「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

コールマン「インスタントテント」の魅力とは?簡単に設営できると評判

コールマン「インスタントテント」の魅力とは?簡単に設営できると評判

コールマンの「インスタントテント」を紹介します。コールマン「インスタントテント」の魅力を、4つの項目に分けて解説!また、インスタントテントの設営方法とたたみ方も説明しています。インスタントテントに関するQ&Aも設けていますので、ぜひ記事を参考にしてください。


コールマン「インスタントテント」を徹底紹介!

コールマンのインスタントテントはポールとテントが一体になっています。傘を開く要領で簡単に設営・撤収ができると、口コミでも評判のテントです。ファミリーサイズのテントで設営が簡単なインスタントテントは、かなり魅力的ですね。
この記事ではコールマンのインスタントテントの評判をもとに、おすすめポイントと気になる設営の方法などを紹介していきます。

コールマン「インスタントテント」の魅力

コールマン「インスタントテント」の商品紹介

4人用 インスタントテント

¥34900

4人用のインスタントテントは、クイーンベットがすっぽり入る広さがあります。重量が5kg弱なので、女性でも一人で設営可能です
コールマンのインスタントテントには、4人用の他に6人用と8人用があります。この2つのインスタントテントは高さが180cm以上あるので、男性でもテント内の居住性が良くなります。
ただし6人用で約10kg、8人用で約20kg。なかなか重量があるので注意してください。 

設営サイズ幅:約2.1mX2.4m 高さ:約1.4m
重量約4.5kg
30代/女性
30代/女性

女性一人でOK

評価:

女性一人で設営と撤収大丈夫でした。中にコットを二つ置いても十分な空間が確保できます。

インスタントテントの魅力①設営が簡単

コールマンのインスタントテントは、折りたたみ傘の要領でポールを伸ばしてカチッとすると、テントは完成!あとはペグダウンするだけです。このサイズのテントが、こんなに簡単に設営できてしまうのですから、評判が良いのもうなずけます。
インスタントテントは1分で設営との謳い文句ですが、流石に1分は厳しいとの口コミも多かったです。しかし、初めてでも10分 もかからないでしょう。 要領がわかれば数分で設営可能と評判なので、キャンプ初心者でもかなり時短になりますね。

インスタントテントの魅力②ダークルーム

普通のインスタントテントとの違いは、フライシートです。コールマンのダークルームテクノロジーが採用されています。
コールマンのダークルームテクノロジーとは、日光を90%以上ブロックできる技術のことです。テントの中は日中でも暗く、灯りがないと作業できません。しっかりと日陰が作れるので、夏のキャンプでも温度の上昇を軽減できます。
普通のインスタントテントのフライシートは、テント上部しかカバーしません。しかし、インスタントテントダークルームは、テントの裾までフライシートでカバーできるので、雨にも強くなります。

インスタントテントの魅力③雨も大丈夫

コールマンのインスタントテントの口コミを見ると、残念ながら雨に弱いという意見が多いです。小雨程度なら大丈夫でも、本格的な雨には耐えられないようです。
過保護張りをして、タープの下にテントを入れ、雨をガードします。メッシュの部分に雨があたらないようにするのがコツです。
タープの設営はそれほど難しくありません。キャンプ初心者でも、さほど苦労せずにできますので、ぜひ挑戦してみてください。 

インスタントテントの魅力④収納バッグ

コールマンのインスタントテントは、収納バックも付属されているので、持ち運びも簡単です。収納バックの大きさに合わせて折り畳むと、スムーズに収納できます。

コールマン「インスタントテント」の設営方法とたたみ方

コールマンのインスタントテントは、とても簡単に設営できますが、風向きには注意が必要です。入口を風下にして、テントの中に風が入らないように向きを工夫しましょう。
一人で設営するときは、接地部分にあるループをペグで仮打ちしておくと、急に風が吹いても飛ばされずに安全です。

コールマン「インスタントテント」の設営方法

  • グランドシートを広げます。
  • 1の上にインスタントテントを乗せ、中央の部分を持ちます。
  • ポールを展開して、天井部分を広げます。
  • 足の部分のポールを全てのばします。
  • 入口が風下側になっていることを確認して、ペグダウンします。

コールマンのインスタントテントは、純正のグランドシートがありません。ブルーシートや他のテントの物を用意しましょう。グランドシートは、テントより一回り小さい物を選ぶか、はみ出さないように折ってサイズを調整します。

コールマン「インスタントテント」のたたみ方

  • 窓や入口を少し開けておき、空気の逃げ道を確保しておきます。
  • ポールの足を全て縮めます。
  • ポールの先端を中央に集めるために、関節部分をポキッと折ります。
  • 中央にポールの足を全て集め、テントの幕でクルクルと巻き収納バックに入れます。

うまく収納バックに入らないときは、収納バックを隣に置きます。その後、幕の部分をバックと同じサイズになうように折り畳むと、収納しやすくなります。

コールマン「インスタントテント」に関するQ&A

並行輸入品ばかりなのは、なぜですか?

コールマンのインスタントテントは、コールマンジャパンでは取り扱われていません。コールマンUSAの商品になるので、並行輸入品になります

並行輸入品で注意すべき点は?

コールマンのインスタントテントは、説明書が英文のみです。ショップによってはサポートの対象外になることも。初期不良の対応をどこまで受けられるかの確認も重要です。「商品が到着したときに税金を請求された」という口コミもあります。

対応シーズンは?

キャンプ初心者は、寒い季節に使用しない方が良いでしょう。通気性が良い反面、テント内の温度を保つのが難しいです。ある程度キャンプギアが揃って、テント内を暖かく保てるようにならないと、寒い時期の利用は厳しいです。

耐風性は?

コールマンのインスタントテントは、四角い形で高さがあります。テント内では快適に過ごせる反面、風の影響を受けやすいです。ポールもそこまで太いわけではないので、風が強い時は利用しない方が賢明でしょう。

8人用のレインフライシートのサイズが合わなかったと口コミがありましたが、なぜですか?

14x8FTも8人用として販売されていますが、サイズが合わないので注意してください。14x10FTのレインフライシートが装着可能です

コールマンのインスタントテントは簡単設営で便利!

大型のテントがほんの数分で設営できてしまうのが、コールマンのインスタントテント。キャンプで一番大変な設営と撤収の時間を、短縮できるのはとても魅力的ですね。
特にファミリーキャンプでは、手早く準備を終えて子供と楽しむ時間を多く作れるので、おすすめです。天候の条件は付きますが、設営の簡単なインスタントテントを検討してみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。