ルーメナープラスの魅力に迫る!口コミや使い方・充電時間は?

お気に入りに追加

ルーメナープラスのスペックや、商品の特徴について紹介します。ルーメナープラスがなぜキャンパーの口コミで評判が良いのか、その魅力について徹底解説!さらにルーメナーシリーズの3機種のスペックを比較して、表にまとめています。

ルーメナープラスの魅力に迫る!口コミや使い方・充電時間は?

目次

  1. ルーメナープラスの魅力を徹底紹介!
  2. ルーメナープラスの魅力をチェック
  3. ルーメナープラスの商品情報
  4. ルーメナープラスの使い方
  5. ルーメナープラスのQ&A
  6. ルーメナープラスでキャンプを明るく便利に!

ルーメナープラスの魅力を徹底紹介!

ルーメナープラスは、コンパクトで圧倒的な明るさのLEDランタンです。価格は少し高めですが、キャンパーからの評判がとても良く、非常に注目されているアイテムです。
そんなルーメナープラスの詳細なスペックや使い方などを、わかりやすく紹介していきます。さらに過去に発売されたルーメナー7や、ルーメナー2のスペックや価格の違いなども比較していますので、ぜひ参考にしてください。

ルーメナープラスの魅力をチェック

ルーメナープラスの魅力①明るさ

ルーメナープラスは、LEDランランの中でも圧倒的な光量を誇っています。その明るさは、驚きの1800ルーメン!野外でメインランタンとして使用すると、サイト全体を明るく照らしてくれるほどのスペックを持っています
他のルーメナーシリーズと比較して、飛躍的にスペックがアップしています。ルーメナー7は最大1300ルーメン、ルーメナー2は最大1500ルーメンです。一般的に明るいと言われているLEDランタンでも1000ルーメン程度なので、かなり明るいランタンであることがわかります。

ルーメナープラスの魅力②軽量でコンパクト

ルーメナープラスはデザイン性もよく、軽量でコンパクトなのが魅力的です。一般的にランタンは筒状の形をしているので、持ち運びの際にかさばってしまいます。しかし、ルーメナープラスは四角い形状なので、非常にコンパクトで収納にも困りません。
サイズは146×96×28mm、重さは440gなので、スマホよりひと回り大きいくらいのサイズ感です。ルーメナープラスは他のルーメナーシリーズと比較して、倍くらいの重さになっています。

ルーメナープラスの魅力③デザイン

ルーメナープラスは四角いボックス形状で、見た目はシンプルです。色のラインナップは3色あり、「ブラック」「グレー」「ゴールド」の中から、好みに合わせて選べます。
スッキリとしたデザインなので野外でランタンスタンドに掛けたり、テント内に吊るしたりしても邪魔になりません。使い方も工夫次第で様々なアレンジできます。飽きのこないシンプルなデザインなので、長く使えます

ルーメナープラスの魅力④取っ手

ルーメナープラスには取っ手がついており、様々な角度に調節が可能です。取手部分には付属のフックが付いているため、テントやタープに吊るすことが可能です。使い方は色々とアレンジができます。
取っ手がどの角度でも固定できるため、卓上スタンドのように置くこともでき、タープに吊るして斜めにサイト全体を照らすことも出来ます。自由自在に光の方向を調節できるのも魅力です。

ルーメナープラスの魅力⑤フック

ルーメナープラスには、取っ手につけるフックも付属されています。このフックがあるお陰で、どんな場所にも吊るして使うことが可能です。普通のS状のフックと、穴の空いたタイプの2タイプが付属しています。
S状のフックはどこにでも引っ掛けて吊るせるので、使い勝手は抜群。しかし落下して故障する可能性もあるため注意しましょう。穴あきタイプをカラビナなどを通して使えば、安全に固定できます。

ルーメナープラスの魅力⑥モバイルバッテリー機能

ルーメナープラスは、モバイルバッテリーとしての機能も備えています。バッテリーは20,000mAhのリチウム電池を採用しており、大容量で長持ちします。
キャンプ場や災害時などは電源の確保が困難となりますが、ルーメナープラスがあるとスマホやデジカメ、携帯ゲーム機の充電が可能です。LEDランタンとバッテリーの2役として使えるので、キャンパーからの評判が良いのです。

ルーメナープラスの魅力⑦点灯時間

ルーメナープラスの点灯時間は一番弱いローの状態で最大200時間、1800ルーメンの最大光量でも約12時間とされています。
2〜3段階光量を落としても十分な明るさが確保されているため、最大の1800ルーメンで使い続けることはほとんどありません。そのため、キャンプでは2〜3泊は問題なく使えるでしょう。

ルーメナープラスの魅力⑧点灯モード

ルーメナープラスは明るさを4段階に調整ができます。さらの色温度も5700K(昼光色)、4500K(昼白色)、3000K(電球色)に変えられます。
シーンに合わせて色味を変えることができるので、温かい光が好みなら3000K(電球色)、白くて明るい光が好みなら5700K(昼白色)にするとよいでしょう。全部で12パータンの明るさに調節できます。

ルーメナープラスの魅力⑨防水・防塵

ルーメナープラスのUSBポートには、埃や水から守るキャップが付いています。ちょっとした埃や水分なら問題なく使用できます。しかし、完全防塵防水加工ではないので注意が必要です。
完全な防水と防塵の機能を求めているなら、ルーメナー2がおすすめです。ルーメナー2はプラスと比較して水や埃、衝撃に耐える設計のため、よりアウトドア向きと言えるでしょう。

ルーメナープラスの魅力⑩ケース・付属品

ルーメナープラスの付属品には専用のケースのほかに、MicroUSB5ピンケーブルやカラビナx2、ハンガーリングx2、防適キャップなど一式が付いています。専用のケースにキレイに収納できるため、持ち運び時にバラバラになる心配はありません。

ルーメナープラスの商品情報

ルーメナープラスのスペック・商品情報

出典: 楽天市場
株式会社KMコーポレーション
LUMENAプラス ルーメナープラス LEDランタン
17,315円(税込)
楽天市場で詳細を見る

コンパクトなのに驚異的な明るさを実現!1800ルーメン。モバイルバッテリーとしての機能も兼ね備えているため災害時にも安心です。手元に1台置いておきたいLEDランタンです。

カラー:グレイ ・ブラック ・ゴールド サイズ:(約)146mm×96mm×28mm
重量:(約)440g バッテリー容量:Li-Polymer 20,000mAh
連続点灯時間:12時間〜200時間 充電時間:約8時間
男性
男性

コンパクトで明るさ十分!

評価:

価格が少し高いですが買ってよかったです。最大にしなくても十分に明るいので、とても気に入ってます。色温度や照度の調整ができるのが良いですね。ちょっと重いですがモバイルバッテリーとしても使えるので最高です。

ルーメナープラスと他の機種との比較

ルーメナー

商品名

ルーメナープラス

ルーメナー7

ルーメナー2

明るさ

150〜1800
ルーメン

260〜1300
ルーメン

100〜1500
ルーメン

サイズ

146x96x28mm

92x92x28mm

129x75x22.7mm

重さ

440g

220g

280g

バッテリー

リチウムポリマー電池
20,000mAh

リチウムイオン電池
10,000mAh

リチウムポリマー電池
10,000mAh

連続使用時間

12~200時間

8〜100時間

8〜100時間

充電時間

8時間

5.6時間

5時間

カラー

グレー
ブラック
ゴールド

ベージュ
レッド
ブラック
迷彩(グレイ)
迷彩(グリーン)

メタルブラック
メタルブラウン
メタルグレー
迷彩グリーン

防塵防水

×
USB端子のキャップのみ

×
USB端子のキャップのみ


防水・防塵対応

ルーメナープラスの使い方

ルーメナープラスの操作方法

ルーメナープラスの使い方はとてもシンプルで簡単です。電源ボタン1つだけなので、複雑な操作はありません。詳しい使い方は、以下のとおりです。

  • 1回押す:電池残量の確認
  • 2回押す:モード1の明るさ
  • 3回押す:モード2の明るさ
  • 4回押す:モード3の明るさ
  • 5回押す:モード4の明るさ(最大)
  • 6回押す:動作終了

電源ボタン2秒長押しで色温度(3タイプ)の変更ができ、さらに5秒間押し続けると緊急のSOSモードが作動します。万が一災害や、遭難などにあった場合にSOSモードが役に立ちます。

ルーメナープラスの設置方法

ルーメナープラスは、取っ手をスタンドのようにして置いたり、フックを取り付けてテントの天井やタープに吊るすことが出来ます。取っ手の角度も、好きなところで固定できます。
そのためぶら下げた状態でも、明るくしたい方向に向けて明かりを照らせます。使い勝手がよく、自由なアレンジが可能なので、キャンパーからの評判がとてもよいです。

ルーメナープラスの充電時間

ルーメナープラスは、9Vの充電アダプターを使用した場合に約8時間で充電が完了します。ルーメナーの他のシリーズと比較してバッテリーの容量が2倍になっているため、充電時間も長くなっています。
しかし、ルーメナー2でもフル充電に5時間かかります。バッテリーの容量が2倍になっていることを考えれば、充電時間はむしろ早いほうでしょう。

ルーメナープラスのQ&A

ルーメナーは使用しながら本体の充電やスマホの充電は可能ですか?

LEDランタンを使用した状態でも、本体やスマホなどの充電が可能です。

ルーメナーシリーズの価格はどのくらいですか?

ルーメナープラスの実勢価格は17,315円(税込)です。ルーメナー7は12,100円(税込)、ルーメナー2は16,280円(税込)という価格になっています。

ルーメナー専用のシェードとは?

ルーメナーにシェードを取り付けると、優しい光で全体的に拡散してくれます。取り付けると雰囲気が変わるので、評判となっています。ルーメナー2の専用品のためルーメナープラスには使用できません。

ルーメナープラスでキャンプを明るく便利に!

ルーメナープラスは、キャンパーの口コミではとても評判が良いアイテムです。ルーメナーの明るさはどれも一級品なので、3つのシリーズを価格や性能を比較して検討するとよいでしょう。
とにかく明るいLEDランタンが欲しい人や、長時間使えるタイプが希望なら、ルーメナープラスがおすすめです。アウトドアで完全な防水・防塵など耐久性を求めている人は、ルーメナー2がおすすめです。
どのシリーズの評判がよいので、キャンプでは大活躍することは間違いありません。これを機会に、ぜひチェックしてみてください。
urataka

この記事のライター

urataka

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法まとめ!簡単な作り方を伝授

ランタン・ライト

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法まとめ!簡単な作り方を伝授

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法を紹介します。空き缶や100均アイテムを使った簡単な作り方や、ホヤ付きランタンが作れる方法も伝授。燃料に使うオイルや灯芯の材料も詳しくまとめましたので、ぜひ自作オイルランタン(オイルランプ)の参考にしてみてください。

デイツのハリケーンランタンを型番で比較!おすすめの種類はどれ?

ランタン・ライト

デイツのハリケーンランタンを型番で比較!おすすめの種類はどれ?

デイツのハリケーンランタンの魅力について徹底調査!種類が豊富で使いやすい、デイツのハリケーンランタンの9種類をまとめて比較しました。ランタンを選ぶ時のポイントや使える燃料について、着火方法や掃除の仕方、注意点も解説しています。

ランタンのマントルの寿命は?交換時期や空焼きの仕方もチェック

ランタン・ライト

ランタンのマントルの寿命は?交換時期や空焼きの仕方もチェック

ランタンのマントルについて紹介します。マントルの寿命、交換時期や空焼きの仕方など、ランタンマントルの仕組みから使い方まで詳しく解説しています。寿命や交換時期だけでなく、空焼きの仕方のコツなどもまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

ノーススター2000をケロシン化しよう!やり方や必要アイテムは?

ランタン・ライト

ノーススター2000をケロシン化しよう!やり方や必要アイテムは?

ノーススター2000をケロシン化するやり方を紹介します。燃料費の節約になるケロシン化の詳しい方法や、気をつけるべき注意点も詳しく解説。ノーススター2000をケロシン化するメリットや、必要な材料や道具についてもまとめました。

関連するキーワード

ランタン・ライトランキング

人気ランキング

話題のキーワード