ニセコサヒナキャンプ場の魅力に迫る!予約方法や口コミもチェック

お気に入りに追加

ニセコサヒナキャンプ場に関する情報について徹底解説!ニセコサヒナキャンプ場の魅力を始め、実際にキャンプ場を利用するときの予約方法や注意点、さらには気になる口コミも紹介します。ニセコサヒナキャンプ場に行ってみたい方必見です。

ニセコサヒナキャンプ場の魅力に迫る!予約方法や口コミもチェック

目次

  1. ニセコサヒナキャンプ場の魅力を紹介!
  2. ニセコサヒナキャンプ場の基本情報と主な施設!
  3. ニセコサヒナキャンプ場のサイト情報
  4. ニセコサヒナキャンプ場の魅力
  5. ニセコサヒナキャンプ場を利用する際の注意点
  6. ニセコサヒナキャンプ場の周辺の温泉情報
  7. ニセコサヒナキャンプ場に関するQ&A
  8. ニセコサヒナキャンプ場で冬キャンプを楽しもう!

ニセコサヒナキャンプ場の魅力を紹介!

北海道磯谷郡にある「ニセコサヒナキャンプ場」は、オールシーズン対応の人気のキャンプ場です。要諦山やニセコ連邦の景色が広がり、日本の四季を肌で感じることができます。

本記事では、ニセコサヒナキャンプ場の基本情報や特徴、予約方法などを詳しく解説します。また、ニセコサヒナキャンプ場の魅力や口コミも紹介しますので、キャンプ場選びの参考にしてください。人気の理由を探っていきましょう。

ニセコサヒナキャンプ場の基本情報と主な施設!

基本情報

北海道の磯谷郡にあるニセコサヒナキャンプ場。オールシーズン楽しめるキャンプ場として口コミも高く人気です。

ニセコサヒナキャンプ場のサイトは草木で囲まれており、プライベート感も高いキャンプ場です。テントはもちろん、包丁やまな板など細かいキャンプ用品もレンタルできる充実ぶり。手ぶらキャンプセットも手ぶらでも楽しめます。

住所

〒048-1321 北海道磯谷郡蘭越町字湯里224-19

営業時間

チェックイン/13:00、チェックアウト/11:00

営業期間

通年

利用料金

【キャンプ】

大人(中学生以上)/1,000円

小人(4歳~小学生)/700円

幼児(0歳~3歳)/無料

【デイキャンプ】

大人(中学生以上)/700円

小人(4歳~小学生)/400円

幼児(0歳~3歳)/無料

※サイト料金、デイサイト料金は下記の表で確認ください。

予約

電話のみで受付

グリーンシーズン(4月~11月)は、3月1日より受付開始

ウインターシーズン(12月~3月)は、11月1日より受付開始

問い合わせ

0136-58-3465

公式サイト

公式サイト

サイトの種類

利用料金(1泊2日)

フリーサイト

テント(ワンルームタイプ) 1張り/850円

スクリーンテント(ツールームタイプ) 1張り/1,050円

タープ・タープスクリーン 1張り/850円

カーサイト

1区画 2,850円

バンガロー

コクワ棟(5~7名) 5,200円

ドングリ棟(7~8名) 5,500円

駐車場泊

グリーンシーズン 850円

電源使用料

最大容量15Aまで 850円

サイトの種類

利用料金(デイサイト)

フリーサイト

1区画 850円

カーサイト

1区画 1,600円

センターハウス

850円

施設①センターハウス

薪ストーブ
MegLearner

ニセコサヒナキャンプ場のセンターハウスの設備は、炊事場、休憩テーブル・椅子、薪ストーブです利用時間は、6:30~22:00までですが、洗面所・トイレは24時間利用可能です。

センターハウス内では、煙が出ない調理が可能です。冬場には薪ストーブが登場し、室内を暖めてくれると口コミで評判です。

施設②炊事場・トイレ

キャンプの炊事場

トイレや炊事場も完備されています。トイレはセンターハウス内に1ヶ所のみです。男女分かれていますが、冬場になると男女兼用になります。ニセコサヒナキャンプ場の便座が暖かいと評価もよいです。

また炊事場はセンターハウス内にあり、洗面台は野外に設置されています。キャンプするを場所によっては、不便との口コミもあります。

施設③炭捨て場・生ゴミ捨て場

炭捨て場の画像

ニセコサヒナキャンプ場の施設には炭捨て場と生ゴミ捨て場もきちんと設置されています。生ゴミ以外は原則持ち帰りになっているので、キャンプ前に確認しましょう。分別できるものはしっかりと分けて捨てる心掛けが必要です。

ニセコサヒナキャンプ場のサイト情報

サイト①オートサイト

ニセコサヒナキャンプ場のオートサイトは9区画あり、各サイトに焚き火炉が完備されています。電源を取りたい場合には、予約が必要です。直火でキャンプが楽しめるので大変人気です。また冬場は雪の為、オートサイトはやっていません。

30代/女性
30代/女性

直火炉がいい!

評価:

直火炉があるし、薪も売っているので、キャンプファイヤーもできる!これが楽しみでここに来てる人も多いんじゃないかな?楽しみ方がいろいろある。

サイト②フリーサイト

フリーサイトは、全部で15区画あります。オートサイト同様に、各サイトに焚き火炉があります。冬場は、雪上でのキャンプになり、焚き火をする場合には別途焚き火台が必要で、焚き火台は2,150円でレンタルが可能です。

男性
男性

ソロキャンプにいい!

評価:

サイトの周りを背の高い木々が覆っているので、周りを気にしないで楽しめる。ソロキャンプにおすすめ。景色もいいし、日常から離れた世界に浸れる。

サイト③バンガロー

バンガロー
MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

ニセコサヒナキャンプ場のバンガローは、コクワ棟とドングリ棟の2つがあります。コクワ棟の設備は、フローリング、照明、暖房、テラス付き、焚き火炉です。電源コンセントがついています。

ドングリ棟の設備は、ロフト式、フローリング、薪ストーブ、焚き火炉があります。照明がないので、ランタンが必要です。電源コンセントはありません。

40代/男性
40代/男性

ドングリ棟の薪ストーブが暖かかった!

評価:

ドングリ棟の薪ストーブ最高です。薪も一泊分あり、足りない分は購入できました。自宅ではなかなか味わえないので、良かったです。

ニセコサヒナキャンプ場の魅力

魅力①ニセコの風景を堪能できる

ニセコサヒナキャンプ場は、要諦山とニセコ連邦を望めるだけでなく、夜には綺麗な星空も見れます。自然豊かなニセコの風景を味わえるので、大変人気があります。景色を見たくて、キャンプの予約をしている方も多いでしょう。

40代/男性
40代/男性

なんといっても景色が素晴らしい!

評価:

キャンプ場から見える羊蹄山の景色に圧倒されてしまった。素晴らしい景色と日常から離れた空間で、ソロキャンプには最高だった。

魅力②個室空間のようなキャンプを楽しめる

各サイトの周りは、背の高い樹木で仕切られています。その為、他のキャンプ客を気にすることなく、キャンプが可能です。キャンプ好きのすべての方が楽しめます。プライベート感が高いという点も、人気の理由です。

30代/女性
30代/女性

周りを全然気にせずに楽しめる!

評価:

木々が生い茂っているので、周囲を気にすることなく楽しめました。夜には木々の間から見える星空が素敵で、また行きたいと思いました。

魅力③直火で焚き火が楽しめる

ニセコサヒナキャンプ場は、サイトやフリーサイトに直火炉があります。他のキャンプ場では、なかなか味わえない直火が可能なキャンプ場です。もちろん焚き火炉もいいですが、直火炉があることがいいという口コミもありました。

20代/男性
20代/男性

各サイトに直火炉がある!

評価:

ニセコサヒナキャンプ場は各サイトに直火炉があるので、直火でキャンプを楽しめる。薪も購入できるし、直火で楽しみたい人にはいいかも!炭捨て場もあるから、片付けにも困らない。

魅力④センターハウスが充実している

センターハウスの設備が整っており、ここを利用したくてサヒナキャンプ場に来る方も多いです。インスタ映えする室内にはジャズが流れていて、雰囲気だけでも楽しめます。冬場には薪ストーブが登場し、口コミによると、センターハウスを思う存分楽しむのが人気なのだそう。

30代/女性
30代/女性

センターハウスの雰囲気が好き!

評価:

センターハウスの雰囲気が好きで、何度も利用しています。冬場には薪ストーブもあって、優しい暖かさ心が癒されます。

魅力⑤電源の利用が可能・レンタル用品が充実している

最大使用量15Aを850円で、電源を使用することが可能です。レンタル用品も充実しており、キャンプ用品からキッチン用品まで借りることができます。また、手ぶらでキャンプセット2名7,000円もあります。

40代/女性
40代/女性

うっかり忘れてしまって…

評価:

ちゃんと準備していたつもりでしたが、キャンプ場についてキッチン用品を忘れたとこに気付きました。レンタルできたので、良かった!

魅力⑥複数の近隣温泉施設の割引券がもらえる

ニセコサヒナキャンプ場の周辺には温泉施設が複数あります。はじめに受付に話しておけば、温泉施設の入浴券や割引券が購入できます。美人の湯とも言われる温泉施設もあり、人気が高いです。

20代/女性
20代/女性

キャンプに温泉に最高でした!

評価:

キャンプの合間に近くの温泉施設を利用しました。ニセコサヒナキャンプ場で入浴券を購入したので、お得に入浴できました。硫黄のようなにおいがありますが、美人の湯につかりお肌もすべすべです。

ニセコサヒナキャンプ場を利用する際の注意点

注意点①生ゴミ以外は持ち帰り

ゴミ拾いをしている様子

ニセコサヒナキャンプ場では生ゴミ以外のゴミは原則、各自で持ち帰りになります。生ゴミは、燃やせるゴミとたい肥する生ゴミに分ける必要があります。

燃やせるゴミは、肉や魚の骨、トウモロコシの芯、貝類の殻が当てはまります。また、たい肥にするゴミは、燃やせるゴミ以外の生ゴミになります。遠方からの場合には、ゴミ処理についての相談も可能です。

注意点②フリーサイトの料金が高くなる場合がある

利尻島キャンプ場
ITUBB

フリーサイトの料金が高くなる場合があるので、注意が必要です。ニセコサヒナキャンプ場では、入場料、サイト料以外にタープ、スクリーンテント料金が発生します。

例えば、テントとタープスクリーンで1,700円発生し、その他に入場料大人1人1,000円かかります。大人2人で行った場合には、3,700円利用料がかかります。他の北海道のキャンプ場に比べて少し割高です。

注意点③通年営業だが不定休

昼間のキャンプ場の様子
Brahmsee

ニセコサヒナキャンプ場はオールシーズン楽しめますが、お休みが不定休なので注意が必要です。ニセコサヒナキャンプ場の公式HPのNEWSに記載があるので、事前に確認しましょう。

ニセコサヒナキャンプ場の周辺の温泉情報

周辺施設①ニセコ湯本温泉郷 月美の宿 紅菜音

「月美の宿 紅菜音」は源泉100%かけ流しの硫黄泉が特徴です。なめらかなにごり湯で、美肌効果があると評判の良いお宿です。口コミの高く人気です。

日帰り温泉はもちろん、1日12組限定の宿泊プランもあります。ニセコサヒナのキャンプの合間に日帰り温泉を楽しんでも良し、帰り際に宿泊しても良いでしょう。

所在地

〒048-1321 北海道磯谷郡蘭越町湯里680-13

営業時間

10:00~17:00

定休日

なし

利用料金

大人/800円

小人/300円

問い合わせ

0136-59-2881

公式サイト

公式サイト

周辺施設②蘭越町交流促進センター 幽泉閣

「幽泉閣」は、美人の湯としても皆さんに愛されている温泉です。昭和33年から営業していて、古くから地域に密着している温泉施設です。施設利用料金もそんなに高くないので、ニセコサヒナのキャンプの合間に訪れてもいいでしょう。

所在地

〒048-1302 北海道磯谷郡蘭越町昆布町114-5

営業時間

10:00~21:30

(月曜日は12:00~の営業、月曜日が祝日の場合は火曜日)

定休日

なし

利用料金

大人(中学生以上)/500円

小人(小学生)/300円

問い合わせ

0136-58-2131

公式サイト

公式サイト

周辺施設③ニセコ昆布温泉 ホテル甘露の森

「ホテル甘露の森」は、五感を癒すニセコの森の贅沢なひとときをコンセプトにしています。和のくつろぎと洋の遊び心が調和している和風モダンな施設。ニセコサヒナキャンプ場からは少し離れますが、おすすめです。

キャンプで疲れた体だけでなく、五感全てを癒しくれます。露天風呂が2つあり、貸切風呂や貸切ファミリー風呂もあります。貸切風呂は予約制です。

所在地

〒048-1511 北海道虻田群ニセコ町ニセコ415番地

営業時間

11:00~21:00(最終受付20:30)

定休日

なし

利用料金

大人/900円

小学生/300円

未就学児/無料

問い合わせ

0136-58-3800

公式サイト

公式サイト

施設④ワン・ニセコ・リゾート・タワー

「ワン・ニセコ・リゾート・タワー」は、新国立競技場を設計した隈研吾氏の空間デザインが施されています。ホテル周辺の雄大な自然と溶け合うエントランスの庇が、気持ちよく出迎えてくれます。

全部屋にキッチンとバルコニーがついているので、宿泊などの長期滞在にも適しています。

所在地

〒048-1511  北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ455-3 

営業時間

13:00~21:00

定休日

なし

利用料金

大人/950円

小学生/550円

小学生未満の子供無料

(タオルの利用料金含む)

問い合わせ

0136-50-2111

公式サイト

公式サイト

ニセコサヒナキャンプ場に関するQ&A

ニセコサヒナキャンプ場では予約のキャンセルや変更ってできるんですか?

予約のキャンセル、変更は可能です。予約日の3日前からキャンセル料が発生します。3日前から前日まで50%、当日100%です。キャンセルが必要な場合は、早めに連絡を入れましょう。また、予約の変更も問い合わせ番号より行えます。

ペットは連れていってもいいですか?

ペットと一緒にキャンプを楽しむこともできます。ただし、リードを付ける、排泄物は責任を持って管理しましょう。また、センターハウス内はペットは入ることができません。バンガローへはゲージやシートの利用が必要です。

ニセコサヒナキャンプ場を利用するルールってありますか?

サヒナルールというルールがあります。キャンプ場を利用する為のルールが記載されています。細かいルールがあり、公式HPに載っているので、キャンプ前に確認しておくといいでしょう。

ニセコサヒナキャンプ場で冬キャンプを楽しもう!

人気が高いニセコサヒナキャンプ場について、口コミなどとともに詳しく解説しました。ニセコサヒナキャンプ場はニセコサヒナを楽しみたい方に最適です。

景色も星空も日常とは違う空間はもちろんですが、オールシーズン対応だからこその冬の雪上キャンプをぜひ味わってください。プライベート感が満載なので、友達、家族、恋人、それぞれの楽しみ方で楽しめます。

羊蹄山自然公園真狩キャンプ場で楽しもう!おすすめサイトや料金は?

あわせて読みたい

羊蹄山自然公園真狩キャンプ場で楽しもう!おすすめサイトや料金は?

北海道の「真狩キャンプ場」について紹介します。真狩キャンプ場のサイトや料金、周辺のおすすめスポットもまとめています。真狩キャンプ場の魅力を詳しく解説しているので、北海道でのキャンプを検討している方は参考にしてみてください。

利尻島のキャンプ場「ゆ~に」の魅力に迫る!サイト情報・料金は?

あわせて読みたい

利尻島のキャンプ場「ゆ~に」の魅力に迫る!サイト情報・料金は?

利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ〜に」(北海道)についてまとめました。各種サイトやコテージなどの場内施設、料金、予約、レンタル品について解説。また、利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に周辺の温泉やホームセンター、食料品店も紹介します。

shoboo

この記事のライター

shoboo

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

「日高沙流川オートキャンプ場」の魅力とは?口コミや予約方法も

北海道・東北のキャンプ場

「日高沙流川オートキャンプ場」の魅力とは?口コミや予約方法も

北海道の「日高沙流川オートキャンプ場」を紹介します。日高沙流川オートキャンプ場の魅力や、基本情報を徹底的に解説。キャンプ場周辺のスポットや、予約方法などもわかりやすく説明します。日高周辺でキャンプを考えている人は、参考にしてください。

判官館森林公園キャンプ場はどんなところ?基本情報や特徴を紹介!

北海道・東北のキャンプ場

判官館森林公園キャンプ場はどんなところ?基本情報や特徴を紹介!

判官館森林公園キャンプ場の魅力や予約などの基本情報を徹底調査しました。判官館森林公園キャンプ場のサイトの特徴や、利用する際の注意点も詳しく解説しています。周辺にある人気スポットも併せて紹介しますので、是非参考にしてください。

モラップキャンプ場の丸わかりガイド!おすすめポイントや注意点も!

北海道・東北のキャンプ場

モラップキャンプ場の丸わかりガイド!おすすめポイントや注意点も!

モラップキャンプ場のおすすめポイントや、キャンプ場内の施設情報をまとめました。モラップキャンプ場を利用する際の注意点も詳しく解説します!キャンプ場周辺にある、旅館などのおすすめ施設も説明しているので、参考にしてください。

道民の森には3つのキャンプ場がある!予約するならどこがおすすめ?

北海道・東北のキャンプ場

道民の森には3つのキャンプ場がある!予約するならどこがおすすめ?

道民の森にある3つのキャンプ場の魅力や設備、料金などについてまとめました。道民の森全体の魅力や情報、各キャンプ場の設備なども詳しく解説!さらに周辺にあるおすすめ施設の情報も併せて紹介しますので、道民の森でのキャンプを考えているならぜひ参考にしてみてください。

登別の穴場「つどいの館キャンプ場」でキャンプを満喫!サイトや料金は?

北海道・東北のキャンプ場

登別の穴場「つどいの館キャンプ場」でキャンプを満喫!サイトや料金は?

登別にある穴場のキャンプ場、つどいの館キャンプ場を紹介!この記事では、集いの館キャンプ場の特徴や魅力、利用にあたって注意すべきポイントを紹介していきます。なぜ、つどいの館キャンプ場が穴場のキャンプ場と言われているのか、理由もまとめました。

北海道・東北のキャンプ場の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード