「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

メダカの種類・値段をリサーチ!安い・おすすめの高級メダカも紹介

メダカの種類・値段をリサーチ!安い・おすすめの高級メダカも紹介

人気の鑑賞魚であるメダカ、その種類や値段について調査しました。また、メダカの魅力について説明し、メダカの飼い方のポイントも解説します。あわせて、安い値段のおすすめのメダカを10種類と値段が高い高級タイプを4種類紹介します。


メダカの種類と値段を徹底紹介!

現在一般的に家庭で飼育されているメダカは、品種改良された観賞用が主になっています。約500種類ともいわれるメダカは、家庭で飼育される鑑賞魚としても大変人気です。
改良品種のなかには稀少性が高く、値段が高騰している種類もあります。そんな、人気のメダカについて種類や値段を、詳しく紹介します。

メダカの魅力

懐きやすい

メダカは環境が揃えば、家庭でも数年生きることができます。エサも定期的にきちんと与えると、喜んで食べてくれます。とても懐(なつ)きやすい魚で、飼っていくと日に日に愛着がわいてきます。

野生的な一面がある

一般的な観賞用のメダカは、品種改良が重ねられた結果、見事な色合いで美しいスタイルになりました。
しかし昭和の時代までは、日本全国の小さな河川では必ず見られた魚です。そのようにもともとは自然の魚ですから、観賞魚になっても自分の幼魚を食べるなど、野性的な面も残っています。

ギャップも人気の理由

現在は品種改良が進んで、約500種類ほどあります。童謡『めだかの学校』のイメージがあってかわいくそろって泳ぐイメージがありますが、クールな黒いタイプもあります。
そして、金魚のようにヒレが長いタイプもいます。かわいいだけでなく、さまざまなタイプがあり、小さくかわいいイメージからのギャップもとても魅力的です。

値段の安いメダカの種類10選

一般的な家庭用の観賞魚として、金魚と並んで人気です。値段も安く、比較的丈夫で観賞魚初心者の方にはおすすめの魚です。ここでは特に値段が安い、10種類を選んで紹介します。

値段が安いメダカの種類①黄金三色錦透明鱗メダカ

黄金三色錦透明鱗メダカ(20匹)

¥2580

黄金三色錦透明鱗は成魚になると、約2〜4cm前後の大きさになります。個体により赤、黒、白の配色が異なりそれぞれ見どころがあります。自分で繁殖させて、お好みの配色の三色錦透明鱗メダカを育てる楽しみもあります。

セット数20匹
1匹の値段129円
40代/男性
40代/男性

元気です!

評価:

人気の種類のメダカを購入しました。大きさは15ミリ程度でした。元気に泳いでいます。元気にエサも食べていて、活気もあります。これから大きく成長するように大切に育てたいと思います。

値段が安いメダカの種類②楊貴妃メダカ

楊貴妃メダカ(20匹)

¥1640

楊貴妃メダカは幼魚時は薄い体色ですが、成魚になると赤味の発色が強く出ます。成魚の体調は約3〜4cmまで育ちます。飼育水温は5〜28度まで対応可能で、屋外飼育もできます。楊貴妃は人気の高い種類で、自分でふ化させて増やすこともおすすめの楽しみ方です。

セット数20匹
1匹の値段82円
30代/女性
30代/女性

元気でかわいい

評価:

安い値段で元気なメダカの子たちが届きました。新しい環境に早く慣らしてあげたいです。穏やかなメダカで仲良くゆったり泳いでいます。ビオトープで元気に長く過ごしていけるように大切に育てます。

値段が安いメダカの種類③琥珀メダカ

琥珀めだか10匹セット

¥880

琥珀メダカは尾びれにオレンジ色が入り、琥珀色の神秘的な感じが漂います。琥珀メダカは上から見ても、横から見てもどちらも綺麗ですが、上から見ると琥珀色に輝くきれいな鱗が並んでいて人気です。

セット数10匹
1匹の値段88円
30代/女性
30代/女性

色がどうなるか楽しみ

評価:

購入したばかりで稚魚サイズです。どんな色になっていくか、色の確認はまだ出来ませんが今後が楽しみです。安い値段も魅力です。

値段が安いメダカの種類④更紗紅白メダカ

更紗紅白めだか10匹セット

¥1580

更紗紅白メダカの10匹セットは、生後約1.5ヶ月の稚魚から販売しています。体調が約10〜15mmの大きさです。名前の通りきれいな赤と白の更紗になっています。赤と白の2色で、大胆ながらクリアなイメージの金魚のような色合いです。

セット数10匹
1匹の値段158円
50代/女性
50代/女性

ずーと見られる

評価:

10匹がとても元気に泳いでいます。大きなめだかは産卵を始めました。ずーと見ていられます。これからもどんな種類を飼うか楽しみが増えました。

値段が安いメダカの種類⑤オロチめだか

オロチめだか 5匹セット

¥3880

黒い体色で、目の周りも黒いメダカです保護色機能が備わっていて、水槽などの周囲の色により体色が微妙に変化します。成長すると体長は約3~4cmになります。生育する水温も5~28度まで耐えられ、さまざまな場所で飼育できます。

セット数5匹
1匹の値段776円
30代/男性
30代/男性

黒くなるよう育てる

評価:

届いてから10日経った今でも10匹以上が元気に水槽を泳いでます。まだ体表の色の濃さにムラがありますが、黒くきれいな色になるよう頑張って育てます。

値段が安いメダカの種類⑥白透明鱗メダカ

白透明鱗めだか(10匹セット)

¥2980

透明鱗メダカはエラが透明になっており、血管が赤く見えます血管が模様になっていて、とても綺麗です。透明鱗でも白いものや薄いオレンジの個体もいます。
錦鯉のように見え美しい外観が人気の理由です。個体差があるため、繁殖して自分だけの個体を育てる楽しさもあります。

セット数10匹
1匹の値段298円
50代/女性
50代/女性

1か月元気

評価:

小さく可愛らしいめだかです。小さいのですが、赤いほっぺがかわいい子もいます。約一ヶ月経ちましたがみんな元気に育っています。

値段が安いメダカの種類⑦小川ブラックめだか

小川ブラックめだか(10匹セット)

¥2180

黒メダカはもともとは、野生の種類です。地域により色や形に微妙な違いがあり、それも楽しめる要素です。一般的に野生種の総称として、黒メダカと呼ばれています。近年は絶滅危惧種になっていて貴重です。本品は養殖されたものです。

セット数10匹
1匹の値段218円
30代/女性
30代/女性

可愛い!

評価:

可愛いです!華麗で元気なめだかです。飼ってひと月少しで小さな稚魚もたくさん産まれました。付いてきたエサがお気に入りなようでよく食べます。とにかく可愛いくてたまりません。

値段が安いメダカの種類⑧白メダカ

白メダカ(30匹)

¥1800

名前の通り、全身が真っ白のメダカです尾っぽから頭まで真白ですが、目は黒くなっています。アルビノ種もありますが、アルビノは目が赤くなります。目の色で白メダカとアルビノ種の区別ができます。

セット数30匹
1匹の値段60円
20代/女性
20代/女性

愛らしい

評価:

めっちゃ元気に泳いでいます。水槽に近寄ると水面まで上がってこちらへ寄ってきます。安い値段ながらとても愛らしいです。赤玉土と水草を入れた水槽で大切に飼育しています。

値段が安いメダカの種類⑨スワローメダカ

ヒレ長スワローめだか(10匹セット)

¥2480

スワローメダカは7箇所のヒレが見事に伸びて、美しいレースのような形で金魚のようにも見えます。永く伸びたヒレを優雅に動かして華麗に泳ぐ姿は、じっと見ていても飽きません。スワローは体系なので、楊貴妃や透明鱗、幹之などさまざまな種類に活かされています。

セット数10匹
1匹の値段248円
40代/男性
40代/男性

評価:

10匹元気に届きました。体形も美しく良い形で色も綺麗です。長めのヒレをヒラヒラさせて泳ぐ姿は優雅で癒されます。大事に育てられためだかでこれからも大切に育てたいと思いました。

値段が安いメダカの種類⑩青メダカ

青メダカ(30匹)

¥1910

ぱっと見はグレーっぽい色ですが、光を当てると水槽の中で全身が青色っぽく見えるメダカです。透明の水槽で横から鑑賞するのがおすすめです。横から見ると美しいラインが見られます。丈夫で飼育しやすい品種でよく繁殖します。

セット数30匹
1匹の値段64円
40代/女性
40代/女性

大切に育てる

評価:

青い種類を購入しました。セットにはわかりやすい説明書も付いていて、メダカはしっかりしていて元気に泳いでいます。これから大切に育てていきたいと思っています。

高級メダカの種類4選

鑑賞用のメダカは一般的には値段が安いタイプが多いのですが、高級ながら人気が高い種類もあります。品種改良で次々と新しい種類が誕生し、希少性で高級になるものもあります。人気の高級タイプから、おすすめの4種類を紹介します。

高級メダカの種類①黄金ラメメダカ

黄金ラメメダカ(3匹)

¥1910

まぶしい金色のメダカに、ラメが入っています。ラメの入り方が個体で異なり、新しい個体を育てていく楽しみもあります。体の金色は成長とともに、茶色から琥珀色に変化します。

セット数3匹
1匹の値段637円
50代/男性
50代/男性

繁殖頑張る

評価:

6匹購入しましたが全員がとても元気でうれしいです。オスとメスも入っているようで卵を産んでいて繁殖させようと思います。ラメがほとんど出ていない個体もありますが変化を期待します。

高級メダカの種類②ブラックダイヤ

ブラックダイヤ 松井ヒレ長 ペア

¥7980

黒いボディに、ラメが綺麗に入っています。ヒレは成長とともにどんどん伸びていきます。ロングフィンでヒレが通常タイプよりも2~3倍伸び、優雅でエレガントなスタイルが特徴です。

セット数2匹
1匹の値段3,990円
40代/女性
40代/女性

ヒレがきれい

評価:

ヒレ長の種類でヒレがとても綺麗に光って、高い値段でも買って良かったです。育てていくともっときれいに成長してくれそうで、楽しみにしています。

高級メダカの種類③三色ラメ幹之メダカ

三色ラメ幹之(みゆき)メダカ(3匹)

¥3180

光を当てると背中が光り、白または青の体色のものが幹之(みゆき)メダカと呼ばれます。また、光る位置や光る面の大きさなどでも分類されます。赤色や黒ブチが加わった三色ラメのタイプが人気の種類です。飼育水温は5〜28度で生息できます。

セット数3匹
1匹の値段1,060円
40代/男性
40代/男性

成長が楽しみ

評価:

11匹飼っています。体色が赤っぽいのが6匹、白っぽいのが5匹です。ラメがだんだん出てきました。まあまあの値段ですが、値段分のメダカに成長するように見守っています。

高級メダカの種類④行田錦メダカ

行田錦メダカ(1ペア)

¥2340

行田錦メダカは白がベースで、朱赤や黒斑が入っています。まさに錦鯉のような色合いになっていて、金魚や鯉と同じ色調です。黒斑は水槽の背景の色や、状態で濃さが変化します。落ち着いて安定していると黒が濃くなり、よりいっそう美しいです。

セット数2匹(ペア)
1匹の値段1,170円
50代/男性
50代/男性

気に入っています

評価:

注文してから3日目に届きました。13匹入っていてみんな元気です。同一種類ですが色々な色の個体が入っていてこれからどうなるか、成長がとても楽しみです。

メダカの飼い方

メダカを飼うために必要なもの

メダカをどのように飼うかで、使う用具は変わってきます。一般的に初心者であればプラスチック製水槽とフタ、カルキ抜き、メダカの餌、底砂に水草を揃えると、飼育環境として最低限の用具の準備完了です。
もっと本格的に飼育をするのなら、水抜き用のエアーポンプやタモ、水換え時のバケツなども用意しておくと便利で、おすすめです。

メダカに与えるエサ

エサは、ペットショップやホームセンターで購入できます。インターネットでも購入可能です。 
えさの量は10匹に対して、一つまみ程度です。エサを与える回数ですが、1日に2回までです。エサの与えすぎはよくありません。かわいいペットですが、エサの回数は守りましょう。

メダカの産卵・繁殖

メダカの産卵や繁殖は、必要な対策を講じればそれほど難しくありません。一般的に親は自分が産んだ卵や、孵化した稚魚を食べます。繁殖させるには卵を親の水槽から取り出して、別の水槽で育てる必要があります。
一般的に自然界では水温が20度以上になり、日照時間13時間以上になると産卵します。同じ条件であれば室内でも産卵します。自然環境の産卵時期は4月~10月です。
室内飼育であれば、環境が整えば一年中産卵します。10匹くらいの成魚がいると、産卵が起こりやすくなります。

メダカの寿命

メダカは適正な環境で飼育すれば、3〜4年は生き続けます夏だけ飼育したり、冬は水が冷たいので飼育を避ける、といった気持ちでは、飼育はおすすめできません。
メダカも水温が下がり5度以下になると、底でじっとしていて冬眠状態になることがあります。室内で飼育する場合は水温が下がりませんので、冬眠状態にならないようです。
一般的な飼育環境で正しく飼育すれば3年から4年も飼育できるので、かわいさが増します。

メダカを飼う時の注意点

メダカを飼う時の注意点は、常に水槽をきれいにしておくことです。水槽がきれいであれば長生きできる確率が上がります。水の汚れにもよりますが、水換えの頻度は週に1回は必要です。汚れていなくても、最低で2週間に1度は水換えすることをおすすめします。

メダカの種類や値段のQ&A

値段はいくらくらいですか?

さまざまな値段のメダカがあります。何十円から1万円以上の値段がつくものもあります。また、1匹で購入する方は少なく、10匹単位で購入する方が多いです。それでも千円ほどの値段から購入できます。餌や水草付きで、値段が決まっている物もあります。

メダカがすぐに死んでしまいました、理由は何でしょうか?

買ってきたばかりのメダカは、すぐに死んでしまうことがあります。それを避けるには、水合わせが必要です。
持って帰った時の水と、用意した飼育水の水温や水質が変わって、それに慣れずに死んでしまうことがあるためです。カルキ抜きなど受け入れする水の状態を最良にして、準備しておきましょう。

金魚や熱帯魚のエサは使えますか?

一般的にメダカは、浮かんでいる餌を好んで食べます。沈んだ餌はほとんど食べません。浮かぶ餌であれば使えます。
逆に沈む餌は底に溜まって、水質悪化の原因になります。また大きめの餌は食べられないので、できる限りメダカ専用の餌がおすすめです。

メダカは種類豊富で値段の安い品種もおすすめ!

日本では野生の種類は「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」の2種類があり、絶滅危惧種になっています。メダカは観賞用に品種改良が重ねられて、約500種類にまで増えました。
種類が豊富になり、選ぶ際に悩む方も多いでしょう。値段も安いものから、高級タイプまであります。自分で繁殖することもできるため、楽しみ方は人さまざまです。ぜひ、メダカを飼育して、かわいがってみましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー