モーラナイフの黒錆加工のやり方は?メリットやデメリットもチェック

お気に入りに追加

モーラナイフの黒錆加工のやり方を調査しました。この記事では、モーラナイフを黒錆加工する際、必要な材料はどのような物か、また実際のやり方を具体的に紹介します。さらにモーラナイフを黒錆加工する、メリットやデメリットについても説明します。

モーラナイフの黒錆加工のやり方は?メリットやデメリットもチェック

目次

  1. モーラナイフの黒錆加工のやり方を紹介!
  2. モーラナイフの黒錆加工を始める前に
  3. 黒錆加工とは?
  4. モーラナイフの黒錆加工のメリット・デメリット
  5. モーラナイフの黒錆加工のやり方
  6. 手順①必要な道具の準備
  7. 手順②汚れ落とし&脱脂
  8. 手順③紅茶を淹れる
  9. 手順④ナイフを漬ける
  10. 手順⑤取り出して乾燥させる
  11. モーラナイフの黒錆加工のやり方まとめ

モーラナイフの黒錆加工のやり方を紹介!

小型ナイフ

モーラナイフは、薪割り、ロープカットや釣った魚を捌くとき重宝します。常に切れ味を維持するために、黒錆加工は欠かせません。黒錆加工とは、モーラナイフを黒錆で刃を覆う方法です。家庭にある材料で、モーラナイフを黒錆加工する方法を調査しました。

モーラナイフの黒錆加工を始める前に

モーラナイフは、アウトドアには欠かせないアイテムです。モーラナイフは、ステンレス製とカーボンスチール製の2種類あります。
カーボンスチール製のモーラナイフは、赤錆が発生しやすいことが欠点です。そこで赤錆を防ぐ黒錆加工の仕方や、メリットデメリットを詳しく解説します。

黒錆加工とは?

カーボンスチール素材のモーラナイフは、刀身に赤錆が発生します。赤錆を防ぐために黒錆加工をすることが必要です。黒錆加工は、昔から日常に用いられた技法で、モーラナイフの刀身を黒錆で覆うことで赤錆の発生を防ぎます。
ナイフに鉄タンニン成分を塗布して、コーティングをする方法です。ちなみに南部鉄器もこの技法が使われています。

モーラナイフの黒錆加工のメリット・デメリット

モーラナイフは、黒錆加工することで赤錆を防ぎ、切れ味も良く長持ちするメリットがあります。また湿度、水濡れにも強く魚を捌いても、使用後のケアが簡単です。
一方、モーラナイフを何回も使っていると黒錆加工の皮膜が剥がれます。レモンなどの酸味の強い果実を切ると、赤錆が出てしまうデメリットがあります。

モーラナイフの黒錆加工のやり方

モーラナイフを購入したら最初に黒錆加工をおすすめします。赤錆の発生を防ぐ効果があり、ナイフの切れ味も長続きします。具体的に、モーラナイフを黒錆加工する簡単な方法を紹介します。

手順①必要な道具の準備

  • モーラナイフ
  • 耐水ペーパー
  • 市販の酢
  • 市販の紅茶 または紅茶パック
  • ペットボトル
モーラナイフの黒錆加工に必要な成分がタンニンです。家庭でも用意できる紅茶パックにはタンニンが含まれています。黒錆の水溶液は、クエン酸成分が含まれた酸性にする必要があります。
クエン酸は100円ショップでも手に入りますが、家庭にある食物酢で代用できます。これらを調合する鍋と、ナイフがすっぽり入るペットボトルを用意して準備完了です。

手順②汚れ落とし&脱脂

モーラナイフの、黒錆加工に必要な物を準備できたらさっそく作業開始です。ナイフに付着しているオイル分や汚れを落とします。オイル分を取るため、ぬるま湯に少量の台所洗剤を入れてかき混ぜます。
そこへモーラナイフを浸し15分ほど浸し、スポンジなどでしっかり洗います。この脱脂の工程を中途半端にすると、すぐに赤錆が発生するので気をつけましょう。

手順③紅茶を淹れる

汚れを落とし、脱脂ができたら次の工程へ進みます。モーラナイフがしっかり浸かるペットボトルを用意し、ぬるま湯500ccに紅茶パックを5個淹れます。
濃い紅茶色になってきたら、そこへクエン酸または酢を加えます。この時、紅茶6:クエン酸または酢4の割合になるよう調合します。そこへモーラナイフを浸します。

手順④ナイフを漬ける

モーラナイフを漬けた液は、黒ずんでいます。モーラナイフの刀身に、ムラができていても問題はありません。加工液からナイフを取り出し、しばらくはそのまま放置します。ナイフに残っている加工液をしっかり洗いましょう。

手順⑤取り出して乾燥させる

モーラナイフを洗い終えたらしっかり乾燥させることです。自然乾燥でも良いのですが、ドライヤーを使えば、早く乾かすことができます。作業はこれで完了ですが、使用後は食用オイルを塗って保管することをお薦めします。

モーラナイフの黒錆加工のやり方まとめ

knife
モーラナイフの黒錆加工のやり方について調査しました。黒錆加工は、紅茶パックや酢といった自宅にあるもので、簡単に作業が出来ます。しかも仕上がったナイフは見た目も抜群です。
しかし黒錆を施しても使っているうち錆びてしまうので、使用後は汚れを落として食用オイルを塗っておきましょう。
シースナイフおすすめ15選!釣りやバトニングにも活用できる!

あわせて読みたい

シースナイフおすすめ15選!釣りやバトニングにも活用できる!

シースナイフの種類や選び方のポイントについて、徹底調査しました。アウトドアシーンで活躍するシー...

ソロキャンプにおすすめのナイフ21選!調理や薪割りに便利!

あわせて読みたい

ソロキャンプにおすすめのナイフ21選!調理や薪割りに便利!

ソロキャンプにおすすめなナイフを紹介!薪割りや調理に使える初心者にも人気の折りたたみナイフにつ...

フルタングナイフのおすすめ10選!選び方やバトニングの方法も解説

あわせて読みたい

フルタングナイフのおすすめ10選!選び方やバトニングの方法も解説

アウトドアに人気のおすすめフルタングナイフを10選紹介!コロンビアなどメーカーの選び方やヨルムン...

suzuki.suzuki117

この記事のライター

suzuki.suzuki117

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

フィレナイフの魅力とおすすめ商品を紹介!注意点やお手入れ方法も解説!

刃物・マルチツール

フィレナイフの魅力とおすすめ商品を紹介!注意点やお手入れ方法も解説!

キャンプ料理の強い味方である、フィレナイフの魅力を解説!選び方やおすすめ商品を一挙に紹介します。使用上の注意点や研ぎ方、お手入れ方法も詳しく説明していますので、購入を検討している人は参考にして、自分に合うフィレナイフを見つけてください。

モーラナイフの黒錆加工のやり方は?メリットやデメリットもチェック

刃物・マルチツール

モーラナイフの黒錆加工のやり方は?メリットやデメリットもチェック

モーラナイフの黒錆加工のやり方を調査しました。この記事では、モーラナイフを黒錆加工する際、必要な材料はどのような物か、また実際のやり方を具体的に紹介します。さらにモーラナイフを黒錆加工する、メリットやデメリットについても説明します。

オピネルをカスタムして自分好みに!マネしたいアイデアや注意点も!

刃物・マルチツール

オピネルをカスタムして自分好みに!マネしたいアイデアや注意点も!

オピネルナイフの基本情報から、カスタムする際の注意点まで解説します。さらに、オピネルナイフのカスタム方法やアイデアを詳しく紹介しています!愛着が湧くカスタムをして、アウトドアライフをレベルアップさせましょう!

和式ナイフ「肥後守」の特徴を紹介!キャンプにおすすめのサイズや商品は?

刃物・マルチツール

和式ナイフ「肥後守」の特徴を紹介!キャンプにおすすめのサイズや商品は?

肥後守ナイフの特徴について解説します。肥後守ナイフとはいったいどのような物でしょうか。昔から私たちの生活には欠かせませんでした。キャンプブームの今、肥後守はバトニングやクッキングでの活用方法を詳しく調査します。またキャンプにおすすめの商品も紹介します。

コロンビアナイフがキャンプ・サバイバルにおすすめ!人気アイテム紹介

刃物・マルチツール

コロンビアナイフがキャンプ・サバイバルにおすすめ!人気アイテム紹介

コロンビアナイフについて徹底調査しました!キャンプやサバイバルにおすすめのコロンビアナイフが得る評判や研ぎ方のコツも詳しく解説!人気のコロンビアナイフも数種類紹介しているので、コロンビアナイフを購入する際は参考にしてください。

関連するキーワード

刃物・マルチツールランキング

人気ランキング

話題のキーワード