「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプで使う薪の種類や選び方は?組み方・焚き火に必要な量も

キャンプで使う薪の種類や選び方は?組み方・焚き火に必要な量も

キャンプの焚き火で使う薪の種類や組み方の特徴について説明します。樹種によって燃え方が異なる薪の選び方をまとめました。目的に合った組み方を知っていれば、キャンプの焚き火がより楽しめるでしょう。冬キャンプで気になる薪の必要な量も要チェックです。


キャンプで使う薪についてわかりやすく紹介

暖をとったり調理をしたり、キャンプでは毎回焚き火をするという人は多いでしょう。焚き火用の薪はホームセンターやキャンプ場で手軽に購入できますが、目的に合った薪を選べば、より効率的に焚き火を活用できます。
また、途中で火が消えてしまった・火加減の調節が難しいなど、キャンプ初心者にとって薪の扱いに戸惑うこともあるでしょう。そこでこの記事では、キャンプで使う薪の種類や組み方などを紹介しますので、参考にしてみてください。

キャンプの焚き火で使う薪の種類と特徴

キャンプの焚き火で一般的に使用される薪の種類は、針葉樹と広葉樹に大きく分けられます。それぞれの特徴について確認し、目的に合ったものを選びましょう。

薪の種類と特徴①針葉樹

マツやスギ、ヒノキなどの針葉樹は、油分が多いため着火しやすく、焚き付け用に適しています。細胞の密度が低いため一気によく燃えますが、すぐに燃え尽きてしまいます。
スギは火付きがよく、柔らかく割りやすいので、マッチやライターの火を移すための焚き付け材として重宝します。マツは油分が特に多いのでよく燃えますが、煙が出やすいので投入するタイミングに注意しましょう。

薪の種類と特量②広葉樹

ナラやケヤキ、カシなどの広葉樹は、細胞の構造が複雑で密度が高いため、硬く重い質感が特徴です。細く割りにくく着火に時間がかかるため焚き付け材には不向きです。一方で、一度着火すると火持ちがよく長く燃焼します
コナラやミズナラなどのナラ薪は、広葉樹の中でもポピュラーで購入しやすく、コストパフォーマンスに優れます。燃焼時間が特に長く火力の高いカシは、薪の王様とも呼ばれ、継ぎ足し作業の手間がかかりません。

薪の選び方は?

キャンプの薪を選ぶ際は、用途に合った特徴の木を使用するのがおすすめです。最初に使用する焚き付けには、着火しやすく細く割りやすい針葉樹を選びましょう。また、針葉樹は火のまわりが早いので飯盒炊さんなどの調理にも適します。
暖をとったり眺めて楽しんだりする焚き火には、火持ちのよい広葉樹が適します。火持ちがよく薪の消費を抑えられる他、火力調節しやすいので煮込み料理など長時間の調理にもおすすめです。

薪の上手な組み方と一晩で必要な量は?

同じ薪でも組み方によって、焚き火の燃え方が異なります。空気の通り道や木に着火する順番によって大きな炎を起こしたり、長時間燃焼させたりできます。キャンプの途中で不足することのないよう、必要な量の目安も確認しておきましょう。

組み方①井桁型

真上から見たときに漢字の「井」のような形になるよう、縦横に2本ずつ交互に積み上げる組み方です。組み上げた内部に焚き付け材を入れて着火すると、上昇気流により大きな炎が上がります。
シンプルな組み方で初心者でも短時間で安定した火力が得られ、キャンプファイヤーにおすすめです。火力の調節が難しので、調理には不向きです。また薪の消費が早く短時間で燃え尽きます。

組み方②ピラミッド型

中心に置いた焚き付け材を囲むように円錐状に薪を置く組み方です。ネイティブアメリカンの円錐型テント、ティピに似ているのでティピ型と呼ばれることもあります。
隙間から効率よく空気を取り入れられ、素早く大きな炎が得られます。途中で薪を抜いて本数を減らしたり、円錐を崩して水平にしたりすれば、火力を小さくできます。薪が倒れないよう、バランスよく立体的に組むのにコツが必要です。

薪の量の目安

キャンプに必要な薪の量は、用途や季節によって異なります。長時間火を使う料理をするときや、暖をとる目的が重視される冬場は多く必要です。
一般的に、1束500円前後で販売されている薪1束で3時間程度が燃焼時間の目安です。火の大きさや組み方によって燃焼時間が変わるので、目的に応じて使い分けましょう。
冬キャンプで薪ストーブを使用する場合は、1泊2日の夜と朝に燃焼させるとして、約30kg必要と言われています。気温が低い時期に凍えることのないよう、余裕を持って準備しましょう。

キャンプで使う薪についてのQ&A

キャンプの薪割り道具は斧と鉈どちらがよい?

キャンプ場などで販売している予め割られた薪を、細くする目的ならば鉈・斧のどちらでもよいでしょう。斧は細かい作業が苦手なので、焚き付け用の細い薪割りには鉈が適します

キャンプで薪置台や薪ラックは必要?

地面に直接薪を置くと、結露で湿りやすいので、薪置台や薪ラックなどの道具があると便利です。必要不可欠な道具ではありませんが、薪を状態よく保管でき、散らばるのを防いでキャンプサイトを整頓できる点もメリットです。

キャンプで薪を上手に使って焚き火を楽しもう

キャンプの焚き火に欠かせない薪は、種類によって火の付きやすさや燃焼時間に違いがあります。また、同じ木でも組み方によって燃焼効率が異なります。
調理や暖房など目的に合わせて、適切な種類や組み方を選べば、薪を無駄にせず効率のよい焚き火が可能です。上手に使って、キャンプの醍醐味である焚き火を楽しみましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


PVC防水シューズ徹底レビュー!釣りやキャンプでの活用シーンや機能を紹介!

PVC防水シューズ徹底レビュー!釣りやキャンプでの活用シーンや機能を紹介!

さまざまな防水シューズが販売されていますが、その中からPVC防水シューズを深掘りして紹介します。機能的でコスパもよく耐久性が高いPVC防水シューズは、キャンプなどのアウトドアにぴったり。購入を考えている方は、ぜひ参考ください。


【アウトドアに最適】折りたたみテーブルおすすめ13選!選び方も紹介!

【アウトドアに最適】折りたたみテーブルおすすめ13選!選び方も紹介!

キャンプやアウトドアにはどんなテーブルを持って行くのが正解でしょう。さまざまな形があり、どれを購入したら良いか迷ってしまいます。ここではテーブルを探している方に、選ぶ際のポイントとおすすめの折りたたみテーブルを13選ご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプや家庭で簡単に使える「燻製器」おすすめ6選!選び方も解説!

キャンプや家庭で簡単に使える「燻製器」おすすめ6選!選び方も解説!

キャンプやご家庭で簡単に使える、燻製器のおすすめを紹介します!初めての燻製器でも安心。燻製器の選びかったから、おすすめ商品の詳細まで分かりやすくまとめました。これから燻製器の購入しようとしている人はぜひ参考にしてください。


【焚き火用】おすすめクッカー厳選紹介!素材選びも詳しく解説!

【焚き火用】おすすめクッカー厳選紹介!素材選びも詳しく解説!

焚き火料理に使えるおすすめクッカーを紹介します。焚き火に使えるクッカーの選び方とおすすめのクッカーをピックアップして解説しました。焚き火料理での注意点もお伝えします。焚き火で使用できるクッカーをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。


おしゃれなLEDランタン5選!アウトドア用の選び方も紹介!

おしゃれなLEDランタン5選!アウトドア用の選び方も紹介!

キャンプシーンをおしゃれに照らしてくれるLEDランタンを5つピックアップ。LEDランタン選びでポイントとなる給電方法や連続点灯時間、耐衝撃性、防水性、置き方、明るさについても解説していきます。LEDランタンの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。