ビクトリノックスのクラシックをレビュー!評価や使い方を調査

お気に入りに追加

マルチツールナイフで有名なビクトリノックスからラインナップされているクラシックについての解説です。キャンプや登山などあらゆるアウトドアで活躍してくれるビクトリノックスのクラシックの気になるレビューや評価をまとめます。お手入れ方法も合わせて解説していきます。

ビクトリノックスのクラシックをレビュー!評価や使い方を調査

目次

  1. ビクトリノックス「クラシック」の評価と使い方を紹介!
  2. ビクトリノックス「クラシック」のスペックとレビュー
  3. ビクトリノックス「クラシックSD」のスペック
  4. レビュー①低価格
  5. レビュー②7つの機能搭載
  6. レビュー③カラーバリエーションが豊富
  7. レビュー④コレクター向けアイテムがある
  8. ビクトリノックス「クラシック」使い方と注意点
  9. アウトドアで使う
  10. 普段使いにも便利
  11. 注意点①銃刀法
  12. 注意点②機内の持ち込みNG
  13. ビクトリノックス「クラシック」のお手入れ方法
  14. マルチツールオイルを使う
  15. デュアル・ナイフシャープナーで研ぐ
  16. ビクトリノックス「クラシック」は使い勝手がいいマルチツール

ビクトリノックス「クラシック」の評価と使い方を紹介!

万能ナイフ
マルチツールナイフの代名詞と言っても過言ではないスイス発のビクトリノックス「クラシック」シリーズをご存じですか?
クラシックはコンパクトサイズでキャンプや登山などのアウトドアに持って行っても邪魔にならず、日常使いにも便利なマルチツールナイフなのです。
ナイフ以外にも様々な機能が付いており、マルチに活躍するので1本持っておいて損はないアウトドアギアです。
そんなビクトリノックスクラシックのレビューや使い方を紹介します。

ビクトリノックス「クラシック」のスペックとレビュー

ビクトリノックス「クラシックSD」のスペック

出典: 楽天市場
VICTORINOX
クラシックSD
1,848円(税込)
楽天市場で詳細を見る

ビクトリノックスの創業後間もなく発売されたオフィサーナイフを元に作られ、コンパクト化されたシリーズです。
コンパクトなボディにスモールブレード、はさみ、つめやすり、マイナスドライバー、キーリング、つまようじ、ピンセットの7つの機能が搭載されており、アウトドアだけでなく日常生活でも大活躍してくれます。
小さくて軽いので女性にもオススメです。
またカラーバリエーションも豊富なので、人とかぶりにくいのもポイントですね。

長さ 58mm
厚み 9mm
重量 21g
機能数 7
男性
男性

変わらない切れ味

評価:

約7年半使用していますが、ナイフもハサミも切れ味が全く落ちません! これからも愛用し続けます。

男性
男性

普段使いにも便利

評価:

アウトドアだけでなく普段使いにも大活躍しています。 使い勝手の良さに満足していますが1つ欠点があるとするなら、ナイフがストラップホールがある側を中心として出てくるので、ストラップをつけたまま使えないということ。

レビュー①低価格

小銭
マルチツールナイフと聞くとちょっとお高いようなイメージがありますが、ビクトリノックスのクラシックは¥1,848(税込み)で購入できます。
キャンプや登山を始めようと思うとギアやウェアだけでかなりの出費になってしまうので、お手頃価格でマルチツールナイフが買えるのは嬉しいです。

レビュー②7つの機能搭載

マルチツール
ビクトリノックスのクラシックにはコンパクトなボディにスモールブレード、はさみ、爪やすり、2.5mmマイナスドライバー、キーリング、つまようじ、ピンセットの7つの機能が搭載されています。
ブレードやハサミは切れ味が全く落ちないと長年愛用しているユーザーからも高い評価を得ています。
また爪やすりやはさみ、マイナスドライバーなどは日常生活でも使える機能なので、アウトドアだけでなく普段使いもできるので非常にコストパフォーマンスに優れます。
マルチツールナイフは使い方がよく分からないという方でも、シンプルな作りなので本能的に使うことができるのです。

レビュー③カラーバリエーションが豊富

豊富な色
ビクトリノックスのクラシックは豊富なカラー展開があるので、自分のお気に入りの1本を見つけることができます。
人と同じものは持ちたくないという方にオススメのシリーズです。

レビュー④コレクター向けアイテムがある

登山ナイフ
ビクトリノックスのクラシックには毎年リミテッドエディションが出ており、各年ごとに設定されたテーマに基づいてファンからデザインを募集し投票で決定しています。
その年にしかゲットできない特別なクラシックだからこそ、コレクターもハマるんですね。

ビクトリノックス「クラシック」使い方と注意点

アウトドアで使う

ナイフとカッティングボード
ビクトリノックスのクラシックには7つの機能が付いているので、ナイフやハサミなどの基本ツールはキャンプや登山で調理をする時に役立ちます。
他にも登山中に岩や木の枝で爪が欠けてしまったときも、爪やすりで研げばすぐにきれいな爪に戻ります。
様々なアウトドアシーンで大活躍してくれるナイフなんです。

普段使いにも便利

野菜とナイフ
クラシックはアウトドア以外に普段使いでも大活躍してくれます。
ナイフはレターオープナーとして使ったり、マイナスドライバーでネジを締めたり、またオシャレに敏感な人は爪やすりで爪を整えたりとマルチに使えます。
小さいのでキーホルダーを付けておけば、どこにでも持ち運ぶことができるんです。

注意点①銃刀法

ビクトリノックス
銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)によると、刃渡り6cm以上の刃物を業務または正当な理由なしに携帯すると違反となります。
よってビクトリノックスのクラシックは銃刀法違反には当たりません。
ですが軽犯罪法によると、『正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者は、これを拘留又は科料に処する。』とあるので、刃渡り6cm以下でも正当な理由なしに刃物を持ち歩くことはできません。
もしクラシックを持ち運ぶ場合は注意しましょう。

注意点②機内の持ち込みNG

飛行機の搭乗口
ビクトリノックスなどのツールナイフは大きさに関わらず機内持ち込みは禁止です。
旅行に持って行く場合は手荷物の中に入れず、必ず預け荷物の方に入れるようにしましょう。
誤って手荷物の方に入れていた場合、手荷物検査場で没収されます。

ビクトリノックス「クラシック」のお手入れ方法

マルチツールオイルを使う

出典: 楽天市場
VICTORINOX
マルチツールオイル
617円(税込)
楽天市場で詳細を見る

ビクトリノックスのマルチツールナイフに使えるオイルです。
ビクトリノックスのブレードはステンレス製なので通常使用では錆びませんが、海水など塩分を含んだ水がかかってしまった場合は流水でよく洗って乾かした後、マルチツールオイルを注しておくことで錆びを防ぎます。
またジョイント部分に砂やゴミが詰まるとツールを開閉しにくくなるので、そのような場合はブラシでジョイント部分を掃除して流水で洗った後乾燥させ、マルチツールオイルを注しておくと滑らかに開閉できるようになります。

サイズ 25x71mm
重量 14g
男性
男性

便利だけどフタが開けにくい

評価:

錆びついて動きが悪くなっていたナイフがスムーズに動くようになりました。 ただフタが開けにくいので、そこがちょっとストレスです。

デュアル・ナイフシャープナーで研ぐ

出典: 楽天市場
VICTORINOX
デュアルナイフシャープナー
1,496円(税込)
楽天市場で詳細を見る

切れ味が落ちてきたときにデュアルナイフシャープナーを使って研ぐことで切れ味を復活させることができます。
シャープナーを刃に対して15~20度の角度で当て、その状態のまま研ぎます。刃の両側を均等に行いましょう。
もしこれで切れ味が戻らない場合は砥石やシャープニングキットを使用してください。

サイズ 縦144x横18x厚み17mm
重量 29g
ケース材質 ABS樹脂
シャープナー材質 セラミック
男性
男性

携帯性は高いので応急用として

評価:

コンパクトなのでキャンプなどに応急用として持って行くには完璧です。 刃こぼれした場合はさすがにこれでは戻らないので、砥石で研ぐ必要はありますね。

ビクトリノックス「クラシック」は使い勝手がいいマルチツール

キャンプ料理
ビクトリノックスのクラシックは軽量コンパクトでアウトドアだけでなく普段使いにも便利なマルチツールナイフです。
その便利さから国内外のユーザーから高い評価を得ている商品であるにも関わらず、お手頃価格で手に入れることができるので、マルチツールナイフは初めて使うという方にもオススメです。
是非使い勝手の良さを体感してみてください。
まめぞう

この記事のライター

まめぞう

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

フィレナイフの魅力とおすすめ商品を紹介!注意点やお手入れ方法も解説!

刃物・マルチツール

フィレナイフの魅力とおすすめ商品を紹介!注意点やお手入れ方法も解説!

キャンプ料理の強い味方である、フィレナイフの魅力を解説!選び方やおすすめ商品を一挙に紹介します。使用上の注意点や研ぎ方、お手入れ方法も詳しく説明していますので、購入を検討している人は参考にして、自分に合うフィレナイフを見つけてください。

モーラナイフの黒錆加工のやり方は?メリットやデメリットもチェック

刃物・マルチツール

モーラナイフの黒錆加工のやり方は?メリットやデメリットもチェック

モーラナイフの黒錆加工のやり方を調査しました。この記事では、モーラナイフを黒錆加工する際、必要な材料はどのような物か、また実際のやり方を具体的に紹介します。さらにモーラナイフを黒錆加工する、メリットやデメリットについても説明します。

オピネルをカスタムして自分好みに!マネしたいアイデアや注意点も!

刃物・マルチツール

オピネルをカスタムして自分好みに!マネしたいアイデアや注意点も!

オピネルナイフの基本情報から、カスタムする際の注意点まで解説します。さらに、オピネルナイフのカスタム方法やアイデアを詳しく紹介しています!愛着が湧くカスタムをして、アウトドアライフをレベルアップさせましょう!

和式ナイフ「肥後守」の特徴を紹介!キャンプにおすすめのサイズや商品は?

刃物・マルチツール

和式ナイフ「肥後守」の特徴を紹介!キャンプにおすすめのサイズや商品は?

肥後守ナイフの特徴について解説します。肥後守ナイフとはいったいどのような物でしょうか。昔から私たちの生活には欠かせませんでした。キャンプブームの今、肥後守はバトニングやクッキングでの活用方法を詳しく調査します。またキャンプにおすすめの商品も紹介します。

コロンビアナイフがキャンプ・サバイバルにおすすめ!人気アイテム紹介

刃物・マルチツール

コロンビアナイフがキャンプ・サバイバルにおすすめ!人気アイテム紹介

コロンビアナイフについて徹底調査しました!キャンプやサバイバルにおすすめのコロンビアナイフが得る評判や研ぎ方のコツも詳しく解説!人気のコロンビアナイフも数種類紹介しているので、コロンビアナイフを購入する際は参考にしてください。

関連するキーワード

刃物・マルチツールランキング

人気ランキング

話題のキーワード