ルーメナーのランタンが優秀すぎる!最新3機種を比較して紹介

お気に入りに追加

ルーメナーについて徹底解説していきます!抜群の明るさを持ち、モバイルバッテリーとしての機能も備えたルーメナーの、最新3機種の性能の違いを比較して紹介します。キャンプギアとしておすすめのアイテムになるので、参考にしてください。

ルーメナーのランタンが優秀すぎる!最新3機種を比較して紹介

目次

  1. ルーメナーのランタン3機種を徹底比較!
  2. ルーメナーのランタン3機種共通の特徴
  3. ルーメナーのランタン3機種の商品紹介
  4. ルーメナーのランタン3機種の比較
  5. ルーメナーのランタンQ&A
  6. ルーメナーのランタンどれをキャンプに持っていく?

ルーメナーのランタン3機種を徹底比較!

ランタンとキャンプアイテム
アウトドアにおいてランタンは、様々な意味を持ちます。明るく照らすだけでなく、防犯や災害時に使える重要なアイテムなのです。
そんなランタンの中で、人気メーカーNNINEの「LUMENA(ルーメナー)」を紹介します。様々なランタンがある中で、ルーメナーの3機種の特徴や魅力をチェックしましょう。

ルーメナーのランタン3機種共通の特徴

ルーメナーのランタンの特徴①明るい

ルーメナーの特徴を確認していきましょう。このランタンはLEDライトとなっており、とにかく明るいです。ルーメナー2で明るさは1,500ルーメンで、プラスになると1,800ルーメンとなります。
多くのLEDハンディライトが500ルーメンほどなので、非常に明るいことがわかるでしょう。キャンプ中も非常に明るく過ごせるので、安全面でもポイントの要素です。

ルーメナーのランタンの特徴②継続使用時間

必要なときに充電切れ、というのは困るものです。ルーメナーの場合はフル充電で、260ルーメンで点灯させた場合、100時間継続使用できます。
ヘッドライトなら250ルーメンぐらいで十分に明るいので、長時間の使用と明るさを両立させた商品といえるでしょう。

ルーメナーのランタンの特徴③点灯モード機能

ルーメナーには3色の点灯モード機能が備わっています。イメージとしては、部屋やトイレの明かりの色の違いを思い浮かべましょう。白っぽい色から、オレンジ系の暖色があることに気づきます。
本製品に備わっている種類として、昼光色は最も明るく読書などに向いているという明るさです。そして、リビングに使われることも多い昼白色、暖色である電球色の3つが備わっています。
たとえば、テントの中でゆっくりと落ち着きたいときは暖色である、電球色がおすすめといえます。このように暖色を含めた3種類の点灯モードは、非常に便利といえるでしょう。

ルーメナーのランタンの特徴④充電式

近年は多くの製品がUSBケーブルで充電できます。ルーメナーも同じく充電式で、フル充電の電気代は約1円!前日にスマホなどと一緒に充電しておけば、キャンプのときも安心です。

ルーメナーのランタンの特徴⑤モバイルバッテリー機能

キャンプをしているときに、スマホの充電が切れて困った、という経験をしたことがあるかもしれません。
そんなときにルーメナーがあれば、モバイルバッテリー代わりにできるのです。容量は10,000mAhとなっているので、iPhoneXでも約2回フル充電できます。

ルーメナーのランタンの特徴⑥軽量コンパクト

レトロなランタン
キャンプギアは少しでも軽いものを選びたい、という人にこのランタンはおすすめです。重量はわずか220gと驚きの軽さとなっています。
通常の電池式LEDランタンなら、電池を含めると500gほどのものが多いようです。そういったLEDランタンの半分ほどの重量なら、荷物が重くならなくて助かることでしょう。

ルーメナーのランタンの特徴⑦おしゃれ

アウトドアグッズはおしゃれなものが多くあります。このランタンもそういった中にあっても、違和感のないおしゃれなデザインです。
カラーバリエーションが豊富で、男性から女性まで選びやすい柄となっています。キャンプギアに多い迷彩柄から、シンプルなホワイト系やベージュカラーも用意されているのでおしゃれです。

ルーメナーのランタン3機種の商品紹介

ルーメナー2

出典: 楽天市場
LUMENA(ルーメナー)
NNINE LUMENA2(ルーメナー2) 最大1500ルーメン 充電式 迷彩ブラック LUMENA2-KB
12,700円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
防塵防水で安心

一番スタンダードな種類で、7のあとに発売されたタイプです。アウトドアでの使用をメインに考えており、防塵防水となっています。
アウトドアでは、突然の雨や水辺での使用が多く、防塵防水は非常に重要なポイントです。本格的なアウトドアの安全をサポートしてくれる機種といえるでしょう。

最大光量 1500ルーメン
重量 280g
男性
男性

キャンプの快適度が上がった

評価:

テント内やタープに吊っておくだけで、キャンプの快適度が上がります。明るさは申し分無いですし、防塵防水は場所を選ばないのでおすすめです。

ルーメナー7

出典: 楽天市場
LUMENA(ルーメナー)
LUMENA/ルーメナー LUMENA7/ルーメナー7
12,100円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
コンパクトでかわいい

 7はコンパクトさが魅力です。正方形の可愛らしいデザインは、キャンプギアとしてぴったり!コンパクトでも明るさは十分なので、ルーメナーが気になっている人は7から始めるのもよいでしょう。 

最大光量 1300ルーメン
重量 220g
女性
女性

カラーバリエーションが豊富

評価:

LEDランタンとして、軽くておしゃれなのにとても明るいです。また、カラーバリエーションが豊富なので、自分のお気に入りの色を選べるのも嬉しいですね。

ルーメナープラス

出典: 楽天市場
LUMENA(ルーメナー)
LUMENA プラス ルーメナープラス モバイルバッテリー機能付
17,315円(税込)
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
抜群の明るさとモバイルバッテリー機能

最新の3機種の中で最も明るく、最もモバイルバッテリー容量が多いです。連泊のキャンプに安心の性能で、暗いのが怖い、という人にもおすすめといえます。防犯面でも明るいことは重要なので、安全なキャンプをサポートします。

最大光量 1800ルーメン
重量 440g
男性
男性

夜間作業も怖くない

評価:

ソロキャンをしていると、真夜中は少し怖くなることも。また、夜間作業で手元が暗いのは危険です。ルーメナープラスなら、そういった心配はありません。モバイルバッテリー代わりとしても、優秀です。

ルーメナーのランタン3機種の比較

ルーメナーのランタンの比較①明るさ

最新の3機種を比較してみましょう。明るさに関してはルーメナープラスが最大1800ルーメンと抜群の明るさです。他の2機種は1300ルーメンと1500ルーメンとなっています。
1ルーメンが、1メートル先のローソクの光を手元で確認できる明るさです。単純に考えると、それぞれ200ルーメンの差があるので、ローソク200本差と考えましょう。
プラスは明るすぎる、という声もあるので7から使ってみて、必要な明るさを検討するのも方法です。知り合いに持っている人がいたら、一度明るさを確認させてもらうとよいでしょう。

ルーメナーのランタンの比較②機能

明るく光るランタン

機能面に関しては3機種とも、基本的な部分は同じです。LEDランタンとして、モバイルバッテリーとして使えます。どの機種でも昼光色、昼白色、電球色(暖色)に設定可能。暖色の優しい色合いは、寝る前にも最適です。

ルーメナーのランタンの比較③デザイン・柄の種類

キャンプ

デザインや柄では、小型のルーメナー7が6種類で、2が5種類、プラスが2種類です。小型で正方形ということから、ミニマムな可愛さをカラーバリエーションの多さで引き立てているのかもしれません。

ルーメナーのランタンの比較④サイズ・重さ

サイズ・重さは7が9 × 92 × 28mmで220g、2が129 × 75 × 22.7mmで280g、プラスが146 × 96 × 28mmで440gです。
プラスが重いのは、内蔵バッテリー容量が他の2つの10,000mAhに対して、倍の20,000mAhになっていることが関係しているのでしょう。

ルーメナーのランタンの比較⑤使いやすさ

ローソクを使ったランタン

使いやすさに関しては、どの程度LEDランタンの明るさを必要とするかが関係します。夜に少し明かりが欲しい程度なら7で十分ですし、夜間作業を行うならプラスが使いやすく、便利です。

ルーメナーのランタンの比較⑥値段・壊れにくさ

値段は7が12,100円、2が15,984円、プラスが17,000程度の価格で販売されています。壊れにくさという点でいえば、2は防塵防水機能、1.8m以下の耐衝撃です。
キャンプ中の雨や水の中に落とした程度では、なかなか壊れにくい機能を備えているといえるでしょう。アウトドアで環境に左右されにくいのが、2の魅力となっています。

ルーメナーのランタンの比較⑦その他の機能

ルーメナーのランタンQ&A

一番最新の機種はどれ?

順番としては、7、2、プラスです。2018年4月に2、2020年にプラスが登場しています。とはいえ、最新のものというよりも、それぞれ目的に合わせて選ぶことがおすすめです。それぞれ、サイズや重量なども異なるので、良い意味で迷うラインナップとなっています。

カラーバリエーションを詳しく知りたい

カラーバリエーションは豊富です。ソフトレッド、ベージュブラック、迷彩グレイ、迷彩グリーンとなっています。2はメタルグレー、メタルブラウン、メタルブラック、迷彩グリーン、迷彩ブラックです。プラスはスペースグレイ、メタルゴールドになります。

ルーメナー7でも明るさは十分?

7の1300ルーメンでも、明るさは十分です。プラスの1800ルーメンは広範囲を照らすような用途になります。ちなみに、LED独特の眩しさを感じないような作りになっており、目に優しい明るさです。眩しいと感じる場合は、暖色が優しい明かりなのでおすすめといえます。

ルーメナーのランタンどれをキャンプに持っていく?

キャンプの夜
ルーメナーの最新LEDランタンの3機種を紹介しました。3機種それぞれに特徴があり、うまく棲み分けしている性能になっています。
7を購入して、さらに必要になったら2やプラスを購入するのがおすすめです。7はそのままサブ機として使えますし、自宅で使用するのも選択肢といえます。キャンプの強い味方となってくれる、ルーメナーをぜひ手に入れましょう!
浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

ノーススター2000をケロシン化しよう!やり方や必要アイテムは?

ランタン・ライト

ノーススター2000をケロシン化しよう!やり方や必要アイテムは?

ノーススター2000をケロシン化するやり方を紹介します。燃料費の節約になるケロシン化の詳しい方法や、気をつけるべき注意点も詳しく解説。ノーススター2000をケロシン化するメリットや、必要な材料や道具についてもまとめました。

ランタンのマントルの寿命は?交換時期や空焼きの仕方もチェック

ランタン・ライト

ランタンのマントルの寿命は?交換時期や空焼きの仕方もチェック

ランタンのマントルについて紹介します。マントルの寿命、交換時期や空焼きの仕方など、ランタンマントルの仕組みから使い方まで詳しく解説しています。寿命や交換時期だけでなく、空焼きの仕方のコツなどもまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

フュアーハンドランタンのケースはどれがいい?自作の方法も解説!

ランタン・ライト

フュアーハンドランタンのケースはどれがいい?自作の方法も解説!

フュアーハンドランタンのケースの選び方を紹介します。フュアーハンドランタンを長く愛用するためのおすすめケースも紹介します!そのほか、フュアーハンドランタンの仕組みと使い方についても解説!ケースの自作方法も説明しています。

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法まとめ!簡単な作り方を伝授

ランタン・ライト

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法まとめ!簡単な作り方を伝授

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法を紹介します。空き缶や100均アイテムを使った簡単な作り方や、ホヤ付きランタンが作れる方法も伝授。燃料に使うオイルや灯芯の材料も詳しくまとめましたので、ぜひ自作オイルランタン(オイルランプ)の参考にしてみてください。

関連するキーワード

ランタン・ライトランキング

人気ランキング

話題のキーワード