ウォータージャグの自作方法まとめ!樽やマーキュリーを使った作り方は?

お気に入りに追加

ウォータージャグの自作方法を解説!キャンプがよりおしゃれになる、他とはちょっと違うウォータージャグの簡単な作り方の解説です。樽やマーキュリーのバケツに蛇口を取り付けるだけと簡単ですが、自作ならではのウォータージャグのポイントをチェックしていきます。

ウォータージャグの自作方法まとめ!樽やマーキュリーを使った作り方は?

目次

  1. ウォータージャグの自作方法を紹介!
  2. ウォータージャグの自作方法【樽を使用】
  3. ウォータージャグの自作方法【マーキュリーのバケツを使用】
  4. 自作ウォータージャグをキャンプに持っていこう!

ウォータージャグの自作方法を紹介!

キャンプにあると便利なウォータージャグ。蛇口をひねれば水が出て調理や手洗いなどに使える、水を入れたタンクです。

ウォータージャグは市販商品も多種ありますが、こだわりのアイテムを使って、自作もできます。ウォータージャグの作り方は、水を貯めるタンクに、水漏れしないように注意して蛇口をつけるだけです。

この記事では、木製の樽と人気のマーキュリーバケツを使った、おしゃれなウォータージャグの自作法を紹介していきます。

ウォータージャグの自作方法【樽を使用】

用意するもの

  • 樽(蓋付き) 1個
  • ウォーターボトル(ソフトタイプ) 1個
  • 取っ手(樽に取り付けるよう) 1組

ウォータージャグ本体となる樽は、ホームセンターの園芸やアウトドアコーナーで、販売されています。サイズは、持ち運ぶことも考えて選んでください。

蓋付きが望ましいですが、蓋がない場合は、蓋となるサイズの板も準備してください。ウォーターボトルは、折りたたみ式で樽の中に納まるサイズを準備します。

作り方手順

  1. 樽の中にウォーターボトルを入れて、蛇口部分のサイズを計測します。
  2. 樽の蓋に1の計測した蛇口部分がはめ込みできるよう、穴を開けます。
  3. 樽本体に取っ手を取り付けます。
  4. 水を入れたウォーターボトルを入れて、蓋をして完成です。

ウォーターボトルの蛇口と樽に開けた部分の位置が、ずれないように注意して作業を進めましょう。蓋も自作するなら、樽本体と合わせて塗装もすると、自作ウォータージャグのおしゃれ度が増します。

ポイント

蛇口のついた樽
stevepb

樽に蛇口を取り付ける自作方法でも、ウォータージャグになります。ただ、樽が古かったり乾燥しすぎたりしていると、水が漏れ出す心配があります。その点でもウォーターボトルを使うと、水漏れせずに安心です。

蓋部分に穴を開けるときには、コックをひねるための余裕をもって、少し大きめの穴にしてください。カットした後にヤスリをかけておくと、使用時にトゲが刺さる心配がありません。

ハンドルは付けなくても構いませんが、付けておくと持ち運びが楽になります。ウォータージャグに合わせて、樽が安定して置けるスタンドの自作してみてください。

ウォータージャグの自作方法【マーキュリーのバケツを使用】

用意するもの

  • マーキュリーバケツ(蓋付き) 1個
  • 蛇口 1個

マーキュリーバケツは、ブリキ製とプラスチック製とあります。どちらもウォータージャグにする作り方は同じです。蓋のないバケツもありますが、ウォータージャグにするので、蓋付きを選んでください

きれいに仕上げるために、電動ドライバー、レンチ、ヤスリといったDIY道具も準備しましょう。

作り方手順

  1. バケツに蛇口をとりつける位置を決めます。
  2. ドリルで穴を開け、穴部分のバリをヤスリで取り除きます。
  3. 蛇口を通し、パッキン、ワッシャー、六角ナットを通して仮止めします。
  4. 蛇口にぐらつきなどがなければ、レンチを使いネジを締めて完成です。

穴は一気に蛇口サイズを開けようとせずに、最初は小さな穴を開けてください。ドリルの先端を変えて少しずつ大きくしていき、蛇口よりも少し小さいくらいにします。微調整はヤスリをかけて行い、きれいに仕上げていきましょう

ポイント

蛇口の口部分の位置に注意してください。ウォータージャグとして使うなら、なるべく本体の下部分に口があった方が、貯めた水が最後まで出ます。

バケツの底よりも口部分が下になると、内側のナットが締められなくなりますので、注意してください

ウォータージャグとして水を入れて使った後は、水を捨てて乾かしておきます。こうすることで、ブリキ製のマーキュリーバケツは、錆びずに長持ちします。

マーキュリーバケツの商品情報

出典: 楽天市場
MERCURY
マーキュリー バケツ
3,500円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
楕円型の蓋付きバケツ

アメリカン雑貨で人気のマーキュリーのバケツ。蓋が付いていて、収納ボックスやごみ箱としても使えます。

ブリキ製でアンティーク感もある見せる収納ボックスになり、そのままインテリアとして飾ってもおしゃれです。カラーバリエーションが豊富で、好みの色を選んでください。

サイズ W34.54×D24.5×H34.0cm
素材 ブリキ
本体容量 約15L
40代/男性
40代/男性

予想通りオシャレ

評価:

キャンプ用のウォータージャグを自作するために購入。計画通りにおしゃれに仕上げられました。

自作ウォータージャグをキャンプに持っていこう!

ウォータージャグは、簡単に自作できるアイテムです。キャンプで実用ができ、蛇口のタイプにもこだわって自作すれば、よりおしゃれで便利になります。紹介した作り方を参考に、オリジナルのウォータージャグを自作してみてください。

ユキヤナギ

この記事のライター

ユキヤナギ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

キャンプ道具

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

ワーカーズオカモチⅡの魅力を解説します。この記事では、テンマクデザインとコラボして発売されたワーカーズオカモチⅡの特徴や人気の理由をまとめました。さらにワーカーズオカモチⅡのおしゃれな活用方法や取り扱う際の注意点をくわしく紹介します。

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

関連するキーワード

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード