100均のヘッドライト特集!キャンプや釣り・登山におすすめ!

お気に入りに追加

100均のヘッドライト特集です。100均のヘッドライトから、ダイソーとセリアの3つの商品を紹介します!さらに、ヘッドライトの選び方のポイントも解説します。キャンプや釣り・登山のために、ヘッドライトを買おうと思っている方は読んでみてください。

100均のヘッドライト特集!キャンプや釣り・登山におすすめ!

目次

  1. 100均のヘッドライトについて詳しく紹介!
  2. ヘッドライトの特徴
  3. 100均のヘッドライトおすすめ①【ダイソー】
  4. 100均のヘッドライト紹介まとめ

100均のヘッドライトについて詳しく紹介!

これからヘッドライトを買うなら、100均のヘッドライトがおすすめです。なぜなら、100円とは思えないほど明るく照らしてくれるから。
アウトドア用品を揃えようと思うと、たくさんのお金がかかってしまいます。しかし、ヘッドライトを100均で購入すれば、リーズナブルにアウトドアを楽しめますよ。それでは、ヘッドライトの選び方やおすすめの商品を紹介します。

ヘッドライトの特徴

ヘッドライトは登山や釣りなどのアウトドアで活躍

ヘッドライトが3つ並んでいる
アウトドアでは、ヘッドライトが欠かせません。なぜなら、登山や釣りなどでは、早朝や夜間に活動するから。ヘッドライトがないと、真っ暗のなか、手探りで動かないといけません。そうすると、危険な目に遭うリスクも増えてしまいます。
また、ヘッドライトは、自分の存在を伝えるためにも重要です。あなたや仲間が安全に楽しむためにも、ヘッドライトをつけるようにしましょう。

ヘッドライトの選び方のポイント

ヘッドライトが置かれている
ヘッドライト選びの1番のポイントは、明るさです。登山で遠くを照らしたいときに、光が弱いと役に立ちません。反対に、手元を照らしたいときに光が強いと、眩しくて見えにくくなってしまいます。明るさを調整できるヘッドライトもあるので、目的に合った製品を選びましょう。
2番目のポイントは、フィット感です。ヘッドライトは長時間つけ続けるので、つけ心地が悪いと不快に感じます。せっかくのアウトドアが台無しになってしまいますよ。実際につけてみて、頭にフィットしたものを選ぶのがおすすめです。
3番目のポイントは、機能性です。点滅機能や防水仕様など、明るさ以外の機能を見て、判断してみましょう。また、電源が電池なのか、バッテリーなのかも重要な判断材料です。

100均のヘッドライトおすすめ①【ダイソー】

【ダイソー】LEDヘッドライト

点灯時間

約7~8時間

使用電池

CR2032ボタン電池2個

定格光束

15LM

本体重量

約35g

ダイソーでは200円でLEDヘッドライトを購入できます。登山で使うヘッドライトとしては物足らないものの、キャンプで手元を照らすには十分な明るさです。
ライト部分を回すことで、ON/OFFの切り替えができます。ただし、細かい動きになるので、手袋をしていると難しいかもしれません。軽くてコンパクトな本体が、特徴的なLEDヘッドライトです

【セリア】LEDヘッドライト

点灯時間

約9時間

使用電池

単4乾電池3本

調整可能角度

180°

本体重量

約80g

セリアのLEDヘッドライトの特徴は、100均とは思えないほど明るく光ること。手元だけでなく、数メートル先まで明るく照らせます。
また、ボディが上下に180°動くので、正面から足元まで照射可能です。どの角度でもきちんと固定できるので、状況に合わせて使い分けられます。
セリアのLEDヘッドライトは、場所や目的を選ばずに使える商品です。ただし、単4乾電池3本は別売りなので、注意してください。

【セリア】CODヘッドライト

点灯時間(強)

3時間

点灯時間(弱)

9時間

使用電池

単4乾電池3本

調整可能角度

70°

本体重量

約25g

セリアでは、COBヘッドライトも購入できます。COBとは「チップオンボード」と呼ばれる仕組みのこと。同サイズのLEDよりも、広範囲で輝度の高い光を出せるので、魚釣りのように手元を広く照らしたいときに便利です。
また、本体重量がとても軽いので、長時間つけていてもストレスになりません。単4乾電池3本は付いていないので、別途準備が必要です。

100均のヘッドライト紹介まとめ

ヘッドライト1つ
100均のヘッドライトを特集しました。ヘッドライトは、100円で買えるものから数千円かかるものまで、幅広い商品があります。しかし、必ずしも高価なヘッドライトが良い商品だとは限りません。
今回紹介した3つのヘッドライトのように、コスパの良い商品もあるので、最初から高価なアウトドア用品を揃えなくてもOKです。無理のない範囲で、アウトドアを楽しみましょう。
市川力

この記事のライター

市川力

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

ノーススター2000をケロシン化しよう!やり方や必要アイテムは?

ランタン・ライト

ノーススター2000をケロシン化しよう!やり方や必要アイテムは?

ノーススター2000をケロシン化するやり方を紹介します。燃料費の節約になるケロシン化の詳しい方法や、気をつけるべき注意点も詳しく解説。ノーススター2000をケロシン化するメリットや、必要な材料や道具についてもまとめました。

ランタンのマントルの寿命は?交換時期や空焼きの仕方もチェック

ランタン・ライト

ランタンのマントルの寿命は?交換時期や空焼きの仕方もチェック

ランタンのマントルについて紹介します。マントルの寿命、交換時期や空焼きの仕方など、ランタンマントルの仕組みから使い方まで詳しく解説しています。寿命や交換時期だけでなく、空焼きの仕方のコツなどもまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

フュアーハンドランタンのケースはどれがいい?自作の方法も解説!

ランタン・ライト

フュアーハンドランタンのケースはどれがいい?自作の方法も解説!

フュアーハンドランタンのケースの選び方を紹介します。フュアーハンドランタンを長く愛用するためのおすすめケースも紹介します!そのほか、フュアーハンドランタンの仕組みと使い方についても解説!ケースの自作方法も説明しています。

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法まとめ!簡単な作り方を伝授

ランタン・ライト

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法まとめ!簡単な作り方を伝授

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法を紹介します。空き缶や100均アイテムを使った簡単な作り方や、ホヤ付きランタンが作れる方法も伝授。燃料に使うオイルや灯芯の材料も詳しくまとめましたので、ぜひ自作オイルランタン(オイルランプ)の参考にしてみてください。

関連するキーワード

ランタン・ライトランキング

人気ランキング

話題のキーワード