トンネル型テントのおすすめ20選!人気の理由とデメリットも!

お気に入りに追加

トンネル型テントのおすすめ製品を紹介します。トンネル型テントが人気を集める理由や、注意したいデメリットも解説!ファミリー向けの他、ソロ用や価格の安い製品も含めてまとめました。タープとの併用や、シェルターとしての利用法など、具体的な使い方も説明します。

トンネル型テントのおすすめ20選!人気の理由とデメリットも!

目次

  1. おすすめのトンネル型テントを徹底紹介!
  2. トンネル型テントの人気の理由
  3. おすすめのトンネル型テント20選
  4. おすすめのトンネル型テントの比較表
  5. トンネル型テントのデメリット
  6. トンネル型テントでキャンプを快適に過ごそう!

おすすめのトンネル型テントを徹底紹介!

トンネル型テント

フレームをアーチ型に並べて設営するトンネル型テントは、前室が広く居住性が高いことから、人気を集めています。しかし、トンネル型テントは、形状が独得であるため、他の種類のテントと違って注意しなけらばならない点もあります。

この記事では、トンネル型テントのメリット・デメリット、機能性に優れたおすすめ製品について紹介します。

トンネル型テントの人気の理由

理由①天候の変化に強い

ほとんどのトンネル型テントは、前室と寝室の2部屋をテント内に確保でき、タープの必要がありません。このため、雨が降っても、トンネル型テントの開口部をクローズしてしまえば、タープと違って雨の吹込みが気になりません

同様に、トンネル型テントは、風をしのいだり暖かい空気を留めたりと、天候の変化に柔軟に対応できます。また、トンネル型テントは、形状が流線型なので、強風でもバタついたり飛ばされたりすることが少ないです。

理由②区画内に設営できる

トンネル型テントは、テント内に寝室とリビングスペースを確保できるので、必要なスペースが少なくて済みます。大人数でキャンプをする際、大型テントとタープを張り、車を横づけすると広いスペースが必要になります。

区画ごとに料金が設定されたキャンプ場だと、1区画では足りず、利用代金がかさんでしまいます。トンネル型テントなら、テントとタープが一体化しているので、区画内に収めるのが簡単です。

理由③テント内が広い

トンネル型テントは、ドーム型テントと比較して、居室スペースを広く設計してあるものが多いです。前室にテーブルやチェア、暖房器具などを置いて余裕のある団欒スペースがレイアウトできます。

前室の広いトンネル型テントは、インナーテントを2つ導入できるものもあり、グループキャンプに便利です。

理由④設営が簡単

トンネル型テントは、ドーム型テントのように、ポールを交差させる必要がありません。ポールをスリーブに通せば形になるので、慣れれば1人でもトンネル型テントを設営できます

基本的には、まずアウターテントを広げて、ポールをテントのスリーブに通し、ポールの先端をグロメットに差し込みます。最後にフレームを起こし、ペグ打ちして固定すれば、トンネル型テントの形になります。

理由⑤風通しが良い

トンネル型テントは、壁に開口部が多く天井が高いので、風遠しが良いという特徴があります。窓や出入り口がメッシュにできるトンネル型テントなら、虫の侵入を防ぎながら、通気性を確保できます。

理由⑥おしゃれなデザイン

キャンプ場でよく見かけるドーム型テントや、ワンポールテントに比べて、トンネル型テントは独特の形状をしています。カマボコやイモムシに例えられる個性的な外観が特徴です。

生地の種類も豊富で、カラフルなものやミリタリー風のものなど、様々なトンネル型テントが販売されています。

おすすめのトンネル型テント20選

Coleman「トンネル2ルームハウス」

出典: 楽天市場
Coleman(コールマン)
トンネル2ルームハウス
82,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
高さのある開放的なリビング

グランドシートとテントシートが付属した、初心者向けのトンネル型テントスタートパッケージです。高さ2mと、解放感のあるリビングで、寝室でも立ち上がって着替えができます

出入り口が4箇所あり、すべてメッシュパネルにできるので、トンネル型テント内の換気が十分にできます。

サイズ 660×330×高さ200cm
収納サイズ 直径31×72cm
重量 15.5kg
素材 フライ:75Dポリエステル(UVPRO、PU防水)、フロア:210Dポリエステル(PU防水)
30代/男性
30代/男性

バイザーがあって雨に濡れない

評価:

トンネル型テントの出入り口の上にバイザーがあるので、雨の日に便利です。タープが無くても、前室に雨が降り込むのを防いでくれます。

Snow Peak「エントリー2ルーム エルフィールド TP-880」

出典: 楽天市場
Snow Peak(スノーピーク)
エントリー2ルーム エルフィールド TP-880
87,780円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
4人家族にぴったりのトンネル型テント

リビングルームと寝室が一体になった、大型シェルタータイプのトンネル型テントです。吊り下げ式のインナーテントが付属しており、大人2人と子ども2人にぴったりのサイズです

インナーテントを撤去すれば、広いスペースのシェルターになります。タープと違って雨や風の吹込みが気にならない点も、おすすめポイントです。

サイズ 600×380×高さ200cm
収納サイズ 83×30×34cm
重量 15.5kg
素材 フライ:75Dポリエステル(耐水圧1800mm)、フロア:210Dポリエステル(耐水圧1800mm)
収容人数 4人用
40代/女性
40代/女性

スカートがあって暖かい

評価:

トンネル型テントのリビングスペースになる部分はスカート付きで、隙間風をシャットアウトしてくれます。他のファミリー向けテントに比べて、価格が安い点もうれしいです。

TENT FACTORY「トンネル 2ルームテント」

出典: 楽天市場
TENT FACTORY(テントファクトリー)
トンネル 2ルームテント
33,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
コスパの高いトンネル型テント

2012年に設立された新しいブランド、テントファクトリーと、アウトドア用品通販サイトのナチュラムのコラボ製品です。

4人家族で使うのにぴったりサイズのトンネル型テントです。2ルームテントなので、様々な使い方ができます。インナーテント付きですが、3万円前後と価格が安い点もおすすめです。

サイズ 435×255×高さ190cm
収納サイズ 66×25×25cm
重量 12.2kg
素材 フライ:68Dポリエステル(耐水圧3000mm)、フロア:ポリエステル(耐水圧3000mm)
収容人数 4人用
40代/女性
40代/女性

タープいらずで荷物が減らせる

評価:

前室に余裕があるトンネル型テントですが、キャノピーを立ち上げれば、さらに広いスペースになります。
このトンネル型テントだけで、タープを準備する必要が無いので、荷物を減らせます。

Hilander「ROOMY2」

出典: 楽天市場
Hilander(ハイランダー)
ROOMY2
74,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
設営が簡単なエアフレームテント

テントのフレーム部分に空気を入れて組み立てるエアフレームテントで、設営や撤収が短時間でできます。吊り下げ式インナーテントが付属しており、4人まで宿泊できるトンネル型テントです。

バージョンアップモデルの本製品は、インナーテント吊り下げ部分が前後の2箇所あり、状況に応じたレイアウトが可能です。

サイズ 640×310×高さ195cm
収納サイズ 72×44×44cm
重量 18.8kg
素材 68Dポリエステル(耐水圧2000mm)
収容人数 4人用
30代/男性
30代/男性

意外と丈夫なエアフレーム

評価:

エアフレームテントは初めてでしたが、思ったより丈夫な構造で、設営も簡単でした。家族で使える余裕サイズのトンネル型テントで、価格が安い点もおすすめです。

DOD「カマボコテントソロTC」

出典: 楽天市場
DOD(ディーオーディー)
カマボコテントソロTC
41,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
TC生地のソロ用トンネル型テント

ソロ用のトンネル型テントで、風合いがよく保温性の高いポリエステルとコットンの混紡(TC)生地を使用しています

4箇所のベンチレーションと、フルメッシュにできる大きな開口部があり、十分な通気性が確保できます。スカート付きで、一年中使用できるソロ用トンネル型テントです。

サイズ 450×170×高さ120cm
収納サイズ 60×25×25cm
重量 10.3kg
素材 フライ:TC(ポリエステル65%、コットン35%)、フロア:150Dポリエステル
収容人数 1~2人用
20代/女性
20代/女性

ソロで使えば余裕サイズ

評価:

ソロ用トンネル型テントですが、広さに余裕があり、2人でも使えます。スカート付きでフルクローズにすると、かなり暖かくなります。
ベンチレーションがあるので、フルクローズにしても、時々換気すれば結露が少なく快適です。

NORDISK「オップランド 2 SI」

出典: 楽天市場
NORDISK(ノルディスク)
オップランド 2 SI
110,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
強風でも安定感のある形状

北欧のアウトドア用品ブランド、ノルディスクのソロ~2人用トンネル型テントです。登山用に設計されており、強風でも安定しています。防水加工が施されたナイロン生地のトンネル型テントで、耐水圧3000mmと大雨でも安心です。

サイズ 430×165×110cm
収納サイズ 15×50cm
重量 2.9kg
素材 フライ:ナイロン(耐水圧3000mm)、フロア:ナイロン(耐水圧10000mm)
収容人数 2人用
30代/男性
30代/男性

季節によっては結露が気になる

評価:

登山用に設計された北欧ブランドのトンネル型テントです。多湿な日本の平野で使用すると、結露しやすいというデメリットがあります。
構造はしっかりしていて、テント生地やフレームの強度は十分です。

Coleman「コーストライン 3 プラス」

Coleman(コールマン)
コーストライン 3 プラス
45,478円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
水の侵入を防ぐフロアシート

コールマンの製品のうち、日本未発売品で、並行輸入品を扱う通販サイトなどで購入できます。3人用のトンネル型テントですが、ソロ用として余裕を持った使い方もおすすめです。前室のフロアシートの縁が高いので、水や土の侵入を防げます

サイズ 440×200×高さ155cm
収納サイズ 66×18×18 cm
重量 7kg
素材 ポリエステル
収容人数 3人用
30代/男性
30代/男性

換気口が少なめ

評価:

前室が広いので、タープが無くても問題なく過ごせます。夏の湿気が高い時期は、トンネル型テント内が蒸し暑くなるというデメリットがあります。
日本向けのトンネル型テントではないので、ベンチレーションが少ない点は、しょうがないのでしょう。

FJALLRAVEN「アビスコ エンデュランス2」

出典: 楽天市場
FJALLRAVEN(フェールラーベン)
アビスコエンデュランス2
96,250円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
軽量で強度に優れたトンネル型テント

カンケンバッグなどの製品で知られる、スウェーデンのアウトドア用品ブランドです。前室に余裕のある形状で、ソロから2人用におすすめです。ポリエステルより軽量なナイロン生地で、軽さと強度のバランスがとれたトンネル型テントです。

サイズ 420×155×高さ105cm
収納サイズ 18×39cm
重量 2550g
素材 フライ:20Dナイロン、フロア:40Dナイロン(耐水圧6000mm)
収容人数 2人用
30代/女性
30代/女性

安定感があるトンネル型テント

評価:

高さが低めのトンネル型テントですが、座ったり寝転がったりする分には問題ありません。一方で、高さが低いため、強風でも安定して設営できます。

NATUREHIKE「OPALUS 3人用トンネルテント」

出典: 楽天市場
NATUREHIKE(ネイチャーハイク)
OPALUS 3人用 トンネルテント
22,896円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
機能的でコスパに優れる

2万円台と価格が安いですが、防水加工されたナイロン生地を使用しており、丈夫で軽量なトンネル型テントです。登山向けなので、強風に耐えられる形状で、トンネル型テント内で座って過ごすのに問題ないサイズです。前室が広く、荷物置き場としての余裕があります。

サイズ 420×210×高さ120cm
収納サイズ 60×18.5cm
重量 2316g
素材 フライ:20Dナイロン(耐水圧4000mm)、フロア:20Dナイロン
収容人数 3人用
30代/女性
30代/女性

キャンプ場での使用なら問題無し

評価:

アルミポールで、総重量が3kg以下と、超軽量のトンネル型テントです。価格が安いですが、極限環境ではなくキャンプ場で使うなら十分な品質だと思います。

LOGOS「グランベーシック3ルームトンネルドーム」

出典: 楽天市場
LOGOS(ロゴス)
グランベーシック 3ルーム トンネル ドーム
129,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
自動車と連結できる

グループ向けの大型サイズトンネル型テントですが、3本のフレームで支えているので、設営が簡単です。出入り口のキャノピーを立ち上げて、自動車と連結する使い方もおすすめです。

また、付属のメッシュ幕「デビルブロックルーム」をキャノピー下に取り付ければ、3ルームのトンネル型テントになります。

サイズ 355×594/520×高さ200cm
収納サイズ 75×36×36cm
重量 20.5kg
素材 フライ:難燃性ポリエステル(耐水圧3000mm)、フロア:ポリエステル(耐水圧5000mm)
40代/男性
40代/男性

リビングが拡張可能

評価:

インナーテントにもキャノピーがついたトンネル型テントで、換気が十分にできます。
インナーテントを吊り下げると、前室が狭くなりますが、キャノピーを立ち上げれば、リビングスペースを拡張できます。

ROBENS「ダブルドリーマー」

出典: 楽天市場
ROBENS(ローベンス)
ダブルドリーマー
72,824円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
使いやすいサイズ感

デンマークのテントメーカーのトンネル型テントで、大き過ぎないコンパクトなサイズ感が魅力です。リビング部分は、テントとフロアが一体型になっています。

フライシートの耐水圧が5000mmあり、大雨でも雨漏りする心配がありません。

サイズ 475×280×190cm
収納サイズ 75×33cm
重量 11.9kg
素材 フライ:ハイドロテックス5000、フロア:75Dポリエステル(耐水圧5000mm)
収容人数 5人用
30代/女性
30代/女性

設営に手間がかからない

評価:

テントとフロアが一体になっているので、設営の手間が省けます。5人用トンネル型テントですが、快適に過ごすなら4人、リビングスペースにコットを置けば6人まで泊まれそうです。

Hilleberg「ナロ 4 GT」

出典: 楽天市場
Hilleberg(ヒルバーグ)
ナロ4 GT
151,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
オールシーズン使える軽量トンネル型テント

スウェーデンのテントメーカーで、登山用テントなど軽量で丈夫な製品に定評があります。オールシーズン対応のトンネル型テントで、重量は3.6kgとかなり軽量です。

GTモデルは、前室を広くとっており、荷物置き場や作業スペースに便利です。

サイズ 400×210×高さ115cm
収納サイズ 直径38×53cm
重量 3.6kg
素材 フライ:30Dナイロン(耐水圧3000mm)、フロア:70Dナイロン(耐水圧5000mm)
収容人数 4人用
30代/男性
30代/男性

タープとの併用がおすすめ

評価:

インナーテントとフライシートが一体になっているので、設営作業が短時間で済みます。密閉性が高いトンネル型テントで、冬でも保温性の高さが際立ちます。
その分結露しやすいので、タープとの併用がおすすめです。

Ogawa「アポロン」

出典: 楽天市場
Ogawa(小川テント)
アポロン
159,500円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ポールが多く頑丈なトンネル型テント

シンプルな形状のトンネル型テントですが、ロッジ型テントのように壁が直線的なので、空間を有効に活用できます。アーチを形作るポールだけでなく、天井にもポールがあり、強風でも安定する丈夫な構造です。

壁一面が全てメッシュパネルにできるので、夏でも虫の侵入を防ぎながら、十分な通気性を確保できます。

サイズ 585×320×高さ205cm
収納サイズ 80×45×35cm
重量 23.0kg
素材 フライ:210Dポリエステル(耐水圧1800mm)、フロア:210Dポリエステル(耐水圧1800mm)
収容人数 5人用
50代/男性
50代/男性

2人以上で設営すればスムーズ

評価:

ポールの数が多いので、設営に手間がかかりますが、2人以上で作業すればスムーズにできます。

TARAS BOULBA「キャタピラー2ルームシェルターⅡ」

出典: 楽天市場
TARAS BOULBA(タラスブルバ)
キャタピラー2ルームシェルター II
109,890円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
大雨でも安心の防水加工

大手スポーツ用品店スポーツオーソリティのアウトドアブランドであるタラスブルバのトンネル型テントです。

厚みのあるポリエステル生地に、耐水圧3000mmの防水加工を施しており、急な天候の変化にも安心です。サイドと前後のドアを解放すれば、大型のタープとしても使用できます。

サイズ 575×300×高さ195cm
収納サイズ 72×44×42cm
重量 27.0kg
素材 フライ:ポリエステル(耐水圧3000mm)、フロア:ポリエステル(耐水圧3000mm)
40代/男性
40代/男性

家族やグループキャンプに重宝

評価:

生地に厚みがあって保温性が高いトンネル型テントです。室内が広く、家族やグループでのキャンプに重宝します。

HELSPORT「バルホール」

出典: 楽天市場
HELSPORT(ヘルスポート)
バルホール
250,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
難燃素材でストーブが使える

ノルウェーのアウトドア用品ブランド、ヘルスポートのトンネル型テントです。難燃素材の生地を使用しており、ストーブの煙突用の穴が最初から開けられています。

耐水圧3000mmと大雨にも耐えられる仕様で、オールシーズン使えるトンネル型テントです。奥行780mと大型なので、区画サイトに設営できるかどうか、事前に確認するのがおすすめです。

サイズ 780×300×高さ210cm
収納サイズ 32×52cm
重量 10.73 kg
素材 Helsport Rainguard® FR(耐水圧 3000 mm)
収容人数 8~10人用
40代/男性
40代/男性

大人数でも余裕のトンネル型テント

評価:

10人近い大人数でも余裕のサイズで、インナーテントを使わずに巨大なシェルターとしても活用できます。

IGNIO「トンネルテント」

出典: 楽天市場
IGNIO(イグニオ)
トンネルテント
38,489円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
出入り口すべてにメッシュパネル

スポーツ・アウトドア用品メーカーで有名なアルペングループのブランドの一つです。全面と両サイド2箇所ずつの合計5箇所出入り口があり、すべてメッシュパネルにできます。

トンネル型テントとタープを併用すれば、前室の結露を抑えられ、リビングを拡張できます。

サイズ 520×300×高さ185cm
収納サイズ 70×33×25cm
重量 12.9kg
素材 フライ:75Dポリエステル(耐水圧2000mm)、フロア:210Dポリエステル
収容人数 4人用
20代/男性
20代/男性

価格が安いが機能は十分

評価:

シンプルなトンネル型テントですが、高さが180cm前後あって、テント内で立ち上がることが可能です。機能性が高い上、価格が安い点もおすすめです。

VISIONPEAKS「トレスアーチ2ルームテント」

出典: 楽天市場
VISIONPEAKS(ビジョンピークス)
トレスアーチ2ルームテント
43,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
大きすぎないバランスのよいサイズ

スポーツ&キャンプ用品で知られるヒマラヤグループのプライベートブランドで、品質の高さで評判です。コンパクトなサイズのトンネル型テントで、車の横に設営するのにちょうどよい大きさです

サイズ 500×250×高さ180cm
重量 10.2kg
素材 ポリエステル(耐水圧1500mm)
収容人数 3人用
20代/女性
20代/女性

長過ぎないトンネル型テント

評価:

長くなりがちなトンネル型テントの中では、コンパクトな形状で、設営も簡単です。

Grand Canyon「ロブソン」

出典: 楽天市場
Grand Canyon
ロブソン
35,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ロースタイルのレイアウトがおすすめ

ポール3本で設営するシンプルなトンネル型テントです。4万円以下と価格は安いですが、防水加工された生地で、耐水圧2000mm以上あり、大雨でも耐えられます。

高さ145cmで立ち上がることは難しいので、低めのチェアやテーブルを導入するロースタイルがおすすめです。

サイズ 380×230×高さ145cm
収納サイズ 67×20cm
重量 5.76kg
素材 ポリエステル(耐水圧2000mm)
収容人数 3人用
20代/女性
20代/女性

通気性がやや気になる

評価:

出入り口が、側面1箇所と前面1箇所なので、トンネル型テント内の通気性がやや気になります。テント泊に必要な機能は備えており、価格も安いので満足しています。

FIELDOOR「トンネルテント620」

出典: 楽天市場
FIELDOOR(フィールドア)
トンネルテント 620
22,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
初めて購入するトンネル型テントにおすすめ

2万円前後と価格の安いトンネル型テントですが、奥行6m以上と余裕のあるサイズです。メッシュパネルやスカート付きで、機能性も備えています。ファミリーやグループ向けに初めて購入するトンネル型テントとしてもおすすめです。

サイズ 260×620×高さ195cm
収納サイズ 68×28cm
重量 13kg
素材 ポリエステル(耐水圧1500mm)
収容人数 4~8人用
20代/男性
20代/男性

冬キャンプには不向き

評価:

価格が安いので少し心配でしたが、十分な機能性があり、コスパが高いトンネル型テントです。
インナーテントがメッシュのみなので、冬キャンプには不向きかなと思います。

Ozark Trail「トンネルテント16' x 9'」

出典: 楽天市場
Ozark Trail(オザークトレイル)
トンネルテント16' x 9'
43,999円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
10人で使える大型サイズ

高さ約2mのトンネル型テントで、テント内で立ち上がることができ、着替えなども余裕です。前後の出入り口と側面の窓はメッシュパネルにでき、通気性を確保できます。大型サイズのトンネル型テントで、最大10人まで宿泊できます。

サイズ 490m×274×高さ190cm
素材 ポリエステル
収容人数 10人用
30代/男性
30代/男性

メッシュパネルで虫の侵入を防ぐ

評価:

トンネル型テントの側面から出入りできないのでやや不便ですが、メッシュパネルに切り替えられます。虫が多い時期に助かります。

おすすめのトンネル型テントの比較表

メーカー

Coleman

Snow Peak

TENT FACTORY

Hilander

DOD

NORDISK

Coleman

FJALLRAVEN

NATUREHIKE

LOGOS

ROBENS

Hilleberg

Ogawa

TARAS BOULBA

HELSPORT

IGNIO

VISIONPEAKS

Grand Canyon

FIELDOOR

テキスト

画像

商品名

トンネル2ルームハウス

エントリー2ルーム エルフィールド TP-880

トンネル 2ルームテント

ROOMY2

カマボコテントソロTC

オップランド 2 SI

コーストライン 3 プラス

アビスコ エンデュランス2

OPALUS 3人用トンネルテント

グランベーシック3ルームトンネルドーム

ダブルドリーマー

ナロ 4 GT

アポロン

キャタピラー2ルームシェルター II 

バルホール

トンネルテント

トレスアーチ2ルームテント

ロブソン

トンネルテント620

トンネルテント 16' x 9' 

特徴

天井が高い

・十分な通気性

・バイザーで雨よけできる

4人家族にぴったり

・スカート付きで保温性が高い

・シェルターとして使える

・価格が安い

・4人家族にぴったり

タープが必要無い

エアフレームで設営が楽

・4人家族にぴったり

・レイアウトが自由

・ソロ用におすすめ

・スカート付きで暖かい

保温性の高いTC生地

・ソロ用におすすめ

・耐水圧が高い

強風でも安定

・日本未発売

タープが必要無い

・やや結露しやすい

・ソロ用におすすめ

軽量で携帯性に優れる

・強風でも安定

・軽量で携帯性に優れる

価格が安くコスパが高い

・前室が広い

・大型でも構造がシンプル

自動車と連結できる

・3ルームになる

・テントとフロア一体型

・耐水圧が高い

使いやすいサイズ

オールシーズン使える

・軽量で携帯性に優れる

・インナーとフロア一体型

・直線的で空間が広く使える

ポールが多く頑丈

・全面メッシュで通気性抜群

耐水性が高い

・大型タープとして使える

・厚みのあるしっかりした生地

・難燃素材のテント生地

ストープ煙突用の穴がある

・区画サイトの大きさに注意

入口全てメッシュにできる

・タープ併用で結露防止

・高さに余裕がある

車の横付けにちょうどよい

・遮光性が高い

・タープとしても使える

・価格が安い

・耐水圧が高い

ロースタイルがおすすめ

価格が安い

・奥行に余裕がある

・スカート付きで保温性が高い

10人で使える大型テント

・出入り口が2箇所

・開口部全てがメッシュにできる

商品サイト

楽天市場(¥82,800) 楽天市場(¥87,780) 楽天市場(¥33,800) 楽天市場(¥74,800) 楽天市場(¥41,800) 楽天市場(¥110,000) 楽天市場(¥45,478) 楽天市場(¥96,250) 楽天市場(¥22,896) 楽天市場(¥129,800) 楽天市場(¥72,824) 楽天市場(¥151,800) 楽天市場(¥159,500) 楽天市場(¥109,890) 楽天市場(¥250,800) 楽天市場(¥38,489) 楽天市場(¥43,900) 楽天市場(¥35,800) 楽天市場(¥22,000) 楽天市場(¥43,999)

トンネル型テントのデメリット

デメリット①横に長い

円に近い形状のドーム型テントやワンポールテントと異なり、トンネル型テントは、幅に対して奥行が長い形状です。大型トンネル型テントは、この形状がデメリットになることがあります。

テントサイト区画の幅には余裕があるのに、長さが足りないというトラブルにつながります。トンネル型テントを選ぶときは、設営のために奥行がどの程度必要か、確認しておきましょう。

デメリット②自立しない

ペグ打ちしなくても自立するドーム型テントと違って、トンネル型テントは、ロープを張ってペグ打ちする必要があります。硬い地面や岩場など、ペグ打ちできない場所では、設営できないという点がデメリットです。

デメリット③タープの必要性

トンネル型テントは、前室が広いので、本来タープの必要がありません。しかし、トンネル型テントの前室は、幕1枚で囲まれたシングルウォールであるため、結露しやすいと言われています。デメリットとなる結露を防ぐなら、タープが必要になります。

トンネル型テントでキャンプを快適に過ごそう!

テント設営

トンネル型テントは、前室と寝室が一体になっており、省スペースで設営がしやすいという特徴があります。一方、奥行が長く区画サイトに収まりづらい、前室が結露しやすいといったデメリットもあります。

デメリットをカバーする機能性を備えた製品が、様々なメーカーから販売されています。人数や気候を考慮して、お気に入りのトンネル型テントを選べば、より快適なキャンプが楽しめるでしょう。

ロッジ型テントのおすすめ15選!特徴や魅力と選び方まとめ!

あわせて読みたい

ロッジ型テントのおすすめ15選!特徴や魅力と選び方まとめ!

ロッジ型テントのおすすめ製品を紹介します。ロッジ型テントの特徴や、他の種類のテントには無い魅力も解説!ロッジ型テントの選び方やメリット・デメリットも説明しています。ファミリーやグループ向けの大型テントから、ソロ向けまで幅広くまとめました。

DOD「カマボコテント3」の魅力に迫る!評判やメリット・デメリットも

あわせて読みたい

DOD「カマボコテント3」の魅力に迫る!評判やメリット・デメリットも

DOD「カマボコテント3」の魅力について紹介します。カマボコテント3の評判やメリット、デメリット、売り切れ続出となっている理由を解説!カマボコテント3のサイズやより快適な使い方、他のシリーズとの違いや改善点も解説しています。

miyajimaworks

この記事のライター

miyajimaworks

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

テント

CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

CIRCUS 720DXの使い心地について説明します。テンマクデザインのCIRCUS 720DXの基本的なスペックや、魅力的な特徴をまとめました。廃盤後に登場した、テントとサイドウォールのセットについても紹介しているので、チェックしてみてください。

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

テント

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

黒いテントのおすすめブランドと、注意点やデメリットを解説していきます。黒いテントの魅力を、徹底的にまとめました。また、様々なデザインの黒いテントを、5つ紹介しています。黒いテントが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

テント

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

MSRのツインシスターズが今でも人気の理由について解説!MSRのツインシスターズならではの魅力や、入手方法を説明しています。MSRの類似モデルであるパビリオンやツインピークスとの違いも調べましたので、チェックしてみてください。

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

テント

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

サバティカル「モーニンググローリーTC」について徹底解説していきます。「モーニンググローリーTC」の商品情報やレビュー、設営やレイアウトについても紹介します。サバティカル「モーニンググローリーTC」を検討されている方は参考にしてください。

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

テント

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

小川キャンパル「シャンティ23」の人気の理由を説明します。購入前に気になる設営方法や、価格・サイズなど基本情報をまとめました。小川キャンパル「シャンティ23」ならではの特徴についても解説!設営時にあると便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてください。

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード