人気の焚き火台「ラプカ」の魅力とは?一台あるとキャンプが快適に

お気に入りに追加

キャンプに人気の焚き火台「ラプカ」の魅力を紹介!ラプカの組み立てや、誕生した理由についても掘り下げていきましょう。オプションの五徳や鉄板、焼き網についても触れています。ラプカの存在が気になるという人は、ぜひ参考にしてみてください。

人気の焚き火台「ラプカ」の魅力とは?一台あるとキャンプが快適に

目次

  1. 人気の焚き火台「ラプカ」の魅力を紹介!
  2. 人気の焚き火台「ラプカ」ができた背景
  3. 焚き火台「ラプカ」の商品情報と魅力
  4. 焚き火台「ラプカ」の欠点
  5. 焚き火台「ラプカ」のオプション商品
  6. 焚き火台「ラプカ」に関するQ&A
  7. 人気の焚き火台「ラプカ」をキャンプで使おう!

人気の焚き火台「ラプカ」の魅力を紹介!

焚き火台は、様々なメーカーから販売されています。それぞれメリットやデメリットがあるため、どれを購入していいのか迷う人も多いでしょう。そんな時は、人気の焚き火台「ラプカ」を購入してみてください。

ラプカは五徳や風防など、オプションが充実していることで知られています。組み立て方が、簡単だという部分も人気です。ラプカをキャンプギアに加えて、もっと充実したキャンプを楽しみましょう。

人気の焚き火台「ラプカ」ができた背景

なぜ人気の焚き火台ラプカができたのか、気になっている人も多いでしょう。まずはラプカが誕生した背景について掘り下げていきます。購入を検討している人は、ぜひそちらも参考にしてみてください。

異業種クリエイター達が作成

ラプカを販売しているのは、MAAGZと呼ばれるブランドです。キャンプを愛するクリエイターが、たくさんのこだわりを詰め込んでいます。また、作り手は異業種の人たちで、ラプカはMAAGZが初めて考えたキャンプギアです。

クラウドファンディングから生まれた

ラプカは、何とクラウドファンディングから生まれた商品です。2019年11月27日から、2020年1月27日まで行われていました。最終的に目標達成率の2508%を突破し、現在では多くの人に愛されています。

焚き火台「ラプカ」の商品情報と魅力

ここからは、焚き火台ラプカの魅力について掘り下げていきましょう。人気の理由を知れば、キャンプギアの1つに加えたいと考えること間違いなしです。また、ラプカを知らない人のために、商品紹介も行っています。ぜひそちらも参考にしてみてください。

商品情報

出典: 楽天市場
MAAGZ
ラプカ
23,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
どの項目においても優秀な焚き火台

MAAGZから販売されているラプカは、薄くコンパクトになることで知られています。そこそこのサイズなのにコンパクトなので、ソロキャンプにもぴったりです。また、灰受けがV字になっているため、使用後の片づけがしやすくなっています。

組み立てサイズ 幅38~39.5×奥行34.5~35×高さ34.5cm
収納サイズ 幅35.3×高さ34.5×奥行1.3cm
重量 1.8kg
素材 ステンレス
20代/男性
20代/男性

悩んだ末購入

評価:

実際に使ってみないとわからないため、購入してみました。コンパクトに収納できるだけでなく、調理が充実しました。現在はソロキャンプに持って行っています。同時に調理が行えるので、今後は友人とのキャンプにも利用したいです。

魅力①直火禁止でも焚き火気分を味わえる

キャンプ場によっては、直火が禁止になっている場所もあります。そんな時にラプカがあれば、直火禁止でも焚き火気分を味わうことが可能です。それでいて、地面に対して必要以上に近いわけではありません。そのため、芝生がある場所でも安全に焚き火が楽しめます。

魅力②簡単に組み立てられる

ラプカは、焚き火台の中でも組み立てが簡単なことで知られています。組み立ては、3ステップのみです。フレームを組み立てたら、灰受けを設置します。最後にロストルを乗せたら、ラプカの完成です。かなり組み立てが簡単なので、初心者でも手軽に扱えます。

魅力③コンパクトに収納できる

ラプカの魅力として、コンパクトに収納できるという点が挙げられます。折りたたむと、厚さ1.3cmほどの厚さになるのが特徴的です。他の焚き火台と比べても薄いため、コンパクトさ重視の人から人気があります。広げるとそこそこの大きさになるので、使い心地は最高です。

魅力④手入れしやすい

ラプカのパーツはとても少なく、手入れがしやすいという特徴があります。それぞれが独立するため、万が一錆びてしまっても安心です。灰で汚れてしまった場合も、そのまま水で丸洗いできます。どうしても汚れが落ちない場合は、重曹などを利用しましょう。

魅力⑤大きな薪をそのまま使える

市販で売られている薪は大きくて、割らないと使えないこともあります。しかし、ラプカなら大きな薪そのまま利用可能です。ロストルの大きさが十分あるので、30~40㎝までなら問題なく置けます。焚き火台を使う際、手間を省きたい人におすすめのポイントです。

魅力⑥燃焼効率が良い

薪を置くロストル部分には、多数の穴が開けられています。この穴は、燃焼効率の良さに大きく関係する部分です。空気孔から立ち上ってきた空気は、炎を大きくしてくれます。十分な火力が期待できるので、焚き火としてだけでなく、ちょっとした調理にも使えるでしょう。

魅力⑦焚き火料理がしやすい

ラプカは、逆台形型のデザインが特徴的です。40cm近い横幅があるため、しっかりと調理スペースを確保できます。同時に様々な調理器具を置けるので、焚き火料理がしやすいです。また、ラプカで調理をしながら、薪や炭を追加することもできます。

魅力⑧ステンレスで丈夫

素材として、ステンレスが採用されています。ステンレスは丈夫で錆びづらく、軽いという特徴があります。錆びづらい素材なら、メンテナンスに時間をかけなくても愛用可能です。そのため、頑丈な焚き火台がほしいという人は、ぜひラプカの購入を検討してみましょう。

魅力⑨カスタマイズで拡張できる

ラプカが人気の理由の一つとして、拡張性が挙げられます。拡張を意識してフレームが作られており、今後発売されるオプションを繋げることが可能です。他にも、市販されている角棒やフラットバーを使って、五徳を自作することもできます。

焚き火台「ラプカ」の欠点

魅力の多いラプカですが、欠点も少なからずあります。ここからは焚き火台ラプカの欠点を2つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。事前に欠点を知っていれば、カバーできておすすめです。

欠点①灰が散らばる

ラプカは、開放的なデザインです。そのため、風が吹くと灰が散らばるという欠点があります。灰が散らばる場合は、風防の利用がおすすめです。灰が散らばるのを防げる他、風から焚き火を守れます。他にも、下に耐熱シートを敷いておけば片付けが簡単です。

欠点②耐久性が低い

ラプカの欠点の一つとして、耐久性が低い部分が挙げられます。ステンレスは扱いやすい反面、曲がりやすいです。万が一曲がってしまった場合は、反発するように取り付けたり、曲がっている部分を直すように少しずつ力を入れると良いでしょう。

焚き火台「ラプカ」のオプション商品

先ほど、ラプカにはオプションが多いと紹介しました。そのため、ここからは焚き火台ラプカのオプション商品を紹介していきます。全部で5つ掘り下げているので、ぜひ参考にしてみてください。焚き火が楽しめるだけでなく、調理がはかどること間違いなしです。

MAAGZ/専用ウインドスクリーン

出典: 楽天市場
MAAGZ
専用ウインドスクリーン
3,600円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
風から焚火を守れる

ラプカ専用のウインドスクリーンは、風防として使えます。専用ウインドスクリーンは4枚セットになっていて、風から炎を守ってくれるでしょう。風防を利用すれば、着火も簡単になります。ステンレス板を歪曲させて取り付けてください。

専用ウインドスクリーンは4枚セットなので、一部だけ取り外して利用できます。手前だけ開けておけば、薪の出し入れがスムーズになっておすすめです。

サイズ 前/後パネル:W37.5×H15.3cm、右/左パネル:W36.3×H20.5cm
重量 778g
素材 ステンレス
40代/女性
40代/女性

初心者です

評価:

初心者なので、中々焚き火の火がつけられないこともありました。しかし、こちらのラプカの専用ウインドスクリーンを使うと、簡単に火をつけられます。風から炎を守ってくれているので、今後も利用したいです。

MAAGZ/焚き火用五徳

出典: 楽天市場
MAAGZ
焚き火用五徳
1,680円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
本格的な調理には五徳がおすすめ

五徳は、調理には欠かせないオプションです。MAAGZのオプションの中でも安価で、手に入りやすいのがメリットとなります。五徳には重たいものも置けるので、鍋やフライパンを使って調理したい人には五徳の購入がおすすめです。

使用中の落下を防ぐために、五徳には両サイドに引っ掛けられる部分がついています。そのため、ラプカの五徳は重たい調理器具に最適なアイテムとなります。ぜひラプカと組み合わせて使ってみてください。

サイズ 幅42×奥行12×高さ1.2cm、丸棒直径0.4cm
重量 200g
素材 ステンレス
20代/男性
20代/男性

調理が楽しくなりました

評価:

ダッチオーブンやスキレットで、調理を行いたくて購入しました。五徳を置けば同時に調理が行えます。また、五徳もステンレスでできているので、持ち運びに便利です。これからは五徳を使った料理をもっと作りたいと思います。

MAAGZ/長尺鉄板

出典: 楽天市場
MAAGZ
長尺鉄板
3,190円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
五徳と合わせての使用がおすすめ

五徳を使わず調理したい場合は、長尺鉄板の利用がおすすめです。鉄板として利用できるので、そのまま食材を投入できます。ただし、初めは油ならしが必要です。しっかりと油ならしをしておくことで、食材が鉄板にくっつくのを防ぐことができます。

長尺鉄は鉄でできているため、取り扱いに注意してください。万が一焦げ付いてしまっても、綺麗に洗い流すことができます。

サイズ 幅41×奥行11.5×高さ1cm、厚さ0.32cm
重量 1030g
素材
30代/女性
30代/女性

錆止め加工はなし

評価:

錆止め加工は施されていないため、油ならしが必要です。使えば使うほど黒くなり、自分だけの鉄板になります。大きいサイズの鉄板なので、分厚いステーキを焼くこともできました。

MAAGZ/スティック

出典: 楽天市場
MAAGZ
スティック
17,600円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
香ばしい料理に最適

焚き火調理をより楽しみたいのなら、ラプカのスティックを利用するのがおすすめです。スティックは先端が鋭くなっていて、直接食材を刺すことができます。重たい食材を刺しても問題なく利用できるため、鶏の丸焼きなども可能です。

また、持ち手部分は木製になっています。持ち手を回せば、均等に火を入れることができておすすめです。また、スティックはコンパクトに収納できるため、持ち運びにも便利なアイテムとなります。

サイズ スティック:10.5×59.9×4cm φ0.8cm、スタンド(展開時):22.3×41.5×13.9cm、スタンド(収納時):1.7×41.5×1.9cm
重量 スティック:390g、専用スタンド:455g、収納ケース:148g
素材 ステンレス
50代/男性
50代/男性

魚も肉もおいしく頂けます

評価:

焚き火調理をグレードアップしたいと思い、こちらのオプションを購入しました。食材を直接刺して調理を行います。その場で釣った魚の丸焼きができるので、釣り好きの自分にぴったりでした。もちろん、鶏にも使えるのでバーベキューとしても楽しめます。

MAAGZ/焼き網

出典: 楽天市場
MAAGZ
焼き網
10,560円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
2種類の使い方ができるアイテム

より調理の幅を広げたいのなら、ラプカ専用の焼き網を購入しましょう。簡単に組み立てられるのが特徴的です。ラプカの焼き網は6つのデザインがあり、好きなものを選べます。焼き網は五徳として使えるだけでなく、バーベキューもできる便利なアイテムです。

細長い形をしているため、焚き火台の上を占領することがありません。五徳や鉄板を同時に利用することも可能です。ぜひ、自分に合った使い方を探してみてください。

サイズ 41×10.9×0.7cm
重量 ステンレス
素材 216g
20代/女性
20代/女性

3つ買いました

評価:

1つだけでも問題なく利用できます。しかし、私の場合は友人とバーベキューをしたかったので、3つ購入しました。組み立ての際に3つ焚き火台に乗せると、広い範囲でお肉を焼けます。パンを焼けば、焼き網の柄が焼き目としてつくのでおすすめです。

焚き火台「ラプカ」に関するQ&A

薄いと怪我をしないか心配です

厚みの薄いアイテムですが、怪我をすることはほとんどありません。しかし、強い力で衝撃が与えられると、怪我をする危険性が高まります。そのため、組み立て時は手を怪我しないように注意してください。

どこで作られているギアですか?

焚き火台ラプカは、日本で作られているハンドメイド製品です。すべて日本で手作業によって製造されていて、高品質を期待できます。ただし、手作業により個体差が生まれる可能性があります。使用には問題ないので、安心して利用してください。

ラプカは、燃えている様子を見れますか?

焚き火台ラプカには、視界を遮るものがありません。そのため、どの方向からでも燃えている様子を観察できます。大人数で利用する場合に、おすすめのアイテムといえるでしょう。

ラプカを使っても地面は焼けませんか?

ラプカは地面に近いため、地面が焼ける可能性があります。そのため、利用する際は耐熱シートを利用しましょう。耐熱シートを敷いておくことで、火の粉から芝生を守ることができます。

ラプカのオプションは他にもありますか?

ラプカには、専用のオプションが多数用意されています。他には、ニコイチごとく、焚き火コンロ、ラプカ専用ごとくなどです。今後も開発される可能性があるので、定期的にチェックしておきましょう。

人気の焚き火台「ラプカ」をキャンプで使おう!

人気の焚き火台ラプカは、キャンプを充実させるアイテムの一つです。焼き網や風防を使うことで、より快適に使えます。

また、焚き火台はマーグズやピコグリルなど、様々なメーカーからも販売されていることが多いです。そのため、どの製品が自分に合っているのか十分検討してみてください。他にもテーブルなどを組み合わせると、焚き火を囲みながらお酒を楽しむこともできるようになります。

ラプカを使って、キャンプを楽しみましょう!

すうこ

この記事のライター

すうこ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ペトロマックスのアタゴが万能すぎる!便利な活用アイデアを紹介!

焚き火台

ペトロマックスのアタゴが万能すぎる!便利な活用アイデアを紹介!

ペトロマックスのアタゴが万能で人気を集める理由を解説!1台で何通りにも使える活用アイデアを紹介します。ペトロマックスのアタゴで焚き火をするときの、煙の量や掃除のしやすさも調べました。収納ケースや相性のよいダッチオーブンのサイズなど、オプションも要チェックです。

ニンジャファイヤースタンドが軽くて便利!調理もできて大活躍!

焚き火台

ニンジャファイヤースタンドが軽くて便利!調理もできて大活躍!

ニンジャファイヤースタンドの、詳しい寸法や重量の詳細を徹底解説。持ち運びに便利で、調理まで可能なニンジャファイヤースタンドの便利な使い方を説明します。軽量でコンパクトで使い勝手の良い焚火台を探している方は、ぜひ参考にしてください。

キャンプの焚き火台にファイヤーピットはいかが?おすすめアイテムは?

焚き火台

キャンプの焚き火台にファイヤーピットはいかが?おすすめアイテムは?

ファイヤーピットについて説明します。この記事ではファイヤーピットの選び方や使い方、おすすめアイテムについてまとめました。おしゃれなデザインなものから軽量なものまで多彩なアイテムを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

軽量焚き火台おすすめ10選!ソロキャンプに便利な小型タイプも

焚き火台

軽量焚き火台おすすめ10選!ソロキャンプに便利な小型タイプも

おすすめの軽量焚き火台を、10選紹介します。ソロキャンプに最適である、小型・軽量で折りたたみできるものなど、コンパクトサイズの焚き火台をまとめました。また、焚き火台の選び方も合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

SOTOのミニ焚き火台テトラがおすすめ!メスティンとの相性抜群

焚き火台

SOTOのミニ焚き火台テトラがおすすめ!メスティンとの相性抜群

SOTO「ミニ焚き火台テトラ」の魅力を紹介します!アルコールストーブ固形燃料を使えるのか、メスティンとの相性はどうなのかについて掘り下げています。ミニ焚き火台テトラのがおすすめな理由にも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連するキーワード

焚き火台の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード