登山時の湯沸かしに便利なシングルバーナー紹介!選び方のポイントも

お気に入りに追加

登山での湯沸かしに活躍するシングルバーナーについて解説しています。短時間での湯沸かしが可能な、登山におすすめのシングルバーナーを紹介。商品ごとの特徴やサイズなども詳しく説明していますので、シングルバーナー選びの参考にしてください。

登山時の湯沸かしに便利なシングルバーナー紹介!選び方のポイントも

目次

  1. 登山時の湯沸かしで活躍するシングルバーナーを紹介!
  2. 登山時の湯沸かしに便利なシングルバーナーの選び方
  3. 登山時の湯沸かしにおすすめのシングルバーナー
  4. シングルバーナーは登山時の湯沸かしで大活躍!

登山時の湯沸かしで活躍するシングルバーナーを紹介!

キャンプ湯沸かし

登山の楽しみをさらに広げてくれるシングルバーナー。山頂でコーヒーを飲むと、達成感が更に倍増しますよね。シングルバーナー一つあれば、コーヒーを淹れたり、カップ麺を作ることも可能です。

現在、シングルバーナーは様々なメーカーから多くの商品が発売されています。実際にお店で探していると、どれを選んだらよいか悩んでしまう人も多いでしょう。この記事では、携行に便利な登山での湯沸かしに活躍するシングルバーナーを紹介していきます。

登山時の湯沸かしに便利なシングルバーナーの選び方

選び方①用途

バーナー

シングルバーナーには、一体型と分離型の2種類があります。一体型は一つにまとめて収納できるなど、登山での携行性に優れています。1~2人分の湯沸かしにぴったりです。

一方、分離型は燃料と本体が分かれているので重量が低く、大きな鍋も安定して乗せることができます。複数人での登山や調理に向いていると言えるでしょう。しかし、一体型に比べて重量があります。

一般的に湯沸かし目的で使用するなら、軽量な一体型のシングルバーナーの方が登山にはおすすめです。

選び方②燃料

ボンベ

種類

CB缶(カセットボンベ缶)

OD缶(アウトドア缶)

液体(ガソリン)

メリット

コンビニでも手に入る

・OD缶より安価

軽量・コンパクト

・火力の微調整ができる

・冬場も火力が維持できる

・低温に強い

高い出力が持続

デメリット

・気温が低いと火力が低下

・大きく、かさばる

・価格が高い

・販売店が限られる

・重く、かさばる

・着火に時間がかかる

燃料は、大きく上記の3種類に分けられます。それぞれにメリット、デメリットがあるので確認しましょう。登山での湯沸かしに必要な特徴があるか、見極める必要があります

選び方③発熱量

バーナー

発熱量が小さいと、お湯を沸かすのに時間がかかってしまいます。登山での一服にコーヒーを淹れるなら、湯沸かしもスマートにしたいものです。発熱量が2,500kcal/h以上であれば、1Lの水を約5分で沸騰させることができます

登山時の湯沸かしにおすすめのシングルバーナー

これまでの選び方を参考に、シングルバーナー3点を紹介していきます。登山時の湯沸かしにおすすめの一体型かつ、軽量で携行性に優れたOD缶の商品を紹介しているので、見ていきましょう。

コールマン ファイアーストーム

出典: 楽天市場
Coleman
ファイアーストーム
14,294円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
高い耐風性で時短湯沸かし

バーナーヘッドを360度取り囲むように付いている、ウインドシールドが風防に活躍。風にあおられることはほとんどなく、安定した火力を維持。風の影響を受けやすい登山でも短時間での湯沸かしが可能です

サイズ/本体 約12×高さ11cm
サイズ/収納時 約6×高さ11cm
重量 約150g
火力 最大出力時:3300kcal/h
燃焼時間 約3時間30分
40代/女性
40代/女性

簡単、シンプル言うことなし

評価:

初心者ですが、簡単に使えました。
火力も強く、多少の風の中でも平気でした。
これで外でもコーヒーが飲めます。

EPIgas REVO-3700

出典: 楽天市場
EPIgas
REVO-3700
7,740円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
圧倒的な耐風性と高い火力はまさに無敵

軽量コンパクトでありながら、3700kcalの高火力(最大出力は4200kcal)と、高い防風性があります。バーナーに風があたっても、無風時とほぼ同様の沸騰時間で湯沸かしが可能。着火もしやすく、火力の微調整も簡単に行うことができるので登山に向いています。

どこをとっても欠点のない、おすすめの商品です。

サイズ/使用時 約15.2×高さ86cm
サイズ/収納時 約52×54×高さ89cm
重量 111g
火力 最大出力4200kcal/h
燃焼時間 約60分
50代/男性
50代/男性

着火性がよく、火力も強力

評価:

これは火力も携帯性も言うことなし。山頂の強風にもびくともしなかった。
これから長く使い込んでいけそうです。

SOTO アミカス SOD-320

出典: 楽天市場
SOTO
アミカス SOD-320
9,080円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
点火のしやすい軽量バーナー

バーナーヘッドのふちが立ち上がっている形状の為、耐風性があります。収納時はコンパクトで軽量。登山での荷物を軽くしてくれます。また、着火装置が押しやすい位置にあるため点火が簡単なことも特徴です

火力も2600kcalあるため、短時間での湯沸かしが可能です。総合的に安定した使い心地で、シングルバーナーの取り扱いになれていないビギナーでも使いやすい定番商品です。

サイズ/本体 約7.6×10×高さ8.6cm
サイズ/収納 約4×4.3×高さ7.5cm
重量 81g
火力 2600kcal/h
燃焼時間 1.5時間
30代/男性
30代/男性

コンパクトなのにパワフル

評価:

携帯性が良いし、軽いので登山の相棒。
風にも強くて操作もしやすいから手放せない。
山頂でコーヒーでもカップ麺でも簡単に作れる。

シングルバーナーは登山時の湯沸かしで大活躍!

登山 湯沸かし

登山の湯沸かしで大活躍するシングルバーナーの選び方とおすすめを紹介しました。すべて収納袋が付属しているので、簡単に持ち運びできます。

短時間で湯沸かしができるアイテムばかりなので、山頂でもすぐにコーヒーを淹れることができますね。シングルバーナーを持って、登山をさらに楽しんでください。

hiro89

この記事のライター

hiro89

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

雪山登山に必要な装備は?初心者におすすめの道具や服装も!

登山

雪山登山に必要な装備は?初心者におすすめの道具や服装も!

雪山登山に必要な装備を徹底解説!夏山とは大きく異なる雪山装備で、なぜそのウェアやギアが必要なのか、どのように選んだら良いかを説明していきます。また、それぞれのおすすめ商品も紹介していくので、冬山デビューの装備選びの参考にしてください。

沖縄「石川岳」はトレッキング・ハイキングにもおすすめ!登山コースは?

登山

沖縄「石川岳」はトレッキング・ハイキングにもおすすめ!登山コースは?

沖縄県の石川岳のトレッキング・ハイキングコースを紹介します。複数あるトレッキング・ハイキングコースをコース別に解説しています。また、石川岳のおすすめの周辺施設も詳しく説明します。石川岳について詳しくまとめていますので、チェックしてみてください。

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)15選!選び方も!

登山

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)15選!選び方も!

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)を紹介します。登山向けヘッドライトの選び方として、性能や明るさ・重さなどのチェックポイントをまとめました。おすすめのヘッドライト15選を口コミとあわせて紹介し比較表にしています。

登山難易度ランキング!世界・日本で登頂が難しい山を徹底調査

登山

登山難易度ランキング!世界・日本で登頂が難しい山を徹底調査

登山の難易度をランキングにして紹介します。世界・日本の登頂が難しいといわれている山は、どのような点で難易度が高くなっているのか解説。これから登山に挑戦したい人や趣味にしたいと考えている人は、ランキングを参考にしてください。

登山におすすめの日焼け止め15選!紫外線対策に効果的な人気商品紹介

登山

登山におすすめの日焼け止め15選!紫外線対策に効果的な人気商品紹介

登山におすすめの日焼け止めを15選紹介!女性と男性別で登山に人気の日焼け止めを掘り下げましたので、ぜひ参考にしてみてください。また、夏の登山や冬の登山での選び方についても解説。登山に行く機会が多い人は、選び方を参考に購入しましょう。

登山の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード