DIETZ50とほかのランタンとの違いを比較!魅力についても紹介

お気に入りに追加

DIETZ50ハリケーンランタンについて紹介します。DIETZ50とペトロマックス社ストームランタンHL1との違いについても詳細に比較!DIETZ50の魅力を、さまざまな角度から徹底考察します。DIETZ50が気になる人は、ぜひチェックしてください。

DIETZ50とほかのランタンとの違いを比較!魅力についても紹介

目次

  1. おしゃれなDIETZ50を紹介!
  2. DIETZ50のスペックと魅力
  3. DIETZ50と他のランタンとの違い
  4. DIETZ50を使ってみよう!

おしゃれなDIETZ50を紹介!

ランタン

キャンプにかかせない、おしゃれなランタン、DIETZ50を紹介します。DIETZのランタンは、シンプルな構造で歴史あるハリケーンランタンで、その人気は近年急速に高まっています。DIETZ50の人気の秘密を探るとともに、ストームランタンとも比較し、徹底解説します。

DIETZ50のスペックと魅力

DIETZ50はDIETZ社製ランタンの中で、もっとも小型のタイプです。DIETZ50のような芯に火を灯すだけの単純な構造のランタンを、ハリケーンランタンと言いますが、DIETZ50はコメットランタンというのが正式名称。
 
残念ながら現在は廃盤になっていますが、小型でかわいいシルエットとカラーバリエーションで製造中止後も人気は高まり続けています。

DIETZ50のスペック

出典: 楽天市場
Dietz デイツ
オイルランプ 亜鉛メッキ Oil Lamp Burning Lantern
13,980円(税込)
楽天市場で詳細を見る

亜鉛めっきや、クリア塗装を施されたシルバーのカラーが定番で人気です。素材の上に、クリア塗装が施されており、使い込んでもシルバーカラーは美しいまま。クリア以外にも赤、白、水色、緑など、様々なカラーバリエーションが揃っています。

サイズ H21.6×W14×L10.8cm
重量 約350g
9mm(3分芯)
タンク容量 200ml
燃焼時間 約12時間
50代/男性
50代/男性

サイズ感が最高

評価:

小型なサイズ感が最高です。 持ち運びも楽だし、燃焼時間も長い。他のランタンも別で使う必要はありますが、明るすぎない明るさがちょうどいい感じです。

魅力①持ち運びやすい

ランタンスタンド 素材
DIETZ50の魅力の一つは、その小型からくる持ち運びのしやすさ。ハリケーンランタンの中では最も小型なタイプで、その本体重量はたったの350gなので、オイルを入れても500g程度と、とても軽量です。
 
その分燃焼時間や少々暗めなど、背反もありますが、女性でも扱いやすい重量とかわいい見た目で、持つ人を魅了します。

魅力②希少な真鍮製がある

ランタン
DIETZ50には真鍮製のものがあり、その美しさから価値が高まっています。赤や黒などの着色されたものも、ポップな雰囲気でかわいいのですが、真鍮にランタンの灯りが映る様子は、ランタンそのものも輝くようにも見え、格別の美しさです。
 
また真鍮は汚れても、磨くと輝きを取り戻すため、何度でも新品のような美しさを取り戻すことができます。

魅力③暖かみのある炎の灯り

ランタン
コメットランタンは、例えると理科の実験で使ったアルコールランプのような構造で、芯に炎を灯すだけの単純なしくみです。LEDやガスランタンに比べると、オレンジ色の暖かい色の炎が灯ります。
 
ときどき揺らめく暖かみのある炎が、ランタンを囲うキャンパー達を癒します。

魅力④他社パーツとの互換性がある

ランタン
コメットランタンは、DIETZだけが世に送り出しているという訳ではなく、他社製品もあります。規格はおおよそ同じなので、これらのパーツは互換性があることが多いです。芯は消耗品なので、いくつか持っておきたいもの。
 
またホヤガラスも予備があると安心ですが、メーカーごとに揃えるのは、置き場スペースも多く必要なので互換性があると嬉しいですよね。

DIETZ50と他のランタンとの違い

DIETZ50コメットランタンには、いくつかの類似するランタンがあります。その中でも、DIETZ50に並んで非常に人気の高いペトロマックスのストームランタンHL1との違いを見てみましょう。

違い①タンク

タンクの容量は、DIETZ50もストームランタンHL1も約200mlでほぼ同じです。刻印されている社名が違う程度で、形状にも違いはほとんど見られません。
 
しかし、ストームランタンには、バーナー部とタンクの間にOリングがついていますが、DIETZ50にはついておらず、より簡単な構造になっています。

違い②タンクキャップ

タンクキャップを見比べてみると、直径はほぼ同じですが、DIETZ50の方が少し背の高い仕様になっています。タンク側には、こちらもストームランタンにはOリングがついていました。
 
DIETZ50は、タンク部もOリングが無い分、背が高いタンクキャップで密閉を保っているようです。

違い③バーナーセット

バーナーセットには大きな違いがなく、他サイトでも紹介されているように、互換が可能です。ストームランタンには、ウィックを上下させるつまみに、ローレットのような加工が施されています。DIETZ50は加工なしです。
 
DIETZ50は、まさにシンプル・イズ・ベストのランタンですね!

DIETZ50を使ってみよう!

ランタン
以上、DIETZ50の魅力について紹介しました。これだけ魅力がつまった、便利がDIETZ50。なかなか手に入りにくくなってしまったからこそ、ぜひ1つ手に入れて使いたいものです。
 
あなたのキャンプライフを、さらに暖かいものにしてくれることでしょう。お店やネットで見かけたら、じっくりと見てみてください。
プリムス「2245ランタン」のレビュー!おしゃれな形が魅力的

あわせて読みたい

プリムス「2245ランタン」のレビュー!おしゃれな形が魅力的

プリムス「2245ランタン」のレビューを紹介します。2245ランタンの魅力についても徹底解説しています...

コールマン「フロンティアPZランタン」のレビューまとめ!明るさは?

あわせて読みたい

コールマン「フロンティアPZランタン」のレビューまとめ!明るさは?

コールマンの「フロンティアPZランタン」のレビューをまとめました。PZランタンの特徴や実際に使った...

じょにー

この記事のライター

じょにー

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法まとめ!簡単な作り方を伝授

ランタン・ライト

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法まとめ!簡単な作り方を伝授

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法を紹介します。空き缶や100均アイテムを使った簡単な作り方や、ホヤ付きランタンが作れる方法も伝授。燃料に使うオイルや灯芯の材料も詳しくまとめましたので、ぜひ自作オイルランタン(オイルランプ)の参考にしてみてください。

デイツのハリケーンランタンを型番で比較!おすすめの種類はどれ?

ランタン・ライト

デイツのハリケーンランタンを型番で比較!おすすめの種類はどれ?

デイツのハリケーンランタンの魅力について徹底調査!種類が豊富で使いやすい、デイツのハリケーンランタンの9種類をまとめて比較しました。ランタンを選ぶ時のポイントや使える燃料について、着火方法や掃除の仕方、注意点も解説しています。

ランタンのマントルの寿命は?交換時期や空焼きの仕方もチェック

ランタン・ライト

ランタンのマントルの寿命は?交換時期や空焼きの仕方もチェック

ランタンのマントルについて紹介します。マントルの寿命、交換時期や空焼きの仕方など、ランタンマントルの仕組みから使い方まで詳しく解説しています。寿命や交換時期だけでなく、空焼きの仕方のコツなどもまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

ノーススター2000をケロシン化しよう!やり方や必要アイテムは?

ランタン・ライト

ノーススター2000をケロシン化しよう!やり方や必要アイテムは?

ノーススター2000をケロシン化するやり方を紹介します。燃料費の節約になるケロシン化の詳しい方法や、気をつけるべき注意点も詳しく解説。ノーススター2000をケロシン化するメリットや、必要な材料や道具についてもまとめました。

関連するキーワード

ランタン・ライトランキング

人気ランキング

話題のキーワード