ハンモックスタンドの自作方法まとめ!作り方を覚えてアウトドアを満喫

お気に入りに追加

ハンモックスタンドを簡単に自作する方法を解説します!アウトドアにあると便利なハンモックスタンドを、丸棒や角材を使って自作する方法をまとめました。室内でも使える簡単な作り方から、実際に使う時に安定して自立させるポイントまでを紹介しています。

ハンモックスタンドの自作方法まとめ!作り方を覚えてアウトドアを満喫

目次

  1. ハンモックスタンドの自作方法を紹介!
  2. ハンモックスタンドの自作法①チェア型
  3. ハンモックスタンドの自作法②一本足型
  4. ハンモックスタンドの自作法③二本足型
  5. ハンモックスタンドの自作法④スタンド型
  6. 自作ハンモックQ&A
  7. ハンモックを自作して庭でもアウトドア気分!

ハンモックスタンドの自作方法を紹介!

ハンモックでのびをする女性
アウトドアであると気分が上がるのがハンモック。自然の中で心地よい風にふかれ、昼寝をするのも贅沢な時間の過ごし方です。
ハンモックは木と木の間に結んで吊り下げるイメージがあるかもしれませんが、ハンモックスタンドという便利なアイテムもあります。ハンモックスタンドがあると、樹木が1本しかない場所や家の庭、室内でもハンモックを設置できるのです。
多様な商品も販売されていますが、ハンモックスタンドは自作も可能です。ホームセンターにある材料を使ってDIYで自作すれば安上がりです。アウトドアにぴったりな木製の自作ハンモックスタンド作りに挑戦してみましょう。

ハンモックスタンドの自作法①チェア型

チェア型のハンモックスタンドの自作は、公園にあるブランコの外枠を造るイメージをしてください。左右両方の支柱に1本の梁となる材料を渡して、そこにハンモックを吊り下げるのがチェア型ハンモックスタンドです。

用意する材料と工具・作り方手順

  • 角材 5本(160cm)
  • ソーホースブラケット 2個
  • フック 2本
  1. 2本の角材の上部にソーホースブラケットを取り付けます。
  2. もう2本の角材にも同様にソーホースブラケットを取り付けます。
  3. 残りの1本の角材に、ハンモックを吊り下げるフックを取り付けます。
  4. フックを取り付けた角材を梁のように、支柱の角材に渡して取り付けて出来上がりです。
ソーホースブラケットは、角材2本を差し込んで、自立する脚を造れる便利な金具です。テーブルの脚やサイクルスタンドの自作でもよく使われます。
ハンモックスタンド全体を木製で仕上げるよりも組み立てが優しく、強度も増します。取り付けの際には、ブラケットの奥まで木材をしっかりと差し込んでください。

特徴とポイント

チェア型のハンモックは、室内でソファ代わりにも使えます。小さなサイズの自作ハンモックスタンドなら、犬や猫のペット用の遊具にもなるでしょう。
ソーホースブラケットを使った作り方なのでハンモックを使わないときには脚部分を閉じて収納ができます。丸棒を使うなら丸棒用のソーホースブラケットを使って組み立てましょう。角材にくらべて丸棒なら手触りも優しいハンモックスタンドになります。
作業上の注意点は、ハンモックを吊るすフックは足の長いものを使って、梁となる角材にしっかりとはめ込んでください。丸棒などを梁にするならフックを使わずに、ハンモックと丈夫なロープを結びつけて吊り下げる方法もあります。

ハンモックスタンドの自作法②一本足型

一本足のハンモックスタンドは、自作で最も簡単です。2本の樹木にハンモック渡して吊るすイメージで、木製材料が二本あれば作れ自作での作業も少ないハンモックスタンドの作り方になります。

用意する材料と工具・作り方手順

ハンモック設置の道具
  • 角材 2本(40~50mm角・100~150cm)
  • 金具 アイボトル・アイナット・ワッシャー×2セット(ロープを通すため)
  • ロープ 4本(5mほど)
  • ペグ 8本
  1. 角材の先端にドリルで穴を開けます。
  2. 穴に金具をセットして、両方から締めます。
  3. 金具にロープの中央がくるように通します。(左右両側)
  4. 角材を地面に寝かせ、ロープを4本放射線状伸ばし、ペグでしっかりと止めます。
  5. ハンモックをひっかけ、角材を起こします。
  6. ハンモックを引っ張りながら、もう1本の角材もロープをペグで止めて出来上がりです。
木製ハンモックスタンドの要となる穴開け作業は、電動ドリルを使うと手早くできます。面倒であれば、ホームセンターで材料を買う際に穴あけ加工もお願いすれば、きれいな穴があくでしょう。
支柱となる角材がぐらつかないように、ハンモックスタンドの左右からロープを出し、ぴんと貼ってペグを使い固定してください。

特徴とポイント

1本足で寝ている間に倒れるのではないかと心配かもしれませんが、安定した場所で正しく立てれば大人が一晩寝ても倒れません。
ロープとペグはテント用を使えば、角材と金具だけで済み、安い予算で簡単にハンモックスタンドを自作できます。また、金具を使わず、ロープワークを活用して支柱に結び付けるだけにすれば、完全な木製ハンモックスタンドになります。
人が乗って倒れないようにするため、ロープを左右から均等に貼るのがこのハンモックスタンドのポイントです。合わせてペグをしっかりと地面に打ち込むのが大切なので、緩い地盤ではおすすめできません。ペグの頭まで打てて、ロープがぴんと張れる場所で使ってください。

ハンモックスタンドの自作法③二本足型

一本足のハンモックスタンドの次に簡単な作り方が、二本足ハンモックスタンドです。二本の丸棒をロープで縛る簡易な作り方もありますが、金具を使って固定する自作方法を紹介します。

用意する材料と工具・作り方手順

  • 角材 4本(約40×50mm 150~200cm)
  • 金具 アイボトル・アイナット・ワッシャー×2セット
  • ロープ 4本(5mほど)
  • ペグ 4本
  1. 角材の足元になる下部分を斜めにカットします。
  2. 角材の上部から10cmほどにドリルで穴を開けます。
  3. 角材2本に金具を通して、ワッシャーで固定します。
  4. アイナットの頭部分にロープを通します。
  5. 片方の角材を立て三角形に広げ、ロープを2方向に貼ってペグで地面に固定します。
  6. ハンモックをかけ、もう片方の角材も立ててロープを2方向に貼って固定します。
  7. ハンモックの中央に力をいれて、安定しているかを確認して出来上がりです。

安定して自立するハンモックスタンドにするため、足の長さとカットする部分の角度をそろえる点だけ気を付ければ、簡単に自作ができます。

特徴とポイント

一本足のハンモックスタンドと同様に、簡単に自作できます。一本足スタンドよりも、二本足の方が、立てる際により簡単に自立するでしょう。収納する際は金具部分を軸にして、閉じて重ねられます。
注意点は、2本支柱があるからといって、ロープの貼り具合やペグの打ち込みをおろそかにしないでください。乗った瞬間は大丈夫でも、少し揺らしたり、時間が経ったりしたときに、ペグが抜ける危険があります。ペグはしっかりと地面に打ち込める長さのものを選らんでください。

ハンモックスタンドの自作法④スタンド型

自立型のハンモック

チェア型、一本足、二本足とみてきましたが、自作の難易度が上がるのがスタンド型ハンモックスタンドです。それだけに、自作すれば好みのサイズになり、木製だけでもデザインの幅も広がります。

用意する材料と工具・作り方手順

  • 土台部分角材 4本 (1000~1200cm)
  • 土台をつなぐ角材 1本 (60cm)
  • 足元部分用角材 2本 (80cm)
  • 足部分角材 4本 (60cm)
  • 支柱用角材 2本 (1100cm)
  • 土台と足元をつなぐ角材 4つ (5~10cm)
  • 金具(ボルト、ワッシャー、ナット) 10セット
  • アイボトル 2本
  1. 角材を図面を確認しながらカットし、必要な部分に金具を通す穴を開けます。
  2. 土台となる部分、つなぐようの角材を挟むようとめて、長い土台から仮組みします。
  3. 足元部分と土台をつなげ、支柱と土台、足元になる部分を仮組します。
  4. 全体を見てバランスがよく組み立てられていれば、金具をきつくしめ固定します。
  5. 支柱の上部にアイボトルをつけ、ハンモックを吊るして出来上がりです。

木製ハンモックスタンドならではの、パーツをつなぐ部分の作業が重要になります。材料を必要な長さにカットしたら、不足がないか全体を並べて確認してから、つなぐ作業に入りましょう。

特徴とポイント

スタンド型のハンモックスタンドを自作するのは難しそうにも感じますが、DIY好きな人なら難しいことはありません。木製スタンドならではの、カット、加工、ジョイントといったDIY作業の楽しさもあります。
紹介したハンモックスタンドの場合は、土台部分を2本に分割しています。長いものを1本でも造れますが、2本にしておくとバラバラにしたときにコンパクトに収納できておすすめです。
簡単な図面を描き必要な角材の長さと数、金具の数を確認しておけば、ホームセンターなどで材料を購入するときにも迷わないでしょう。

自作ハンモックQ&A

自立式ハンモック
角材を使うと重くなるので、木製よりも軽く作れる材料は?
樹脂製パイプでハンモックスタンドを作る方法もあります。接続には専用のイレクターなどのパーツを使って組み立てます。
軽いですが、強度の確認が大切になります。木製に比べて、上下よりも左右からの力に弱くなります。誤ってパイプを踏んでしまわないよう気を付けてください。
角材と丸棒、どちらを使った作り方が丈夫になりますか?
どちらでも木製ハンモックスタンドになりますが、一般的には角材の方が強度があります。大人が使うハンモックであれば、角材が良いでしよう。
丸棒でも同じように作れますが、2本をつなぐ部分では滑りやすく、金具で止めるのが難しいです。丸棒専用の金具も売られているのでそれを使うのがおすすめです。
色を付けたいけれど、おすすめの塗料は?
色を塗る場合は、ハンモックスタンドに使う角材や丸棒をカットして穴あけ加工などをしてから塗りましょう。木製材料に塗りやすく、アウトドアで使うなら耐水性のある塗料がおすすめです。
塗料がはがれにくいように、木材の表面が荒れていたら、サンドペーパーで表面を磨いておくとよいでしょう。
塗料をぬったらよく乾かしてから、組み立ててください。

ハンモックを自作して庭でもアウトドア気分!

砂浜に置いた自立型のハンモック

アウトドアで使うハンモックは、とても気持ちが良いものです。自作の木製ハンモックスタンドを使えば、一層楽しく満足度も上がるでしょう。紹介した作り方を参考に、世界に一つだけのハンモックスタンドを作って、より心地よいハンモックを体感してみてください。

後悔しないハンモックの選び方は?寝ても疲れない自立式7選も

あわせて読みたい

後悔しないハンモックの選び方は?寝ても疲れない自立式7選も

ヘリノックスのチェアカバーがおすすめ!自作方法もチェック!

あわせて読みたい

ヘリノックスのチェアカバーがおすすめ!自作方法もチェック!

ユキヤナギ

この記事のライター

ユキヤナギ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

テント

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

パップテントに薪ストーブをインストールする際に、実際に使えるパップテント10選を選び方とともに詳しく紹介します!また冬のキャンプで使える、パップテントにおすすめな薪ストーブもリサーチしたので、ぜひ購入時の参考にしてください。

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

ストーブ

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

レインボーストーブの改造方法を解説しています。ファンや反射板、外筒の変えると暖房効果が高まる理由と改造するときのポイントを調査し、説明します。おすすめのレインボーストーブも記事内で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

テント

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

日本のアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」の魅力を徹底解説!また「サーカスTC BIG」と「サーカスTC」の違いも検証してみました。「サーカスTC BIG」のタープ連結方法やレイアウトも紹介していきますので、参考にしてみてください。

おすすめのキャンプセット紹介!テントや調理器具を一式揃えよう!

キャンプ道具

おすすめのキャンプセット紹介!テントや調理器具を一式揃えよう!

キャンプ初心者の方が揃えたいキャンプセットについて詳しくまとめています。必要不可欠なテントをはじめとした、さまざまな用品について解説!キャンプ初心者におすすめのキャンプセットから、自分好みで選ぶ際に参考にできるブランド別キャンプセットまで紹介します。

関連するキーワード

キャンプ道具ランキング

人気ランキング

話題のキーワード