K2はエベレストよりも難易度が高いと言われている山!登山ルートは?

お気に入りに追加

K2がエベレストよりも難易度が高いと言われている理由を紹介します。あのエベレストよりも難易度が高く、死者数が多いK2の情報をまとめました。いまだ登頂困難なルートがあるK2の難易度や、今までの登頂に関する情報をチェックしましょう。

K2はエベレストよりも難易度が高いと言われている山!登山ルートは?

目次

  1. K2登山の登山ルートと難易度を解説!
  2. K2の基本情報と難易度
  3. K2の登山口と登山ルート
  4. K2登山に関するQ&A
  5. K2登山は登山上級者でも難しい!

K2登山の登山ルートと難易度を解説!

パキスタにあるK2は、世界で最大級の難易度の山と言われています。多数の人が亡くなっており、高難易度の山として恐れられています。

そんなK2登山の登山ルートと難易度について解説していきます。K2がエベレスト以上に危険と言われている理由も含めて、その難易度に注目しましょう。

K2の基本情報と難易度

基本情報

K2はパキスタンと中国の国境に位置する、カラコルム山脈の山です。K2というのは「Karakoram No.2」のことであり、「カラコルム山脈測量番号2号」という意味です。

標高はエベレストに次ぐ世界第2位の8,611mです。エベレストは標高8,848mですが、人里離れた位置にあり、19世紀末まではほとんど知られていない山でした。

エベレストより登るのが難しい山

難易度の高い山としてエベレストのイメージが強いかもしれませんが、実際に死者が多数出ている山は他にもあります。

その中でK2も非常に危険な山の一つです。エベレストより登るのが難しいと言われている理由は様々ですが、山に到着するまで時間がかかり、気象条件が厳しいのです。

また、雪崩や滑落の危険性も高いのも難易度を上げている理由です。プロの登山家でもK2登頂を夢見る人が多いですが、命の危険性が付きまといます。

登山成功者数と死亡者数

K2は2012年の段階で登頂に成功したのは306名。その時点で死者は84人、死亡率は26.8%という高さです。

公式で初登頂を果たしたのは、1954年のヴァルテル・ボナッティです。イタリア遠征対に参加しています。このとき、初登頂の座を奪おうとした隊員から嘘の報告をされたものの、記録や写真から正式にボナッティが初登頂者として認められています。

K2の登山口と登山ルート

K2の登山口

K2の登山口へのルートは長い道のりです。基本的に中国側の北側ルートは困難なため、パキスタン側からアプローチを行います。

最も近い村から直線距離でも約80km離れているのです。バルトロ氷河を1週間ほどかけてあるき、それだけでも困難な道のりとなっているので注意しましょう。

ベースキャンプの標高

ベースキャンプは5000m付近に存在します。富士山が3776mと考えると、いかに高い位置にベースキャンプが設営されているか感じられるでしょう。

K2登山では、最短でも3ヶ月はかかるため、このベースキャンプでの生活が重要になります。身体をここで慣らし、高山病を起こさないようにしなければなりません。

こういったことも高難易度に繋がっている理由です。何度も道を切り開いては戻り、切り開いては戻りを繰り返して、山頂に向かっていくことになります。

登山ルートは決まっていない

K2には明確な登山ルートが存在せず、前人未到と言われている東壁からのアタックもあります。

多くの登山家は南東面を目指して進んでいきますが、東壁から挑戦したり、西南西壁からのアタックを行う人もいます。現在も日本人登山家の平出和也が、K2西壁新ルートの無酸素登頂を目指すなど、新しいルートが開拓されています。

K2登山に関するQ&A

K2に関する最新の情報は?

難易度の非常に高い山ですが、さらに記憶が乗り換えられています。2021年1月16日にネパールの登山隊が冬季初登頂に成功しました。しかし、2008年に氷塊の崩落事故で3名画巻き込まれており、11名が遭難死しています。

難易度の高さの原因は何ですか?

標高が高く、登山口まで距離があり、雪崩や滑落の危険があるためです。他の難易度が高い山を制覇している登山家でさえ、K2で命を落としています。チームの絆、そして危険な場合は引き返す勇気が必要な山です。

K2登山は登山上級者でも難しい!

K2登山の難易度や登山ルートについて紹介しました。東壁や西南西壁からのアタックなど、未だにその難易度が変わることはありません。それでも、その難易度の高さ故に登頂を目指す人たちがいます。

今後も高難易度であるK2登山へのチャレンジャーが現れ、新しい歴史が作られるのでしょう。そんな彼らの挑戦に注目してください!

浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

山の中で家を改装して開拓中。そんな経験を活かした記事を発信していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

登山におすすめの水筒16選!大容量・保温性に優れた人気アイテムも

登山

登山におすすめの水筒16選!大容量・保温性に優れた人気アイテムも

登山におすすめの水筒を16種類厳選して紹介します!大容量のものや保温性に優れたものなど、人気商品をタイプ別にリサーチして比較しました。あわせて、登山にもっていく水筒の選び方についても解説しています。ぜひ購入の際の参考にしてください。

雪山登山に必要な装備は?初心者におすすめの道具や服装も!

登山

雪山登山に必要な装備は?初心者におすすめの道具や服装も!

雪山登山に必要な装備を徹底解説!夏山とは大きく異なる雪山装備で、なぜそのウェアやギアが必要なのか、どのように選んだら良いかを説明していきます。また、それぞれのおすすめ商品も紹介していくので、冬山デビューの装備選びの参考にしてください。

沖縄「石川岳」はトレッキング・ハイキングにもおすすめ!登山コースは?

登山

沖縄「石川岳」はトレッキング・ハイキングにもおすすめ!登山コースは?

沖縄県の石川岳のトレッキング・ハイキングコースを紹介します。複数あるトレッキング・ハイキングコースをコース別に解説しています。また、石川岳のおすすめの周辺施設も詳しく説明します。石川岳について詳しくまとめていますので、チェックしてみてください。

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)15選!選び方も!

登山

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)15選!選び方も!

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)を紹介します。登山向けヘッドライトの選び方として、性能や明るさ・重さなどのチェックポイントをまとめました。おすすめのヘッドライト15選を口コミとあわせて紹介し比較表にしています。

登山難易度ランキング!世界・日本で登頂が難しい山を徹底調査

登山

登山難易度ランキング!世界・日本で登頂が難しい山を徹底調査

登山の難易度をランキングにして紹介します。世界・日本の登頂が難しいといわれている山は、どのような点で難易度が高くなっているのか解説。これから登山に挑戦したい人や趣味にしたいと考えている人は、ランキングを参考にしてください。

登山の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード