吸水スポンジはテントの結露対策にも役立つ!100均商品と他社製品を比較

お気に入りに追加

100均で手に入る吸水スポンジで、テントの結露対策をするための方法を説明します。結露対策にも水回りにもおすすめの、吸水スポンジを紹介していますので、その吸水力の違いにも注目!100均やニトリで、結露対策できる吸水スポンジを手に入れましょう。

吸水スポンジはテントの結露対策にも役立つ!100均商品と他社製品を比較

目次

  1. 吸水スポンジはテントの結露対策に大活躍
  2. 吸水スポンジの100均商品と他社製品のおすすめ紹介
  3. 吸水スポンジに関するQ&A
  4. 吸水スポンジは水回りだけでなくテントにも使える!

吸水スポンジはテントの結露対策に大活躍

吸水スポンジ

冬キャンプに行くと頭を悩まされるのが、テントの結露問題。手持ちのタオルで拭くという手もありますが、水を吸って重くなるし臭くなる、など新たな問題も発生します。

そこで大活躍するのが、水回りの掃除などに使われる「吸水スポンジ」です。お手軽な100均やお値段以上のニトリから販売されていますので、おすすめ商品を紹介していきます。

吸水スポンジの100均商品と他社製品のおすすめ紹介

【ダイソー】PVA吸水クロス

サイズ

40×30cm

材質

ポリビニルアルコール、イソチアゾン系防腐剤

100均の代表格、ダイソーで買える吸水スポンジです。吸水実験では、1枚で約180mlの水を吸い上げることができました。吸水スポンジ自体の大きさがあるので、一気に広範囲を拭き上げることができます。100均とは思えない、驚きの吸水力です。

【セリア】PVA吸水スポンジ

サイズ

17×7×3cm

材質

PVA

おしゃれでキャンプ用品の取り扱いも多い100均、セリアの商品です。スポンジ型で手にフィットしてくれるので作業しやすいです。コップ1杯の水なら、ぐんぐん吸い込んでくれます

たっぷり吸ったら、そのままぎゅっと握れば吸水力が復活!セリアのPVA吸水スポンジは10×6×2cmのミニサイズもあります。

【キャンドゥ】吸水スポンジクロス

サイズ

20×30cm

材質

人口セーム

こちらもお馴染みの100均キャンドゥから、人口セームという材質の吸水クロスを紹介します。こちらの「セーム」という材質、水泳の時に体を拭くタオルと聞くと、ピンとくる方もいるのではないでしょうか?このセームが、100均のキャンドゥで手に入るんです。

水泳の時にも使われる材質の吸水スポンジなので、吸水スピードが速いです。この吸水スポンジは、洗うと簡単に汚れが落ちるのでとても気持ちがいいです。

【キャンドゥ】超吸収ふきとりクロス

サイズ

38×40cm

材質

レーヨン85%、ポリエステル15%

こちらも100均キャンドゥからの商品です。吸水力は150ml程度。100均で買える吸水スポンジとしては十分な実力です。その反面、繊維に水を含みやすいので、やや絞りにくいという欠点もあります。「超吸収」のネーミングには、あまり期待しすぎない方が良い様です。

結露対策だけでなく、カットしてBBQの片付けに使うなど、100均ならではの使い道もありそうです。

【ニトリ】セルローズ吸水マット

出典: 楽天市場
ニトリ
セルローズ吸水マット
798円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
熱湯消毒できて衛生的

吸水性に優れた植物由来の環境にやさしい素材でできています。厚さ約8mmあるため自重の約10倍の吸水力があります。200ml以上の吸水が可能です。耐熱温度が約120度あるので、熱湯消毒することも出来ます。

サイズ 48×32cm
材質 植物繊維(セルローズ)
30代/女性
30代/女性

結露対策に!

評価:

部屋の結露対策に購入。1L近くも吸水するらしくて、100均で買ったものより拭き痕も残りにくい。
何度も使えるし、これ1枚で結露も怖くなくなりました。

吸水スポンジに関するQ&A

一度使ったらカチカチになってしまいました。このまま使えますか?

初回は柔らかい材質ですが、一度乾燥させると硬くなります。2回目以降に使用する時には、水やぬるま湯ですすいで、柔らかくしてから使用することが可能です

吸水スポンジを使用する時の注意点はありますか?

種類によって、濡れることで色移りする場合があります。また、表面に防腐剤が付着しており手荒れなどの原因となる可能性があります。新品を最初に使用する時には、2~3回すすいでから硬く絞り、使用することをおすすめします。

すぐ乾くのでカビの心配はないですか?

使用した後に汚れをそのままにしておくと、カビが発生することがあります。使用した後は、きれいにすすいで硬く絞った上でよく乾燥させましょう。

クロスタイプの吸水スポンジは広げたまま乾燥させると、そのままの形で硬くなってしまいます。固く絞り、収納できる大きさにしてしっかりと乾燥させてください。

吸水スポンジは水回りだけでなくテントにも使える!

冬キャンプ

水回りに使える吸水スポンジはテントの結露対策にも期待が持てそうですね。沢山吸水してくれるのにコンパクトなので、荷物の緩衝材代わりに持ち運びできます。

吸水スポンジは、100均などのキッチンコーナーで手に入れることができます。冬キャンプの結露対策に、100均の売り場をチェックしてみてください。

hiro89

この記事のライター

hiro89

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

キャンプ道具

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

ジャックウルフスキンの魅力と日本での評価を紹介します!ジャックウルフスキンの幅広い商品ラインナップから、おすすめ商品も紹介していきます。国内外から高い評価を得ている商品多数なので、新生活に向けてリュックやジャケットの新調を考えている方、参考にしてください。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード