スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」の魅力とは?口コミや価格も

お気に入りに追加

スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」の魅力を紹介!口コミ評価や価格だけでなく、登山にも使えるのかについて掘り下げています。HOME&CAMPバーナーと合わせて使うと良いアイテムや、それぞれのサイズ感も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」の魅力とは?口コミや価格も

目次

  1. スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」の魅力や口コミを紹介!
  2. HOME&CAMPバーナーの基本情報
  3. HOME&CAMPバーナーの魅力
  4. HOME&CAMPバーナーの注意点
  5. HOME&CAMPバーナーのオプション品を3選紹介
  6. スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」は高評価な人気商品!

スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」の魅力や口コミを紹介!

スノーピークのHOME&CAMPバーナーは、家でもキャンプでも活躍するアイテムです。コンパクトなので、収納の幅を取りません。そのため、手軽にコンロが欲しいという人は、ぜひHOME&CAMPバーナーがおすすめです。

そんな魅力たっぷりのHOME&CAMPバーナーは、口コミが良いことでも知られています。口コミ評価や人気の理由、商品価格や魅力について掘り下げていきましょう。気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

HOME&CAMPバーナーの基本情報

HOME&CAMPバーナーの魅力を紹介する前に、まずは基本情報からです。HOME&CAMPバーナーの価格や大まかな特徴、組み方について紹介しています。HOME&CAMPバーナーの口コミ評価やサイズ感、価格を参考にしてみてください。

HOME&CAMPバーナーの商品情報

出典: 楽天市場
スノーピーク
HOME&CAMPバーナー
12,588円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
コンパクトなサイズでコスパの良い価格

HOME&CAMPバーナーは、スノーピークから販売されている製品です。コンパクトなサイズで、洗礼されたデザインが特徴的。持ち運びやすいサイズなので、登山やキャンプに最適です。また、HOME&CAMPバーナーは手に入れやすい価格となっています。

そのため、予算を抑えたい人や、コスパの良さを求める人から口コミ評価が高いです。HOME&CAMPバーナーは直立するタイプなので、キッチンスペースの端に立てて収納することもできます。

サイズ 90×120×255(h)mm
重量 1.4kg
素材 ステンレス、ブラス、アルミ、スチール、樹脂、ゴム
20代/男性
20代/男性

調理が楽しくなりました

評価:

HOME&CAMPバーナーは、とにかくサイズがコンパクトでした。口コミ評価では様々な意見がありましたが、とても収納しやすいです。HOME&CAMPバーナーを購入してからは、調理が楽しくて仕方がありません。

HOME&CAMPバーナーの組み立て方

HOME&CAMPバーナーは、組み立て方が簡単なことでも知られています。まず、上部にある穴に指を掛けながら開きましょう。中から部品を引き出し、後ろにあるボタンを押しながらコンロ本体を横に出します。最後に、足になる部分を開けば完成です。

収納時は、組み立て方と反対の手順を行ってください。HOME&CAMPバーナーの組み立て方はとても簡単なので、HOME&CAMPバーナーは登山にも使えます。

HOME&CAMPバーナーの魅力

次は、HOME&CAMPバーナーの魅力について掘り下げていきましょう。これから紹介する魅力のほとんどは、口コミ評価が良いと言われているポイントばかりです。そのため、HOME&CAMPバーナーと他の製品を見比べたいときにも参考にしてみてください。

収納時はコンパクトサイズ

HOME&CAMPバーナーは、ガスコンロの常識を覆すほどコンパクトサイズです。自宅でも使われる卓上コンロは、1家に1台は必ずある言っても過言ではありません。そんなガスコンロを外に持ち出せないか、もっとコンパクトに収納できないか、という発想から生まれました。

キャンプなら、バックパックやカバンに収納可能です。自宅では、キッチンの隙間に置いておくことができます。自分のライフスタイルに合った、HOME&CAMPバーナーの収納方法を探してみてください。

3本の五徳でも安心の安定感

五徳といえば土台が複数本あって、安定感があるイメージを持っている人も多いはずです。その反面、 HOME&CAMPバーナーの土台は3本しかありません。そのため、心もとないと感じる人も多いでしょう。HOME&CAMPバーナーなら、少ない本数でも安定感があります。

無駄を省いた設計なのに、展開時は大きめの鍋や土鍋を置くことも可能。その理由は、展開時に五徳がロックピンで固定されているからです。HOME&CAMPバーナーは安定感がると口コミ評価も高いため、ぜひこの機会に利用してみてください。

大きな鍋やフライパンにも対応

先ほども述べたように、HOME&CAMPバーナーは安心感のある安定が魅力です。そのため、大きな鍋やフライパンにも対応しています。本体を含めた脚でしっかりと支えてくれるため、使える調理器具が多くて料理の幅が広がるでしょう。

大きな鍋やフライパンが使える理由として、重点を限りなく低くしていることも関係しています。グラつくことがないため、安定した調理を行えておすすめです。

30代/女性
30代/女性

家族キャンプに利用しています

評価:

うちは4人家族で、子供が食べ盛りなのでHOME&CAMPバーナーが銃砲しています。理由は、なんといっても大きい鍋とフライパンが使えることです。簡単な料理を提供してから、パエリアやビーフシチューなど時間のかかるものを作っています。

2種類の安全装置付き

登山にも使えるコンパクトサイズのHOME&CAMPバーナーには、2種類の安全装置がついています。安全装置の1つは、圧力感知です。圧力感知安全装置は、燃料缶の圧力に異常が生じたときにガスの供給を遮断します。

もう1つは、容器装着安全装置です。容器装着安全装置は、つまみが0を指していないとガスの装着が行えなえません。ガスが漏れるのを防ぐため、暖房器具などを使っているときも安心です。

火力を維持するヒートパネルを搭載

HOME&CAMPバーナーには、火力を維持するヒートパネルを搭載。ガス缶は、時間が経つと温度が低下し、火力が低下するというデメリットがあります。ヒートパネルの搭載は、ガス缶の温度低下を防ぐというメリットしかないポイントです。

ヒートパネルがあれば、ガス缶を最後まで使うこともできます。そのため、HOME&CAMPバーナーは、燃料缶を無駄なく使いたいと考えている人にもおすすめです。

細かな火力調節が可能

ガスコンロの中には、細かい火力調節ができないものも少なくありません。弱火にしたいのに、気づいたら火が消えてしまうこともあります。その反面、HOME&CAMPバーナーは細かな火力調節が可能です。強火から弱火まで対応していて、食事作りがはかどります。

弱火ならすき焼きや鍋など、煮立たせたくない料理に最適です。作る料理によって、それぞれに合った火力調節を行ってみてください。

40代/男性
40代/男性

料理好きは必見

評価:

調理にこだわりを持っています。HOME&CAMPバーナーは細かく火を調節できるため、調理がはかどっておすすめです。HOME&CAMPバーナーは手に入れやすい価格というのも、ポイントの一つと言えます。

風の影響を受けにくい

ガスコンロやバーナーなど、火を使うキャンプギアは風防をつける必要があります。特に、登山では強風が吹くことも少なくありません。その点において、風の影響を受けにくいHOME&CAMPバーナーは優秀だと言えるでしょう。

HOME&CAMPバーナーの火は、内側から出るようになっています。内側になっていることで、風防がなくても多少の風なら一切影響を受けません。しかし、登山時の強風では影響がある場合もあるでしょう。その際は、風防を使えば問題ありません。

40代/男性
40代/男性

年中キャンプをしています

評価:

一年中キャンプをしていますが、HOME&CAMPバーナーの火が消えたことはありません。多少風が吹いている日もありましたが、問題なく利用できています。キャンプは風の影響を大きく受けるため、その点においてとても優秀だと思いました。

低価格なCB缶を使用

HOME&CAMPバーナーの燃料として、CB缶と呼ばれるものが使われています。ガス缶には主に、CB缶とOD缶という2種類があります。OD缶は丸みのあるもので、登山でも火力が安定することからキャンパーから人気です。しかし、入手しづらいアイテムでもあります。

その反面、CB缶は低価格で手に入れることが可能です。最近では、100均でも購入できます。ただし、CB缶はOD缶と比べると、耐寒性が低いので注意が必要です。

家でもキャンプでも馴染むデザイン

HOME&CAMPバーナーはブラック、カーキ、シルバーの3色展開です。どれもマットなカラーが使われています。HOME&CAMPバーナーのカラーバリエーションは、家でもキャンプでも馴染むデザインです。そのため、老若男女誰もが違和感なく使用できるでしょう。

また、HOME&CAMPバーナーは、無駄のないスタイリッシュなデザインを目標に作られました。キッチンに置いておけば、おしゃれなインテリアとしても活躍してくれることでしょう。

20代/女性
20代/女性

使わないときは見えるところに収納

評価:

HOME&CAMPバーナーは、スタイリッシュなデザインが特徴的です。見た目はバーナーに見えないため、HOME&CAMPバーナーを使わないときは飾っています。キッチンの見えるところの置くだけで、料理したい気持ちが高まってきておすすめです。

HOME&CAMPバーナーの注意点

キャンパーや登山家からの評価が高いHOME&CAMPバーナーですが、使用時の注意点があります。次は、HOME&CAMPバーナーの注意点をいくつか紹介するので、参考にしてください。

注意点を知っておくことで、HOME&CAMPバーナーが自分に合ったギアなのかを見極められます。

登山やトレッキングのギアとしては重め

登山やトレッキングを行っている人は、計量を重視していることが多いでしょう。HOME&CAMPバーナーはその点において、少し注意が必要です。HOME&CAMPバーナーは1.4kgの重さがあるため、登山やトレッキングのギアとしては重めです。

そのため、軽量を重視している人にはあまりおすすめできません。しかし、自宅やキャンプで利用するには、問題ない重さと言えます。ずは、HOME&CAMPバーナーが自分に合っている重さか確認してみてください。

20代/女性
20代/女性

若干重たいかな

評価:

ソロキャンパーなので、軽量を重視しています。HOME&CAMPバーナーはとても使いやすいのですが、少し重たいかもしれません。けれど、HOME&CAMPバーナーはスリムなサイズで持ち運びやすいので、あまり気にならないポイントです。

誤った組み立て・収納が故障や火災の原因に

HOME&CAMPバーナーを使用する際は、組み立て方や収納方法に注意してください。誤った組み立てや収納を行ってしまうと、故障や火災の原因になります。例えば、組み立てや収納の際、通常とは反対に向かって回してしまうという注意点です。

組み立てや収納ができない場合は、無理やり力任せに行うのではなく、合っているのかを確認してください。故障したまま使用していると、火災に発展してしまう危険性もあるでしょう。

スキレットなど使用禁止の調理器具がある

調理の幅が広がるHOME&CAMPバーナーですが、使用禁止の調理器具があります。例えば、ソロキャンプやちょっとした調理に最適なスキレットです。他にも、鋳造製品やセラミック製品は使用しないでください。HOME&CAMPバーナーが故障する原因になります。

鋳造製品としては、便利なダッチオーブンが代表です。ダッチオーブンはとても便利ですが、HOME&CAMPバーナーとは相性が良くありません。

40代/女性
40代/女性

あとから気づきました

評価:

HOME&CAMPバーナーを購入してから、スキレットが使えないことに気づきました。ミニサイズのフライパンを買う羽目になりましたが、使い勝手はとても良いです。

小さなクッカーは置けない

大きい鍋や土鍋、フライパンを置けるHOME&CAMPバーナーですが、反対に小さな調理器具が置けません。例えば、シェラカップや小さなサイズのクッカーです。ソロキャンプ用のクッカーなどは、置けない可能性が高いため注意してください。

しかし、通常の一般家庭にあるフライパンや鍋なら、HOME&CAMPバーナーに対して問題なく使用可能です。どうしても小さいクッカーを置きたい場合は、バーナーパットの使用がおすすめとなります。シェラカップでも、問題なく利用できてぴったりです。

火が一点に集中する

HOME&CAMPバーナーに風防が要らない理由として、火が内側から出ていると説明しました。これはメリットもであり、デメリットもであります。デメリットは、火が一点に集中するという点です。火が一点に集中すると、中心部分から火が通っていきます。

そのため、食材に対して均一に火を通したい場合は、しっかりと混ぜる必要があるでしょう。煮込み料理では、放置しすぎると焦げる可能性があります。必ず、定期的に焦げていないかチェックしてください。

20代/男性
20代/男性

目を離していた隙に

評価:

HOME&CAMPバーナーを使っているとき、友人と話をしていたら料理が焦げてしまいました。次からは弱火だからといって安心せずに、見ながら調理をしたいと思います。

高火力は望めない

HOME&CAMPバーナーの注意点として、高火力は望めないという点が挙げられます。他のバーナーやガスコンロと比べると、火力が低いです。評価点においても、そこを指摘している人が多くいます。しかし、HOME&CAMPバーナーは安定感のある火力を期待できるでしょう。

アウトドア用のバーナーは、高火力なことも多いです。しかし、高火力だと火加減がうまく調節できず、火が強くなりすぎることもあります。HOME&CAMPバーナーならそんな心配はないため、じっくり調理したいと考えている人におすすめです。

50代/女性
50代/女性

口コミ評価は良かったのですが

評価:

口コミ評価が良かったため、思い切ってHOME&CAMPバーナーを購入しました。けれど、私にはHOME&CAMPバーナーはあまり合わなかったようです。火力が少し足りない気がしました。

輻射熱によるテーブルや床への影響

最後に注意点として、輻射熱によるテーブルや床への影響があげられます。輻射熱とは、広い範囲でじんわりと熱が与えられることです。HOME&CAMPバーナーは効果力ではありませんが、この輻射熱が強いという特徴があります。

輻射熱は気づかないうちに熱が広がるため、知らず知らずのうちにテーブルや床がダメージを受けてしまうでしょう。そうならないためにも、HOME&CAMPバーナーを使用する際は耐熱シートを利用するのがおすすめです。

HOME&CAMPバーナーのオプション品を3選紹介

登山やキャンプ、自宅でも使えるHOME&CAMPバーナーには、オプション品がいくつかあります。ここからはオプション品の口コミ評価や価格、特徴について掘り下げていきましょう。HOME&CAMPバーナーと組み合わせることで、より登山やキャンプが楽しめるはずです。

バーナーシートL

出典: 楽天市場
スノーピーク
バーナーシートL
4,377円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
机や床へのダメージを軽減!

スノーピークのバーナーシートLは、机や床を熱から守ります。大きめサイズなので、バーナーシートLでも問題なく利用可能です。もちろん、バーナーシートL以外のバーナーにも使えます。ただし、バーナー専用の断熱シートなので、焚き火には使用しないでください。

バーナーシートLは大きいだけでなく、65gとかなり軽量です。4つ折りにしておけば、登山やキャンプでも気軽に持ち運べます。価格は、初心者でも手に入れやすい価格と言えるでしょう。予備でもう1つもっておくのもおすすめです。

サイズ 320×450mm
重量 65g
素材 カーボンアラミドクロス(アルミ加工)
30代/男性
30代/男性

お気に入りのテーブルを守れる

評価:

HOME&CAMPバーナーを使っているとき、気づかずにテーブルを傷つけてしまいました。そんな時、耐熱シートを購入したのですが、それ以来ダメージはありません。HOME&CAMPバーナーを使用する際は、必ずこちらの諸品も一緒に使っています。

ギガパワーバスCBブタン

出典: 楽天市場
スノーピーク
ギガパワーガスCBブタン
242円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
スノーピーク製品にぴったり!

ギガパワーガスCBブタンは、スノーピーク製品専用のCB缶です。沸点が低いため、着火しやすいという特徴があります。HOME&CAMPバーナーはスノーピーク製品です。そのため、ギガパワーガスCBブタンを利用することでより効果的に利用できるでしょう。

50代/女性
50代/女性

安価で手に入れやすい

評価:

HOME&CAMPバーナーはCB缶なので、100均で売られている燃料も使えます。しかし、HOME&CAMPバーナーはスノーピーク製品ということで、こちらの商品を購入しました。性能に問題はなく、安価なのでこれからもHOME&CAMPバーナーを使うときに購入したいと思っています。

HOME&CAMPバーナーネオプレーンケース

出典: 楽天市場
スノーピーク
HOME&CAMPバーナーネオプレーンケース
2,728円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
HOME&CAMPバーナーの専用ケース

HOME&CAMPバーナーを安全に持ち運びたいのなら、収納袋を利用しましょう。HOME&CAMPバーナーには、 HOME&CAMPバーナーネオプレーンケースと呼ばれる専用ケースがあります。しっかりと固定できるため、中身が飛び出すことはありません。

サイズ 120×90×270(h)mm
重量 120g
素材 発砲クロロプレンゴム(ネオプレン)
30代/男性
30代/男性

持ちやすくておすすめ

評価:

HOME&CAMPバーナーはおしゃれなので、傷をつけたくなくて専用ケースを購入しました。手に入れやすい価格で、取っ手があるため持ち運びやすいです。HOME&CAMPバーナーをしっかり保護してくれているため、今後も利用したいと思います。

スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」は高評価な人気商品!

スノーピークのHOME&CAMPバーナーは、コンパクトなサイズ間が特徴的です。コンパクトなサイズは、登山やキャンプに持ち運びやすくておすすめとなります。価格も手に入れやすいため、初心者から口コミ評価が高いです。

その反面、登山にはあまり向いていないという口コミ評価もあります。そのため、HOME&CAMPバーナーが自分に合っているのか、購入前にHOME&CAMPバーナーの口コミ評価を確認してみてください。キャンプや登山が楽しくなること間違いなしです。

登山時の湯沸かしに便利なシングルバーナー紹介!選び方のポイントも

あわせて読みたい

登山時の湯沸かしに便利なシングルバーナー紹介!選び方のポイントも

登山での湯沸かしに活躍するシングルバーナーについて解説しています。短時間での湯沸かしが可能な、登山におすすめのシングルバーナーを紹介。商品ごとの特徴やサイズなども詳しく説明していますので、シングルバーナー選びの参考にしてください。

ワンバーナーレシピのおすすめまとめ!ソロキャンで作りたい簡単料理

あわせて読みたい

ワンバーナーレシピのおすすめまとめ!ソロキャンで作りたい簡単料理

ワンバーナーを使って手軽に作れるソロキャン向けレシピ集です。缶詰を使った簡単なレシピから本格的な料理まで、ワンバーナーを使った作り方のコツや簡単に作れるポイントを紹介。ソロキャンプでの料理をもっと楽しめるおすすめレシピを集めました。

すうこ

この記事のライター

すうこ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

SOTOのストームブレイカーをレビュー!二刀流バーナーの魅力とは?

バーナー

SOTOのストームブレイカーをレビュー!二刀流バーナーの魅力とは?

SOTO「ストームブレイカー」について詳しく紹介します。ガスとガソリンの両方を燃料にできる、二刀流バーナーとしての魅力を徹底解説!また、ストームブレイカーの口コミやレビューについてもまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

SOTOのスライドガストーチが便利!充填方法やつかない時の対処法も

バーナー

SOTOのスライドガストーチが便利!充填方法やつかない時の対処法も

SOTOのスライドガストーチについて解説します!アウトドアでの火起こしや、日常生活でも便利に役立つSOTOのスライドガストーチの新モデルと旧モデルの相違点も詳しく紹介。さらに、ガスの充填方法や、つかない時の対処法もまとめましたので、ぜひチェックしてください。

トランギア「アルコールバーナー」の取っ手の自作方法まとめ!

バーナー

トランギア「アルコールバーナー」の取っ手の自作方法まとめ!

トランギアアルコールバーナーの、取っ手の自作方法を解説していきます。取っ手を自作するために、準備する物や工具をリストアップします。また、アルコールバーナーの取っ手を自作する方法を動画を交えて紹介していきます。すごく簡単にできるので、是非チェックしてください。

ST-310の改造方法まとめ!シリコンチューブで自分流にカスタマイズ

バーナー

ST-310の改造方法まとめ!シリコンチューブで自分流にカスタマイズ

SOTOのバーナーST-310の改造方法を紹介します!改造方法だけでなく、基本スペックも説明しており、初めてバーナー選ぶ人でもわかりやすくまとめました。改造に使用する商品も紹介しているので、ST-310を自分好みにカスタマイズしてみましょう。

アルコールストーブの五徳・風防おすすめ15選!簡単に自作する方法も!

バーナー

アルコールストーブの五徳・風防おすすめ15選!簡単に自作する方法も!

アルコールストーブの五徳と風防のおすすめ商品を15アイテム厳選しました。アルコールストーブで五徳や風防を使う理由や選び方、口コミも紹介。また、100均一の商品を使ってアルコールストーブの五徳や風防を自作する方法も解説します。

関連するキーワード

バーナーの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード