札幌のキャンプ用品店13選!アウトレットや専門店も紹介!

お気に入りに追加

札幌で展開されているキャンプ用品店を9店舗、アウトレット店を4店舗の計13店舗紹介!札幌のキャンプ用品を扱うお店にはどのようなお店があり、どのような商品を扱っているのかを詳しく解説します。お店の特徴もまとめているので、参考にしてください。

札幌のキャンプ用品店13選!アウトレットや専門店も紹介!

目次

  1. 札幌のおすすめキャンプ用品店を紹介!
  2. 札幌のキャンプ用品店の魅力
  3. 札幌にあるキャンプ用品の専門店9選
  4. 札幌にあるキャンプ用品のアウトレット店4選
  5. 札幌のおすすめキャンプ用品店まとめ

札幌のおすすめキャンプ用品店を紹介!

キャンプグッズ
北海道ではキャンプなどのアウトドアが盛んに行なわれているのを知っているでしょうか?
北海道は夏が短いがゆえに、夏になるとキャンプに出掛ける方が多いです。中にはこれから趣味にキャンプを取り入れていこうという方も少なくないでしょう。
アウトドアが楽しくなる夏の季節やキャンプを始めたいという方は、まずどのようなアウトドア用品を揃えるのが良いのか?と疑問が挙げられます。
この記事では、札幌のキャンプ用品店に視点を当てて、人気のあるお店を紹介していきます。アウトレット店も紹介するので、激安な掘り出し物を見つけたい方にもおすすめです。

札幌のキャンプ用品店の魅力

良好なアクセス環境

キャンプのセットが完了している様子
北海道札幌市は公共交通機関が充実しているだけではなく、車でもアクセスがしやすい環境に多くのキャンプ用品店が展開されています。多くの専門店が駐車場を完備しているので、車での来店がスムーズに行なえるのも利点といえます。
公共交通機関にはJRと地下鉄が札幌市内を走っているので、行きたいお店に足を運ぶこともできるでしょう。
北海道の中でもキャンプ用品店が豊富に展開されている札幌には、北海道内各地から足を運ぶ方が多いといいます。札幌市内ではない方も、札幌のキャンプ用品店に来店をしてキャンプ用品を手に入れてみてください。

出店数や品数が豊富

キャンプ用品が揃っている
北海道の中心部にもあたる札幌は、多くのキャンプ用品店が出店されておりそれぞれのお店に魅力が感じられます。出店数はもちろんのこと、どのお店も品数が豊富に展開されているのも札幌のキャンプ用品店の魅力でしょう。
欲しいと思ったキャンプ用品を実際に手に取ることができるので、ネットとは一味違ったショッピングを楽しめます。
また、札幌には中古のキャンプ用品を扱うアウトレットも多く出店されています。テントやタープといった大型の商品は定価で買うと高いので、アウトレットや中古品の購入を検討してみても良いでしょう。
有名なアウトドアブランドの製品を激安で購入できる可能性があるので、中古でも良く安い商品を探している方は、アウトレット店も要チェックです。

札幌にあるキャンプ用品の専門店9選

札幌に展開されているおすすめのキャンプ用品店を紹介!それぞれのお店に魅力があるので、ぜひ足を運んでみてください。どのようなキャンプ用品を扱っているのかやお店の規模、詳細までまとめています。

キャンプ用品店①アルペンアウトドアーズフラッグシップストア札幌発寒

2020年4月に札幌にオープンをしたアルペンアウトドアーズフラッグシップストア札幌発寒は、売り場面積がおよそ1000坪とかなり広いアウトドア・キャンプ専門店になります。北海道初上陸になり、オープンと同時に多くのキャンパーが足を運んだお店でもあります。
体験型アウトドア専門店になり、店内ではテントの試し張りなどが可能。テントやタープ、ランタンといった商品の数々が並んでいますが、この店の魅力はブランド数は300前後、商品数は7万点以上にもなるところです。アルペングループが運営しているので、アウトドア・キャンプ用品に強みを持っているのも魅力でしょう。
商品数が多いことから安い商品から高級な商品まで、どのような機能があるのか?などテントやタープ、シュラフといったキャンプに欠かせない用品を比較することができます。
新作のキャンプ用品も揃っているので、他のお店では見つけられなかった商品を見つけることができるでしょう。

店舗情報

住所

北海道札幌市西区発寒9条12丁目1番15号

アクセス方法

JR「発寒駅」より徒歩3分

電話番号

011-671-5800

営業時間

10:00~21:00

定休日

年中無休

備考

駐車場:186台
駐輪場有り

公式サイト

「アルペンアウトドアーズフラッグシップストア札幌発寒」公式HP

キャンプ用品店②秀岳荘

秀岳荘は札幌の中でも老舗のキャンプ用品を扱うお店です。キャンプ用品以外にもアウトドア全般に特化しているので、アウトドアが好きな方であれば知っているお店ではないでしょうか?
北海道の中でも商品数が多いので、札幌のみならず北海道各地からキャンパーが足を運んでいる様子を伺うことができます。北海道の旭川が本店になりますが、札幌には北大店と白石店の2店舗が展開されています。
店内は登山用品が多く展開されていますが、有名ブランドのキャンプ用品も多数扱っているので、一度お店に来店してみるのが良いでしょう。スタッフもベテランの方が多いので、キャンプ初心者の方でも相談をしながらキャンプ用品を揃えることができます。

店舗情報

住所

札幌市北区北12条西3丁目2-15

アクセス方法

地下鉄「北12条駅」より徒歩1分

電話番号

011-726-1235

営業時間

10:00~19:00

定休日

月曜日

備考

駐車場:30台

公式サイト

「秀岳荘」公式HP

住所

札幌市白石区本通1丁目南2-14

アクセス方法

JR「白石駅」より徒歩14分

電話番号

10:30~19:30

定休日

水曜日

備考

駐車場:80台

キャンプ用品店③パドルクラブ

札幌の厚別区と手稲区に展開されているパドルクラブは、キャンプ用品の中でも小物類を揃えたいときにおすすめのアウトドア専門店です。キャンプに必要なタープやシュラフも種類豊富に扱っているので、パドルクラブで細かなキャンプ用品を揃える方も多いでしょう。
パドルクラブのスタッフはアウトドア経験が豊富な方が多いので、親身になってキャンプのノウハウを教えてくれます。キャンプ初心者の方でも来店がしやすいため、北海道内でも人気の高いアウトドア専門店といえるでしょう。
パドルクラブでは通年で体験会などを行なっているので、アウトドアが好きな方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

店舗情報

住所

札幌市厚別区大谷地西1-2-10

アクセス方法

地下鉄「大谷地駅」より徒歩7分

電話番号

10:30~19:30

定休日

水曜日

備考

公式サイト

「パドルクラブ」公式HP

住所

札幌市手稲区前田5条13丁目3−1 トライアル2F

アクセス方法

JR「手稲駅」より徒歩17分

電話番号

011-686-5885

営業時間

月~土)10:30~20:00
日・祝)10:30~19:00

定休日

水曜日

備考

キャンプ用品店④LOGOS

ロゴスのキャンプ用品店の風景
人気アウトドアブランドでもあるLOGOSは北海道でも展開がされており、キャンプ用品店が豊富に展開されているサッポロファクトリー内で出店されています。中でもLOGOSはキャンプ用品を豊富に扱っているので、店内を見ていても楽しい気持ちになるでしょう。
LOGOSは可愛らしいデザインの商品が多いため、女性人気が高いとされています。テントやシュラフ、小物まで揃っているので、LOGOSのデザインが好きな方は足を運んでみてください。
LOGOSのワンポールテントは人気が高いので、購入されている方を見かけることが多いでしょう。おしゃれなキャンプをしたいという方には、とてもおすすめのアウトドア専門店です。LOGOSの商品は比較的安いので、手が出しやすいのも魅力です。
その他のアウトドア専門店でもLOGOSを扱っていますが、LOGOSだけを目的として来店するのであればブランド専門店の方が品物が揃っている傾向にあります。

店舗情報

住所

札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリー2条館B1F

アクセス方法

JR「札幌駅」より徒歩16分

電話番号

011-211-6861

営業時間

10:00~20:00

定休日

サッポロファクトリーに準ずる

備考

公式サイト

「LOGOS」公式HP

キャンプ用品店⑤コルソ札幌

コルソ札幌は2020年4月に札幌手稲区にオープンをした、釣りとアウトドアの専門店です。釣り用品に関しては北海道を抜けて東日本の中でも、最大級の商品数を誇っています。キャンプと同時に釣りもしたいという方は、コルソ札幌に足を運んでみると良いでしょう。
コルソ札幌の売り場面積は450平米にもなり、商品数は5万種類で25万もの商品を扱っています。もちろんアウトドア専門店にもなるので、キャンプ用品だけを求めて来店するのも良いでしょう。
コルソ札幌は大きい道路に面しているので、アクセスも良好です。駅からは少々距離があるので、車でも来店がおすすめです。1階部分に大きく駐車場を設けているので、駐車場の心配もないでしょう。
店舗の外観に扱っているアウトドアブランド名の記載があるように、スノーピークやパタゴニア、ノースフェイスなどさまざまな商品を扱っていることが見て取れるでしょう。

店舗情報

住所

札幌市手稲区富丘3条4丁目11-1

アクセス方法

JR「稲穂公園駅」より徒歩13分

電話番号

011-590-0992

営業時間

10:00~19:00

定休日

年中無休
※12/30~1/4を除く

備考

駐車場:43台

公式サイト

「コルソ札幌」公式HP

キャンプ用品店⑥スーパースポーツゼビオ

言わずと知れたスーパースポーツゼビオでは、スポーツ用品の専門店になるもののキャンプ用品も豊富に扱っています。スーパースポーツゼビオはキャンプ用品の売り場がしっかりと作られているので、見やすさを感じられるでしょう。
商品の入れ替わりが激しいので、来店するたびに新鮮な気持ちでキャンプ用品を見て回ることが可能。季節に合った商品を販売していることも多いので、その時々にあったキャンプ用品の調達に役立ててください。
北海道内にもスーパースポーツゼビオが展開されているので、札幌に行かずとも近隣の店舗を探してみると良いでしょう。北海道・札幌内でもアウトドア商品が多く、店内が広いのは発寒店と月寒のゼビオドームになります。
アウトドア専門店には少々劣るものの、さまざまなセレクトキャンプ用品を見たいという方は足を運んでみてください。まれにセールなどで各ブランドが安い価格で販売されることがあります。激安のときを狙ってみるのも得策です。

店舗情報

住所

札幌市豊平区月寒東三条11-1-10

アクセス方法

地下鉄「福住駅」より徒歩13分

電話番号

011-859-6670

営業時間

10:00~20:30

定休日

年中無休

備考

公式サイト

「スーパースポーツゼビオ」公式HP

キャンプ用品店⑦スポーツオーソリティ

コールマンのキャンプ用品
スポーツオーソリティもスーパースポーツゼビオと同様にスポーツ用品の専門店になりますが、キャンプ用品も豊富に扱っています。札幌には3店舗展開されていますが、イオン苗穂店に入っているスポーツオーソリティが一番の品ぞろえといえるでしょう。
イオン苗穂店は駐車場料金が無料のため、ショッピングモール内でゆっくりと買い物を楽しむことができます。その他にも、札幌以外の北海道内にスポーツオーソリティは2店舗展開されているので、札幌に足を運ばずともキャンプ用品を購入することも可能。
中には安い価格に値下げをされた掘り出し物も見つかるので、見逃せないショップといえるでしょう。有名どころのアウトドアブランドが並んでいるので、キャンプ初心者の方でも選びやすいメリットがあります。

店舗情報

住所

札幌市東区東苗穂2条3-1-1 イオンモール札幌苗穂2F

アクセス方法

JR「苗穂駅」より徒歩48分

電話番号

011-789-6020

営業時間

9:00~21:00

定休日

イオンモール苗穂店に準ずる

備考

駐車場無料

公式サイト

「スポーツオーソリティー」公式HP

キャンプ用品店⑧DCMホーマック

DCMホーマックはDCMホールディングスが運営するホームセンターになり、自社ブランドも豊富に扱っています。札幌にはホーマックが多く展開されており、小さめの店舗でもキャンプ用品を扱っていることが多いです。
DCMブランドのキャンプ用品もあり、それらは激安とはいえないもののアウトドアブランドに比べると安い傾向にあるでしょう。キャンプ用品を安い価格で揃えたい方は、信頼度も高いDCMブランドのキャンプ用品の購入を検討してみても良いです。
北海道内にいくつも展開されているため、札幌以外の北海道内でもキャンプ用品を揃えることができます。ホーマックには超大型店と大型店、普通サイズのお店があります。
超大型店であれば自社ブランド製品はもちろんのこと、各種アウトドアブランドの商品も多く扱っているため選択肢が幅広いです。

店舗情報

住所

札幌市西区発寒9条14丁目516番地210

アクセス方法

JR「発寒駅」より徒歩11分

電話番号

011-669-3600

営業時間

9:30~20:00
※ペットコーナー 10:00~19:00
※12/31、1/2 9:30~18:00

定休日

1/1

備考

超大型店

公式サイト

「DCMホーマック」公式HP

住所

札幌市厚別区厚別東5条1丁目2番10号

アクセス方法

JR「新さっぽろ駅」より徒歩12分

電話番号

011-809-5000

営業時間

9:30~20:00
※ペットコーナー 10:00~19:00
※12/31、1/2 9:30~18:00

定休日

1/1

備考

超大型店

キャンプ用品店⑨ジョイフルエーケー

ジョイフルエーケーもホーマックと同様に、北海道で愛されているホームセンターです。札幌市近郊の方が大きめの店舗があり、北広島市と江別市のジョイフルエーケーでもキャンプ用品を購入することができるでしょう。
ジョイフルエーケーでは有名なアウトドアブランドの商品を扱っており、中でもコールマンの商品が多い印象を受けるといいます。テントも豊富に展示されており、その他にもシュラフやコンロ、キャンプ小物まで多数揃っています
ジョイフルエーケーで販売されている商品だけでも、キャンプ用品を全て揃えることができるという声も挙がっています。時期によってはキャンプ用品が安いこともあるので、チラシや公式サイトを定期的にチェックしてみてください。

店舗情報

住所

札幌市北区屯田8条5丁目5番1号

アクセス方法

JR「篠路駅」より徒歩38分

電話番号

011-775-7777

営業時間

7:30~20:00
日曜日)10:00~19:00

定休日

不明

備考

駐車場:995台

公式サイト

「ジョイフルエーケー」公式HP

札幌にあるキャンプ用品のアウトレット店4選

キャンプ用品の中でもテントやシュラフ、タープといった大きめの商品は、揃えようと思うと高額になることが予想されます。そのときに便利なのがアウトレットのキャンプ用品店です。アウトレットを利用することにより、激安な掘り出し物が見つかったりします。で中古を扱うお店では、中古でありながらも美品で安い商品を扱っていることが多いです。
札幌には新品のみを扱うアウトドア専門店も多いですが、激安な商品が手に入るアウトレット店も多く出店されています。消耗品ともいわれるキャンプ用品を扱うアウトレット店や中古を扱うショップの4店舗紹介します。

キャンプ用品店①モンベルファクトリーアウトレット

人気のアウトドアブランドでもあるモンベルのアウトレットが、札幌で展開されていることを知っていますか?値段が安いと話題になり、アウトドア好きの方が足を運んでいます。
地下歩行空間から繋がっているので、見かけたことがある方もいるのではないでしょうか?登山グッズが多めに販売されていますが、キャンプ用品も多数揃っています。地下1階と1階に店舗が出店されているので、売り場面積の広いアウトレットショップとしても有名です。
中には激安な掘り出しものも見つかるので、モンベルが好きな方には一度足を運んでもらいたいショップの一つです。札幌にはファクトリー内だけですが、北海道で唯一の三井アウトレットパークにも出店しています。三井アウトレットパークでも安い価格でキャンプ用品を入手できるでしょう。

店舗情報

住所

札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリー内2条館3F

アクセス方法

JR「札幌駅」より徒歩16分

電話番号

011-207-5127

営業時間

10:00~20:00

定休日

サッポロファクトリーに準ずる

備考

公式サイト

「モンベル」公式HP

キャンプ用品店②パタゴニアアウトレット札幌南

パタゴニアはアウトドアブランドの中でも少々値が張るため、あまり手が出せないという方も多いのではないでしょうか?その分デザインがおしゃれで機能性にも優れているキャンプ用品を入手することができます。
そんな値段の高いイメージのあるパタゴニアですが、札幌にはアウトレットショップが出店されています。おしゃれな外観が特徴的なパタゴニアアウトレットは、型落ちなどの商品を安い価格で提供しています。
店内では最大50%オフなどの激安商品もあるので、足を運んで損はないでしょう。パタゴニアの商品を激安で購入したい方は、ぜひパタゴニアアウトレットに来店してみてください。札幌でも街中に位置しているので、立ち寄りやすいのも魅力です。

店舗情報

住所

札幌市中央区南三条西2丁目2-1

アクセス方法

地下鉄「すすきの駅」より徒歩3分

電話番号

011-208-5880

営業時間

11:00~18:00

定休日

不明

備考

公式サイト

「パタゴニアアウトレット札幌南」公式HP

キャンプ用品店③セカンドアウトドア

セカンドアウトドアはセカンドストリートが運営する、アウトドアのアウトレット専門店です。中古のアイテムでも美品が多いと人気で、テントなどの新品では高い商品も激安で手に入れることができます。中古になるため新品には劣りますが、十分に扱いができる商品ばかりです。
テント以外にもシュラフやタープ、ランタンといったように、キャンプに欠かすことのできない中古品が激安で販売されています。買取をした商品を並べていることから、シーズンによって商品が変わるのも面白いでしょう。定期的に来店をして、中古で気に入った商品を手に入れてください。
販売されている商品でテントやタープなどの大きい商品は、完成写真や詳細の書かれたタグが商品に付けられています。そのため、テントやタープなどなかなか実物を目で確認できない商品でも、完成図を見て想像することができるでしょう。
キャンプ用品を一式揃えたい方で、初期投資を抑えたい場合には中古で揃えるのもおすすめ。

店舗情報

住所

札幌市南区川沿3条1丁目1番60号

アクセス方法

地下鉄「真駒内駅」より徒歩34分

電話番号

011-578-1450

営業時間

10:00~20:00

定休日

年中無休

備考

駐車場:50台

公式サイト

"> 「セカンドアウトドア川沿店」公式HP

住所

札幌市清田区北野三条2丁目13番65号

アクセス方法

JR「福住駅」より徒歩38分

電話番号

011-889-9001

営業時間

10:00~20:00

定休日

年中無休

備考

駐車場:27台

公式サイト

「セカンドアウトドア北野店」公式HP

キャンプ用品店④好日山荘アウトレットコーナー

全国展開されているアウトドア用品専門店の好日山荘では、店内に激安な商品を手に入れることができるアウトレットコーナーを設けています。好日山荘は老舗のお店になるので、足を運んだことがあるという方も多いでしょう。
アウトレット専門店ではないので、アウトレットコーナー以外は激安という訳ではありません。通常の価格商品と安いアウトレットの商品、両方を見たいという方は好日山荘でチェックしてみるのが良いです。
アウトレットコーナーの商品も中古ではなく新品になるので、中古アイテムに抵抗がある方にもおすすめです。テントやタープといった大型の用品は少ないですが、小物類が多いため気軽に立ち寄って購入できます。

店舗情報

住所

札幌市中央区北二条東4丁目 サッポロファクトリー2条館3F

アクセス方法

JR「札幌駅」より徒歩16分

電話番号

011-522-5513

営業時間

10:00~20:00

定休日

サッポロファクトリーに準ずる

備考

公式サイト

「好日山荘」公式HP

札幌のおすすめキャンプ用品店まとめ

豊富なキャンプ用品でにぎやかさを感じるキャンプ風景

北海道札幌市に出店されているキャンプ用品を扱うお店は、とても多いので複数のお店で価格を比較してみたりできるでしょう。札幌のみならず北海道全体で人気のキャンプに出掛けるために、キャンプ用品をぜひ揃えてみてください。

N.R

この記事のライター

N.R

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

テント

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

パップテントに薪ストーブをインストールする際に、実際に使えるパップテント10選を選び方とともに詳しく紹介します!また冬のキャンプで使える、パップテントにおすすめな薪ストーブもリサーチしたので、ぜひ購入時の参考にしてください。

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

ストーブ

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

レインボーストーブの改造方法を解説しています。ファンや反射板、外筒の変えると暖房効果が高まる理由と改造するときのポイントを調査し、説明します。おすすめのレインボーストーブも記事内で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

テント

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

日本のアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」の魅力を徹底解説!また「サーカスTC BIG」と「サーカスTC」の違いも検証してみました。「サーカスTC BIG」のタープ連結方法やレイアウトも紹介していきますので、参考にしてみてください。

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ストーブ

ヒーターアタッチメントは冬キャンプにおすすめ!暖房効果や原理は?

ヒーターアタッチメントが冬キャンプにおすすめな理由を解説しています。ヒーターアタッチメントの暖房効果や暖かくなる原理など、徹底的に調査しました。おすすめのヒーターアタッチメントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

関連するキーワード

キャンプ道具ランキング

人気ランキング

話題のキーワード