ペツルのティカが優秀!基本スペックと別モデルとの違いも!

お気に入りに追加

ペツルのヘッドライト「ティカ」を紹介!ペツル「ティカ」の基本スペックや魅力、別モデルのヘッドライトであるタクティカやティキナとの違いも詳しく説明します。キャンプやナイトハイクで役に立つヘッドライトを購入する際の情報も参考にしてください。

ペツルのティカが優秀!基本スペックと別モデルとの違いも!

目次

  1. ペツル「ティカ」のスペックや別モデルについて解説!
  2. ペツル「ティカ」のスペックと魅力
  3. ペツルが販売している別モデルの商品紹介と「ティカ」との違い
  4. ペツル「ティカ」に関するQ&A
  5. ペツル「ティカ」のヘッドライトは夜キャンプの必需品!

ペツル「ティカ」のスペックや別モデルについて解説!

キャンプや登山の必須アイテムであるヘッドライトですが、販売しているメーカーも種類も多すぎて迷う方も多いでしょう。
そんな方には、1975年創業の老舗クライミングギアメーカーであるペツルがおすすめです。中でも登山家たちに大人気のロングセラー商品である、ペツルの代表的ヘッドライト「ティカ」とペツルの別モデルを紹介します!

ペツル「ティカ」のスペックと魅力

ペツル「ティカ」のスペック

出典: 楽天市場
PETZL
ティカ (ライト 照明 ヘッドランプ)
4,180円(税込)
楽天市場で詳細を見る

近距離照射や短時間に適したヘッドランプで、300ルーメンの明るさでワイドビームを備えています。
付属の単4電池の他、リチャージブルバッテリー「コア」対応。3段階の照射レベルは強、中、弱。
ヘッドバンドも取り外して洗うことが出来るため衛生的で、スペアバンドも別売りされています。
カラーはブラック、ブルー、グリーン、ホワイトの4色展開。
夜間に目がくらみにくい赤色光や、非常時の点滅モードもボタン一つで変えることができます。

照射力 300ルーメン
重量 82g
使用電池 単4電池3本付属
耐水レベル 全天候型
男性
男性

明るい。

評価:

キャンプ用に購入。手元を照らすには十分な明るさです。

魅力①3パターンのモード変更

ティカは照射パターンはワイドのみですが、照射レベルは3段階になっていて用途によって使い分けることができます。照射レベルはそれぞれ弱で6ルーメン、中で100ルーメン、最大の強モードでは300ルーメンの照射が可能です。
また、夜間視力を保つ赤色光や非常時の点滅モードも備わっているので、深夜に探し物をする際など便利です。

魅力②照射時間が長い

ヘッドライト
ティカの照射時間は、照射レベルや使用するバッテリーによって変わりますが、長持ちすることで人気です。照射レベルを強でつけっぱなしにしておくと2~3時間で切れてしまいますが、照射レベル弱ですと120時間ととても長持ちします。
日常使いでしたら弱でも十分な明るさですので、用途によって強弱をつけることによって、長く使用できます。

魅力③蓄光リフレクター付

蓄光リフレクターとは、昼間の光を蓄積して夜間にライト自体の一部を発光させるシステムです。この蓄光リフレクターがあることによって、暗闇でも視認性に優れ、ランプを探しやすくなります
ヘッドライトをザックにしまっていた場合、暗闇でザックの中をガサゴソしなくて済むので、とても便利です。

魅力④軽量

ヘッドライトの特徴
ペツルのヘッドライトの多くは計量に作られていて、ティカも82gと軽量ですが、スペックは高く安心です。 
ヘッドライトが重いとベルトもその分太くなり、物によっては下がってきやすいです。煩わしいので、軽いに越したことはありません。もちろん登山中の荷物の軽減にもなります。

ペツルが販売している別モデルの商品紹介と「ティカ」との違い

ペツル「タクティカ」

出典: 楽天市場
PETZL(ペツル)
タクティカ 【300ルーメン】
3,762円(税込)
楽天市場で詳細を見る

近距離照射や短時間活動に適したワイドビームを備えたヘッドライトで、ハンティング、フィッシング用のおしゃれなデザインが人気です。カラーバリエーションは、ミリタリー好きにもうれしいブラック、カモフラージュ、デザートの3色展開。リチャージブルバッテリー「コア」対応。
照射レベルは弱、中、強の3段階で、同シリーズにはタクティカプラスとタクティカプラスRGBがあります。

照射力 300ルーメン
重量 82g
使用電池 単4電池3本付属
耐水レベル 全天候型
男性
男性

デザインがいい。

評価:

色が気に入って購入しました。バンドも伸びなさそうです。キャンプや登山に早く使いたいです。

ペツル「ティキナ」

出典: 楽天市場
PETZL(ペツル)
ティキナ 【250ルーメン】
2,673円(税込)
楽天市場で詳細を見る

キャンプや登山での近距離の照射におすすめのヘッドライトです。3段階の白色照射モードを掲載で、付属の単4電池だけでなくリチャージブルバッテリー「コア」対応。
照射時間の長さはなんと220時間と長く、使い方もわかりやすいので初心者にもおすすめです。カラーはブルー、ブラック、レッド、ホワイトの4色展開。

照射力 250ルーメン
最大照射距離 55m
最大照射時間 220時間
使用電池 単4アルカリ電池3本付属 
重量 81g
耐水レベル 全天候型
男性
男性

十分な明るさです。

評価:

ティカと迷いましたが値段の安さで購入。300ルーメンの物と大差ない気がします。

別モデルと「ティカ」との違い

ティカ

タクティカ

ティキナ

重量

82g

82g

81g

照射力

300ルーメン

300ルーメン

250ルーメン

照射パターン

ワイド

ワイド

ワイド

防水機能

IPX4(全天候型)

IPX4(全天候型)

IPX4(全天候型)

価格

4180円

4180円

2970円

カラー

ブラック、ブルー、グリーン、ホワイト

ブラック、ミリタリー、デザート

ブラック、レッド、ブルー、ホワイト

非常時点滅モード

あり

あり

なし

赤色光

あり

あり

なし

ペツルのヘッドライトは、クラシックシリーズ、アクティブシリーズ、スペシャライズドシリーズなどシリーズ分けされています。ティカとティキナはシンプルなデザインで、ライトユース向けのクラシックシリーズになります。
タクティカのスペックはティカと似ていますが、ハンティングやナイトフィッシング用にデザインされた、スペシャライズドシリーズです。夜間でのステルス性が高い赤色ライトが備わっています。

ペツル「ティカ」に関するQ&A

税抜きで3000円台とお得ですが、すぐ壊れたりしませんか?

ペツルのヘッドライトは、その価格では十分すぎるスペックと品質が人気ですので、簡単に壊れたりはしません。逆に格安な物を買うよりも老舗の安心感もあります。

交換用バッテリーは必要ですか?

リチャージブルバッテリー「コア」対応です。コアはUSBで充電できるので替えのバッテリーが必要ないのが特徴ですが、単4電池も使えます。

同シリーズのティキナと何が違いますか?

同じクラシックシリーズのティキナが250ルーメンに対し、ティカは300ルーメンと少し明るくその分価格は少し上がります。キャンプなどのライトユースでしたらティキナでも十分な明るさですが、幅広い用途で使用予定でしたら300ルーメンあるティカがおすすめです。

ペツル「ティカ」のヘッドライトは夜キャンプの必需品!

ペツルのヘッドライト「ティカ」は、軽量、低価格でありながらそのスペックの高さで初めてのヘッドライトとして大人気です。ヘッドライトは登山やキャンプの必需品ですので、ザックに一つ入っていると安心です。
また、ペツルにはエントリーモデルであるティキナ、ステルス性の高いタクティカ、上位モデルのアクティックコアなど様々なヘッドライトがあります。用途によって、自分に合った物を選ぶことをおすすめします。
summer

この記事のライター

summer

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

ノーススター2000をケロシン化しよう!やり方や必要アイテムは?

ランタン・ライト

ノーススター2000をケロシン化しよう!やり方や必要アイテムは?

ノーススター2000をケロシン化するやり方を紹介します。燃料費の節約になるケロシン化の詳しい方法や、気をつけるべき注意点も詳しく解説。ノーススター2000をケロシン化するメリットや、必要な材料や道具についてもまとめました。

ランタンのマントルの寿命は?交換時期や空焼きの仕方もチェック

ランタン・ライト

ランタンのマントルの寿命は?交換時期や空焼きの仕方もチェック

ランタンのマントルについて紹介します。マントルの寿命、交換時期や空焼きの仕方など、ランタンマントルの仕組みから使い方まで詳しく解説しています。寿命や交換時期だけでなく、空焼きの仕方のコツなどもまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

フュアーハンドランタンのケースはどれがいい?自作の方法も解説!

ランタン・ライト

フュアーハンドランタンのケースはどれがいい?自作の方法も解説!

フュアーハンドランタンのケースの選び方を紹介します。フュアーハンドランタンを長く愛用するためのおすすめケースも紹介します!そのほか、フュアーハンドランタンの仕組みと使い方についても解説!ケースの自作方法も説明しています。

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法まとめ!簡単な作り方を伝授

ランタン・ライト

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法まとめ!簡単な作り方を伝授

オイルランタン(オイルランプ)の自作方法を紹介します。空き缶や100均アイテムを使った簡単な作り方や、ホヤ付きランタンが作れる方法も伝授。燃料に使うオイルや灯芯の材料も詳しくまとめましたので、ぜひ自作オイルランタン(オイルランプ)の参考にしてみてください。

関連するキーワード

ランタン・ライトランキング

人気ランキング

話題のキーワード