G-Stoveは買って損なし!魅力や活用法と注意ポイントも解説!

お気に入りに追加

買って損はしない、G-stoveを紹介!G-stoveの魅力やオーブンの使い方、収納の便利さについて掘り下げていきましょう。テントを暖められたり、ピザを焼けることについても触れています。G-stoveが気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

G-Stoveは買って損なし!魅力や活用法と注意ポイントも解説!

目次

  1. G-Stoveの魅力や活用法を紹介!
  2. G-Stoveの商品情報と魅力
  3. G-Stoveの活用法
  4. G-Stoveを使う際の注意ポイント
  5. G-Stoveのおすすめオプションアイテム
  6. G-Stoveを使う際に合わせて使うおすすめアイテム
  7. G-Stoveに関するQ&A
  8. G-Stoveは初心者にもおすすめの人気薪ストーブ!

G-Stoveの魅力や活用法を紹介!

焚き火を使って調理を楽しみたいのなら、「G-stove」がおすすめです。G-stoveがキャンパーの間で人気の理由や使う際の注意ポイント、活用方法について紹介します。そのため、G-stoveの購入を検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

最後には、G-stoveのオプションアイテムと合わせて使うと良いアイテムについても掘り下げます。G-stoveを持っている人は、よりキャンプを楽しめるようにG-stoveのオプション追加もおすすめです。

G-Stoveの商品情報と魅力

まずは、G-stoveの商品情報と魅力について掘り下げていきましょう。魅力を知ることで、G-stoveを買ってみたいと考える人もいるはずです。

魅力ポイントは、主に8つあります。どれも焚き火ストーブとして優秀なポイントなので、ぜひ参考にしてみてください。

商品情報

出典: 楽天市場
G-stove
Cooking View Tent Stove
51,700円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
コンパクトで便利

G-stoveのオーブンでは、ピザを焼くことができます。煙突は中に収納できるため、コンパクトに持ち運べます。他のアイテムも収納できるので、片手で持つことも可能です。他にも、大きいサイズのG-Stove heat view xlも存在しています。

オーブンサイズ 約幅22×奥行14×高さ7.5cm
最大サイズ 約幅22×奥行14×高さ7.5cm
素材 ステンレス
20代/男性
20代/男性

オプションをつけるのが楽しみ

評価:

G-stoveは、テント内でも利用できます。ベテランキャンパーからも人気なので、初めて購入しました。オプションパーツが多いため、今後はいろいろなオプションをつけたいと考えています。

魅力①デザインと素材

G-stoveは、ステンレス製の焚き火ストーブです。重厚感のあるデザインで、使えば使うほど味が出てきます。デザイン性がとてもかっこ良いため、キャンプが楽しくなること間違いなし。よりおしゃれなキャンプをしたいという人は、ぜひG-stoveを選びましょう。

G-stoveは、サイド部分にもパーツがついています。そこには調理道具や食材を置いて、広々使うことも可能です。

魅力②コンパクトに収納・持ち運びできる

G-stoveの魅力の1つとして、コンパクトに収納できる点が挙げられます。コンパクトなのは、煙突をG-stoveの内部に入れられるということです。煙突は全部で6つありますが、すべて収納できます。また、煙突蓋や灰落とし用のスクレーパーも入る優れものです。

サイズが大きいので、一見持ち運びづらいと感じる人も多いでしょう。しかし、コンパクトに収納できるため、気軽に持ち運びできます。ぜひ、いろいろな調理器具を使って、オーブン料理やスキレット料理を楽しんでください。

魅力③燃焼効率が良い

G-stoveの内部は、網の上に薪をくべるシステムになっています。網の上に薪乗せることで、酸素を上手に供給可能です。そのため、G-stoveは燃焼効率が良い焚き火ストーブと言えます。火格子は2つオプションとしてついていて、1枚置くだけで十分です。

燃焼効率が良いG-stoveでは、素早くお湯を沸かせます。ピザを香ばしく焼いたり、ジューシーなお肉を焼くことも可能です。ぜひ、G-stoveでいろいろな調理を行いましょう。

魅力④耐熱ガラスの窓がある

G-stoveの正面部分には、ガラス窓があります。ガラスは耐熱ガラスとなっていて、高温になっても問題ありません。中をしっかりと確認できるため、薪を入れるタイミングを逃しません。火をつけた後は、揺れる炎を見ながらピザや他の料理ができるのを待ちましょう。

魅力⑤メンテナンスしやすい

ステンレスは、メンテナンスしやすいという魅力があります。性質上錆びにくいため、水洗いしても問題ありません。G-stoveを使用して汚れてしまったら、丸洗いして綺麗にしましょう。汚れが頑固な場合は、重曹を使うのがおすすめです。

まず、水に重曹を加えてペーストにします。ペーストを汚れ部分に乗せて、布を使って磨きましょう。メンテナンスした後は、立てかけて乾燥させてください。

魅力⑥火つけがしやすい・温度調節ができる

G-stoveの魅力の1つとして、火つけがしやすいというポイントが挙げられます。他の薪ストーブと異なる形状で、火つけが簡単です。

すぐに着火するアイテムなので、早く着火させたいという人にもおすすめです。時間が少し経つと、煙突がほんのり色づいてくるでしょう。

魅力⑦調理スペースが広い

調理アイテムとして人気のG-stoveは、クッキングスペースが広いという魅力があります。調理スペースが広ければ、同時に複数の料理を作れます。そのため、いろいろな料理を楽しみたい人や、複数人でキャンプを楽しみたい人におすすめです。

上部ではお湯を沸かしたり、焼き物、煮込み料理を行えます。中はオーブンになっていて、ピザを焼くことが可能です。オーブンではじっくりと火入れが行えるので、ピザ以外の調理も行うのも良いでしょう。

魅力⑧追加の煙突が安く手に入る

G-stoveは、追加で煙突を付けられます。オプションの別売りとなると、価格が高くなってしまうことも少なくありません。しかし、G-stoveの追加の煙突は安く手に入ります。予算をできるだけ抑えたいという人も、G-stoveを最大限に活用できるでしょう。

G-Stoveの活用法

G-stoveをすでに持っている人や購入を検討している人は、活用法をチェックしましょう。G-stoveの効率の良い活用法は、主に3つあります。ここからはG-stoveの活用法を紹介するので、気になるはぜひ参考にしてみてください。

活用法①お湯を沸かす

G-stoveの上部では、お湯を沸かせます。燃焼効率が良いため、すぐにお湯を沸かせるのです。ドリンクやカップラーメンをキャンプで楽しみたい人は、ぜひG-stoveでお湯を沸かしてみてください。お湯を沸かすには、別途ヤカンやケトルが必要です。

活用法②濡れたものを乾かす

調理や焚き火として利用できるG-stoveは、濡れたものを乾かせます。調理を行っていると、タオルや服が濡れてしまうこともあるでしょう。濡れたものの近くにG-stoveを置いておくことで、効率良く乾燥させられます。

活用法③テント内を暖める

G-stoveは煙突がついているので、テント内でも使えます。テントの中でG-stoveを使えば、テント内を暖めることが可能です。冬キャンプではテント内が寒くなりますが、G-stoveを使うことで暖房器具が必要ありません。

テントの中が暖まれば、テント内で自由に活動できます。行動範囲が広がるため、広いテントでも快適に過ごすことができておすすめです。

G-Stoveを使う際の注意ポイント

優秀なG-stoveですが、使うときの注意ポイントがいくつかあります。収納力抜群で、オーブンではピザを作れるアイテムです。事前に欠点を把握しておけば、より上手にG-stoveを使いこなせます。ぜひ参考にしてみてください。

欠点①火の粉が舞いやすい

オーブン部分でピザを作れるG-stoveですが、火の粉が舞いやすいというデメリットがあります。これは、G-stoveが網の上に薪を置くタイプだからです。空気の循環が下から上に立ち上るため、火の粉が上に向かって舞ってしまいます。

欠点②煙突が外れにくくなる

たき火
chiaki0808

G-stoveには、空気を取り入れる煙突があります。煙突は焼き付くため、安定して使いやすいです。しかし、その反面で煙突が外れにくくなるデメリットもあります。G-stoveを分解するときは、煙突を外せるように様々な方向に力を入れましょう。

欠点③不安定さ

G-Stoveの欠点として、不安定さが挙げられます。そのため、使用するときは不安定な部分をカバーしましょう。ガタガタしてしまう場合は、シートなどを敷いて左右の差を埋めてください。また、不安定さは薪を入れることで分からなくなるので、おすすめです。

欠点④薪の長さに制限がある

焚き火 火の粉

G-stoveの扉は、しっかりと閉めるタイプのストーブです。そのため、中に入る薪のサイズはG-stoveのサイズと同等のものとなります。

入れられる薪の長さに制限があるので、薪を割る工程が必要になることもあるでしょう。薪割りができるアイテムを併用してください。

G-Stoveのおすすめオプションアイテム

オーブンでピザを焼けるG-Stoveには、オプションアイテムがいくつかあります。その中でも、特におすすめなオプションアイテムを掘り下げていきましょう。よりG-Stoveを上手に使いこなせるので、持っていない人はぜひオプションアイテムを購入してみてください。

G-stove/ストーブ専用塵取り

出典: 楽天市場
G-stove
ストーブ専用塵取り
2,970円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
掃除がラクラク

ストーブ専用塵取りは、G-stove専用のオプションです。ステンレス製なので持ち運びやすく、持ち手は折りたためます。簡単にG-stoveの掃除を行えるので、便利さを求めている人はぜひストーブ専用塵取りを利用しましょう。

サイズ )幅25cm×奥行12cm×高さ3cm
素材 ステンレス
40代/女性
40代/女性

あると便利です

評価:

ストーブ専用塵取りがあれば、ストーブを綺麗に掃除できます。あると便利なので、ほかの人にもおすすめしたいです。

G-Stove/ウォーターヒーター

出典: 楽天市場
G-Stove
ウォーターヒーター
12,100円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
効率良くお湯を沸かせる

ウォーターヒーターは、本体に設置してお湯を沸かせるオプションです。上部分から水を注いで、下にある蛇口からお湯を出せます。そのため、スタイリッシュにお湯を沸かしたいという人は、ぜひG-Stoveのウォーターヒーターを利用してみてください。

サイズ 横18×奥行14.5×高さ16.5cm
容量 3L
素材 ステンレス
重量 約1.5kg
50代/男性
50代/男性

友人におすすめされました

評価:

他の人からおすすめされて購入しました。本体に取り付けてお湯を沸かせるので、ドリンクを好きな時に楽しめます。

G-Stove/エコファン

出典: 楽天市場
G-Stove
エコファン
13,200円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
テント内を暖かくできるアイテム

より効率良くG-Stoveを使いたいのなら、エコファンを使いましょう。エコファンを取り付けると、テント内を素早く暖められます。

自走式タイプで、ストーブの熱によって自動発電できて便利です。テント内を暖かくしたい人は、ぜひエコファンを利用してください。

サイズ 直径20cm×高さ22cm
重量 650g
素材 アルミニウム
40代/男性
40代/男性

冬のキャンプに最適です

評価:

こちらのオプションを取り付ければ、テント内を暖かくできます。冬キャンプがより楽しくなりました。

G-Stoveを使う際に合わせて使うおすすめアイテム

収納に優れているG-Stoveですが、G-Stoveと組み合わせて使うとより快適に使えます。ここからは、G-Stoveに使う際に合わせて使うとおすすめなアイテムを紹介します。おすすめアイテムは3つあるので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

アイテム①煙突ガード

出典: 楽天市場
鈴文
煙突ガード
2,480円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
煙突の熱から体を守れます

鈴文の煙突ガードは、煙突の熱から体を守ります。G-Stoveの使用中は煙突が高温になって危険です。しかし、煙突ガードを使えば直接煙突に間違って触ることもありません。特に子供がいる場合は、煙突ガードを使って危険が及ばないようにしましょう。

サイズ 全長540mm、φ180、固定金具φ120
重量 350g
素材 [網]spcc、[固定金具]SWW
20代/女性
20代/女性

家族キャンプに使っています

評価:

子供と一緒のキャンプだと、煙突の熱が気になります。こちらの煙突ガードなら、子供の怪我を防ぐことができるので愛用するつもりです。

アイテム②耐熱マット

出典: 楽天市場
COOKETU
焚き火シート
4,465円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
地面の焼けを防げるアイテム

G-Stoveは地面に近いため、芝生が焦げてしまうこともあります。そんな時は、耐熱マットを利用してください。

耐熱マットを事前に敷いておけば、地面が焼けてしまうことはありません。また、耐熱マットに灰が溜まるため、掃除しやすいというメリットもあります。

サイズ 約100cm×100cm
素材 ガラス繊維
30代/男性
30代/男性

おすすめ商品

評価:

耐熱マットを使って、地面焼けを防いでいます。掃除も楽になって便利です。

アイテム③焼き付き防止潤滑剤

出典: 楽天市場
ヘンケルジャパン
焼き付き防止潤滑剤
2,640円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
煙突の取り外しが簡単

G-Stoveは煙突が焼きついてしまうため、焼き付き防止潤滑剤を事前に塗っておきましょう。ヘンケルジャパンの焼き付き防止潤滑剤を、接続部分に塗ります。銀色のペースト状で、指で塗ると汚れるので注意してください。

容量 210ml
使用温度範囲 -54〜870℃
30代/女性
30代/女性

愛用品です

評価:

煙突が簡単に取り外せました。これからも愛用したいと思います。

G-Stoveに関するQ&A

G-Stoveの魅力は?

G-Stoveは、火付けがしやすくて温度調節もしやすいです。コンパクトに収納できるという点も、おすすめポイントです。燃焼効率が良いアイテムなので、お湯を沸かしてドリンクづくりを楽しみましょう。

初心者でも扱えますか?

G-Stoveは、初心者でも簡単に取り扱えます。煙突を組み立てる必要はありますが、事前に潤滑剤を塗っておけば簡単に取り外せておすすめです。上級者にも人気なので、購入を迷っている人はG-Stoveを利用しましょう。

ピザを焼くときの注意点はありますか?

G-stoveでは内部のオーブンでピザを焼くので、こんがりとしたピザが完成します。しかしピザは1枚ずつしか焼けないので、複数焼きたい場合は焼き時間に注意しましょう。

G-Stoveは初心者にもおすすめの人気薪ストーブ!

G-stoveには、様々なオプションがついています。紹介した以外にもオプションがあるので、ぜひ自分に合ったG-stoveのオプションを探してみましょう。G-stoveがあれば、冬キャンプのテント内部を暖かく保つことができます。

G-stoveのオーブン部分を使って、ピザを作ることも可能です。人気の薪ストーブのG-stoveを使って、初心者はぜひいろいろな料理を作ってみましょう。

すうこ

この記事のライター

すうこ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ニッセンのストーブをゲットしよう!魅力と手に入れる方法は?

ストーブ

ニッセンのストーブをゲットしよう!魅力と手に入れる方法は?

人気のニッセンのストーブについて紹介します。ストーブの魅力のポイントとスペック、そして、特徴とQ&Aについても触れています。さらに、ニッセンのストーブの購入方法と、注意点についても解説します。これから購入する際の参考にしてください。

エスビットのポケットストーブで焚き火をしよう!活用方法や注意点も

ストーブ

エスビットのポケットストーブで焚き火をしよう!活用方法や注意点も

エスビットのポケットストーブの魅力について、触れています。エスビットのポケットストーブを使った、焚き火のやり方を徹底解説。さらに、キャンプに最適な活用方法を説明しています。また、焚き火をするときの注意点も詳しくまとめています。ぜひ、参考にしてみてください。

ジュニアヒーターは冬キャンに便利だけどレア!代わりになる商品は?

ストーブ

ジュニアヒーターは冬キャンに便利だけどレア!代わりになる商品は?

ジュニアヒーターの代わりになる商品を紹介!また、生産が終了し、入手困難となっているジュニアヒーターの特徴や、入手方法についても詳しく解説しています。ジュニアヒーターや代用品を手に入れて、冬キャンをより快適に楽しむための参考にしてみてください。

Signstekのウッドストーブで二次燃焼の炎を満喫!改良方法も!

ストーブ

Signstekのウッドストーブで二次燃焼の炎を満喫!改良方法も!

Signstekのウッドストーブの使い方について解説します。Signstekのウッドストーブで、二次燃焼の炎を満喫するための方法を紹介!ウッドストーブの二次燃焼がさらに効率良く行われるための、改良方法についてもまとめたので参考にしてください。

武井バーナーのパープルストーブが人気!購入・メンテナンス方法は?

ストーブ

武井バーナーのパープルストーブが人気!購入・メンテナンス方法は?

武井バーナーのパープルストープを紹介します。冬キャンプのマストアイテムであるストーブのなかで、人気急上昇の武井バーナーのパープルストーブの魅力を解説。ラインナップ、購入・メンテナンス方法もまとめていますので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

ストーブの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード