Signstekのウッドストーブで二次燃焼の炎を満喫!改良方法も!

お気に入りに追加

Signstekのウッドストーブの使い方について解説します。Signstekのウッドストーブで、二次燃焼の炎を満喫するための方法を紹介!ウッドストーブの二次燃焼がさらに効率良く行われるための、改良方法についてもまとめたので参考にしてください。

Signstekのウッドストーブで二次燃焼の炎を満喫!改良方法も!

目次

  1. Signstekのウッドストーブの特徴と改良方法を解説!
  2. Signstekのウッドストーブの特徴
  3. Signstekのウッドストーブの火を長持ちさせる改良方法
  4. Signstekのウッドストーブで二次燃焼の炎を楽しもう!

Signstekのウッドストーブの特徴と改良方法を解説!

Signstekのウッドストーブの特徴と改良方法を解説します。非常にコンパクトで軽く、持ち運びしやすいSignstekのウッドストーブですが、どういった特徴があるのでしょうか?

大型ストーブとの違いや、キャンプでの使い方など、小型ストーブを探している人にSignstekは最適です!そんなSignstekの魅力と合わせて、ウッドストーブをより快適に使うための改良方法もまとめているので、注目してください。

Signstekのウッドストーブの特徴

Signstekのウッドストーブの商品情報

出典: 楽天市場
Signstek
ウッドストーブ
3,553円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
軽量コンパクトなウッドストーブ

ウッドストーブは燃料缶を使わずに、自然の枯れ木などを再利用して火を付けることができます。キャンプはもちろんですが、魚釣りなどの際にも利用することができて、非常にコンパクトなサイズです。

また、サブコンロとしてもおすすめなので、キャンプギアの一つとして人気になっています。

サイズ 13×18.5cm
重量 約465g
素材 ステンレス鋼
男性
男性

とにかくコンパクトなのでキャンプに重宝しています

評価:

折りたたむと一つにまとまるのが気に入っています。朝起きた時に、テントのまわりにある小枝を拾って着火すると、二次燃焼の効果がしっかりとした火力に。それでお湯を沸かして、コーヒーを飲むのが私の使い方です。

特徴①組み立てが簡単・軽量でコンパクト

Signstekのウッドストーブは、大きく分けて4つのパーツから構成されています。丸い輪っか型のパーツを繋げると、1つの小さな煙突のような形になり、それに小枝などを入れて着火すればストーブとして使えます。

このように組み立て方は、非常に簡単です。また、それぞれのパーツが軽量で、使い終わったあとは、畳んで収納できます。

簡単に組み立てられて、使った後はコンパクトに収納できるのが魅力で、人気のポイントになっています。

特徴②二次燃焼の炎を楽しめる

ウッドストーブ

ウッドストーブは二次燃焼の仕組みを利用しています。下から入ってくる空気によって燃料が燃え始めると、上昇気流が生まれます。

そして、本体横から更に空気が取り込まれ、内部の上に温められた空気が集められていき、さらに燃料が加熱されるのです。

このような流れを二次燃焼と呼び、煙が少なくなる特徴があげられます。非常に安定した火力で、大型ストーブなどを使わなくても、ソロキャンプであれば充分に体を温められます。

特徴③燃料のコスパが良い

ガスストーブなどと異なり、Signstekのウッドストーブは、小枝や松ぼっくりが燃料になります。もちろん、固形燃料でもOK!

大型のストーブであれば、薪などを事前に用意する必要がありますが、ウッドストーブなら、必要な量を現地調達するだけで大丈夫です。また、散歩をしたときに、松ぼっくりを拾って集めておくと良いでしょう。

こういったものを使うため、ウッドストーブは非常に燃料のコスパが良いです。ウッドストーブ本体も高価ではないので、手軽にアウトドアを快適にしてくれます。

Signstekのウッドストーブの火を長持ちさせる改良方法

Signstekのウッドストーブの火が消える原因

ウッドストーブとやかん

Signstekのウッドストーブは、二次燃焼の効果を使用しています。そのため、薪を連続で入れて、燃えカスが下に溜まることが消える原因です。

改良方法①空気口を増やす

その問題を解決するための改良方法として、空気穴を増やしましょう。電気ドリルなどを使って、空気の通りを良くすることで、二次燃焼を起きやすくさせられます。

改良方法②排水フィルターを使う

ドーム状になっている排水フィルターを、底面に設置する改良方法もおすすめ!ドーム状なので、燃えカスが自然と滑り落ちて、空気口を防がないからです。

改良方法③小石を入れる

フィルター部分に小石を数個入れておくと、それに灰がぶつかって砕けるのでおすすめです。

こういった簡単な改良方法だけでも、Signstekのウッドストーブの火が消えてしまうことを防げます。二次燃焼をうまく発生させるためにも、改良を行っておきましょう。

Signstekのウッドストーブで二次燃焼の炎を楽しもう!

Signstekのウッドストーブについて紹介しました。Signstekの人気商品の一つであり、二次燃焼によって効率よく炎が出るウッドストーブになっています。

二次燃焼の炎を効率よく行うためには、空気穴を増やすか、ドーム状の排水フィルターを使用するのがおすすめです。Signstekのウッドストーブを使って、二次燃焼の炎を楽しみましょう!

浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

山の中で家を改装して開拓中。そんな経験を活かした記事を発信していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ニッセンのストーブをゲットしよう!魅力と手に入れる方法は?

ストーブ

ニッセンのストーブをゲットしよう!魅力と手に入れる方法は?

人気のニッセンのストーブについて紹介します。ストーブの魅力のポイントとスペック、そして、特徴とQ&Aについても触れています。さらに、ニッセンのストーブの購入方法と、注意点についても解説します。これから購入する際の参考にしてください。

エスビットのポケットストーブで焚き火をしよう!活用方法や注意点も

ストーブ

エスビットのポケットストーブで焚き火をしよう!活用方法や注意点も

エスビットのポケットストーブの魅力について、触れています。エスビットのポケットストーブを使った、焚き火のやり方を徹底解説。さらに、キャンプに最適な活用方法を説明しています。また、焚き火をするときの注意点も詳しくまとめています。ぜひ、参考にしてみてください。

G-Stoveは買って損なし!魅力や活用法と注意ポイントも解説!

ストーブ

G-Stoveは買って損なし!魅力や活用法と注意ポイントも解説!

買って損はしない、G-stoveを紹介!G-stoveの魅力やオーブンの使い方、収納の便利さについて掘り下げていきましょう。テントを暖められたり、ピザを焼けることについても触れています。G-stoveが気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

ジュニアヒーターは冬キャンに便利だけどレア!代わりになる商品は?

ストーブ

ジュニアヒーターは冬キャンに便利だけどレア!代わりになる商品は?

ジュニアヒーターの代わりになる商品を紹介!また、生産が終了し、入手困難となっているジュニアヒーターの特徴や、入手方法についても詳しく解説しています。ジュニアヒーターや代用品を手に入れて、冬キャンをより快適に楽しむための参考にしてみてください。

武井バーナーのパープルストーブが人気!購入・メンテナンス方法は?

ストーブ

武井バーナーのパープルストーブが人気!購入・メンテナンス方法は?

武井バーナーのパープルストープを紹介します。冬キャンプのマストアイテムであるストーブのなかで、人気急上昇の武井バーナーのパープルストーブの魅力を解説。ラインナップ、購入・メンテナンス方法もまとめていますので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

関連するキーワード

ストーブの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード