「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ツーポールテントおすすめ16選!ソロ・ファミリー向けの人気商品も

ツーポールテントおすすめ16選!ソロ・ファミリー向けの人気商品も

おすすめのツーポールテントを紹介!ソロキャンプからファミリーキャンプに対応しているツーポールテントを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。また、冬におすすめな理由やコットン素材の特徴も掘り下げています。そちらもチェックしてみましょう。


おすすめのツーポールテントを紹介!

ツーポールテントと呼ばれるアイテムを知っているでしょうか。スノーピークやキャプテンスタッグなど、様々なメーカーから販売されています。コスパの良い商品やそれぞれのメリットについて掘り下げているので、ぜひ参考にしてみてください。お気に入りのテントを見つけることができるます。

ツーポールテントの魅力

まずは、ツーポールテントの魅力について掘り下げていきましょう。これまでツーポールテントの存在を知らなかったという人は、購入を考えなかったはずです。しかし、購入を検討してしまうほど色々な魅力があるので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

設営バリエーションが豊富

まず挙げられる魅力として、設営バリエーションが豊富なことが挙げられます。自分好みの形に変形させられるので、何度使っても楽しめるアイテムです。開放的にしたり、プライベート空間を確保できます。オプションを付ければもっとバリエーションが増えるので、ぜひ利用してみてください。
また、メッシュ部分のあるものなら空気循環が行えます。夏にも最適なので、利用する状況に合わせて設営を調節しましょう。今までよりもキャンプが楽しくなること間違いなしです。

冬でも快適に過ごせる

隙間がないように設営することで、冬でも快適に過ごすことができます。寒いと中々動く気になれず、結局キャンプを楽しめなかったということも少なくありません。しかし、ツーポールテントや2ルームテントは室内が温かくなるため、外よりも快適に過ごすことができておすすめです。
より快適に過ごしたいという人は、暖房の併用が良いでしょう。暖房を使うことで室温が上がり、温かい空気を逃がさないので快適です。もちろん、冬以外のキャンプにも使えるので、1つ購入しておいてはどうでしょうか。

設営が簡単

魅力の一つとして、設営が簡単だというポイントが挙げられます。設営が難しいと、挫折してしまう人もいるでしょう。説明書を見てもなかなか理解できず、最終的にテントを立てられなかったという経験がある人もいるかもしれません。しかし、ツーポールテントは設営がとても簡単です。
必要なものが少ないことから、設営が簡素になっています。そのため、手間をかけずに大きなテントを設営したいという人は、ぜひツーポールテントを利用してみましょう。大きさにもよりますが、15分ほどで組み立てることが可能です。

ツーポールテントの種類

次は、ツーポールテントの種類についてです。種類によって形が異なるため、デザイン性や機能性を求める人はチェックしましょう。種類は主に3つあり、カンガルースタイルと両側を開くタイプ、シェルタータイプに分かれるので、ぜひ参考にしてみてください。

カンガルースタイル

カンガルースタイルとは、シェルターの中にテントを設営するタイプです。外の空気が入りづらいので暖かく、冬でも快適に過ごせます。また、レイアウトの自由度が高いことから、おしゃれに飾り付けしたい人にもおすすめ。

両側を開くタイプ

両側を開くタイプは、サブポールを前後に設営する形です。開放感を得られるので、日陰を確保したい時におすすめです。中には小さめテントを置けるので、温かさを確保したい時にも最適。レクタタープが好きだという人には、この両側を開くタイプのツーポールテントがおすすめです。

シェルターのように使用できるタイプ

シェルターのように使用できるタイプは、サブポールを使って長辺の中央を跳ね上げます。シェルター部分はタープとして利用できるため、焚き火スペースとして使えます。そのため、テント内で焚き火や調理を行いたいという人には、このシェルターのように使用できるタイプがおすすめです。

ツーポールテントの選び方

次は、選び方についてです。正しい選び方を知っていれば、自分に合ったツーポールテントを見つけることができます。選び方のポイントは3つあるので、ぜひ参考にしてみてください。

ツーポールテントの選び方①利用人数

まずは、利用人数から選び方を決めましょう。ソロキャンプから複数人で利用する人もいます。収容人数が分かっていないと、いざ設営した時に狭いと感じてしまうことも少なくありません。そんなことがないように、利用人数よりも少し大きめでゆったりしたものを選ぶのがおすすめです。

ツーポールテントの選び方②テントの仕様

次は、テントの仕様についてです。ツーポールテントは寝室が付属になっているものがあります。他にもタープにように利用して、中に小さいテントを設営するものも少なくありません。そのため、使用するテントのサイズを確認して、大きめサイズを選ぶのがおすすめです。

ツーポールテントの選び方③ポールやペグが丈夫

最後に、選び方のポイントとして、ポールやペグが丈夫なのかという点が挙げられます。ペグやポールは、テントを設営するのに欠かせません。そんなペグやポールが弱いと、強い風がふいた時に倒れてしまいます。
特に、大きいサイズのテントは、この部分を重要視しましょう。ペグは30cm以上のものがおすすめです。

おすすめのツーポールテント16選

次は、おすすめのツーポールテントについてです。ファミリーで使えるツーポールテント、冬にも最適なツーポールテントを紹介しています。どれもおすすめなので、購入を検討中の人はぜひ参考にしてみてください。選び方を守れば、自分に合ったツーポールテントを見つけられるはずです。

おすすめのツーポールテント① CAPTAIN STAG /クラシックス キャンプベースUV

クラシックス キャンプベースUV

¥39450

こちらのツーポールテントには、耐風性をアップするフラップが14つもついています。そのため、冬でも快適に過ごすことが可能です。また、軽いランタンを吊り下げられるフックがついていたり、持ち運びに便利なキャリーバックがついていることも魅力の一つです。

サイズ72×23×24cm
重量14.7kg
素材ポリエステル
20代/男性
20代/男性

冬キャンプが充実

評価:

ファミリーキャンプでも使えるツーポールテントです。ひさしを張り出せば、大型スクエアタープとしても使えます。

おすすめのツーポールテント② OGAWA/ツインピルツフォーク T/C

ツインピルツフォーク T/C

¥104500

こちらのツーポールテントは、オフホワイトとブランの2色がとてもおしゃれです。コットン混紡生地は肌触りが良く、近くで焚き火も可能。通気性や吸湿性に優れているので、夏やちょっとした雨の日にも最適です。ポールを利用して、開放的なキャンプを楽しみましょう。

サイズ65×35×30cm
重量幕体/8.4kg ポール/約1.7kg
素材ポリエステル
30代/女性
30代/女性

コットン素材のツーポールテント

評価:

鯛水圧がそれほど高くないので、大雨には適していません。けれど、少しの雨なら問題ないので、夏や冬のキャンプに利用しています。

おすすめのツーポールテント③スノーピーク/ランドステーションL アイボリー

ランドステーションL アイボリー

¥105050

ファミリーキャンプにピッタリなこちらのツーポールテントは、耐水圧に優れています。突然の雨が降ってきても安心なので、天候が不安定な場合にも使えます。素材はコットンではないので、焚き火には向いていません。しかし、多様なセッティングに対応していてとてもおすすめです。

サイズ76×28×33(h)cm
重量8.9kg
素材ポリエステルオックス
40代/男性
40代/男性

冬のファミリーキャンプにピッタリ

評価:

今までソロキャンプばかりしていました。けど、このツーポールテントを買ってからは冬のファミリーレストランが楽しく、家族との絆が深まりました。

おすすめのツーポールテント④National Geographic/ハイドアウト

ハイドアウト

¥64790

こちらのツーポールテントは、ソロキャンプにおすすめです。大きめサイズのツーポールテントなので、ソロキャンプでは開放感を味わえます。雨風防止や外注防止対策ができるので、初めてキャンプをする人にもおすすめ。高い耐水圧を誇る他、効率よく空気を循環できます。

サイズD480xW760xH220/240cm
重量10.5kg
素材ポリエステル
50代/女性
50代/女性

ソロで使っています

評価:

ソロで使っていますが、少し設営に手間取ります。次からは友人とのキャンプに利用したいと思います。

おすすめのツーポールテント⑤ヘリノックス/フィールド6.0コヨーテ

フィールド6.0 コヨーテ

¥98560

こちらのツーポールテントは、4人で使っても快適に過ごせます。入り口部分をロールアップさせることで、開放感も味わえるでしょう。遮光性の高いコーティングが施されているので、夏の強い日差しを遮ってくれます。もちろん、テント内の温度の急上昇も防いでくれる優れもの。

サイズW72xD30xH27cm
重量8,700g
素材75Dリップストップポリエステル185T
20代/男性
20代/男性

コットンと迷ってこちらを購入

評価:

ファミリーキャンプで利用していますが、テント内の温度が高くなりすぎないので夏にピッタリなツーポールテントです。

おすすめのツーポールテント⑥NEMO/HEXALITE ELEMENT 6P

HEXALITE ELEMENT 6P

¥75900

コットンとポリエステルの混紡を使ったツーポールテントです。コットン素材は火に強い性質を持っており、コットン素材のツーポールテントなら近くで焚き火が行えます。ファミリーサイズで使いやすいですが、その反面コットン素材は吸水性が高いという特性も見られます。

サイズ約561×470×226cm
約561×470×226cm7.6kg(本体)+ 1.5kg(ポール)
素材T/C
30代/女性
30代/女性

コットン素材のものを探していました

評価:

ポリエステルとコットンの混紡生地が使われていて、火に強いツーポールテントです。ファミリーでも使えるので、これからももっと利用したいと思います。

おすすめのツーポールテント⑦ogawa/ツインピルツ フォーク

ツインピルツ フォーク

¥93500

こちらのツーポールテントは、アルミフレームが採用されています。アルミは軽いというメリットがあるため、持ち運びに便利です。
ツーポールテントの内部は広々としていて、出入り口上部のベンチレーターは空気を循環してくれます。オプションを付けると、より快適に過ごせておすすめです。

サイズ65×25×25cm
重量幕体:約4.42kg、ポール:約1.6kg
素材ポリエステル75d
40代/男性
40代/男性

オプションが充実

評価:

冬のキャンプに浸かっています。ファミリーでも使えるサイズなのに、軽量なので持ち運びやすくて便利です。

おすすめのツーポールテント⑧TARAS BOULB/ワンサイドフォークアレンジシェルター

ワンサイドフォークアレンジシェルター

¥54890

こちらのツインポールシェルターは、ツーポールテントとしても利用可能です。高さがあるのでテーブルや椅子をおくことができ、紫外線は90%カットしてくれるので雨や日差しを避けながら談笑を楽しめます。サイド部分を降ろしておけば、プライベート空間が守られます。

サイズ約70×22×22cm
重量約11kg
素材ポリエステル
40代/女性
40代/女性

キャンプが充実

評価:

色々な使い方のできるアイテムです。ソロには向いていませんが、買ってよかったと思っています。

おすすめのツーポールテント⑨BUNDOK/2ポールテント

2ポールテント

¥43870

こちらのツーポールテントは、2ルームとリビングがあります。広々とした空間があるのに、比較的安価に手に入ります。撥水加工が施されていて、雨が良く降る梅雨にもおすすめです。ポールを使えばタープも作れるため、いろんな使い方をしたいという人にもおすすめ。

サイズ650x270x250mm
重量7.5kg
素材ポリエステル
20代/男性
20代/男性

友人とのキャンプに

評価:

みんなそれぞれプライベートが欲しいタイプだったのですが、こちらのテントならプライベートが守られます。もちろん、コミュニケーションも取りやすいので購入して良かったです。

おすすめのツーポールテント⑩ビジョンピークス/TCバタフライシェルター

TCバタフライシェルター

¥53900

大型シェルターを作り出すこちらの商品は、6人から8人まで利用可能です。フロントポールを使えば、また違った形に変化させられます。冬にも使えるので、オールシーズンキャンプを楽しみたい人におすすめ。
コットン素材も含まれていて、焚き火を近くで行っても火事になることはありません。

サイズ680×440cm
重量約16.5kg
素材ポリエステル
40代/女性
40代/女性

15分で設営できました

評価:

冬キャンプにも使っています。重量はありますが値段が安いので手に入れやすかったです。

おすすめのツーポールテント⑪BUNDOK/2ポールテント(カーキ)

2ポールテント

¥39685

安価に購入したいのなら、BUNDOKのテントがおすすめ。ソロから4人ほどまで対応しています。ポリエステルなので比較的軽く、持ち運びにも優れているテントです。説明書が付属しているため、初心者でも簡単に設営可能です。ぜひこの機会に購入してみてください。

サイズ650x270x250mm
重量7.5kg
素材ポリエステル
20代/男性
20代/男性

初めてのテントに

評価:

初めてキャンプを始めるのにこちらを購入しました。4人まで利用できますが、3人で使いました。広々していてよかったです。

おすすめのツーポールテント⑫タラスブルバ/ワンサイドフォークAFシェルター

ワンサイドフォークAFシェルター

¥21560

高さのあるテントを探している人には、タラスブルバのワンサイドフォークAFシェルターがおすすめ。しっかりと高さがあるので、椅子やテーブルとの相性抜群です。また、価格もお手頃なので初心者にもおすすめです。

サイズ約62×19×19cm
重量約6.5kg
素材ポリエステル
20代/女性
20代/女性

シンプルなデザインです

評価:

シンプルなデザインでシンプルな作りなので、友人にも貸しています。いつも満足しているみたいで良かったです。

おすすめのツーポールテント⑬タラスブルバ/ワンサイドフォークAFシェルター DX

ワンサイドフォークAFシェルター DX

¥43890

タラスブルバのワンサイドフォークAFシェルター DXは、大きめサイズのテントです。メッシュ部分があるため、夏は空気を上手く循環させて涼しく過ごせます。また、前後部分をポールを使って広げることで、広めの屋根を作れます。バーベキューを楽しみたい人にもおすすめ。

サイズ約470×230×180cm
重量約7.9kg
素材ポリエステル
40代/女性
40代/女性

バーベキューに最適

評価:

バーベキューをに使っています。大人数ででも入ることができるので、今度は家族合同で使おうと思っています。

おすすめのツーポールテント⑭MSR/ツインシスターズ

ツインシスターズ

¥55200

設営が簡単なMSRのツインシスターズは、2人まで利用可能です。ソロキャンプでも使うことができるので、ぜひソロキャンプにも利用してみてください。重量は1.4kgほどなので軽く、持ち運びやすいです。
軽い理由は、ポールがアルミニウムでできているから。もちろん、耐水圧も1500mmほどあります。

サイズ51×5cm
重量1.40kg
素材30D リップストップ
30代/女性
30代/女性

夫婦で使っています

評価:

夫婦でキャンプに行く際に利用。軽いので私でも持てるので、力がない人でも持ち運びやすいのではないでしょうか。

おすすめのツーポールテント⑮ヘリノックス/Tac.フィールド4.0コヨーテ

Tac.フィールド4.0コヨーテ

¥77000

おしゃれさを求めるなら、ヘリノックスのTac.フィールド4.0コヨーテがおすすめ。シンプルながら、おしゃれなキャンプが実現します。上部にはLEDライトを取り付けることで、雰囲気を演出できます。入り口はくるくると巻いて、開放感を味わうのもおすすめです。

サイズ20×70cm
重量約3550g
素材75Dリップストップポリエステル185T
50代/男性
50代/男性

必要なものがセットに

評価:

そろそろこだわりを持ちたいため、こちらを購入しました。軽いので持ち運びやすく、小型テントを置いたカンガルースタイルも楽しめます。

おすすめのツーポールテント⑯テンマクデザイン/サーカス720

サーカス720

¥115031

大人数で使えるテントを探しているのなら、天幕デザインのサーカス720がおすすめ。総重量は23kgとかなり重たいのですが、その分大きいので広々使えます。特に、大人数でのバーベキューの際の日よけや雨除けに最適です。

サイズ750×320×320mm
重量23.1kg
素材ポリエステル150D
30代/女性
30代/女性

大人数でも使える

評価:

大学のサークルで利用しました。人数が多いので中々対応できるものがなかったのですが、こちらは大きいのでゆったりと利用できました。

おすすめのツーポールテント16選の比較表

ブランド

CAPTAIN STAG

OGAWA

スノーピーク

ハイドアウト

ヘリノックス

NEMO

ogawa

TARAS BOULB

BUNDOK

ビジョンピークス

バンドック

タラスブルバ

タラスブルバ

MSR

ヘリノックス

テンマクデザイン

画像

商品名

クラシックス キャンプベースUV

ツインピルツフォーク T/C

ランドステーションL アイボリー

National Geographic

Tac.フィールド6.0コヨーテ

HEXALITE ELEMENT 6P

ツインピルツ フォーク

ワンサイドフォークアレンジシェルター

2ポールテント

TCバタフライシェルター

2ポールテント(カーキ)

ワンサイドフォークAFシェルター

ワンサイドフォークAFシェルター DX

ツインシスターズ

ツインシスターズ

サーカス720

特徴

冬キャンプにおすすめ ・持ち運びやすい ・広い

・値段が高め ・開放的 ・おしゃれ

・値段が高め ・いろいろな使い方がある ・雨にも最適

ソロにも使える ・雨にも使える ・空気が循環できる

・ミリタリー系 ・夏にピッタリ ・遮光性が 高い

・コットン素材 ・焚き火が使える ・乾きづらい

・おしゃれカラー ・アルミフレームで軽い ・オプションが豊富

日差しに強い ・雨にも使える ・高さがある

2ルームとリビングがある ・雨にも使える ・タープも作れる

・いろいろな使い方がある ・コットン素材 ・オールシーズン使える

初心者におすすめ ・4人まで対応 ・持ち運びやすい

お手軽な値段 ・高さがある ・初心者におすすめ

大きめサイズ ・夏にピッタリ ・開放的

・2人に最適 ・ソロにも使える ・軽量

・おしゃれに使える ・ミリタリー系 ・開放感がある

・かなり大きい ・イベントにも最適 ・重たい

商品リンク

楽天(39450円)

ツーポールテントのQ&A

どんなキャンプにおすすめですか?

ツーポールテントは、ファミリーキャンプにおすすめです。ファミリーキャンプのような大人数でも利用できるものが多く、ファミリーキャンプならタープ型にするとより広く使えます。

冬にも利用できますか?

もちろん、ツーポールテントは冬にも利用できます。温かさを保てる構造になっているため、特に冬におすすめです。

コットン素材はどんな時におすすめ?

コットン素材のものは、焚き火や調理を行いたい場合におすすめです。コットン素材なら万が一火の粉が飛んでしまっても、穴の開く確率が低くなります。

ツーポールテントはソロにもファミリーにもおすすめ!

ツーポールテントはメリットが多いため、ソロキャンプからファミリーキャンプまでおすすめです。ただし、購入時は事前に利用人数やテントの仕様を確認しておくようにしましょう。ツーポールテントを上手く利用できれば、キャンプの幅がより広がります。

冬キャンプにおすすめのテント13選!快適に過ごせるアイテムばかり

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tent/%e5%86%ac%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%8813%e9%81%b8%ef%bc%81%e5%bf%ab%e9%81%a9%e3%81%ab%e9%81%8e%e3%81%94%e3%81%9b/

冬キャンプにおすすめのテントについてまとめました。冬キャンプ用のテントの選び方や、価格の安いもの、ストーブなどの暖房器具を使えるものなど、バラエティ豊かな商品を紹介しています。冬キャンプ用テントを探している人は、ぜひチェックしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー