ウッドストーブと焚き火台の違いは?おすすめ商品15選も紹介!

お気に入りに追加

ウッドストーブと焚き火台の違いを解説!おすすめの焚き火ができるウッドストーブを15選紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。大型のものやコパクトなものなど、選び方についても掘り下げているため、ウッドストーブを購入する際のチェックポイントにしましょう。

ウッドストーブと焚き火台の違いは?おすすめ商品15選も紹介!

目次

  1. ウッドストーブ・焚き火向けストーブを一挙紹介!
  2. ウッドストーブ・焚き火向けストーブの選び方
  3. ウッドストーブ・焚き火向けストーブのおすすめ15選
  4. ウッドストーブ・焚き火向けストーブの比較表
  5. ウッドストーブは100均グッズで自作できる!
  6. ウッドストーブ・焚き火向けストーブのQ&A
  7. ウッドストーブ・焚き火向けストーブまとめ

ウッドストーブ・焚き火向けストーブを一挙紹介!

ウッドストーブ
焚き火が楽しめる、ウッドストーブを紹介します。おすすめ商品だけでなく、自分に合ったウッドストーブの選び方についても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。また、ウッドストーブと焚き火台の違いについても掘り下げているので、そちらも要チェックです。
 
おすすめ商品の中には、コンパクトさや軽量さがずば抜けているものもあります。キャンプだけでなく、登山やツーリングにも最適なアイテムなので、気になるという人はぜひこの機会に購入してみてください。

ウッドストーブ・焚き火向けストーブの選び方

まずは、ウッドストーブとの正しい選び方について掘り下げていきましょう。正しい選び方を知っておくと、自分に合ったウッドストーブが見つかります。選び方のポイントは全部で5つあるので、1つ1つ確認しながらメーカーのおすすめ商品と照らし合わせましょう。

ウッドストーブと焚き火台の違い

選び方の前に、ウッドストーブと焚き火台の違いについてです。ウッドストーブとは、現地で集めた燃料を使って燃やすことのできるアイテムで、下から空気が送り込まれるので、燃焼効率が良いです。逆に、焚き火台は暖を取るという目的の違いがあります。
 
マルチに使用できるのがウッドストーブです。そのため、まだどのような使い方をするのかまだ決まっていないのであれば、ウッドストーブを選びましょう。焚き火台とは違い、後からでも色々な使い方ができておすすめです。

選び方①円柱型・箱型

ウッドストーブを選ぶ時は、形に注目してみましょう。形は主に2種類で、円柱型と箱型になります。円柱型は丸い形をしているため、スタッキングが得意です。箱型は組み立てる必要があります。しかし、分解すると薄さ1cm以下になるものが多く、コンパクトに収納できておすすめです。

選び方②料理用・焚き火用

ウッドストーブの中には、焚き火用と料理用の2種類が販売されています。料理用の場合は網がついていることが多いため、色々な楽しみ方をしたい人におすすめです。焚き火用のウッドストーブは重たいものを乗せれませんが、シェラカップなどの小さいものなら乗せてお湯を沸かすこともできます。

選び方③コンパクト・大型

次の選び方ポイントは、コンパクトさを取るのか大型サイズを選ぶのかについてです。登山やツーリング、ソロキャンプなど、荷物をできるだけ減らしたい場合にはコンパクトさ重視にしましょう。折りたためばポケットに入るサイズのものも販売されています。
 
逆に、料理をしたいという人は大型のものがおすすめ。大きめのクッカーを乗せることもできるため、調理の幅が広がります。また、大型のものなら安定感があるので、燃料を一気に入れられるというメリットもあります。

選び方④チタン製・ステンレス製

ウッドストーブを選ぶなら、素材にも注目してみてください。主に、チタン製とステンレス製のものが販売されています。チタン製は軽いという性質を持っており、ステンレスは錆びづらいという性質があります。特にチタン製がおすすめですが、ステンレス製の方が安価で販売しています。

選び方⑤固形燃料や木炭にも対応しているか

ウッドストーブは、現地で調達したものを使って燃焼を行います。例えば、落ち葉や枯れ枝、松ぼっくりなどが挙げられます。しかし、中には固形燃料や木炭を使えるものも少なくありません。色々な燃料を使いたいのなら、固形燃料や木炭にも対応しているのか確認しておきましょう。

ウッドストーブ・焚き火向けストーブのおすすめ15選

ここからは、おすすめのウッドストーブ、焚き火向けストーブを紹介していきます。特におすすめな商品を15選ピックアップして掘り下げているので、それぞれの特徴の違いを把握して自分に合ったウッドストーブ、焚き火向けストーブを探してみてください。

①ソロストーブ キャンプファイヤー

出典: 楽天市場
ソロストーブ
キャンプファイヤー
23,369円(税込)
楽天市場で詳細を見る
大型のソロストーブ製品

ソロストーブのキャンプファイヤーは、ソロキャンプにおすすめなウッドストーブです。シリーズの中で最も大型なウッドストーブなのですが、小枝を使って調理を行うこともできます。950mlの水なら最大4分で分かることが可能。大型のものを探している人におすすめです。

サイズ 高さ約17cm(収納時)、約23.5cm(使用時)直径約17.8cm
重量 約998g
素材 ステンレススチール、ニクロムワイヤー
20代/男性
20代/男性

大型の焚き火向けストーブ

評価:

焚き火に利用したかったため、シリーズの中で最も大型のものを選びました。2重壁なので燃焼効率が良く、自然素材でも燃焼させられます。調理にも利用できるので、色々な使い方を試してみたいです。

②Lixada ウッドストーブ

出典: 楽天市場
Lixada
ウッドストーブ
5,111円(税込)
楽天市場で詳細を見る
性能抜群!

Lixadaのウッドストーブは、500℃の高温でも耐えることができます。使われているチタン棒金は強度が高く、ステンレス鋼やアルミよりも耐食性に優れています。組み立ても簡単で、初心者の場合でも数十秒あれば組み立てられます。焚き火はもちろん、調理にも利用可能です。

サイズ 18×15.3×10.7cm
重量 221g
素材 チタン合金
Lady
Lady

チタンなので軽い!

評価:

ソロキャンプに使えるウッドストーブを探していました。チタン合金なので軽く、持ち運びやすいです。また、複雑な組み立てがないので初心者にもおすすめです。大型のウッドストーブが好きな人には少し物足りないかもしれません。

③田中文金属 缶ストーブ

出典: 楽天市場
田中文金属
缶ストーブ
4,320円(税込)
楽天市場で詳細を見る
燃料の幅が広い!

マルチに使えるウッドストーブを探しているのなら、田中文金属の缶ストーブがおすすめ。缶ストーブには豆炭や木炭、薪は固形燃料、落ち葉など幅広い燃料が使えます。少し大型のウッドストーブになっているので、豪快に焚き火を楽しみたいという人からも人気のある商品です。

サイズ 直径196mm×高さ276mm
重量 1.1kg
素材 アルミメッキ鋼板、網
40代/男性
40代/男性

焚き火以外にもおすすめ

評価:

これ1台で、バーベキューや煮込む料理を作れます。暖房代わりにも使えるので、冬のキャンプには欠かせないウッドストーブです。

④Bushcraft Essentials ブッシュボックス

出典: 楽天市場
Bushcraft Essentials
ブッシュボックスXL
19,753円(税込)
楽天市場で詳細を見る
おすすめメーカー

Bushcraft EssentialsのブッシュボックスXLは、大型サイズのウッドストーブです。大型ウッドストーブなのに軽量で、持ち運びやすいのが特徴的。大型サイズなので大きめの薪もくべることができます。収納時は薄くコンパクトにできるので、荷物を多くしたくないという人にもおすすめです。

サイズ 12.5x12.5x19cm
重量 約780g
素材 ステンレス
20代/女性
20代/女性

使い方が簡単

評価:

薪を上からと横からくべることができます。料理など使い方のバリエーションがあるので、これからももっと利用して行きたいと思います。

④FIREBOX G2

出典: 楽天市場
FIREBOX
G2
16,480円(税込)
楽天市場で詳細を見る
おすすめウッドストーブ

FIREBOXのG2は、煙突効果で炎をしっかりと大きくできます。収納時は折りたたむことができ、厚さは何と1cm以下です。上部を取り外せば焚き火として利用できますし、網を置けば調理可能なウッドストーブになります。ぜひ自分に合った使い方を探してみてください。

サイズ 21×14×3.5cm
重さ 907g
素材 ステンレス
40代/女性
40代/女性

安定して使えます

評価:

焚き火として利用していますが、こちらのウッドストーブの上にはダッチオーブンが乗せれます。他のウッドストーブとは違い、穴が多い特徴があります。

⑤Moon Lence 焚き火台

出典: 楽天市場
Moon Lence
焚き火台
12,448円(税込)
楽天市場で詳細を見る
安定感がある

Moon Lenceの焚き火台は他の焚き火台とは違い、しっかりとした安定感が特徴的です。こちらのウッドストーブは、焚き火も料理も楽しめます。ソロキャンプよりも2人から4人まで利用できる大型サイズなので、大型のウッドストーブを探している人におすすめな商品です。

サイズ 37.5×33.5×22cm
重量 1.6kg
素材 430ステンレス
50代/男性
50代/男性

大型サイズのウッドストーブ

評価:

丸ごと洗えるので、メンテナンスが苦手な人に最適です。バーベキューを楽しんだ後は網を外し、焚き火台として利用するのがおすすめです。

⑥SOTO テトラ

出典: 楽天市場
SOTO
テトラ
1,100円(税込)
楽天市場で詳細を見る
ポケットサイズ!

SOTOのテトラは、ポケットにも収納できるタイプの焚き火台です。ソロキャンプにピッタリな小さめサイズで、固形燃料が使えます。もちろん、隙間から細い枝を差し込むことができるので、身に焼き鳥を楽しんでみてはどうでしょうか。シェラカップとの相性も抜群です。

サイズ 幅88×奥行88×高さ79mm
重量 122g
素材 ステンレス
50代/女性
50代/女性

持ち運びやすいです

評価:

コンパクトなので、ソロキャンプにピッタリ。枝を使えばウッドストーブとしても活用できるので、これからはもっといろいろ活用したいと思っています。

⑦SOTO ヘキサ

出典: 楽天市場
SOTO
ヘキサ
2,200円(税込)
楽天市場で詳細を見る
ウッドストーブとしても利用可能

SOTOのヘキサはテトラと同様、ポケットサイズの焚き火台です。側面板が6枚あるので、組み立てに少し時間がかかります。折りたためば薄さ4mmになるサイズなので、小型サイズのウッドストーブを探している人におすすめ。シェラカップも使えるので、ぜひこの機会に購入してみてください。

サイズ 幅155×奥行155×高さ79mm
重量 226g
素材 ステンレス
20代/男性
20代/男性

ソロキャンプにピッタリ

評価:

100均で売っている固形燃料が使えます。枝がない時は、ぜひ100均の固形燃料を使ってみてください。

⑧YaeiWorkers 薪ストーブ

出典: 楽天市場
YaeiWorkers
薪ストーブ
6,117円(税込)
楽天市場で詳細を見る
焼き色がおしゃれ

YaeiWorkersの製品は、コンパクトで軽量なのが特徴的のウッドストーブです。燃焼効率が高い設計になっているため、調理にも向いています。また、チタン製のウッドストーブは利用すればするほど、焼き色がつくという特性があります。自分好みのウッドストーブに変身させましょう。

サイズ 18×15.3×10.7cm
重量 約295g
素材 チタン
40代/男性
40代/男性

音に注意

評価:

携帯性が高いです。ただ、組み立ての際に大きなことが出るので少し注意が必要かもしれません。

⑩バーゴ ヘキサゴンウッドストーブ

出典: 楽天市場
バーゴ
ヘキサゴンウッドストーブ
6,960円(税込)
楽天市場で詳細を見る

バーゴのこちらのヘキサゴンウッドストーブは、チタン製で軽量なのが特徴的です。コンパクトに収納可能なので、携帯性も抜群です。下から空気を送れる形状になっているため、燃焼を効率よく行うことができます。定期的にメラニンスポンジを使うと、綺麗に保つことができておすすめです。

サイズ 最長辺14.5cm×厚さ0.7cm
重量 116g
素材 チタン
50代/女性
50代/女性

少し煙が気になります

評価:

とにかく持ち運びやすく、他のウッドストーブと違いアルコールバーナーとの相性が抜群です。寒い日は暖房として使えますが、煙が少し気になるので注意が必要かもしれません。

⑪ソロストーブ タイタン

出典: 楽天市場
ソロストーブ
タイタン
14,090円(税込)
楽天市場で詳細を見る
二次燃焼のウッドストーブ

ソロストーブのタイタンは、大型サイズのウッドストーブです。元々販売されていたものよりも大型で、独自の二重壁を使用しています。二次燃焼によって燃焼効率が良く、少しの枝をくべるだけで調理も可能です。環境に優しいので、キャンプを続けるという人にもおすすめなウッドストーブです。

サイズ 13×20cm
重量 468g
素材 プレミアムステンレス、ニクロム線
30代/男性
30代/男性

自然を大活用

評価:

自然に拾った枝を利用できるので、かなりコスパが良いのではないでしょうか。100均で売られている固形燃料を使うよりも、落ちている枝の方が安価です。

⑫ユニフレーム ネイチャーストーブ

出典: 楽天市場
ユニフレーム
ネイチャーストーブ
6,160円(税込)
楽天市場で詳細を見る
効率よく燃焼

ユニフレームのネイチャーストーブは、風の力を利用して炎を生み出す形を実現。下から風が送り込まれるので、煙突のような役割を果たしています。五徳を使えば料理を行うことができるので、焚き火も料理もこだわりたい人におすすめです。

サイズ 約140×140×160(高さ)mm
重量 約320g
素材 ステンレス鋼
20代/女性
20代/女性

優秀なアイテムです

評価:

ソロキャンプ初心者です。初めてウッドストーブを購入しましたが、これに決めてよかったと思います。上手く炎が大きくなってくれるだけでなく。まつぼっくりなどを燃料にできます。

⑬ペトロマックス ホーボーストーブ

出典: 楽天市場
ペトロマックス
ホーボーストーブ
6,435円(税込)
楽天市場で詳細を見る
組み立て簡単!

ペトロマックスのウッドストーブは、7つの部品からできています。それぞれが小さい部品なので、分解すれば片手に収まるくらいの大きさになります。ソロキャンプにピッタリなウッドストーブなので、ソロキャンプを行うことが多い人は、ぜひ購入してみてはどうでしょうか。

サイズ 11.5×13.8×12.5cm
重量 590g
素材 ステンレス
20代/女性
20代/女性

初めてのソロキャンプに購入

評価:

焚き火を行うのは初めてでしたが、こちらのウッドストーブを購入しました。ステンレスなので錆びにくく、これからも愛用できるアイテムだと思います。

⑭トークス ソロB.Pウッドバーニングストーブ

出典: 楽天市場
トークス
ソロB.Pウッドバーニングストーブ
7,782円(税込)
楽天市場で詳細を見る
世界が認めたウッドストーブ

トークスのウッドストーブには、高品質なチタニウムが使われています。世界中のバックパッカーからも愛されているウッドストーブで、コンパクトさがウリです。
100均で売っているような固形燃料を初め、枯れ枝やウッドチップでも燃焼可能です。過去に、キャンピングカテゴリーのインダストリーアワードを受賞しています。

サイズ 86×184mm
重量 151g
素材 チタニウム
50代/男性
50代/男性

これだけで十分です

評価:

とにかく品質の良いものを探していました。ドイツのアウトドアショーで受賞したことがあるということで、こちらを購入。他のウッドストーブは使えないかもしれません。

⑮Signstek ウッドストーブ

出典: 楽天市場
Signstek
ウッドストーブ
3,553円(税込)
楽天市場で詳細を見る
灰が自然に返る!

自然に優しいウッドストーブなら、Signstekのものがおすすめ。自然の枯れ木を利用して燃焼させるのですが、燃え切った灰は肥料として自然に返ります。そのため、ウッドストーブを楽しんだ後はゴミを持ち帰る必要がありません。スタッキングできるので、コンパクトに収納できます。

サイズ 13×18.5cm
重量 465g
素材 ステンレス鋼
30代/女性
30代/女性

自然に良いアイテムと知って

評価:

初めは他のウッドストーブとの違いが分からず、普通に使っていました。後から自然に考慮されたアイテムということを知り、今ではいろいろな人におすすめしています。

ウッドストーブ・焚き火向けストーブの比較表

ブランド

ソロストーブ

Lixada

田中文金属

 Bushcraft Essentials 

FIREBOX

Moon Lence 

SOTO

SOTO

YAEI WORKERS 

バーゴ

ソロストーブ

ユニフレーム

ペトロマックス

トークス

Signstek

画像

商品名

キャンプファイヤー

ウッドストーブ

缶ストーブ

アウトドアクッカー

G2

焚き火台

テトラ

ヘキサ

薪ストーブ

ヘキサゴンウッドストーブ

タイタン

ネイチャーストーブ

ホーボーストーブ

ソロB.Pウッドバーニングストーブ

ウッドストーブ

特徴

・大型サイズ
・燃焼効率が良い
・調理も可能

・平たく収納できる
・高温に耐えられる
・初心者におすすめ

・変わった形
・いろいろな燃料が使える
・少し重たい

・コンパクト
・大きめサイズ
・錆びにくい

・折りたたんだら薄い
・必要なものがセットに
・調理も楽しめる

・安定感がある
・バーベキューができる
・大型サイズ

・簡易的
・固形燃料が使える
・ポケットに入る

・ポケットに入る
・ソロキャンプにおすすめ
・お手頃価格

・使っていると色が変わる
・コンパクト
・チタンで軽い

・枝をたくさん入れられる
・燃焼効率が良い
・かなり軽量

・二次燃焼
・環境に優しい
・大型サイズ

・炎が大きくなりやすい
・小さめサイズ
・ソロキャンプにおすすめ

・組み立てが簡単
・サイズが小さい
・錆びにくい

・コンパクト
・固形燃料が使える
・世界中から人気

・スタッキングできる
・自然を破壊しない
・お手頃価格

商品リンク

楽天(23,369円) 楽天(5,111円) 楽天(4,320円) 楽天(19,753円) 楽天(16,480円) 楽天(12,448円) 楽天(1,100円) 楽天(2,200円) 楽天(6,117円) 楽天(6,969円) 楽天(14,090円) 楽天(6,160円) 楽天(6,435円) 楽天(7,782円) 楽天(3,553円)

ウッドストーブは100均グッズで自作できる!

様々なメーカーから販売されているウッドストーブですが、何と100均のグッズを使って自作できるようです。必要な材料や道具、作り方を紹介するので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。メーカーのものとは違い、安価な材料でお手軽に作れておすすめです。

材料・道具

  • ステンレスカトラリーラック
  • 貯金箱
  • キリか電動ドリル
  • やすり
  • カッターか缶切り

基本は、ステンレスカトラリーラックと貯金箱の組み合わせになります。ステンレス製なので、穴を開ける作業の時はキリや電動ドリルの使用がおすすめ。特に、電動ドリルなら綺麗な穴を簡単に開けることができます。また、そこを取り外す場合は缶切りやカッターの使用がおすすめです。

作り方

次は、作り方についてです。まずは、ステンレスカトラリーラックと貯金箱の高さの差を確認します。そして、カッターや缶切りで貯金箱の上部分を切り取りましょう。貯金箱の上具を切り取ると、上手くステンレスカトラリーラックが中に入ります。
 
そして、電動ドリルやキリを使って、貯金箱の下部分に穴を開けましょう。穴を開けることで空気が循環します。最後にステンレスカトラリーラックと組み合わせて完成です。カッターで切った部分が気になる場合は、やすりを使って綺麗に整えましょう。

ウッドストーブ・焚き火向けストーブのQ&A

ウッドストーブってどのようなアイテムですか?
ウッドストーブは、自然にある燃料を使って燃焼させることのできるアイテムです。現地で調達できる素材は様々で、小枝や落ち葉が特におすすめ。自分で素材を見つける楽しみがあることから、あえて選ぶという人も少なくありません。
また、下から空気が上に循環する仕組みになっているため、より炎を大きく燃やすことが可能です。
固形燃料や木炭は使えますか?

固形燃料や木炭に関しては、メーカーの品によって異なります。使用できるものもあれば、使用できないものもあります。そのため、購入前に確認しておく必要があるでしょう。色々な燃料を使えるウッドストーブは、使い勝手が良いのでとてもおすすめです。

焚き火台との違いは?

焚き火台は、基本的に炭や薪を使うことを目的とされています。炭や薪は事前に購入する必要があるため、手間になることも少なくありません。また、焚き火台の大きさによっては市販の薪が入らないことも。そのため、焚き火台よりも自由なウッドストーブを選ぶという人が多いです。

ウッドストーブ・焚き火向けストーブまとめ

焚き火台
様々なメーカーから販売されているため、どれを購入していいのか迷ってしまうという人もいるでしょう。しかし、正しい選び方を知っていれば自分に合ったアイテムを見つけることができます。ウッドストーブと焚き火台の違いを知って、ぜひ自分に合ったアイテムを探してみてください。
 
もちろん、DIYに興味がある人は100均のアイテムを使って自作するのもおすすめ。簡単に作れるので、気になっているという人はこの機会に挑戦してみてはどうでしょうか。
アルコールストーブの燃費・燃焼時間まとめ!燃料やおすすめアイテムも

あわせて読みたい

アルコールストーブの燃費・燃焼時間まとめ!燃料やおすすめアイテムも

アルコールストーブの燃費や燃焼時間について詳しく解説しています。また、使用する燃料のアルコール...

ポケットストーブの風防を100均アイテムで自作!簡単に作れて便利

あわせて読みたい

ポケットストーブの風防を100均アイテムで自作!簡単に作れて便利

100均アイテムで自作できるポケットストーブの風防を紹介!作り方を詳しく掘り下げているので、固形...

武井バーナーのパープルストーブ301Aの魅力や使い方を一挙公開!

あわせて読みたい

武井バーナーのパープルストーブ301Aの魅力や使い方を一挙公開!

武井バーナーのパープルストーブ301Aの魅力や使い方を紹介しています。コンパクトサイズながら、非常...

すうこ

この記事のライター

すうこ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

二次燃焼を楽しめる焚き火台8選!モンベルのストーブも焚き火におすすめ

焚き火台

二次燃焼を楽しめる焚き火台8選!モンベルのストーブも焚き火におすすめ

二次燃焼を楽しめる焚き火台を紹介します。モンベルなど有名ブランドの他、海外製品も含めて特徴やおすすめポイントをまとめました。焚き火台における二次燃焼の仕組みを詳しく解説していますので、通常の焚き火台との違いについても把握できます。

フォールマウンテンの焚き火台の魅力に迫る!価格や購入方法は?

焚き火台

フォールマウンテンの焚き火台の魅力に迫る!価格や購入方法は?

フォールマウンテンの焚き火台の魅力を解説!通販による購入方法や、取扱店について記載しています。サイズ展開のあるソロやシングル、ダブルの価格やセット内容も比較。ステンレスの焚き火台とは違った、フォールマウンテンの鉄製焚き火台ならではの魅力を紹介します。

焚き火台を自作しよう!100均アイテムを使った作り方も紹介!

焚き火台

焚き火台を自作しよう!100均アイテムを使った作り方も紹介!

焚き火台の自作の仕方についてまとめました。この記事では、ペグを使ったメッシュタイプや100均アイテムで作るコンパクトタイプ、そして大型焚き火台の自作方法を解説します。また、焚き火台を自作するメリットや、コストをどれだけ抑えられるのかも紹介します。

焚き火におすすめの五徳6選!人気のアイアン・チタン製品も!

焚き火台

焚き火におすすめの五徳6選!人気のアイアン・チタン製品も!

焚き火に使えるおすすめの五徳を紹介します。見た目や機能性で人気の高いアイアン製やチタン製も含め、サイズや特徴などをまとめました。焚き火で五徳を使うメリットや、初心者でも挑戦しやすい焚き火を使ったアウトドア料理についても解説しています。

メッシュの焚き火台おすすめ10選!軽量&コンパクト!自作方法も紹介

焚き火台

メッシュの焚き火台おすすめ10選!軽量&コンパクト!自作方法も紹介

メッシュの焚き火台は、軽量かつコンパクトに収納できることからアウトドアに最適!この記事では、メッシュの焚き火台のメリットとデメリットを紹介した上で、おすすめの製品を10個紹介します。自作をする方法も解説するので、参考にしてください。

関連するキーワード

焚き火台ランキング

人気ランキング

話題のキーワード