UNIFLAMEのフィールドラックがおすすめの理由は?使い方もチェック

お気に入りに追加

UNIFLAMEのフィードラックのスペックや、おすすめの理由について詳しく紹介します。UNIFLAMEのフィールドラックの便利な使い方もあわせて解説しました。購入を検討している方だけでなく、使いやすいフィールドラックを探している方も、ぜひ参考にしてください。

UNIFLAMEのフィールドラックがおすすめの理由は?使い方もチェック

目次

  1. 大人気UNIFLAMEのフィールドラックを紹介!
  2. UNIFLAMEのフィールドラックのスペックとおすすめの理由
  3. UNIFLAMEのフィールドラックの使い方
  4. UNIFLAMEのフィールドラックでキャンプを満喫しよう!

大人気UNIFLAMEのフィールドラックを紹介!

キャンプ

「UNIFLAME」は新潟県燕三条にある、アウトドア用品・キャンプ用品総合メーカーです。そのUNIFLAMEが出している「フィールドラック」は、キャンパーに大人気のアイテム。荷物を置いたり、天板をのせてテーブルとして使ったりと、いくつあっても用途に困りません。

UNIFLAMEのフィールドラックのスペックについて、詳しくみていきましょう。また、おすすめな理由と使い方についてもまとめましたので、参考にしてください。

UNIFLAMEのフィールドラックのスペックとおすすめの理由

UNIFLAMEのフィールドラックのスペック

出典: 楽天市場
UNIFLAME
フィールドラック ブラック
4,500円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
キャンプサイトの整理整頓に大活躍!

コンパクトかつスタイリッシュなデザインで、キャンプサイトの整理整頓に大活躍する商品。このフィールドラックさえあれば、荷物を置くだけでなく、別売りの天板を乗せてテーブルとしても使用することができます。

最大4段までスタッキングできるため、ラックとして使用することも可能です。また、別売りの専用トートバッグは、持ち運びに便利なのでおすすめです。

サイズ(使用時) 幅約60cm×奥行35cm×高さ23cm
サイズ(収納時) 幅約60cm×奥行35cm×厚さ1cm
重量 約1.7kg
材質 鉄、カチオンメッキ
耐荷重 30kg
30代/男性
30代/男性

サイト内が片付きました!

評価:

3台購入しました。
1台はクーラーボックスを置いていて、
後の2台は重ねて食材や調理小物を置いたりしています。
おかげで、メインテーブルが広く使えるようになりました。
3台持ち運ぶと少し重いですが、商品自体には不満はありません!

理由①色々な荷物が置ける

利尻島キャンプ場

UNIFLAMEのフィールドラックの耐荷重はなんと30kg。見た目によらず、クーラーボックスも乗せられます。細かいものなら重さを気にせず使用できるのが、人気のポイントです。

理由②スタッキングが可能

ウッディな棚

UNIFLAMEのフィールドラックは、最大4段までスタッキングが可能です。なので、サイトの中で棚のようにして使うことができます。別売りのコンプレッションベルトを使えば、高さが出ても安定感は抜群です。

理由③コンパクトに収納できる

UNIFLAMEのフィールドラックは、重さ約1.7kgで、収納時の厚さもわずか1cmとなっています。持ち運ぶときに場所をとらないのも、人気の理由です。ただし折りたためるのは足のみなので、リュックなどで持ち運びたい場合は注意が必要です。

UNIFLAMEのフィールドラックの使い方

使い方①テーブルとして使う

UNIFLAMEのフィールドラックは、別売りの天板を乗せればテーブルになります。

1段でテント内用のテーブルとして、2段で収納付きローテーブルとしてなど、用途によって使い方を変えることができます。中には天板をDIYして、オリジナルのものを作って楽しんでいる方もいます。

使い方②荷物置きとして使う

UNIFLAMEのフィールドラックは30kgまで耐えられるので、荷物置きとして使うことができます。クーラーボックスを置いたり、調理器具を置いたりと使い方は様々です。最大4段までスタックできるので、持ち運びできる棚として購入するのもおすすめです。

UNIFLAMEのフィールドラックでキャンプを満喫しよう!

テント
tangbiqi520

UNIFLAMEのフィールドラックは、使い勝手がよく持ち運びにも便利なため、キャンパーに人気の商品です。サイト内が整理整頓できるだけでなく、テーブルとして使用することもできます。また、見た目もおしゃれなので雰囲気を邪魔することもありません。

1台あるだけで便利ですが、1台買うといくつも欲しくなってしまうのが、この商品です。UNIFLAMEのフィールドラックを手に入れて、さらに快適なキャンプへとグレードアップしましょう!

ユニフレームのfan5duoはデュオキャンプにおすすめ!人気のセット商品

あわせて読みたい

ユニフレームのfan5duoはデュオキャンプにおすすめ!人気のセット商品

fan5duoの基本情報や魅力についてまとめました。セット商品として人気のfan5duoの、使い方や収納方法も詳しく解説します!ユニフレームのfan5duoを使用する際の注意点も説明しているので、是非参考にしてください。

ユニフレームの薪グリルがキャンプにおすすめ!サイズや改造方法も

あわせて読みたい

ユニフレームの薪グリルがキャンプにおすすめ!サイズや改造方法も

ユニフレームの薪グリルについて紹介します。ユニフレームの薪グリルのサイズや魅力を解説!キャンプで薪グリルを使う時のメリットや人気の理由をまとめました。また、ユニフレームの薪グリルをより使いやすくするための改造方法も解説しているので、参考にしてください!

ユニフレームの焚き火テーブルの魅力!遜色ない他ブランドも紹介!

あわせて読みたい

ユニフレームの焚き火テーブルの魅力!遜色ない他ブランドも紹介!

ユニフレームの焚き火テーブルの魅力を解説します。サイズ展開や耐久性などの基本情報の他、話題のカスタム事例も紹介します。ユニフレーム以外の、おすすめ焚き火テーブルもピックアップしていますので、お気に入りの製品を見つけてみてください。

きなこ

この記事のライター

きなこ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

キャンプ道具

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

ジャックウルフスキンの魅力と日本での評価を紹介します!ジャックウルフスキンの幅広い商品ラインナップから、おすすめ商品も紹介していきます。国内外から高い評価を得ている商品多数なので、新生活に向けてリュックやジャケットの新調を考えている方、参考にしてください。

関連するキーワード

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード