夏キャンプにはタープが必須!タープ泊にも便利なおすすめアイテム紹介

お気に入りに追加

夏のキャンプに大活躍のタープについて特徴から必要性についてを解説します。夏キャンプやタープ泊に適したタープを紹介するのでタープを検討している方は参考にしてください。どのようなタープを買えばいいか悩んでいる方におすすめです。

夏キャンプにはタープが必須!タープ泊にも便利なおすすめアイテム紹介

目次

  1. 夏キャンプのタープの必要性とおすすめアイテムを紹介!
  2. 夏キャンプにタープが必要な理由
  3. キャンプのタープ泊におすすめのタープ紹介
  4. 夏キャンプで快適な眠りのためのタープを揃えよう!

夏キャンプのタープの必要性とおすすめアイテムを紹介!

タープ

夏のキャンプは晴れた日に行うと最高です。夏の晴れた日は日差しが強いので、タープを使用する方も多いのではないでしょうか。ソロキャンプやタープ泊などでタープを利用する方も多いので、タープについての知識を身につけましょう。

夏キャンプにタープが必要な理由

理由①暑さ対策・日差し対策になる

タープ
タープは日差しを避ける役割を果たします。日陰の無いキャンプ場では、タープがあると自由に日陰を作ることができます。夏は熱中症対策も大切なので、日陰を作り少しでも体感温度を下げましょう。
タープは色によって影の濃さが変わるので、大きさや形だけでなく色も重要になってきます。テントと合わせて使う場合は、テントとの色の組み合わせも決め手のひとつになります。
また素材についても、軽量で持ち運びがしやすいナイロンや、燃えにくく焚き火をする際に適したコットンなどの種類があるので、購入するときには素材にも注目です。

理由②虫対策になる

タープは日差しを避ける役割を果たします。日陰の無いキャンプ場では、タープがあると自由に日陰を作ることができます。夏は熱中症対策も大切なので、日陰を作り少しでも体感温度を下げましょう。
タープは色によって影の濃さが変わるので、大きさや形だけでなく色も重要になってきます。テントと合わせて使う場合は、テントとの色の組み合わせも決め手のひとつになります。
また素材についても、軽量で持ち運びがしやすいナイロンや、燃えにくく焚き火をする際に適したコットンなどの種類があるので、購入するときには素材にも注目です。

キャンプのタープ泊におすすめのタープ紹介

商品①DDタープ

出典: 楽天市場
DDハンモック社
DDタープ
11,800円(税込)
楽天市場で詳細を見る
タープ泊に最適サイズ

4m×4mの正方形のタープです。4mサイズは居住空間を広く確保することができます。アタッチメントポイントが19箇所もあるので、様々な張り方ができるのが特徴。タープの張り方を工夫することで、日陰の範囲を調整できたり、テントのようにプライベートな空間を作り出すことができます。
耐水圧3000mmというのは、高い防水性を意味します。雨に関しては問題なく使用することができます。また、防風の面でも効果を発揮するので、少し天気の荒れた日でも安心感があります。天気が変化しやすい山岳地帯での使用に適しています。

サイズ 4m×4m
重量 1350g
耐水圧 3000mm
男性
男性

憧れのDDタープ

評価:

色も生地も良い。長期間使えそうです。

商品②防水タープ

出典: 楽天市場
Unigear
防水タープ
6,362円(税込)
楽天市場で詳細を見る
夏にぴったり

裏側の生地はシルバーコーティングされており、夏の強い日差しや紫外線を遮断できます。ポールを使った設営や木にロープを張る設営など、多様な張り方が可能です。サイズのバリエーションも豊富なので、ソロキャンプから大人数のキャンプなど、キャンプに合わせて使い分けができます。耐水圧も3000mmと高い防水性でありながら、軽量で持ち運びもしやすく、安い価格で手に入るので初めてのタープとしては十分なスペックです。設営に必要なロープなどの道具は一通りセットに含まれているので安心です。
耐水性・耐久性共に優れているオックスフォード生地が使用されており、急な雨にも安心です。価格も安いのでコスパが良く、簡単に設営ができるので、ソロキャンプや初心者のキャンプにもおすすめの商品になっています。

サイズ M:220×240cm L:300×300cm XL:300×400cm XXL:300×500cm
耐水圧 3000mm
UVカット加工
生地の厚さ 210D
付属品 アルミネイル・ナイロンロープ各6個、収納袋・携帯用バック各1個
男性
男性

非常に良い

評価:

シルバーコーティングのおかげで、日差しをシャットアウト。雨や風のときも安心して使えます。

夏キャンプで快適な眠りのためのタープを揃えよう!

テントにかぶさるようにタープを張っている

タープは夏のキャンプの必需品です。価格の安いものもあるので、ひとつ持っておくとタープの良さに気づくことができるのではないでしょうか。タープ泊ならテントよりも自然を感じることのできるキャンプを楽しめること間違いなし。 テントと共に使うことも、タープのみで使うこともできるので、様々なキャンプの仕方を試してみることで、キャンプを更に盛り上げていきましょう。快適なキャンプにするために、ぜひタープを検討してみてください。

タープ泊がおすすめの理由・メリットは?快適に過ごせる張り方も!

あわせて読みたい

タープ泊がおすすめの理由・メリットは?快適に過ごせる張り方も!

キャンプの時にタープ泊がおすすめの理由について説明します。タープ泊の気になるメリットやデメリッ...

焚き火におすすめのタープ8選!難燃性に優れた軽量アイテムも!

あわせて読みたい

焚き火におすすめのタープ8選!難燃性に優れた軽量アイテムも!

焚き火の近くで設営できるタープをまとめています。安いのにコスパ抜群と評判の焚き火タープや、人気...

レクタタープのおすすめ10選!選び方・張り方とアレンジも解説!

あわせて読みたい

レクタタープのおすすめ10選!選び方・張り方とアレンジも解説!

レクタタープのおすすめ製品を紹介します。初心者でも失敗しないレクタタープの選び方や、張り方のア...

あきやす

この記事のライター

あきやす

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

テント

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

パップテントに薪ストーブをインストールする際に、実際に使えるパップテント10選を選び方とともに詳しく紹介します!また冬のキャンプで使える、パップテントにおすすめな薪ストーブもリサーチしたので、ぜひ購入時の参考にしてください。

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

ストーブ

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

レインボーストーブの改造方法を解説しています。ファンや反射板、外筒の変えると暖房効果が高まる理由と改造するときのポイントを調査し、説明します。おすすめのレインボーストーブも記事内で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

テント

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

日本のアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」の魅力を徹底解説!また「サーカスTC BIG」と「サーカスTC」の違いも検証してみました。「サーカスTC BIG」のタープ連結方法やレイアウトも紹介していきますので、参考にしてみてください。

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ストーブ

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ヒーターアタッチメントが冬キャンプにおすすめな理由を解説しています。ヒーターアタッチメントの暖房効果や暖かくなる原理など、徹底的に調査しました。おすすめのヒーターアタッチメントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

関連するキーワード

キャンプ道具ランキング

人気ランキング

話題のキーワード