道具カスタムのヒントも手軽なBBQ用品も手に入る「カインズ」

お気に入りに追加

カインズで販売されているキャンプ用品を紹介しています。さらに、ベテランキャンパーからも人気の高い「Kumimoku」シリーズの商品もまとめています。CAINZ DIY Squareについても触れているので、DIYに興味がある方は参考にしてください。

道具カスタムのヒントも手軽なBBQ用品も手に入る「カインズ」

目次

  1. 道具カスタムのヒントも手軽なBBQ用品も手に入る「カインズ」
  2. 手軽に自宅でキャンプ気分
  3. ベテランキャンパーも参考になるKumimokuシリーズ
  4. キャンプ道具の収納もおまかせ
  5. 工具を借りて作業ができる「CAINZ DIY Square」でDIYに挑戦!

道具カスタムのヒントも手軽なBBQ用品も手に入る「カインズ」

カインズの工具

日本DIY協会によると、日本にホームセンター4860店舗ほどるそうです。その売上は2006年代なかばから2019年までほぼ横ばいだったですが、“外出自粛”でDIYやガーデニング、おうちキャンプへの注目が高まった影響でしょう、2020年は大幅アップ 

そんな今注目のホームセンター業界を牽引しているのが埼玉を本拠地とするカインズです 

全国展開しているホームセンターはたくさんありますが、カインズは実用性とデザイン性を兼ね備えた製品が多いこと、そして木工や溶接など多彩なワークショップを用意しておりプロはもちろんDIY初心者にやさしいと評判のホームセンターなんです 

手軽に自宅でキャンプ気分

カインズの商品コーナー

キャンプ用品も有名ブランドからオリジナルブランドまで多彩に用意されていて、キャンパーなら一度は目にしたことがあるのでは。 

「カインズ」で評判のキャンプ用品を教えてもらいました。 

持ち運びに便利な折りたたみ卓上コンロ 3,980円

カインズの卓上コンロ

使わないときはぺたんこに畳めるので、持ち運びも収納もラク。網のサイズは29×19cmで、家族3〜4人が食材を炙りながら食べるのにちょうどいい感じ。

片付けラクラクシリーズ

カインズの片付けラクラクシリーズ
  • 片付けラクラク BBQアルミプレート深型 小2枚入り 228円 大2枚入り 398円
  • 片付けラクラク BBQアルミプレート浅型 2枚入り 298円
  • 片付けラクラク フタつきアルミ鍋 22cm2枚入り 498円 26cm2枚入り 598円

野外料理をサポートしてくれる“片付けラクラクシリーズ。網焼きだけでは飽きてしまうBBQですが、だからといって重い鉄板や鍋を用意するのは手間がかかります。

片付けラクラクなプレートや鍋を用意しておけば、麺類やスープを気軽に作れます。食材を並べる、食材にかぶせて蒸し焼きにするといった使い方もできますね 

大型キャリーワゴン 11,180円

カインズキャリーワゴン

未舗装路でも安定する極太タイヤを搭載したワゴンで、容量100L、耐荷重100kg(静止耐荷重120kg)。キャンプの荷運び、水の運搬、キャンプサイトでの子どものおもちゃ整理など使い方はいろいろ。全2色。 

Kumimoku 折り畳みバッグ 大 998円 小 798円

Kumimoku 折り畳みバッグを乗せたキャリーワゴン

先ほど紹介した「大型キャリーワゴン」と組み合わせて使えば積み込みからサイト設営までスムーズに進みます。サイズは大38×28×H19cm、小28×18.5×H18cm 

ラックにKumimoku 折り畳みバッグを乗せている画像

ちなみに「Kumimoku折り畳みバッグ」はラック類にそのままセットしてもいいそうです。 

持ち運びに便利なトライポッド 3,980円

持ち運びに便利なトライポッド

耐熱塗装済みのスチール製トライポッド。これにケトルをかけて火にかけるだけでいつものキャンプにワイルドな雰囲気が漂います

持ち運びに便利なトライポッドの分解画像

耐荷重20kg。高さは117cmですが、収納時はφ10×52cmなのでバイクにも載せやすい大きさ。 

ツールームテント 24,800円

カインズのツールームテント

フレームの通し方に悩むことがないトンネル型ツールームで、家族4〜5人で過ごせるサイズです。サイズは270×500×H175cm。

ウェイビーマット1,480円

カインズのウェイビーマット

発泡ポリエチレンのマットで、片側にPEアルミフィルムを蒸着することで地面の冷たさを解消。

カインズのウェイビーマットの拡大画像

凹凸を設けており、クッション性もなかなかのもの。

カインズ広報によると「昨年、ソロ用キャンプグッズの需要が高まった時期がありました。これは自宅の庭やベランダでキャンプ気分を味わおうと考えた人たちが増えたためでは

現在もコロナ禍が収まったわけではありませんが、初心者の方が庭やベランダで簡単に使える消耗品など単価安く、手に取りやすいも注目されているようです」と分析しています。 

ベテランキャンパーも参考になるKumimokuシリーズ

カインズでは日常的にDIYの楽しさに触れて、自分らしく暮らしを楽しめるよう、2016年よりKumimoku」シリーズを発進させました。「Kumimoku」の開発コンセプトはずばり、「初心者がDIYを楽しくできる、日常に溶け込むデザイン」。 

工具に慣れていない人でも組み立てられる半加工のキットや扱いやすくてパッケージがかわいい塗料、手に取りたくなる工具や収納ボックスがズラリ。DIY=男性の趣味というイメージでしたが、30代、40代女性の支持が高まったそうです。 

Kumimoku」シリーズからキャンプに使えそうなものをセレクトしてもらいました。 

Kumimoku クロスレッグ 丸テーブルセット 3,780円 チェア大 1,980円 チェア小 1,480円

Kumimokuシリーズ

あらかじめ必要な場所に穴があいていて、パズルのように組み合わせるだけ。ビス不要です。

Kumimokuシリーズ

テーブルは天板と脚にバンドを通して固定できるのでぐらつき・崩壊の心配はありません。撤収も簡単なので、キャンプにもOK。 ほかにも木箱やラックなどキャンプに使えそうなセットがいろいろありますよ。 

Kumimoku ステインカラーズ 各色980円

Kumimoku ステインカラーズ

クロスレッグシリーズを自分好みの色に仕上げる水性オイルステン。においが少ないので室内で作業しやすくて、しかも食品衛生法適合商品なので塗った板に食品を載せても大丈夫。 

Kumimoku ステインカラーズ使用画像

ホワイト、ウォルナット、メープルなど全6色で、ナチュラル仕上げが好みならクリアタイプもありますよ。容量200mL。

Kumimokuペイントスターターキット 798円

Kumimokuペイントスターターキット

先ほど紹介した「Kumimoku ステインカラーズといっしょに購入したいのが、ペイントに必要なローラーとハンドル、刷毛、トレイがセットになったお得なセット。 トレイは全4色 

Kumimoku マスキングテープ 10cm×2m 各398円

Kumimoku マスキングテープ
Kumimoku マスキングテープ
Kumimoku マスキングテープ
Kumimoku マスキングテープ

塗料を塗るよりも簡単にアレンジできるのがマスキングテープ!塗料を塗った後ワンポイントとして使えます。家族であってもコップや皿を分けるべきウィズコロナ時代ですから、食器類の目印にしてもいいですね。 

キャンプ道具の収納もおまかせ

カインズのキャンプ道具収納ケース

Kumimokuシリーズは、作るものばかりじゃありません。 工具箱やバッグ類も用意されていて、これがキャンプとの相性バツグン。

Kumimoku道具がさびにくいワンタッチ工具箱 1,980円

Kumimoku道具がさびにくいワンタッチ工具箱

防錆剤を塗り込んだトレーが付いた工具箱で、カトラリーなど金属製品の保管に便利です。サイズは、38×24×H22.5cm。 

他にも、一回り大きな「道具が錆びにくい工具箱」2,980円もあります。 

Kumimoku 防滴・防じんスチールケース 大 2,480円 小 1,980円

Kumimoku 防滴・防じんスチールケース

内側にパッキングついていて湿気やほこりの影響を受けにくい工具箱です。 

大は32.7×18.4×H22.8cm、小は30×15×H19cm。カーキ、ブルー、レッドなど人気色がそろっています。 

Kumimoku 防滴・防じんスチールケースの使用画像

内側をドライに保ってくれるので木炭や着火剤の保管、スパイスボックスなんかにもいいですね。

工具を借りて作業ができる「CAINZ DIY Square」でDIYに挑戦!

カインズ工房

カインズには工具を借りて作業ができる「カインズ工房」がありますが、幕張店、そしてららぽーと立川立飛店に「CAINZ DIY Squareが誕生しました。 

DIYキャプテンが常駐し、商品選びからDIYのヒントまでアドバイスしてくれます。もちろん工作スペースあり。 

従来の「カインズ工房」は奥まった場所にある閉じた空間ですが、CAINZ DIY Squareは開放的ではいりやすいのがいいですね。 

今後、徐々にCAINZ DIY Squareが増えるそうですから期待大 

カインズにとってのDIYは、木工に限ることなく燻製や掃除、料理なんかもDIY。自分の手で作り出すキャンプだってDIY道具のカスタム収納に迷ったとき、カインズでヒントが見つかりそうです。

【問】カインズ
CAINZ DIY Square
大森弘恵

この記事のライター

大森弘恵

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

テント

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

パップテントに薪ストーブをインストールする際に、実際に使えるパップテント10選を選び方とともに詳しく紹介します!また冬のキャンプで使える、パップテントにおすすめな薪ストーブもリサーチしたので、ぜひ購入時の参考にしてください。

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

ストーブ

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

レインボーストーブの改造方法を解説しています。ファンや反射板、外筒の変えると暖房効果が高まる理由と改造するときのポイントを調査し、説明します。おすすめのレインボーストーブも記事内で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

テント

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

日本のアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」の魅力を徹底解説!また「サーカスTC BIG」と「サーカスTC」の違いも検証してみました。「サーカスTC BIG」のタープ連結方法やレイアウトも紹介していきますので、参考にしてみてください。

おすすめのキャンプセット紹介!テントや調理器具を一式揃えよう!

キャンプ道具

おすすめのキャンプセット紹介!テントや調理器具を一式揃えよう!

キャンプ初心者の方が揃えたいキャンプセットについて詳しくまとめています。必要不可欠なテントをはじめとした、さまざまな用品について解説!キャンプ初心者におすすめのキャンプセットから、自分好みで選ぶ際に参考にできるブランド別キャンプセットまで紹介します。

関連するキーワード

キャンプ道具ランキング

人気ランキング

話題のキーワード