェクター 小型 DLP
  25. モバイルプロジェクター⑩:POYANK TP-03
  26. モバイルプロジェクターの比較表
  27. モバイルプロジェクターと一緒に必要なアイテム
  28. おすすめアイテム①:スクリーン・三脚
  29. おすすめアイテム②:高性能イヤホン
  30. おすすめアイテム③:モバイルバッテリー・ポータブル電源
  31. モバイルプロジェクターはキャンプで使うと楽しいのでおすすめ!

キャンプに最適!おすすめモバイルプロジェクターを紹介

キャンプにモバイルプロジェクターがあると楽しみ方が倍増します。モバイルプロジェクターがあれば自然と触れ合いながら家庭にいるような楽しみも味わえるからです。 映画を見たりゲームをするのも良いでしょう。BGMとして気持ちを高めるのにも役立ちます。開放感のある環境でのゲームも盛り上がるでしょう。 ただしモバイルプロジェクターの選び方や使い方には少しコツがいります。 「思ってたイメージと違った」とならないために最適な機種を選びましょう。

モバイルプロジェクターの選び方!8つのポイント

キャンプでモバイルプロジェクターを使ってみたい人も多いでしょう。でも、実際にどんな機種を選べばよいのか迷ってしまいます。 モバイルプロジェクターといっても千差万別。コスパのよいお手軽なものから、本格的な映像を楽しめるタイプまであります。 下記でモバイルプロジェクターを選ぶためのポイントを8つ紹介しますので、参考にしてください。

プロジェクターの選び方①:iPhoneやスマホに接続の有無で選ぶ

プロジェクターを選ぶときにはiPhoneなどのスマホと連携できる機種を選ぶと便利です。iPhoneなどのスマホと連携できるとモバイルプロジェクターの使い方が広がります。 例えば、キャンプ場でWi-Fiが繋がらない時もiPhoneからモバイルプロジェクターにミラーリングして見たりテザリングして使うことも可能です。 低価格帯のモバイルプロジェクターでもiPhoneなどのスマホと連携できる商品が増えているので購入するときには確認して下さい。

プロジェクターの選び方②:低価格帯の安いタイプを選ぶ

PRICE

キャンプ用のモバイルプロジェクターを購入するときには、低価格帯のものでコスパの高いものを選ぶのも良いでしょう。屋外で使うため、雨風にさらされたり、落下して落としたりする可能性があるからです。 超高性能で数十万もするモバイルプロジェクターを購入して、すぐに壊してしまったら最悪ですよね。   とりあえず、キャンプで楽しんでみたいというかたなら、安めのもので十分です。 慣れてきたら、ハイスペックのものに切り替えてもよいでしょう。

プロジェクターの選び方③:妥協しないで高性能モデルを選ぶ

モバイルプロジェクターを選ぶときにはある程度スペックにこだわりましょう。モバイルプロジェクターは小型なため、家庭用と比較してスペックが落ちやすい傾向にあります。 プロジェクターはキャンプの時だけと考えがちですが、実はキャンプと家庭利用の相性は抜群です。キャンプの記録を動画にまとめれば、家でキャンプの思い出を振り返ることができます。 仲間と一緒のホームパーティーをしながら過去のキャンプの思い出話で盛り上がるでしょう。 最初は少し高いと感じてもスペック良いのプロジェクターは、満足度が高いのでおすすめです。

プロジェクターの選び方④:消費電力で選ぶ

消費電力

キャンプで使うプロジェクターを用意するなら消費電力もチェックしておきましょう。 自宅と違いキャンプ場では電源の確保ができないことが多いからです。 モバイルプロジェクターがあるキャンプは楽くて、ついついバッテリーを消費してしまいますよね。 ポータブル電源を用意していても容量オーバーで使えないのは残念です。 そのため、モバイルプロジェクターを選ぶときは消費電力にも注目しましょう。

プロジェクターの選び方⑤:軽くて持ち運びしやすいタイプを選ぶ

モバイルプロジェクターを選ぶときには重さに注意しましょう。 キャンプ道具は他にもたくさんあるので、少しでもかさばらないほうが持ち運びが楽だからです。 また、キャンプでプロジェクターを使用する際には三脚やスクリーンなどの備品が必要です。 キャンプの移動時や設置時はプロジェクターが重すぎる必要以上に体力を消耗しますよね。 せっかくのキャンプが、こんなことで疲れてしまってはもったいないです。 そのため、プロジェクターを選ぶときには重さやサイズ付属品にも注意したいですね。

プロジェクターの選び方⑥:Wi-FiやBluetooth対応で選ぶ

モバイルプロジェクターを選ぶときにはWi-Fiや Bluetoothに対応の機種をなるべく選びましょう。モバイルプロジェクターにWi-FiやBluetooth機能があれば無駄な配線を繋ぐ必要がありません。 キャンプ場を選ぶときにも最低iPhoneなどのスマホが繋がるところ、出来ればWi-Fi環境があるところがおすすめです。 キャンプ場にWi-Fiがないときには、iPhoneなどのスマホからのテザリング設定をしておくかポケットWi-Fiの準備をしておくと便利です。 プロジェクターの機能を充分発揮させるためにはWi-Fi、Bluetooth機能が付いた機種を選ぶと良いでしょう。

プロジェクターの選び方⑦:画面の明るさで選ぶ

モバイルプロジェクターは画面が明るいほど鮮明に映ります。キャンプの際には折り畳みのスクリーンを使用したり、壁に投影したりすることが多くなります。 キャンプで使用するモバイルプロジェクターはできるだけ画面の明るい機種を選びましょう。 明るさを比較するには「ルーメン(lm)」もしくは「ANSIルーメン(ANSI lm)」の表記を確認。 信頼度が高いのは「ANSIルーメン」表記のある製品です。 「ルーメン」が光源の明るさなのに対して「ANSIルーメン」は実際にスクリーンに投射された光の明るさを測定したものだからです。 アウトドアでは家庭よりも「周囲の明るさをコントロールしにくい」「スクリーンにシワが入りやすい」などの悪条件がつきものです。 モバイルプロジェクターを選ぶ時には画面が明るい機種を選びましょう。

プロジェクターの選び方⑧:Android搭載モデルで選ぶ

最近のモバイルプロジェクターにはAndroid機能搭載の機種が増えています。Android搭載のモバイルプロジェクターを選べば携帯を操作するようにストリーミングやゲームが楽しめます。 Android機能は決して高い機種にのみ搭載されている訳ではありません。 低価格でもAndroid搭載の機種が増えています。 しかし、安いからといって飛びつくと、古い機種だったということもあるので注意しましょう。

キャンプでモバイルプロジェクターを使うときの注意点

キャンプにプロジェクターがあれば盛り上がること間違いなしですが、他のキャンパーへの配慮を忘れてはいけません。

最低限、配慮したい3項目をピックアップしましたので、マナー違反にならないように必ず確認しておきましょう。

注意点①:音量に注意する

騒音に困っている女性

キャンプでプロジェクターを使っているとついつい盛り上がってしまい周囲への配慮がおろそかになりがちです。 多くのキャンパーは都会の喧騒を離れリラックスしたいと考えています。

周囲のキャンパーの迷惑にならない音量で楽しみましょう。 キャンプ場によってはプロジェクターの使用が禁止されていることがあるので事前の確認があると安心です。

周囲のキャンパーに対してもモバイルプロジェクターの使用確認のため、あいさつするのを心がけておきましょう。

注意点②:明るさに注意する

眩しい

モバイルプロジェクターを使う時に音と同様に配慮したいのが明るさです。 モバイルプロジェクターはスクリーンに投影するため、周囲に光が漏れてしまいます。

夜の薄明るい光のもとでキャンプを楽しんでいる人達にとって大迷惑となります。 白地のシーツや大判のタオルをスクリーン代わりにしている人もいますが、光が漏れやすいため注意が必要です。

キャンプ場でモバイルプロジェクターを使用する際は、なるべく人気の少ないエリアでおこなうか、投影する向きを人のいない方向にするなどの配慮が必要です。

注意点③:スクリーンの設置に注意する

スクリーンの設置には最善の注意をしましょう。 キャンプ場では予測できないことが起こる場合があります。 急な天候変化で突風が吹いたり、子供が走り回って固定していたロープに引っ掛けたりすることもあるでしょう。

タープテントなどをに設置できるスクリーンを選びペグ留めできると安心です。 スクリーンは、周囲のテントの距離や障害物などを確認しながら設置するようにしましょう。

キャンプで使いやすいおすすめのモバイルプロジェクター10選!

キャンプで使いやすいモバイルプロジェクターを10機種紹介していきます。 映像にこだわったプロジェクターからお求めやすい機種まで数ある中から厳選しました。

あなたにピッタリのモバイルプロジェクターを見つけてください。

モバイルプロジェクター①:XGIMI Halo+

出典: Amazon
XGIMI
XGIMI Halo+
109,890円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
高性能のモバイルプロジェクター

モバイルプロジェクタークラス最高レベル900ANSIルーメンの圧倒的な明るさを誇ります。  Android TV10.0を搭載しているのでスマートフォン感覚で使えます。GooglePlayから5,000以上のアプリをダウンロードしたりストリーミングサービスが楽しめます。 自動調整機能があるキャンプなどのアウトドアでも補正に時間がかかりません。 大容量バッテリー内蔵で2時間の動画再生が可能なのです。電源が確保できないキャンプ場でも安心です。「Harman/Kardon 5W×2」スピーカー搭載なので、音質面でストレスを感じにくいでしょう。

サイズ 約113.5x171.5x145mm
重さ 約1.6kg
明るさ 900ANSIルーメン
40代/男性
40代/男性

価格は高いが納得の一台

評価:

持ち運びしやすい機種の中では900ANSIルーメンと明るいのでこの商品に決めました。本体の静音性が良くスピーカーの音声もよく響きます。上下左右ともに台形補正してくれるので他の部屋に移動して使う時もラクラクです。

モバイルプロジェクター②:Anker Nebula (ネビュラ) Astro

出典: Amazon
NEBULA
Anker Nebula (ネビュラ) Astro
41,941円(税込)
Amazonで詳細を見る
手のひらサイズでどこでも動画が楽しめる

アウトドアでも手にフィットしやすいソフトボールを連想させる丸いデザインに見えますが、設置面は平らにできているので置いた時には安定感があります。 明るさは100ANSIルーメンと少し少なめですがキャンプ・アウトドア専用としては十分対応できるスペックです。

サイズ 91.2x82.0x89.2mm
重さ 約380g
明るさ 100ANSIルーメン
30代/女性
30代/女性

コンパクトでかわいいデザインが気にいってます

評価:

少し画像が粗いと口コミにありましたが個人的には気になりません。感じますが持ち運びに便利です。丸いデザインが気にいっています。持ち運びに便利です。

モバイルプロジェクター③:Anker Nebula (ネビュラ) Capsule II

出典: Amazon
NEBULA
Anker Nebula (ネビュラ) Capsule II
69,990円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
ベストセラーのモバイルプロジェクター

発売当初から売れ続けているAnker(アンカー)のモバイルプロジェクターです。 手のひらサイズですが実際持ってみると予想したよりも少し重量感を感じます。しかし、使用時においてみると安定感があり安心できます。 Android TV9.0を搭載しているので人気のアプリを自由にインストールして使えます。 Anker Nebula Capsule IIなら音質が良く迫力あるサラウンドが楽しめるでしょう。(ただし背面スピーカーなのでスピーカーよりも後ろの位置での試聴がおすすめです。)

サイズ 約150 x 80 x 80mm
重さ 約740g
明るさ 200ANSIルーメン
30代/男性
30代/男性

コンパクトなのに安定感がイイ

評価:

大きさの割に少し重いかなと感じましたが、実際に置いてみると安定感があって気にいっています。映像に見合った音質にも満足しています。

モバイルプロジェクター④:FunLogy X-03

出典: Amazon
FunLogy
FunLogy X-03
39,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
90°回転し天井投影可能

ペットボトルサイズでかたてで簡単に持ち運びできる重さです。予め天井投影を想定して設計されているため上部が簡単に90°曲がって壁にも天井にも投影しやすい仕組みになっています。小さいお子さんの寝かしつけにも便利でしょう。

サイズ 50×50×192mm
重さ 440g
明るさ 100ANSIルーメン
30代/女性
30代/女性

体を傾けなくて良いから楽

評価:

簡単に天井に映すせるから寝ながらみるときとても楽です。

モバイルプロジェクター⑤:Aladdin Vase

出典: Amazon
popin Aladdin
aladdin vase
69,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
空間に溶け込むデザイン

popin Aladdinといえばスペースを無駄にしない「目から鱗のシーリングライト一体化プロジェクター」で有名です。 AladdinVaseは花瓶をモチーフに本体はもちろんリモコンに至るまで細部にこだわり空間に溶け込むデザインに仕上がっています。 スペックはもちろんのこと道具にこだわるキャンパーには要チェックの一品です。シーリングライト同様に独自のアプリケーション(壁時計、美風系、図鑑など)が搭載されており、映像を見ていない時にも空間を演出してくれます。

サイズ 80×169×80mm
重さ 約650g
明るさ 200ANSIルーメン
30代/女性
30代/女性

見た目で決めました

評価:

デザインが気に入りこれに決めました。どこのでもなじみコンパクトなのでいろんな場所にで使ってま。

モバイルプロジェクター⑥:BenQ GV30

出典: Amazon
ベンキュージャパン
BenQ GV30
84,849円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
ウーファー搭載だから音質にこだわるならコレ!

BenQ GV30は大画面で映像+音質にもこだわりたい人におすすです。 GV30なら見た目に反して、4W×2スピーカーに加えて8Wのウーファーを搭載しているので、モバイルプロジェクターNO.1の音質です。 デンデンムシを連想させるかわいいフォルム。しかし、−90〜135°の範囲を片手でも自由に回転できるため、天井投影が簡単で使いやすいのです。

サイズ 約120×185×195mm
重さ 約1.68kg
明るさ 300ANSIルーメン
30代/男性
30代/男性

とにかく音が良い

評価:

音域問わず厚みがあるので大画面の臨場感が味わえます。

モバイルプロジェクター⑦:ETOE1080P

出典: Amazon
‎Etoe
ETOE1080P
34,806円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
低価格で度台形補正付きモバイルプロジェクター

ETOE1080Pは、低価格な機種の中では装備が優れています。Android機能、台形補正まで内蔵されていて、コンパクトなので持ち運びに便利です。 ただし、充電機能がないのが難点。電源が確保できないキャンプ場やモバイルバッテリーを持ってないキャンパーには不向きな機種になります。

サイズ 194×182×173mm
重さ 1.55kg
明るさ 150ANSIルーメン
40代/男性
40代/男性

コンパクトでコスパがイイ

評価:

コンパクトでコンパクトで装備が多いのでのでコスパはイイです。ただ内蔵スピーカーの音はイマイチ。

モバイルプロジェクター⑧:Pokitter Lemonade-JP

出典: 楽天市場
Pokitter
Pokitter Lemonade-JP
14,499円(税込)
Amazonで詳細を見る
コンパクトでかわいいデザイン

レモンイエローが印象的な可愛らしいデザインのモバイルプロジェクターです。シンプルなつくりで 操作がしやすくリーズナブルな価格設定なので入門機におすすめです。 明るさは4500ルーメンなので、少し暗く感じる人もいるでしょう。

サイズ 170×185×197mm
重さ 1.25kg
明るさ 4500ルーメン
20代/男性
20代/男性

色で選びました

評価:

おもちゃのようですがレモンのような色が気に入っています。画像や音質は値段相応かと。

モバイルプロジェクター⑨:AKASO プロジェクター 小型 DLP

出典: Amazon
AKASO
AKASO プロジェクター 小型 DLP
34,464円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
iPoneと同サイズ程度のモバイルプロジェクター

驚くほどの小型モバイルプロジェクターで大きさはiPhone12Proを下回ります。実際にポケットに入るくらいコンパクト。軽量だから気軽に持ち運びしやすいので荷物が増えず、キャンプでのモバイルプロジェクター初心者におすすめです。スマホと繋いで手軽に映像を見れば備品もコンパクトに収まります。

サイズ 約150 x 80 x 80mm
重さ 640g
明るさ 1400ルーメン
30代/男性
30代/男性

持ち運びに便利

評価:

小さくて軽いから持ち運びが便利です。ただ軽すぎりのでケーブルに躓くとプロジェクターごと引きずられるので心配です。

モバイルプロジェクター⑩:POYANK TP-03

出典: Amazon
POYANK
POYANK TP-03
12,600円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
低価格の中では機能充実

リーズナブルなので試しに使ってみたい人に最適なモバイルプロジェクターです。しかし、Androidが搭載がありません。また、ファンの音がうるさいなどの問題点があるものの価格を考慮すれば優秀です。 変にデザインに凝っていないので、設置や操作が簡単です。プロジェクターの雰囲気が知りたいなどの入門機種には良いでしょう。

サイズ 263×248×109mm
重さ 1.54kg
明るさ 6500ルーメン
40代/男性
40代/男性

値段を考えれば満足

評価:

問題なく使用できています。値段からしてあまり期待はしていませんでしたが満足です。

モバイルプロジェクターの比較表

製品名

XGIMI Halo+

Anker Nebula Astro

Anker Nebula Capsule II

FunLogy X-03

aladdin vase

BenQ GV30

ETOE1080P

Pokitter Lemonade-JP

AKASO プロジェクター 小型 DLP

POYANK TP-03

サイズ

約113.5x171.5 x 145mm

91.2x82.0x89.2mm

約150 x 80 x 80mm

50×50×192mm

80×169×80mm

約120×185×195mm

194×182×173mm

170×185×197mm

185×115×73mm

263×248×109mm

重さ

約1.6kg

約380g

約740g

440g

約650g

約1.68kg

1.55kg

1.25kg

640g

1.54kg

明るさ

900ANSIルーメン

100ANSIルーメン

200ANSIルーメン

100ANSIルーメン

200ANSIルーメン

300ANSIルーメン

150ANSIルーメン

4500ルーメン

1400ルーメン

6500ルーメン

解像度

フルHD(1920 x 1080画素)

854×480画素(DLP)

1280 x 720画素

854×480画素

1280×720画素

HD(1280×720画素)

フルHD(1920 x 1080画素)

1080×720画素

1920×1080画素

1280×720

スピーカー

10W(5W x 2)

3W

8W

3W

10W(5W x 2)

4W×2+8Wウーファー

-

-

-

デュアルスピーカー内蔵

OS

Android TV 10.0

Android 7.1

Andoroid TV 9.0

Android 7.1

Andoroid TV 9.0

Andoroid TV 9.0

Android TV 10.0

-

-

-

特徴

・映像が明るい
・AndroidTV10.0搭載
・水平垂直自動補正

・コンパクト
・軽い
・おしゃれなデザイン

・サラウンドスピーカー
・Android9.0
・ベストセラー

・上部90°回転
・天井投影しやすい

・風景に溶け込むデザイン
・リモコンまでおしゃれ
・独自のアプリ

・ウーファー搭載
・片手で自由に回転

・低価格
・台形補正
・Android搭載

・低価格
・可愛らしい

・スマホ並みにコンパクト
・640g

・低価格
・6500ルーメン

価格

109,890円

41,941円

69,990円

39,800円

69,800円

84,849円

34,806円

14,490円

34,464円

12,600円

公式サイト

楽天市場 Amazon 楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場 Amazon 楽天市場 楽天市場

キャンプ専用として使うならなコンパクトで軽量、球形のデザインが親しみやすい【Anker Nebula (ネビュラ) Astro】がおすすめです。 また、妥協せずに良いモバイルプロジェクターが選びたいなら【XGIMI Halo+】がよいでしょう。モバイルでありながら画像の明るさ鮮明さ、音響の面でのスペックも家庭用に匹敵しています。

モバイルプロジェクターと一緒に必要なアイテム

キャンプでモバイルプロジェクターを楽しむためには、本体だけあっても仕方ありません。必ず一緒に使うアイテムがあるので、本体を買うときはセットで購入しておきましょう。 ここで、モバイルプロジェクターを一緒に買うべきアイテムをまとめていますので、チェックしておいてくださいね。

おすすめアイテム①:スクリーン・三脚

モバイルプロジェクターを使う時に必ず必要なのが、スクリーンです。スクリーンがないとキレイな画像を映し出せないですよね。 また、スクリーンを設置するために三脚があると便利。キャンプ場にスクリーンを吊るす場所があるとは限りません。しかし、三脚があるとどこでもスクリーンを設置することができます。 購入する際は、土台が安定していて固定しやすいタイプにしましょう。

おすすめアイテム②:高性能イヤホン

キャンプ場でモバイルプロジェクターを使う際の音量は周囲のキャンパーへの迷惑になりやすいので配慮が必要です。 周囲への影響を考慮してボリューム調整していても時間が遅くなれば一層の配慮が必要です。 様々な状況を考慮して高性能イヤホンを準備しておけば安心ですね。 新規に購入を検討しているのであれば首に掛けられるイヤホンだと無くしにくいので便利です。

おすすめアイテム③:モバイルバッテリー・ポータブル電源

キャンプ場でモバイルプロジェクターを使うなら、大容量のモバイルバッテリー、もしくはポータブル電源を持っておくと良いでしょう。 内臓のバッテリーだけでは、途中で切れてしまう場合があるからです。 せっかく楽しんでいた映画が途中で切れてしまったら、悲しいですよね。 また、キャンプ場などなれない場所でピント調節や台形補正などすることで、余計に充電を消耗してしまうこともあるでしょう。 Wi-Fiが無ければiPhoneなどのスマホと接続して使用する機会が増えさらに充電が必要になります。 キャンプ場で電源が確保でき場合は、大容量のモバイルバッテリーもしくはポータブル電源をを準備しておくと安心です。

モバイルプロジェクターはキャンプで使うと楽しいのでおすすめ!

キャンプにおすすめのモバイルプロジェクター10選と選び方について解説しました。モバイルプロジェクターがあれば映像や音のある新たなキャンプの楽しみ方が広がります。 モバイルプロジェクターがあれば、キャンプ中でも映画やゲームができて楽しい時間が過ごせます。大自然の中でみる映画などは、いつもと違った雰囲気で最高です。 ただし、モバイルプロジェクターの選び方や設置方法、一緒に揃えておくと安心なアイテムなどがあるので忘れずに準備しましょう。 モバイルプロジェクターで映像のあるキャンプをぜひ楽しんでみてください。

Beken

この記事のライター

Beken

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

100均の包丁ケースがおすすめ!安全に持ち運びできてキャンプにも便利

食器・調理器具

100均の包丁ケースがおすすめ!安全に持ち運びできてキャンプにも便利

100均で買えるおすすめの包丁ケースについて徹底調査しました。100均の包丁ケースの魅力についても詳しく解説!キャンプをする際に、おすすめの100均の包丁ケース紹介しているので、購入を検討している方は参考にしてください。

メスティンでの焚き火炊飯の仕方を伝授!直火で美味しいご飯を!

食器・調理器具

メスティンでの焚き火炊飯の仕方を伝授!直火で美味しいご飯を!

メスティンを使った焚き火炊飯を紹介します。メスティンの使い方やダイソーメスティンを紹介し、焚き火でのご飯の炊き方や注意点をまとめました。メスティンの焚き火炊飯に必要な収納アイテムや焦げや汚れたの落とし方も解説してますので、参考にしてください。

アルミクッカーはシーズニングが必要?簡単なやり方をリサーチ

食器・調理器具

アルミクッカーはシーズニングが必要?簡単なやり方をリサーチ

アルミクッカーに必要なシーズニングのやり方について紹介!スノーピークやモンベルから販売されている、チタン製やステンレス製クッカーの特徴も掘り下げていきます。アルミクッカーのシーズニングだけでなくストームクッカーについても触れているので、ぜひ参考にしてください

キャンプにおすすめの荷物置き10選!安い・コンパクトなアイテムも

キャンプ道具

キャンプにおすすめの荷物置き10選!安い・コンパクトなアイテムも

キャンプに使える荷物置きを徹底調査!コンパクトさが人気のキャンプ用コットやシートの他、雨の日でも使えるテーブルタイプの荷物置きなど、様々なアイテムをまとめました。すのこや100均の安い材料を使って作るラックの作り方も解説しています。

グランドシートの自作方法まとめ!コスパ抜群の作り方!

キャンプ道具

グランドシートの自作方法まとめ!コスパ抜群の作り方!

グランドシートの自作方法についてまとめました!グランドシートを自作するために必要な道具や素材、作り方を詳しく解説します。グランドシートの役割や、自作するときのポイントなども紹介しています。自作するとコスパが良いため、ぜひ参考にしてください。

関連するキーワード

キャンプ道具ランキング

人気ランキング

話題のキーワード