「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプ用ブランケットおすすめ21選!コンパクトな最強アイテムも

キャンプ用ブランケットおすすめ21選!コンパクトな最強アイテムも

キャンプ用ブランケットのおすすめ製品を紹介します。コンパクトに収納できて、保温性抜群という最強アイテムも取り上げます。キャンプ用ブランケットの素材による違いや、焚き火のそばで使うための注意点も解説。価格が安い、おしゃれなアイテムもまとめました。


キャンプ用ブランケットのおすすめを紹介!

ブランケットは、キャンプで役立つ防寒アイテムの一つです。体に掛けるだけでなく、衣服のようにまとったり、ラグのように敷いたりとマルチに活用できます。
 
この記事では、キャンプ用ブランケットの、素材による特徴の違いや、選び方について説明します。素材別のおすすめ製品も紹介しているので、参考にしてみてください。

キャンプ用ブランケットの素材の種類と特徴

素材①ダウン

ダウンジャケットや、羽毛布団などでおなじみのダウンは、軽くて保温性が高い点が特徴です。ダウンが空気を含んで断熱材の役割を果たし、外界の冷気を遮断して、体内から発せられる熱をキープします。
 
ダウンのキャンプ用ブランケットは、かさばりそうに見えますが、折りたたんで空気を抜くと、コンパクトに収納できます。

素材②フリース

柔らかく保温性の高いフリースは、起毛加工を施したポリエステル繊維の生地です。繊維の間に空気の層ができ、断熱材として働きます。
 
通気性に優れているので、速乾性がありますが、より保温性を高めるために、裏地付きのものがおすすめです。熱に弱く、焚き火の小さな火の粉でもすぐに穴が開いてしまいます。炎のそばでの使用は避けましょう。
 
フリース素材のキャンプ用ブランケットは、カラーや柄が豊富で、おしゃれなデザインを選ぶ楽しみもあります。他の素材に比べて、価格が安い点もポイントです。

素材③ウール

繊維自体に空気を含むウールは、保温性が高く吸湿性に優れた素材です。ウールの繊維には、油分が含まれているので、水をはじき、汚れがつくのを防いでくれます。
 
水洗いしてしまうと、繊維が縮んで生地が硬くなってしまいます。また、毛玉ができたり油分が失われるて風合いが落ちたりすることがありますので、手入れ方法に注意しましょう。
 
ウール製の大判ストールやひざ掛けも、キャンプ用ブランケットとして活用できます。色柄のバリエーションが広く、おしゃれなデザインも特徴です。

素材④ナイロン

軽くて摩擦に強い素材なので、様々なキャンプ用品に使用されています。ナイロン製ブランケットの中綿には、ポリプロピレンなど軽量で保温性の高い素材が使われています。
 
収納袋に無造作に詰めるだけで、コンパクトに持ち運ぶことができます。熱に弱い素材なので、キャンプで焚き火などをする際は注意しましょう。

キャンプ用ブランケットの選び方

選び方①防寒性・保温性で選ぶ

屋外で使用するキャンプ用ブランケットには、とにかく暖かさが必要です。迷ったら、まずは防寒性・保温性に注目して選びましょう。
 
ダウンや中綿の量が多い製品や、生地が厚いキャンプ用ブランケットは、かさばりますが保温性に優れます。ボタンがついてポンチョのように羽織れるものや、腰に巻けるものなら、キャンプで作業をしていてもずれ落ちないので便利です。

選び方②サイズで選ぶ

キャンプ用ブランケットには、ひざ掛け用から寝袋にもなる大型のものなど、様々なサイズがあります。他の防寒具と併せて補助的に使う場合は、小さなキャンプ用ブランケットでも十分でしょう。寝具として使うなら、身長も考慮して、体に合ったサイズを選びましょう。

選び方③携帯性で選ぶ

ツーリングや登山に携帯するなら、なるべくコンパクトに収納できるものがうれしいですね。ダウン素材のキャンプ用ブランケットは、空気を抜いて折りたためば、コンパクトに収納できます
 
アウトドア向けに開発された、ナイロン素材のキャンプ用ブランケットは、専用の収納袋が付属しているものが多いです。高機能ナイロン素材のキャンプ用ブランケットは、収納してしまえば、ポケットサイズにまでコンパクトにできます。

選び方④焚き火の近くは火に耐性があるものを

フリースやナイロンなど、表面の生地が熱に弱い素材は、焚き火やコンロのそばでは使用できません。焚き火の火の粉が飛んで穴が開いたり、燃え移る危険があります。焚き火を囲むときは、火に強い天然素材や、難燃加工がされたキャンプ用ブランケットを使用しましょう。

キャンプ用ブランケットおすすめ21選

【ダウン】Kobao「ダウンマジックブランケット」

ダウンマジックブランケット

¥5018

充填物の90%にダウンを使用しており、価格は安いですが軽くて保温性抜群です。ひざ掛けにちょうどよい140×60cmで、付属の収納袋にコンパクトに収まります。端にボタンがついているので、肩にかけたり、腰に巻いたりしてもずり落ちません。

サイズ140×60cm
素材表地:ポリエステル、中綿:ダウン90%
重量260g
30代/女性
30代/女性

ひざ掛けにちょうどよいサイズ

評価:

軽くてひざ掛けにちょうどよいサイズなので、持ち運びに便利です。価格が安い点もうれしいです。しばらく使い続けていると、縫い目の間から、中身のダウンが出てくることがあります。

【ダウン】PuroMonte「リバーシブルダウンブランケット」

リバーシブルダウンブランケット

¥6336

プロモンテは、山岳用テントなど、登山用品メーカーとして有名なHCSのブランドの一つです。摩擦に強いナイロン生地のキャンプ用ブランケットで、耐久性に優れ、軽量化にも貢献しています。本体ポケットへコンパクトに収納できるので、収納袋を無くす心配もありません。

サイズ100×146cm
収納サイズ17×13cm
素材表地:20Dナイロン、中綿:ダウン80%・フェザー20%
重量210g
30代/男性
30代/男性

たたむとコンパクトになる

評価:

使用時はふかふかしてかさばりそうですが、たたむとコンパクトになり、積載を圧迫しません。保温性も問題なく、ポンチョ風に着れば、キャンプのときに両手が使えて便利です。

【ダウン】ISUKA「エア ダウンブランケット」

エア ダウンブランケット

¥6050

寝袋・シュラフ専門メーカーの、ISUKAのキャンプ用ダウンブランケットです。150gと超軽量で、本体内側の収納ポケットに入れられるので、収納袋を紛失する心配がありません。表面は摩擦に強いナイロン生地で、優れた耐久性もおすすめのポイントです。

サイズ72×120cm
収納サイズ20×20cm
素材表地:ナイロン、中綿:ダウン90%・フェザー10%(720FP)
重量150g
30代/男性
30代/男性

クリップと使うと便利

評価:

キャンプのときにひざ掛けや肩掛けとして使っています。軽いので持ち運びに便利だし、肩に掛けても肩こりしません。表面がつるっとした素材なので、ずり落ちるのが気になるときは、クリップと一緒に使うのがおすすめです。

【ダウン】ATEPA「ブランケット」

ブランケット

¥11686

立体キルト加工で、弾力がある手触りが特徴のキャンプ用ブランケットです。表面は撥水加工が施されたナイロン生地で、水を弾き、汚れがつきにくくなっています。
スナップボタンを閉じれば、簡易寝袋としても活用できます。付属のカバーに収納すれば、クッションにもなるので、車内に置いておくと便利です。

サイズ175×135cm
収納サイズ28×20×7cm
素材表地:20Dナイロン、中綿:ダウン90%・フェザー10%(600FP)
重量480g
40代/女性
40代/女性

収納するときが少し大変

評価:

ブランケットとして体に掛けるだけでなく、敷いて使ってもふわふわで快適です。専用の収納袋がついていますが、かなりぎゅうぎゅうに押し込まないと収納できないので大変です。

【ダウン】Double Black Diamond「Packable Down Throw」

Packable Down Throw

¥11595

登山向けなので、軽量で携行性に優れ、気温の低い山中でも暖かく過ごせる保温性がポイントです。ネット通販の他、コストコでもキャンプ用品として取扱いがあります。

サイズ152×177cm
素材ダウン(700FP)
40代/男性
40代/男性

屋外でのスポーツ観戦にもおすすめ

評価:

軽いし持ち運びに便利なので、キャンプだけでなく、スポーツ観戦にも持って行っています。

【ダウン】BRAVE&Mind「ふわぽか♪携帯羽毛ブランケット」

ふわぽか♪携帯羽毛ブランケット

¥5850

両端にスナップボタンがついており、腰に巻いたり羽織ったりしてもずり落ちません。表面生地は、撥水加工ポリエステルで、キャンプでの使用にぴったりです
付属の収納袋に入れれば、500mlペットボトルとほぼ同じサイズにまでコンパクトになります。キャンプだけでなく、夏場のオフィスの冷房対策など幅広く活用できます。 

サイズ72×120cm
素材表地:ポリエステル、中綿:ダウン90%・フェザー10%
20代/女性
20代/女性

価格が安いのに暖かい

評価:

ちょっと掛けるのにちょうどよいサイズで、手軽に持ち運びできます。ボタンがついているので、いろいろな使い方ができて便利です。ダウンなのに価格が安い点もおすすめです。

【ダウン】EMOOR「洗えるダウンマルチケット」

洗えるダウンマルチケット

¥2589

60×140cmのひざ掛けサイズのブランケットです。ボタンが付いているので、腰に巻いたり、袖を通してカーディガンのように羽織ることもできます。収納袋付きでコンパクトに持ち運びにでき、価格が安い点もおすすめポイントです。

サイズ60×140cm
収納サイズ22×11cm
素材表地:ポリエステル、中綿:ダウン60% フェザー40%
重量240g
20代/女性
20代/女性

安いのでキャンプ用と自宅用に

評価:

サイズが小さいかな?と思いましたが、ボタンを留めていろいろな使い方ができます。袖を作って羽織れば、背中や肩が暖かく、裾が邪魔にならないので、キャンプで作業するときに便利です。価格が安いので、キャンプ用だけでなく、自宅用にも購入しました。

【フリース】KingCamp「ブランケット」

ブランケット

¥4122

柔らかいフリース生地のキャンプ用ブランケットで、ジッパーを閉じれば、封筒型の寝袋にもなります。寒い時期のキャンプでは、インナーシュラフとしても活用でき、専用収納袋にコンパクトに収まります。キャンプの他、登山やツーリングにもおすすめです。

サイズ180×75cm
収納サイズ17×28cm
重量600g
30代/男性
30代/男性

夏のキャンプはこれ1枚でも十分

評価:

秋冬のキャンプで、ブランケットやインナーシュラフとして使っています。真夏なら、これだけでもシュラフとして役立ちそうです。 新品はビニールのような匂いがありましたが、1回洗濯して外に干したら問題なく使用できました。

【フリース】Sumolux「インナーシュラフ」

インナーシュラフ

¥4844

ダブルファスナーで、キャンプ用ブランケットとしてはもちろん、インナーシュラフとしても使いやすい製品です。洗濯機で丸洗いできるので、清潔さを保てます。ポリエステル製の冷たいキャンプチェアに敷けば、体を冷えから守ってくれます。

サイズ180×75cm
収納サイズ30×直径16cm
素材フリーズ
重量640g
20代/女性
20代/女性

ダブルファスナーで足元も快適

評価:

手触りが柔らかく、さらさらしているので、使い心地が良いです。ダブルファスナーなので、キャンプのシュラフとして使うときに、足元も開けられて便利です。

【フリース】MYSTIC EARTH「インナーシュラフ」

インナーシュラフ

¥5314

価格は安いですが、厚みのあるしっかりした生地が特徴です。180×160cmの大判サイズで、キャンプ用ブランケットとして余裕のサイズです。
ファスナーを閉じれば、シュラフにもなります。保温性が高いので、インナーシュラフとして使えば、冬キャンプでも暖かく眠れます。

サイズ180×80cm
素材フリース
20代/男性
20代/男性

冬キャンプで暖かく過ごせた

評価:

冬キャンプの防寒のために購入しました。厚みのある生地で、暖かく過ごせました。価格が安い点も助かりました。

【フリース】LOGOS「フリースシュラフ」

フリースシュラフ

¥4290

フリース生地のシュラフですが、折りたためば、キャンプ用ブランケットやひざ掛けとしても活躍します。付属の収納袋も、シュラフと同じフリース生地で、クッションとしても役立ちます。きれいなターコイズカラーに、カラフルなナバホ柄がおしゃれなデザインです。

サイズ80×190cm
収納サイズ18×38cm
素材フリース
重量770g
30代/女性
30代/女性

キャンプ用に一年中活躍します

評価:

キャンプ用ブランケットや、インナーシュラフとして、夏でも冬でも使えます。起毛素材で手触りが気持ちよく、おしゃれな色使いも気に入っています。

【フリース】Coleman「フリーススリーピングシュラフ」

フリーススリーピングシュラフ

¥8221

アメリカの老舗キャンプ用品メーカー、コールマンの製品です。広げると、190.5×168cmで、キャンプ用ブランケットとして余裕の大判サイズです。体にかけるだけでなく、テントに敷けば、地面からの冷気を防いで暖かく過ごせます。
ファスナーを閉じれば、封筒型のシュラフになります。ファスナーに噛み込み防止機構がついていて、内外両方から開閉できる点もポイントです。

サイズ190.5×83.8cm
素材フリース
重量740g
40代/女性
40代/女性

洗濯機で洗えて手入れが簡単

評価:

コンパクトにはなりませんが、十分な大きさがあって暖かいです。綿が偏ることなく手入れが簡単なので、夏キャンプ用のシュラフとしても使っています。

【ウール】ROTHCO「ウールブランケット」

ウールブランケット

¥7947

ミリタリー向けやキャンプ用品メーカーとして有名な、ROTHCOのウールブランケットです。軍用らしく簡素な見た目で、毛布のようなふわふわ感はありません。しかし、丈夫な生地で、保温性もしっかりしています。難燃性で焚き火のそばで使えます。

サイズ157×203cm
素材ウール70%、難燃性合成繊維30%
40代/男性
40代/男性

ウール用洗剤で洗える

評価:

ミリタリー感あふれる固めの質感ですが、テントに敷くと地面からの冷気をさえぎってくれます。焚き火の火の粉にも強く、穴が開きにくいです。 新品は独得の匂いがあるので、ウール用洗剤で洗ってから使うのがおすすめです。

【ウール】TWEEDMILL「大判ブランケット」

大判ブランケット

¥7590

イギリスのウェールズを拠点とするテキスタイルメーカーのブランケットです。ウール100%で高密度の生地で、保温性が高く、キャンプでの使用にもおすすめです。タータンチェックやフリンジなど、おしゃれなデザインもポイントです。

サイズ70×183cm
素材ウール100%
40代/女性
40代/女性

ストールやひざ掛けとして

評価:

ウール100%の厚手の生地で、保温性は抜群です。ストールのように羽織ったりひざ掛けにしたり、おしゃれなデザインも気に入っています。

【ウール】Ruth&Boaz「ネイティブ柄 ブランケット」

ネイティブ柄 ブランケット

¥6254

Youtubeのキャンプ動画でよく登場するウール混ポリエステル生地のブランケットです。大判サイズとひざ掛けサイズの2枚セットで、価格が安い点もポイントです。エスニック風のおしゃれなデザインで、体に羽織ったりテントの敷物にしたりと、キャンプで幅広く活用できます

サイズ127×153cm、155×212cm
素材ウール20%、ポリエステル80%
重量900g、1500g
20代/男性
20代/男性

足先まですっぽり包める

評価:

Youtubeのキャンプ動画で紹介されているのを見て購入しました。大判サイズのブランケットで頭から足先まですっぽり包めます。ウール混ポリエステルなので水洗いできる点も助かります。

【ウール】PENDLETON「チーフジョセフクリフブランケット」

チーフジョセフクリフブランケット

¥17600

PENDLETONは、ブランケットやラグを扱うアメリカの老舗ウール製品メーカーです。ハーディング柄やヤキマ柄と呼ばれるネイティブアメリカンの伝統的な柄が特徴です。
品質の高いウールを使っており、安い価格ではありませんが、保温性と耐久性の高い製品です。撥水性があり汚れが付きにくいので、長く愛用できます。

サイズ112×81cm
素材ウール82%、コットン18%
30代/女性
30代/女性

ネイティブ柄がおしゃれ

評価:

ウールとコットンの肌触りがよく、保温性も十分です。PENDLETON独得のネイティブ風の柄がおしゃれで気に入っています。

【ナイロン・ポリエステル】50/50 WORKSHOP「アウトドアテックブランケット」

アウトドアテックブランケット Lサイズ

¥8580

テント生地などにも使われる、軽くて丈夫なリップストップポリエステルを表生地に使っています。中綿は、ポリプロピレン綿で、保温性が高く扱いやすいという特徴があります。カモフラージュ柄の他、タイダイ柄など、キャンプで映える印象的なプリントもポイントです。

サイズ180×130cm
収納サイズ16×42cm
素材表地:20Dポリエステル、中綿:ポリプロピレン
重量700g
30代/女性
30代/女性

プリントやステッチがおしゃれ

評価:

遠くからでも見つけやすいおしゃれな柄で、山と川を表したステッチのデザインも気に入っています。ボタンがついているので使いやすいし、保温性も十分です。

【ナイロン・ポリエステル】Nicott「GO OUT USB ブランケット」

GO OUT USB ブランケット

¥4928

ヒーター内蔵のブランケットで、キャンプ場など気温が低い場所でも、すぐに暖かくなります。ポケット内側のUSBプラグに電源を接続し、スイッチを押すと発熱が開始し、同じボタンで温度調節が可能です。表生地は軽いポリエステル、裏側は保温性の高いフリース生地で、暖かさを逃しません。

サイズ100×73cm
素材表地:ポリエステル、ヒーター部分:炭素繊維
重量440g
20代/女性
20代/女性

電源の無いキャンプ場でも使える

評価:

モバイルバッテリーで給電できるので、コンセントがないキャンプ場でも使えて便利です。電源を入れるとカイロを貼っているような暖かさで、快適なブランケットです。

【ナイロン・ポリエステル】CARESTAR「ホットハグブランケット」

ホットハグブランケットMサイズ

¥3900

中綿に蓄熱素材を使用した、保温性の高いキャンプ用ブランケットです。表地は厚手のナイロンで汚れに強く、裏地はボア生地で肌触りも最高です。
同じ生地で、ブランケットの他に、おしゃれなレッグウォーマーやルームシューズもあります。価格も安いので、セットで揃えてもいいですね。

サイズ120×80cm
素材表地:ナイロン、裏地:ポリエステル、中綿:ポリエステル
40代/女性
40代/女性

ボア生地ですぐに暖かい

評価:

体に巻けばすぐに暖かくなるので、寒い時期のキャンプにはいつも持って行きます。価格が安いので、家族の分のブランケットもまとめて購入しました。

【ナイロン・ポリエステル】Rumpl「オリジナルパフィーブランケット」

オリジナルパフィーブランケット

¥15400

サンフランシスコのキャンプ用品ブランドRumplの高機能ブランケットです。表生地のリップストップナイロンには、高い撥水性と耐久性を発揮するDWR加工が施されています。
中綿は、特殊なシリコンで処理した繊維で、安い価格ではありませんが、ダウンのような暖かさです。また、洗濯機で洗えるので衛生的です。自然に溶け込むナチュラルカラーからビビッドなプリントまで、おしゃれなデザインもポイントです。

サイズ132×190cm
素材30Dリップストップポリエステル
40代/男性
40代/男性

最強のブランケットと聞いて

評価:

最強のブランケットと聞いて、購入してみました。化繊の中綿ですが、ダウンと同じかそれ以上の保温性があり、驚きました。 他のキャンプ用ブランケットに比べて安い価格ではありませんが、その分品質の高い製品です。

【ナイロン・ポリエステル】Oregonian Camper「ファイヤープルーフブランケット」

ファイヤープルーフブランケット Mサイズ

¥3960

アメリカのアウトドア用品ブランド、Oregonian Outfittersのキャンプ用品部門です。機能性にすぐれた便利な製品を提供しており「ファイヤープルーフブランケット」もその一つです。
着火・延焼しにくい素材を用いており、焚き火のそばでも使えます。カラー展開が豊富で、価格も安いので、家族でそろえてもおしゃれです。

サイズ100×140cm
素材ポリエステル
重量507g
20代/女性
20代/女性

焚き火の火の粉が飛んでも穴が開かない

評価:

さらっとした手触りが気持ちいいキャンプ用ブランケットで、焚き火の火の粉が飛んでも、問題ありません。ボタンがついていて、肩に羽織っても両手が使えて便利です。

キャンプ用ブランケットQ&A

ダウン素材のブランケットで見かけるFPとは何の指標ですか?

FPはフィルパワー(Fill Power)は、羽毛の膨らむ力を表す指標で、FPが高いほど空気を多く含み、保温性が高いと言われています。一般的に600~700FPが良質ダウン、700FP以上は高品質ダウンと言われています。
補助的な防寒具として使うことの多いキャンプ用ブランケットは、これより低い数値でも問題なく使えることが多いです。

フリース素材のブランケットを使うときの注意点はありますか?

ポリエステルを原料としているので、火に弱く、小さな火の粉でもすぐに穴が開いてしまうので、焚き火などのそばで使わないようにしましょう
起毛繊維で表面が毛羽立っているため、一度引火すると、一瞬で火が広がる危険があるので、フリース生地のブランケットは特に注意しましょう。

キャンプ用おすすめブランケットまとめ

キャンプ用ブランケットには、ダウンやフリース、ウールやナイロンなど、様々な素材があります。暖かさや持ち運びやすさなど、重視するポイントを絞って選べば、使いやすいキャンプ用ブランケットに出会えるでしょう。

焚き火におすすめのブランケット6選!コットンやウールなど素材もチェック

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/%e7%84%9a%e3%81%8d%e7%81%ab%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%886%e9%81%b8%ef%bc%81%e3%82%b3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%b3%e3%82%84/

焚き火におすすめのブランケットとはどのような物か徹底調査しました。焚き火だけでなく、キャンプで役立つブランケットの活用方法についても解説します。コールマン、テンマクデザイン、スノーピークやワークマンといったアウトドア専門店の情報も紹介します。

オールウェザーブランケットの魅力とは?インナーシートとしても使える

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a/

オールウェザーブランケットは、NASAの技術を使った多目的シートのことで、キャンプに最適のアイテムとして注目されています。多機能なオールウェザーブランケットの魅力について詳しく解説!また、使い方や、銀マットとの比較も詳しくまとめました。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー