ダイソーのカラビナはキャンプにもおすすめ!ミリタリー系も大人気

お気に入りに追加

おすすめのダイソーのカラビナについて紹介!大人気のミリタリー系カラビナや、ダイソー以外の100均のカラビナなども掘り下げています。また、ダイソーのカラビナの強度についても詳しく解説していますので、ぜひそちらも参考にしてください。

ダイソーのカラビナはキャンプにもおすすめ!ミリタリー系も大人気

目次

  1. 大人気ダイソーのカラビナを紹介!
  2. ダイソーのおすすめカラビナ紹介
  3. ダイソーのカラビナのキャンプでの使い方
  4. ダイソーのカラビナを使う時の注意点
  5. ダイソー以外のおすすめ100均カラビナを紹介
  6. ダイソーのカラビナはキャンプでも大活躍!

大人気ダイソーのカラビナを紹介!

ダイソーには、大人気のカラビナが販売されています。ミリタリー系のカラビナはキャンプにも使えるので、キャンプ好きにもおすすめです。ダイソーにはいろいろなカラビナが売られているので、好きなカラビナを探してみてください。
また、おすすめの使い方についても掘り下げています。そのため、ダイソーに立ち寄る予定がある人は、ぜひ購入を検討してみましょう。もちろん、キャンプ以外にも利用することができます。

ダイソーのおすすめカラビナ紹介

ここからは、ダイソーで売られているおすすめのカラビナを紹介します。それぞれカラビナによって特徴が異なるので、強度や用途に合わせて購入してみましょう。

ミリタリー約8.5cmタイプ

カラー

ブラック、オリーブドラブ、コヨーテ

サイズ

約85mm

重さ

約18g

耐荷性

約5g

こちらのミリタリー系のカラビナは、アースカラーをベースにしています。かっこいいカラーバリエーションなので、持っているだけでテンションが上がります。キャンプではマグカップをリュックに外付けしたりが可能です。ただし、重たいものが苦手なので注意間正。

ミリタリーDリングタイプ

カラー

ブラック、オリーブドラブ、コヨーテ

サイズ

約55mm

重さ

約11g

耐荷性

約5kg

こちらのダイソーで売られているミリタリー系のカラビナは、2つセットになっています。ダイソーのミリタリー系のカラビナの中でも大きめサイズのものなので、大きめのカラビナを探している人のピッタリ。

ミリタリーS字タイプ

カラー

ブラック、オリーブドラブ、コヨーテ

サイズ

約50mm

重さ

約4g

耐荷性

約5kg

小さめのミリタリー系カラビナを探しているのなら、ダイソーのこちらの商品がおすすめ。4つセットになっていて、バックパックに最適です。小さいのに5㎏まで耐えられることから、ちょっとしたアイテムをリックに取り付けたい場合にもおすすめ。

コードリール付きタイプ

ダイソーのこちらのカラビナは、コードリールがついているタイプです。コードリール付カラビナは必要な時に引き出して使用できるので、作業を行いたい場合におすすめ。キャンプでも大活躍するので、1つ持っていて損はありません。

栓抜き機能付きタイプ

ダイソーでは、様々な機能がついたカラビナが売られています。栓抜き機能カラビナもその一つで、カラビナに栓抜きがセットになっているアイテムです。キャンプではちょっとした瓶を開けたい場合もあるため、カラビナとセットになっているダイソー商品が便利です。

方位磁石付きタイプ

ダイソーでは、方位磁石付きタイプのカラビナも販売。キャンプや登山では、方位磁石があると安心です。そのため、登山やキャンプを行う際はぜひ方位磁石付きタイプのカラビナを利用してみてください。

ベルト付きタイプ

ダイソーでは、ベルト付きタイプのカラビナもおすすめ。しっかりとした強度があり、キャンプに最適です。ベルトを固定すれば、バックルを使って簡単に取り外すこともできます。そのため、カラビナが付けづらい場所にはベルト付きタイプのカラビナを使用しましょう。

星型タイプ

ミリタリー系などのカラビナが豊富なダイソーでは、星形のカラビナも販売しています。リュックにつけるととてもおしゃれで、子供受け抜群です。そのため、家族でキャンプや登山を行う場合に星形のカラビナを購入してみてください。

ダイソーのカラビナのキャンプでの使い方

次は、ダイソーのカラビナをキャンプで使用する際の使い方についてです。強度のあるものも多いため、使い方を熟知しておくとより効果的に使用できます。そのため、既にダイソーのカラビナを持っている人も、そうでない人もぜひ参考にしてみてください。

使い方①キャンプ道具の外付け

カラビナ

カラビナの最も多い使い方として、キャンプ道具の外付けが挙げられます。キャンプ道具は細々としたものが多く、収納が不便に感じることも。そんな時のカラビナがあれば、バックパックの外側にキャンプ道具を取り付けて、簡単に取り外すことができます。

使い方②キャンプ道具の収納

カラビナ

次は、カラビナを使ったキャンプ道具の収納についてです。キャンプ道具はバックパックに入れていると、中であちこち動いてしまうことがあります。しかし、カラビナを使ってキャンプ道具をくっつけておけば、万が一乱雑に入れてしまってもすぐに見つけることが可能です。

使い方③テントの設営

カラビナ
ダイソーのカラビナは、テント設営にも役立ちます。ロープとテントを繋げるのにカラビナを使っておくと、テントを撤収させる時も作業が簡単です。もちろん、テントを説絵尾する手間も省くことができます。
カラビナを使わないとロープを結ぶ必要があるので、かなり手間になります。その点、カラビナは作業を効率化したい人におすすめ。ただし、テント設営に使用する際には注意点があるので、そちらについては下記で詳しく紹介しています。

ダイソーのカラビナを使う時の注意点

次は、ダイソーのカラビナを使う時の注意点についてです。いくつか注意点を挙げているので、今後カラビナを使用する機会がある人は参考にしてみてください。事前に注意点を把握しておけば、ダイソーのアイテムも安全に利用できておすすめです。

注意点①強度が弱い

カラビナ
ダイソーのカラビナは、キャンプを目的として作られていないため強度が弱いです。そのため、メーカー品と同じ使い方をするのは危険です。使い方によっては便利になったり、作業効率が高まるので、ダイソーで売られているカラビナは強度を考えた上で使用してください。
あまりにも重たいものに利用すると、カラビナが壊れてしまう可能性も。移動中に壊れると危険なので、耐えられる重さ以上のものは吊り下げないようにすることも大切です。

注意点②貴重品のぶら下げには向かない

強度が弱い他、気づいた時にはぶら下げていた荷物が落ちてしまうことも。そのため、貴重品のぶら下げには向いていません。貴重品は必ず、バックパックの中に収納しましょう。
貴重品だけでなく、落としたくないアイテムも同様です。どこかに引っ掛けてしまうと、落とす確率がより高まります

注意点③ロープの固定にも向かない

テント設営の際ロープの湖底に使用できるカラビナですが、ロープ固定にはあまり向いていません。特に風が強い日はカラビナが壊れることも。どうしてもダイソーのアイテムを使用したい場合は、複数個同時に使うことで強度を一時的に高めることができます。
強度がないとすぐに壊れる可能性があるので、予備のものを持っていくのもおすすめ。ロープの固定は、できるだけメーカー品を利用しましょう。

ダイソー以外のおすすめ100均カラビナを紹介

カラビナは、ダイソーのものが人気だと紹介しました。しかし、100均ではダイソー以外でも人気のカラビナが販売されています。おすすめの人気カラビナを3選ピックアップしているので、そちらの参考にしてみてください。

マジック付きカラビナ【セリア】

100均のセリアでは、マジックテープの付いたカラビナが販売されています。マジックテープ付きなら、簡単に取り外すことも可能です。通常のカラビナよりも長さがあるため、長さを作りたいという人に最適。キャンプでも大活躍する人気商品の1つです。

カラビナライト【セリア】

セリアのカラビナサイトは、ライトが直接付いているカラビナです。バックパックやベルトに吊り下げられるので、ライトをコンパクトに持ち歩きたい人というにおすすめ。手軽に購入できるので、夜のキャンプを行うという人はぜひ1つ購入してみてはどうでしょうか。

蛍光カラビナ【キャンドゥ】

人気の蛍光カラビナは、夜道に目立つのでキャンプやジョギングの際に最適です。カバンに付けておけば、暗闇でもどこにアイテムをぶら下げているのか把握できます。特に夜で歩く機会があるという人は、ぜひキャンドゥの蛍光カラビナを購入してみてはどうでしょうか。

ダイソーのカラビナはキャンプでも大活躍!

ダイソーで売られているカラビナは、キャンプなどのアウトドアでも大活躍です。特にカップの吊り下げやランタンの吊り下げにおすすめです。ただし、強度はメーカー品よりも劣ってしまうことから、ロープの固定には向いていないというメリットもあります。
そのため、自分に合った使い方を探す必要があるでしょう。デザイン性もあるので、迷った時は1つ購入することをおすすめします。もちろん、複数個持っておくというのも便利で良いでしょう。
セリアのカラビナはキャンプにおすすめ!キーフックのような使い方も

あわせて読みたい

セリアのカラビナはキャンプにおすすめ!キーフックのような使い方も

この記事では、セリアのカラビナのキャンプでの使い方を詳しく説明します!セリアで購入出来るカラビ...

すうこ

この記事のライター

すうこ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

テント

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

パップテントに薪ストーブをインストールする際に、実際に使えるパップテント10選を選び方とともに詳しく紹介します!また冬のキャンプで使える、パップテントにおすすめな薪ストーブもリサーチしたので、ぜひ購入時の参考にしてください。

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

ストーブ

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

レインボーストーブの改造方法を解説しています。ファンや反射板、外筒の変えると暖房効果が高まる理由と改造するときのポイントを調査し、説明します。おすすめのレインボーストーブも記事内で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

テント

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

日本のアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」の魅力を徹底解説!また「サーカスTC BIG」と「サーカスTC」の違いも検証してみました。「サーカスTC BIG」のタープ連結方法やレイアウトも紹介していきますので、参考にしてみてください。

アルミクッカーはシーズニングが必要?簡単なやり方をリサーチ

食器・調理器具

アルミクッカーはシーズニングが必要?簡単なやり方をリサーチ

アルミクッカーに必要なシーズニングのやり方について紹介!スノーピークやモンベルから販売されている、チタン製やステンレス製クッカーの特徴も掘り下げていきます。アルミクッカーのシーズニングだけでなくストームクッカーについても触れているので、ぜひ参考にしてください

関連するキーワード

キャンプ道具ランキング

人気ランキング

話題のキーワード