コンパクトなタープポールおすすめ13選!軽量・コスパ抜群アイテムも

お気に入りに追加

タープポールはコンパクトなものからしっかりとしたものまでさまざまあります。この記事では、コンパクトで軽量なタープの使い方や選び方から、おすすめの商品まで紹介しています。コンパクトなタープポールを探してる人はぜひ参考にしてみてください。

コンパクトなタープポールおすすめ13選!軽量・コスパ抜群アイテムも

目次

  1. コンパクトなタープポールおすすめ13選を紹介!
  2. タープポールの選び方
  3. コンパクトで軽量なタープポールの使い方
  4. コンパクトなタープポールおすすめ13選
  5. コンパクトなタープポールおすすめ13選の比較表
  6. コンパクトで軽量なタープポールはサブポールにおすすめ!

コンパクトなタープポールおすすめ13選を紹介!

雨風を防いだり直射日光を遮ったりするのに便利なタープですが、タープを張るにはタープポールが必需品です。タープポールにもさまざまな商品があり、活用するためには自分にあったものを選ぶことが大切になってきます。

そこで、この記事ではタープポールの選び方から使い方、おすすめのコンパクトで持ち運びが簡単なタープポールを紹介していきます。

タープポールの選び方

選び方①素材の特徴

タープポールはタープを支えるという性質上、強度がとても重要になってきます。また、タープポールは素材によって強度や扱いやすさなどが変わってくるため、どういった素材でできているかは重要なポイントです。

スチール製

スチール製のコンパクトなタープポールは比較的低価格ながらも強度がしっかりとしています。しかし、アルミ製と比べると重く、さびやすいため使用後はしっかりとお手入れをする必要があります。

特に、雨の日に使った際はしっかりと水気をふき取らないと錆の原因になってしまうため、使用後の取り扱いは手間がかかります。

アルミ製

アルミ製のタープポールはスチール製の物と比べると高価ですが、 軽量で錆びにくいのが特徴です。そのため、持ち運びがしやすいだけではなく、キャンプ初心者でも扱いやすくおすすめです。

また、アルミ製もスチール製と同じく強度が高く耐久性に優れています。

木製

タープポールにはスチール製やアルミ製の他に、木材を使ったものもあります。木製のタープポールも しっかりと強度がありお洒落ですが、とても高価なのが特徴です。

また、木製はスチール製やアルミ製と比べて重たく、水を吸うためお手入れがとても大変というデメリットがあります。

選び方②用途に合ったサイズを

タープポール選びにおいて、用途に合ったサイズを選ぶことも重要です。タープを張る際にタープポールをどう使うかによって適切なサイズが変わってきます。

メインポールとして使う場合はある程度の長さが必要ですが、サブポールとして使う場合は伸縮してサイズを変えられる物が便利です。メインポールは240cm程度の長さがあれば快適な空間を作りやすくなります。

選び方③太さと重さ

タープポールは太さや重さなども重要になってきます。特に、風が強いときは軽量で細いタープポールだと影響を受けやすく、倒れてしまう原因になりやすいです。

また、大型のタープを張るときに使う場合はある程度の太さがないと強度が足りないこともあります。 メインポールとして使う場合は外径が28mm~32mm程度、サブポールは16mm程度のものがおすすめです。

選び方④構造も確かめる

タープポール選び4つ目のポイントは、構造をしっかりと確かめる事です。タープポールの多くは複数のポールを繋ぎ合わせて1本のポールとして使うことが多いですが、繋ぎ合わせる構造はさまざまです。そして、構造に強度や扱いやすさがっ変わってきます。

ジョイント式

ジョイント式のポールテントは複数のパーツを接続して使うタイプで、構造はシンプルながらも強度があります。 長さの調節はできませんが、手軽に組み立てや片付けができるためキャンプ初心者におすすめです。

製品によっては組み立てなどを簡単に行えるようにサポートするショックコードを内蔵している場合もあります。

プッシュボタン式

ボタンを押しながら抜き差しするだけで分解や解体ができるのがプッシュボタン式のタープポールです。 ジョイント式と似たような構造ですが、連結する本数によって長さを簡単に調整できるのが違いです。

強度も高いので、よくキャンプでタープを使う人におすすめです。

スライド式

スライド式のタープポールはジョイント式やプッシュボタン式と異なり、好みの長さに無段階で調整できるのが特徴です。

ジョイント式やプッシュボタン式と比べると収納時の長さが長くなってしまう難点がありますが、使っている状態でも高さの調整ができるので大変便利です。

プッシュアップ式

プッシュアップ式のタープポールはスライド方式と同じく長さが調整しやすいのが特徴です。しかし、スライド式と違うのは高さの調整はピンを使って調整することです。

ポールに穴がいくつか空いており、その穴にピンを挿して長さを調整するため簡単に調整できますが自由度はスライド式よりも高くありません。

コンパクトで軽量なタープポールの使い方

使い方①小型タープのメインポール

タープとタープポール

コンパクトで軽量なタープポールの使い方として一番おすすめなのは、小型タープのメインポールとしての使い方です。ソロキャンプ用の小型タープであれば軽量でコンパクトなタープポールでも十分支えられます。

また、ソロキャンプでは極力荷物の量を少なくしたいことが多いため、そういった場合にコンパクトで軽量なタープポールは丁度いいです。

使い方②大型タープではサブポールとして活躍

使用中のタープポール

コンパクトなタイプは大型タープのメインポールとしては力不足ですが、サブポールとしては十分力を発揮してくれます。ある程度の長さがあるコンパクトなタープポールであればサブポールとして活用していきましょう。

サブポールとして使うときはプッシュアップ式やスライド式の物を使うと長さを調整しやすいため、状況に合わせた使い方をしやすくなります。

使い方③シェルターの拡張サブポール

カーサイドタープ

タープだけではなく、シェルターの拡張に使うサブポールとしてコンパクトなタープポールは使えます。DDタープをはじめ、ワンポールやツーポールのシェルターは外側に短いポールを1本立て引っ張ると空間を広く確保できます。

そういった用途としての使い方はコンパクトなタープポールにぴったりで、活用すれば専用のポールを購入する必要がありません。

コンパクトなタープポールおすすめ13選

FIELDOOR アルミテントポール150

出典: 楽天市場
FIELDOOR
アルミテントポール
5,500円(税込)
楽天市場で詳細を見る
コンパクトで持ち運びしやすいジュラルミン製のタープポール

アルミでできたタープポールで、直径2.4cmながらもしっかりとした強度があります。収納時は約40cmとコンパクトにためデイバッグでも中に入れることができ、ツーリングなどを行うときでも気軽に持ち運び可能です。ポールの先端はローレット加工が行われているため、固定に使うロープが外れにくくなっているため設営がしやすいです。

サイズ 直径2.4cm×最長230cm
重量 約250g

コンパクトでツーリングでも持ち運びがしやすい

評価:

分解すると約40cmと非常にコンパクトなサイズになるため、ツーリングなどの持っていく荷物の大きさや量を制限される時に持ち運びしやすいです。

NEMO アジャスタブルタープポール

出典: 楽天市場
NEMO
アジャスタブルタープポール
4,950円(税込)
楽天市場で詳細を見る
NEMOのコンパクトなタープポール

NEMOのアジャスタブルタープポールはのL・M・Sの3サイズで展開されているコンパクトなタープポールです。L・M・Sの3サイズで展開されていますが、コンパクトなサイズとして使えるのはMサイズとSサイズあたりです。伸縮するポールをプッシュピンで長さの調整ができるようになっており、Mサイズは150cmから180cm、Sサイズは130cmから155cmの範囲内で調整が可能です。

サイズ 直径1.8cm×長さ180cm
重量 365g

ブラックでコンパクトなタープポールが欲しい人におすすめ

評価:

持ち運びしやすい長さと重さで、ブラックでコンパクトなタープポールを探している人におすすめなアイテムだと思います。

MSR アジャスタブル ポール

出典: 楽天市場
MSR
アジャスタブル ポール
6,050円(税込)
楽天市場で詳細を見る
ツーリングにおすすめのコンパクトなタープポール

MSRから発売されているアジャスタブルもコンパクトで超軽量なタープポールです。L・M・Sの3サイズ展開で、Mサイズは278gでSサイズは190gと非常に軽量なため、登山用の装備としてもおすすめです。しかし、軽量な分ポール径が絞られているため風に弱く、キャンプなどで使う際はあまり風の強くないキャンプサイトで使うのをおすすめします。ツーリングでキャンプを楽しむときなど、持っていける装備の量に制限がある場合におすすめのアイテムです。

サイズ 直径1.25cm×最長140cm
重量 190g

コンパクトかつ軽量で持ち運びがしやすい

評価:

すごく軽量のタープポールのため、バイクでキャンプに行くときや登山に行くときに毎回役立っています。

DOD コンパクトタープポール

出典: 楽天市場
DOD
コンパクトタープポール
4,780円(税込)
楽天市場で詳細を見る
コスパに優れたDODのコンパクトなタープポール

キャンプ用品ブランドの1つ、DODから発売されているコスパのいいコンパクトなタープポールです。アルミ合金でできているため丈夫で、収納時の長さは40cmとコンパクトになります。また、1セット2本入りで専用の袋が付いていて4000円から5000円台で販売されているためコスパに優れているのも特徴です。さらに、伸縮するタイプではなくプッシュボタン式を採用しており、繋ぐ本数を変えるだけで71cmから203cmまで5段階で長さの調整が簡単にできます。

サイズ 直径1.9㎝×最長203㎝
重量 1kg

コスパのいいコンパクトなタープポール

評価:

2本1セットで専用の収納袋が付いて4,000円5,000円台で購入できるため非常にコスパがいいです。5段階で長さを変えられるためさまざまな使い方ができます。

アライテント コンパクトポール

出典: 楽天市場
アライテント
コンパクトポール
4,400円(税込)
楽天市場で詳細を見る
軽くてコンパクトなアライアントのタープポール

アライテントのコンパクトポールは150cmと200cmの2タイプが販売されています。このタープポールの特徴はマトリョーシカのようになっていて、継ぎ手がすべて1本の中に収納できるようになっていることです。重量も150cmタイプが225g、200cmタイプが275gとなっており、収納時のサイズもすごくコンパクトなため持ち運びがしやすくなっています。コスパはそこまでよくありませんが、持ち運びやすさや収納のしやすさなどを重視したい人におすすめです。

サイズ 最長150㎝
重量 225g

継ぎ手が1本に収納できて便利

評価:

(口コミ)内容:マトリョーシカのように継ぎ手を1本に収納できるようになっているため収納しやすく持ち運びも簡単で気に入ってます。

スノーピーク ライトタープポール

出典: 楽天市場
ライトタープポール
ライトタープポール
3,190円(税込)
楽天市場で詳細を見る
ツーリングにおすすめなスノーピークのコンパクトなタープポール 

人気キャン用品ブランドのスノーピークから発売されているコンパクトなタープポールです。継ぎ手の数が多いため収納時の長さはとても短く、ツーリングでのキャンプにもおすすめです。伸縮はしないため長さ調節はできませんが、さまざまな場面で活躍しやすいコンパクトなタープポールです。

サイズ 直径1.45cm×最長150cm
重量 300g

収納時にコンパクトで助かる

評価:

バイクでソロキャンプに行くことが多いですが、収納時のサイズがコンパクトなので持ち運びやすくて助かっています。

kemeko テレスコカーボンファットタープポール

出典: 楽天市場
kemeko
テレスコカーボンファットタープポール
12,980円(税込)
楽天市場で詳細を見る
コンパクトに収納できるkemekoのタープポール

収納時は長さ55㎝程度で、重さも340gほどしかないコンパクトで軽いタープポールです。最大の直径は3.3㎝ありますがカーボン製のため軽く、最長で200㎝まで伸縮できるためさまざまな使い方ができます。カーボンを使っているため値段はどうしても高くなってしまいますが、丈夫さや利便性を考えるとコスパは抜群です。

サイズ 直径3.3cm×最長200cm
重量 340g

丈夫で軽くコンパクトなのて使いやすい

評価:

カーボン製なので丈夫で軽く、しっかりとした太さもあるため大きめのタープポールのメインポールとしても使えておすすめです。伸縮するので長さの調節も簡単にできて使いやすい。

kemeko スライドコンパクト45 ALP200

超々ジュラルミンを使ったタープポールで、収納時は45㎝程度で重量も約440g程度のため持ち運びがしやすいです。伸縮できるような構造かつ10㎝ごとに4段階で長さの調整ができるためさまざまな使い方ができます。バイクに積み込むことを前提に作られているため、バイクでアウトドアを楽しむ人にぴったりです。

サイズ

直径2.2cm×最長200cm

重量

約440g

頑丈かつコンパクトで持ち運びがしやすい

評価:

収納時は結構コンパクトになるため、バイクでキャンプに行くような時でもバイクに積み込みやすく重宝しています。

OGAWA ALアップライトポール

出典: 楽天市場
OGAWA
ALアップライトポール
2,530円(税込)
楽天市場で詳細を見る
OGAWAのコンパクトなタープポール

国内の老舗アウトドアブランドのOGAWAから発売されているコンパクトなタープポールです。アルミ合金製で軽くて丈夫なつくりになっており、収納時は結構小さくなるため持ち運びもしやすいです。品質も高く無理な使い方をしなければなかなか壊れないのでコスパも最高です。伸縮しないタイプなので長さ調節ができない点だけが難点です。

サイズ 直径1.6cm×最長170cm
重量 不明

国内ブランドで安心安全

評価:

国内のキャンプギアブランドOGAWAのタープポールで、安心感抜群です。

モンベル アルミミニタープポール

出典: 楽天市場
モンベル
アルミミニタープポール
3,690円(税込)
楽天市場で詳細を見る
モンペルのコンパクトなタープポール

アルミ合金製のモンベルから発売されているタープポールで、収納時は5分割できバックパックで持ち運びしやすいサイズになります。重量も270gと非常に軽く、アルミ合金でできているため非常に頑丈です。伸縮しないタイプなので長さの調整はできないようになっています。

サイズ 直径1.6cm×最長165cm
重量 270g

継ぎ手の数が多いためバックパックに入れやすい

評価:

継ぎ手の数が多くバックパックに入れやすい大きさなのですごく助かってる。

Sutekus アジャスタブルポール

出典: 楽天市場
Sutekus
アジャスタブルポール
2,367円(税込)
楽天市場で詳細を見る
コンパクトで頑丈なSutekusのタープポール

高強度のアルミニウム合金を使ったSutekusのタープポールです。2本セントで販売されてますが1本あたり450gととても軽く、収納時のサイズはとてもコンパクトなため持ち運びがしやすいです。伸縮するタイプじゃなくてジョイントタイプなので、繋げる本数を変えるだけで長さを調整できます。

サイズ 直径1.6cm×最長190cm
重量 900g

頑丈かつコンパクトで持ち運びがしやすい

評価:

2本セットになっていますが2本合わせても1kgもなくコンパクトなため、持ち運びがしやすく重宝しています。

ロゴス プッシュアップポール

出典: 楽天市場
ロゴス
プッシュアップポール
5,346円(税込)
楽天市場で詳細を見る
ロゴスから発売されているコンパクトなタープポール

人気キャンプギアブランドの1つ、ロゴスから発売されているタープポールです。アルマイト加工が施されたアルミを使っており、丈夫で重量も約670gととても軽いです。そして、105㎝から250cmの間であれば伸縮するため34段階で高さが調整可能で、さまざまな使い方ができます。

サイズ 直径2.8cm×最長250cm
重量 約670g

34段階で高さ調整ができて便利

評価:

34段階で105cmから250cmまで高さの調整ができるためいろいろな使い方ができ、コスパ抜群です。

FLYFLYGO アルミテントポール タープポール

出典: 楽天市場
FLYFLYGO
アルミテントポール タープポール
4,706円(税込)
楽天市場で詳細を見る
格安で購入できるコンパクトなタープポール

格安キャンプギアブランドFLYFLYGOのタープポールです。収納時は44cm程度になり、重さも約900g程度なので持ち運びが簡単にできます。 連結金具に合わせて差し込めば簡単に接続できます。そして、2本で1セットになっているためコスパも抜群にいいです。伸縮するタイプではないため、継ぎ手の数を変えて高さの調整をします。

サイズ 直径1.9cm×最長231cm
重量 約900g

丈夫で軽くコスパに優れている

評価:

丈夫で軽くコンパクトでとてもお財布に優しい値段で購入できるので非常におすすめです。

コンパクトなタープポールおすすめ13選の比較表

ブランド

FIELDOOR

NEMO

MSR

DOD

アライテント

スノーピーク

kemeko

kemeko

OGAWA

モンベル

Sutekus

ロゴス

FLYFLYGO

画像

アルミテントポール150 アジャスタブルタープポール コンパクトタープポール コンパクトポール ライトタープポール テレスコカーボンファットタープポール200 スライドコンパクト45 ALP200 ALアップライトポール アルミミニタープポール アジャスタブルポール プッシュアップポール アルミテントポール タープポール

商品名

アルミテントポール150

アジャスタブルタープポール

アジャスタブルポール

コンパクトタープポール

コンパクトポール

ライトタープポール

テレスコカーボンファットタープポール200

スライドコンパクト45 ALP200

ALアップライトポール

アルミミニタープポール

アジャスタブルポール

プッシュアップポール

アルミテントポール タープポール

特徴

・A7075超々ジュラルミンでできている
・収納時は37cmと非常にコンパクト
・付属の収納袋も強度がある

・プッシュピンで長さの調整が可能
・L・M・Sの3サイズ展開
・持ち運びしやすい

・ウルトラライト装備として使える
・10cmごとに3段階で長さの調節が可能
・L・M・Sの3サイズ展開

・5段階で長さを調節可能
・2本1セットでコスパがいい
・専用の収納袋付き

・150cmと200㎝の2サイズ展開
・軽量で持ち運びしやすい
・収納時は1本にまとまってコンパクト

・収納時の長さが短い
・持ち運びがしやすい
・シンプルなデザイン

・カーボン製で丈夫かつ軽い
・太さもあるためメインポールとしても使用可能
・値段は高めだがコスパはいい

・超々ジュラルミンを仕様
・頑丈かつコンパクト
・10cmごと4段階で伸縮可能

・コスパ抜群のタープポール
・アルミ合金製で軽く丈夫
・国内ブランドで安心

・アルミ合金製
・軽量かつ高い強度
・ショックコードで繋がっており設営が簡単

・高強度のアルミニウム合金を使用
・1本あたり450gと軽くコンパクト

・34段階で高さの調整が可能
・伸縮するため微調整が可能
・アルマイト加工が施されたアルミを使用

・コスパに優れている
・初心者でも組み立てが簡単
・アルミニウム合金製で丈夫

商品リンク

楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場 楽天市場

コンパクトで軽量なタープポールはサブポールにおすすめ!

この記事では、コンパクトなタープポールの使い方や選び方、おすすめの商品をいくつか紹介してきました。

軽量でコンパクトなタープポールは大人数で使うようなタープでのメイン使用は心もとないですが、ソロキャンプ用のタープやサブのポールとして大活躍します。

軽量でコンパクトなタープポールにもさまざまなタイプがるため、どういった使い方をするのか考えながら自分にあったものを使っていきましょう。

あきなり

この記事のライター

あきなり

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

テント

パップテントに薪ストーブが快適!選び方とおすすめ10選を紹介

パップテントに薪ストーブをインストールする際に、実際に使えるパップテント10選を選び方とともに詳しく紹介します!また冬のキャンプで使える、パップテントにおすすめな薪ストーブもリサーチしたので、ぜひ購入時の参考にしてください。

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

ストーブ

レインボーストーブを改造する方法は?ファンや反射板を使えば暖房力アップ

レインボーストーブの改造方法を解説しています。ファンや反射板、外筒の変えると暖房効果が高まる理由と改造するときのポイントを調査し、説明します。おすすめのレインボーストーブも記事内で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

ランタン・ライト

【100均】ダイソーの人感センサーライトが優秀!キャンプにも便利

100均ダイソーの人感センサーライトの4つの特徴や、2つの活用シーンを説明しています。また、100均類似商品であるダイソーのLEDセンサーライト3つの特徴も、あわせて取り上げました。そして人感センサーライトについての不明点も紹介しています。

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

テント

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

日本のアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」の魅力を徹底解説!また「サーカスTC BIG」と「サーカスTC」の違いも検証してみました。「サーカスTC BIG」のタープ連結方法やレイアウトも紹介していきますので、参考にしてみてください。

おすすめのキャンプセット紹介!テントや調理器具を一式揃えよう!

キャンプ道具

おすすめのキャンプセット紹介!テントや調理器具を一式揃えよう!

キャンプ初心者の方が揃えたいキャンプセットについて詳しくまとめています。必要不可欠なテントをはじめとした、さまざまな用品について解説!キャンプ初心者におすすめのキャンプセットから、自分好みで選ぶ際に参考にできるブランド別キャンプセットまで紹介します。

関連するキーワード

キャンプ道具ランキング

人気ランキング

話題のキーワード