フィレナイフの魅力とおすすめ商品を紹介!注意点やお手入れ方法も解説!

お気に入りに追加

キャンプ料理の強い味方である、フィレナイフの魅力を解説!選び方やおすすめ商品を一挙に紹介します。使用上の注意点や研ぎ方、お手入れ方法も詳しく説明していますので、購入を検討している人は参考にして、自分に合うフィレナイフを見つけてください。

フィレナイフの魅力とおすすめ商品を紹介!注意点やお手入れ方法も解説!

目次

  1. フィレナイフの魅力やおすすめ商品を一挙紹介!
  2. フィレナイフの魅力と選び方
  3. フィレナイフのおすすめ商品
  4. フィレナイフの使用上の注意点
  5. フィレナイフのお手入れ方法
  6. フィレナイフはキャンプ料理の強い味方!

フィレナイフの魅力やおすすめ商品を一挙紹介!

フィレナイフは、もともと魚を捌くために使用するナイフです。刃がしなるほど薄く、魚の皮を剥いだり三枚におろす際に便利なのはもちろん、パンやチーズ、肉のスライスもしやすい!

フィレナイフは折りたたみやコンパクトなものが多いので場所もとりません。また、軽量で水にも強いので、アウトドアにはぴったりです。

メーカーや大きさによって使い道が変わってきます。おすすめ商品を紹介しますので、自分の使い方に合ったフィレナイフを選ぶことをおすすめします。

フィレナイフの魅力と選び方

キャンプに便利なフィレナイフの魅力を紹介します。選ぶときに重要なポイントを解説していますので、自分のニーズに合ったフィレナイフを選ぶことをおすすめします。

魅力①魚だけでなく肉・野菜も切れる

フィレナイフは刃が薄く、魚を捌くのに適しています。しかし、魚だけでなくお肉やパン、チーズのスライスや野菜や果物の皮むきにも向いています。

特に、ガーバーというアメリカのナイフブランドのフィレナイフは、肉をスライスするのにむいています。ガーバーのナイフは、オールマイティーに使える便利なナイフなので、キャンプなどのアウトドア料理にぴったりです。

魅力②繊細なカットがしやすい

フィレナイフの魅力の一つが、魚を捌くことができることです。刃がしなるので、普通のナイフでは難しい刺身を引いたり、ローストビーフの薄切りなどの繊細なカットも上手にできます。

通常、刺身を綺麗にカットためには柳刃包丁がないと難しいのですが、それだけのためにキャンプに包丁を持っていくのは躊躇してしまいます。フィレナイフなら、小型の物が多いので、持ち運びがしやすく、おすすめです。

選び方①刃渡りと全長

フィレナイフには、様々な長さのラインナップが揃っています。刃渡りの長さが4インチ(約10cm)のコンパクトなものから、10インチ(25.4cm)の大きめのものまであります

小さ目の魚を捌いたり、野菜の皮むきにはコンパクトなものが便利です。しかし、肉を塊のまま焼いて、そのまま金網の上でカットしたい場合は、刃渡りの長いものがおすすめです。

4インチや5インチのフィレナイフの中には、折りたためるものもあり、全長が短いほど軽量です。キャンプでの持ち運びの便利さを重視する方は、コンパクトなサイズのものが、おすすめです。

選び方②刃の薄さ・細さ

フィレナイフはブレードの薄さとしなりが特徴です。ブランドや長さによって、ブレードの薄さや細さが違います。

一般的に、全長の長さが長いほうがブレードは薄く、細くなるので長いほうがよくしなります。筒状の魚を捌くときには、しなりがあるほうが捌きやすいので、少し長めで細いフィレナイフがおすすめです。

選び方③グリップ・シースの素材

フィレナイフのグリップやシースの素材には、主に木材製、ゴム製、プラスチック製、ラバー製、カーボンファイバー製などがあります。

木製のなかには、積層強化木という木材を積層にして活用したもの、熱帯アフリカ製の腐食に強い木を使ったもの、などがあります。

木製のグリップは、味わいがあっておしゃれなのですが、湿気を含むと腐りしやすいので、しっかり乾燥しなければいけません。手入れなどが面倒な方は、木製でないグリップやシースを選ぶことを、おすすめします。

フィレナイフのおすすめ商品

フィレナイフは、ガーバーなどのナイフブランドや、釣り具メーカー、アウトドア用品店から、販売されています。様々な特徴のおすすめ商品を紹介しますので、自分に合ったフィレナイフを見つけて下さい。

【ラパラ】4インチ フィレナイフ スーパーフレックス

出典: 楽天市場
ラパラ
4インチ フィレナイフ スーパーフレックス
3,480円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ラパラ 4インチ フィレナイフ スーパーフレックス

釣り用品のブランドである「ラパラ」のフィレナイフです。ブレードはスーパーフレックスで、とてもしなやかです。また、刃先は0.7mmと薄いので、肉の筋切りやアジやハゼなどの小さな魚を捌くのに、適しています。

グリップは、ベイクドパーチと呼ばれる白樺の木でできており、レーザー彫刻がほどこされています。このグリップやシースがおしゃれで、軽量で長時間使用しても疲れないので、女性にも人気です。

サイズ 全長:約195mm、刃長:95mm
重量 約110g
材質 刃部:ステンレス(PTFEコート)、柄部:ベイクドバーチ(白樺)
30代/女性
30代/女性

小さい魚をおろすのに便利です

評価:

小さい魚をおろすためのフィレナイフを探していたのですが、見た目がおしゃれで軽量なので、これにしました。キスの背開きや魚の腹骨をすくのに、使っています。使いやすいので、家での調理にも利用しています。

【OPINEL(オピネル)】No.15 フィレナイフ

出典: 楽天市場
OPINEL(オピネル)
No.15 フィレナイフ
6,751円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
OPINEL(オピネル) No.15 フィレナイフ

フランスの老舗ナイフブランド「オピネル」のフィレナイフです。フランス製ということもあり、シンプルながらおしゃれなデザインが人気です。

ブレード部分はステンブレードなので、さびにくく、手入れが楽です。柄はブビンガという熱帯の木材を使っており、高級感があります。

NO.15は刃渡りが15cmあるので、少し大きめです。ブレードは柔軟で切れ味もよいので、BBQで肉の塊を焼きながらカットするときや、大きな魚を捌くときにおすすめです。大き目のナイフですが、安全ロックがついているので、持ち運びする時も安心です。

サイズ 全長:約325mm、刃長:150mm
重量 約72g
材質 刃部:ステンレススチール、柄部:ブビンガ
30代/男性
30代/男性

肉のスライスにおすすめです

評価:

憧れの「オピネル」のフィレナイフを購入しました。デザインがおしゃれで、キャンプ場でもめをひきます。
BBQでローストビーフを焼きながらカットする際、これだけの刃渡りがあれば熱くなく切ることができました。こまめに研げば切れ味も抜群で、長い付き合いになりそうです。

【UNIFLAME(ユニフレーム) 】ギザ刃 フィレナイフ

出典: 楽天市場
UNIFLAME(ユニフレーム)
ギザ刃 フィレナイフ
1,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
UNIFLAME(ユニフレーム) ギザ刃 フィレナイフ

ユニフレームは、日本のアウトドアメーカーです。フィレナイフは、刃物の名産地である岐阜県関市で、造られています。

このナイフの一番の特徴は、ブレードの先端にギザ刃を使用していることです。そのため、肉や野菜の繊維が切断しやすく、ステンレス製で切れ味も抜群です。小さめで軽量なので、持ち歩くのにおすすめです。

サイズ 全長:約225mm、刃長:120mm
重量 約45g
材質 刃部:ステンレス刃物鋼、柄部:積層強化木
30代/男性
30代/男性

肉料理がしやすいです

評価:

ギザ刃なので鶏肉や塊肉の繊維が切りやすく、ブレードに歯型の溝があるので食材の刃離れしやすく便利です。細長い形状なので、小さな魚も捌きやすいです。大きさも小さめで、軽量なのでキャンプや登山に持ち歩くのに、ぴったりです。

【バック】220BLS シルバークリーク フォールディングフィレナイフ

出典: 楽天市場
BUCK
220BLS シルバークリーク フォールディングフィレナイフ
5,720円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
BUCK バック220BLS シルバークリーク フォールディングフィレナイフ

1902年創業のアメリカの老舗ナイフブランド「BUCK]のフィレナイフです。柔軟性にすぐれていて、約全長36cmにもかかわらず、細かい作業もできます。

もちろん、大きさををいかした作業も得意で、サーモンなど大型の魚を捌くこともできます。ダッチオーブンで焼いた鶏の丸焼きを、切り分けたりするときも、蒸気を避けながらできるので、おすすめです。

ブレードはチタンコートされているのでさびにくく、清潔です。ハンドルは、ポリプロピレンにラバーコートで、滑りにくく使いやすいです。

サイズ 約357mm、刃長:165mm
重量 約105g
材質 刃部:ステンレス鋼420J2、柄部:ポリプロレン+ラバー
40代/女性
40代/女性

バーベキューの時に重宝します

評価:

全長が長いので、BBQでローストビーフを切り分ける際に、金網の上にも熱くなく、助かります。グリップも滑りにくく、背止めロック式なので安心して使えます。ブレードはさびにくく、グリップも乾きやすいので手入れもしやすいです。

【ガーバー】フィレナイフ ゲーターフィレット 6インチ

【ガーバー】フィレナイフ ゲーターフィレット 6インチ

ガーバーは、アメリカを代表するナイフメーカーです。ガーバーのフィレナイフは、ブレイドの背厚がわずか1mmと薄く細長い形状なので、魚や肉を薄くそぎ落とすのにおすすめです。

リップは、ガーバー社が特許取得済みのゲーターグリップです。刃は、強度が強く精密な、フルタングサージカルステンレススチール という鋼材を使っています。

アウトドア用に造られているので、耐水性に優れています。ただ、ガーバー製フィレナイフは、最近のキャンプブームで入手が困難になっています。

サイズ

全長:約283mm、刃長:155mm 

重量

約119g

材質

刃部: サージカルステンレススチール 、柄部:ポリプロレン+ラバー 

30代/男性
30代/男性

キャンプでの使い勝手が最高です

評価:

ガーバー製のフィレナイフは耐水性がよいので、水でじゃばじゃば洗うことができます。シーズの先端に穴が開いているので、キャンプでの後片付けがしやすいです。
魚をさばくだけでなく、塊肉のスライスやパンのスライスも上手にでき、キャンプには欠かせない一品です。

【ビクトリノックス】フィレナイフ#6.8713.20E 20cm

出典: 楽天市場
【ビクトリノックス】
フィレナイフ#6.8713.20E 20cm
4,580円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
【ビクトリノックス】フィレナイフ#6.8713.20E 20cm

ビクトリノックスはスイスの老舗ナイフメーカーです。ビクトリノックスのフィレナイフは魚を捌くことを目的に造られています。ブレードが驚くほどしなやかで細かい作業にむいています。また、ブレードが細いので魚の皮引きが上手くできます。

グリップは人間工学に基づきデザインされているので、握りやすく疲れにくいです。耐熱も150度まで大丈夫なので、金網の上で切り分けをする際も安心です。

サイズ 全長:約331mm、刃長:200mm
重量 約127g
材質 刃部:ハイカーボンクロムモリブデン鋼、柄部:ポリアミド樹脂
30代/女性
30代/女性

魚の皮引きが上手にできます

評価:

釣りが趣味の主人と使うため、購入しました。ブレードが細いので魚の皮引きなど、細かい作業がしやすいです。万能なので、キャンプだけでなく、家庭での料理にも使用しています。

フィレナイフの使用上の注意点

魚を捌くのに便利なフィレナイフですが、用途によっては不向きなものもあるので、注意が必要です。また、使い方や研ぎ方にも普通のナイフや包丁と違う点があるので、それらの注意点を解説します。

硬い食材には向いていない

フィレナイフは刃が薄く、しなりやすいので、肉や魚をスライスにはとても便利です。しかし、硬い野菜や果物をなど力をいれて切断するものは、刃が欠けてしまうので向いていません。また、大きな魚の硬い骨も切断しないほうがよいです。

まな板も、鉄板などを使うとブレードの破損の原因になってしまいます。また、フィレナイフは切れ味がよいので、ケガにも注意してください。

ブッシュクラフトにも不向き

文明の力に頼らずに自然と触れ合うブッシュクラフトでも、ナイフは欠かせないアイテムです。しかし、自然の素材を利用して食器を作成したり、大きなものだと薪割りをすることもあるので、刃の薄いフィレナイフは不向きです。

ブッシュクラフトには刃が厚く、しっかりしたナイフがおすすめです。ただ、川や湖で釣った魚をさばくときには、フィレナイフも持っていると便利です。

箱出しの切れ味は要確認

フィレナイフの箱出し時の品質は、生産国やブランドによって千差万別です。日本のメーカーは刃を研いでから出荷しますが、「ガーバー」などの海外ブランドは、研いでいない場合が多いです。そのため、箱出しの際の切れ味があまりよくありません。

初めに丁寧に研ぐと愛着を感じることができるので、おすすめです。研ぎ方を覚えて、フィレナイフの切れ味を、存分に味わいましょう。

フィレナイフのお手入れ方法

フィレナイフは刃が薄いので、定期的なお手入れが必要です。しっかりお手入れすると、長く愛用できますので、研ぎ方をしっかり覚えてください。

刀の形状によって研ぐ範囲は異なる

ナイフの研ぎ方は、その特性によって研ぐ範囲が異なります。フィレナイフは刃が薄いため、研ぐ範囲は鏡面部分から離れた部分のみを、研ぐようにします。

研ぎ方としては、約45度(10円玉2枚分くらい)の角度をつけて研ぐと、うまくできます。角度が少ないと研ぎすぎてしまい、刃が欠ける原因になってしまいます。

フィレナイフは両刃なので両面を研ぎます。失敗してもやり直しはきくので、指を切らないようにだけ気を付けて、チャレンジしてみるとよいでしょう。

フィレナイフを研ぐための道具

フィレナイフを研ぐ際に必要な道具は砥石、布、砥石が入る大きさのパット(水を入れる入れ物)の3つが基本です。

砥石と一言でいっても、材質や種類は豊富にあります。初心者の人は、研ぎ方が簡単で使いやすい、セラミックの砥石がおすすめです。砥石は、表面の粒子の細かさで番手という数字で区分されますが、数字が大きいほど細かくなります。

700から2000番くらいの中砥石が1つあれば、とりあえずは大丈夫です。ただし、長く使い込むには、片面が中砥石でもう片面が仕上げ用の3000番くらいのものが、おすすめです。

フィレナイフを研ぐ前の準備・確認

フィレナイフの研ぎ方に入る前に、まず準備・確認が必要です。研ぐ前に目詰まりを防止するために、砥石を水につけて水を吸わせておきます。吸水時間は、一般的には30分から1時間くらいですが、材質によって異なるので、表示を確認するとよいでしょう。

砥石の吸水が不十分だと、研いでいる途中に砥石に水をかけることがあります。念のため、水を少し用意しておくと便利です。

次にナイフの切れ味を確認して、切れ味の落ちている部分を確認します。ナイフの刃を親指に当ててみて、引っかかりがないかチェック。何度か試してひっかからずに滑る場合は、その場所が切れ味が悪くなっている部分になります。マジックで色をつけておくとよいでしょう。

フィレナイフの研ぎ方

フィレナイフの研ぎ方で大切なのは力まず、しっかり固定して作業することです。まず、進行方向に対して45度(10円玉2枚分)の角度で砥石の上にナイフを置き、印をつけた部分に指を添えます。角度が少ないと研ぎすぎてしまい、刃が欠ける原因になってしまいます。

次にゆっくりと力を入れすぎないように、前後にスライドさせます。砥石の減り方が偏らないように、全体を使うようにしましょう。

30回くらいスライドさせた後、反対の面を研ぎます。両面研いだら一度チェックをし、ひっかかりが不十分な場合は、20回、10回と回数を減らして研いでいきます。最後に充分乾燥させて、オイル(オリーブオイル)を薄く塗っておくとよいでしょう。

フィレナイフはキャンプ料理の強い味方!

フィレナイフは釣った魚をさばいたり、バーベキューでローストビーフやパンをスライスしたりと、キャンプ料理の強い味方です。また、刃が柔らかいので、魚や肉の下処理や野菜の皮むきなど、下ごしらえにも、とても便利なナイフです。

研ぎ方などをしっかり覚えて、丁寧に取り扱いをすれば、長く愛用できますので、自分にあったフィレナイフを見つけて、キャンプを盛り上げてください。

シースナイフおすすめ15選!釣りやバトニングにも活用できる!

あわせて読みたい

シースナイフおすすめ15選!釣りやバトニングにも活用できる!

シースナイフの種類や選び方のポイントについて、徹底調査しました。アウトドアシーンで活躍するシースナイフの料理や、様々な使い方を詳しく紹介しています。おすすめ15選もまとめたのでシースナイフを購入しようと考えている方も、ぜひチェックしてみてください。

オピネルは料理にバトニング(薪割り)にはモーラナイフがアウトドアの定番

あわせて読みたい

オピネルは料理にバトニング(薪割り)にはモーラナイフがアウトドアの定番

オピネルは料理に、バトニング(薪割り)にはモーラナイフが定番です!オピネルナイフとモーラナイフの使い方や特徴を紹介しています。ステンレスとカーボンスチールの素材による違いについても解説。バトニング(薪割り)の方法もまとめているので、参考にしてください。

ソロキャンプにおすすめのナイフ21選!調理や薪割りに便利!

あわせて読みたい

ソロキャンプにおすすめのナイフ21選!調理や薪割りに便利!

ソロキャンプにおすすめなナイフを紹介!薪割りや調理に使える初心者にも人気の折りたたみナイフについても掘り下げています。銃刀法についても触れているので、YouTuberのヒロシさんのようにソロキャンプを行いたい人は必見です。

みとぴー

この記事のライター

みとぴー

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ13選!薪割りや料理に便利

刃物・マルチツール

キャンプにおすすめのアウトドアナイフ13選!薪割りや料理に便利

キャンプにおすすめのアウトドアナイフについて紹介します。アウトドアナイフの種類や選び方をはじめ、人気のアイテムについても詳しく説明。また、薪割りや料理などキャンプにぴったりなアイテムをまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

ナイフの正しい使い方をマスター!キャンプやサバイバルに活かそう

刃物・マルチツール

ナイフの正しい使い方をマスター!キャンプやサバイバルに活かそう

ナイフの正しい使い方を、わかりやすく解説しています。ナイフの基本的な握り方や、薪割りをするときの使い方も詳しくまとめました。また、ナイフを使うときの注意点も説明していますので、ぜひアウトドアで使うときの参考にしてみてください。

ビクトリノックスのクラシックをレビュー!評価や使い方を調査

刃物・マルチツール

ビクトリノックスのクラシックをレビュー!評価や使い方を調査

マルチツールナイフで有名なビクトリノックスからラインナップされているクラシックについての解説です。キャンプや登山などあらゆるアウトドアで活躍してくれるビクトリノックスのクラシックの気になるレビューや評価をまとめます。お手入れ方法も合わせて解説していきます。

おすすめのフォールディングナイフ紹介!バトニング・料理に使えて便利

刃物・マルチツール

おすすめのフォールディングナイフ紹介!バトニング・料理に使えて便利

人気のフォールディングナイフについて解説します。アウトドアにコンパクトに持ち運びが でき、ロープを切ったり、バトニングや料理にも使えるフォールディングナイフを詳しく説明。また、おすすめのフォールディングナイフも紹介します。

手斧(ハンドアックス)はキャンプ時の薪割りに便利!おすすめアイテムは?

刃物・マルチツール

手斧(ハンドアックス)はキャンプ時の薪割りに便利!おすすめアイテムは?

アウトドアにはかかせない手斧の魅力について、まとめました。手斧の使い方について、詳しく説明しています。さらに、おすすめの商品ごとに比較しています。持ち運びが簡単な手斧や、大きく堅い木を切るのに適した手斧など徹底解説。ぜひ、チェックしてみてください。

刃物・マルチツールの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード