焚き火ハンガーおすすめ16選!簡単な自作方法もチェック!

お気に入りに追加

キャンプにおすすめな焚き火ハンガーを16選紹介!ツールを吊り下げるのに最適な焚き火ハンガーや、簡単に自作できる方法についても掘り下げています。焚き火ハンガーの選び方についても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

焚き火ハンガーおすすめ16選!簡単な自作方法もチェック!

目次

  1. 焚き火ハンガーのおすすめと自作方法を紹介!
  2. 焚き火ハンガーがおすすめの理由
  3. 焚き火ハンガーの選び方
  4. 焚き火ハンガーのおすすめ商品8選【パイルタイプ】
  5. 焚き火ハンガーのおすすめ商品8選【ブリッジタイプ】
  6. 焚き火ハンガーの簡単な自作方法
  7. 焚き火ハンガーのQ&A
  8. 焚き火ハンガーをキャンプに持っていこう!

焚き火ハンガーのおすすめと自作方法を紹介!

焚き火ハンガーは、焚き火のそばで利用するアイテムです。ダッチオーブンを吊り下げたり、焚き火に必要なアイテムを吊るすことができます。必要なツールを焚き火のそばに置いておけるので、必要なツールを好きな時に手に取ることが可能です。

ナチュラムやキャンプマニアから販売されていますが、そんな焚き火ハンガーのおすすめ商品と自作方法も紹介します。キャンプをより充実させたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

焚き火ハンガーがおすすめの理由

おすすめ商品を紹介する前に、まずは焚き火ハンガーがおすすめな理由について掘り下げていきましょう。おすすめな理由を知ることで、より購入したいという意欲が芽生えるはずです。特に、焚き火ハンガーの購入を迷っているという人は、この機会に購入するきっかけにしてみてください。

焚き火道具をコンパクトに収容できる

キャンプに焚き火ハンガーがおすすめな理由として、焚き火道具をコンパクトに収容できる点が挙げられます。簡単に自分に必要なツールを持てるため、最小限の動きでキャンプを楽しめるでしょう。焚き火道具は多いとどこに何があるのか分かりづらいので、焚き火ハンガーが便利です。

道具を吊るしておけて衛生的

焚き火ハンガーは、道具を吊るしておけると紹介しました。吊り下げておけるというのは、衛生的だというのもポイントとなります。キャンプはテーブルであっても、虫がいたり、汚れがついていたりと衛生的でないことも。そんな時は、焚き火ハンガーを使って道具を吊しておくようにしましょう。

トライポッドとして調理にも使える

焚き火ハンガーの形によっては、トライポッドとして調理にも使えるというメリットがあります。トライポッドとは、キャンプで使用する三脚のことです。焚き火の上に調理ツールを吊り下げることで、効率良く熱を加えられます。キャンプで料理に重きを置きたいと考えている人におすすめです。

焚き火ハンガーの選び方

おすすめの焚き火ハンガーを紹介する前に、まずは正しい選び方について掘り下げていきましょう。選び方は、自分が使いたいシチュエーションや持っているアイテムによって異なります。そのため、焚き火ハンガーを効率良く使いたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

焚き火ハンガーの選び方①種類

一般的に販売されている焚き火ハンガーは、主に2種類あります。1つはパイルタイプです。パイルタイプとは、1本の支柱を地面に打ち込んでアームを取り付けます。もう1つはブリッジタイプと呼ばれるもので、ブランコのような形をしていて、S字フックを使ってツールをつりさげるタイプです。

焚き火ハンガーの選び方②固定方法

焚き火ハンガーの選び方として、固定方法が挙げられます。アームに荷重をかけて固定するものや、ネジ止め方式でしっかりと固定できるものも。荷重をかけて固定するものは、高さの調節も簡単です。固定方法は、自分のスタイルに合わせて選ぶことが可能となります。

焚き火ハンガーの選び方③サイズ

最後に、焚き火ハンガーの選び方としてサイズが挙げられます。サイズ感は、キャンプでは必須なポイントです。ソロキャンプでも使える小さなサイズをはじめ、大人数でのキャンプでも活躍するサイズ感のものもあります。何人で使用するのかによって、サイズを選んでみてください。

焚き火ハンガーのおすすめ商品8選【パイルタイプ】

ここからは、パイルタイプのおすすめ焚き火ハンガーを紹介します。パイルタイプは1本の支柱を中心に、アームを取り付けるタイプです。少量からツールを吊り下げられるアイテムなので、キャンプツールを衛生に保ちたいという人におすすめ。ぜひおすすめ商品を参考にしてみてください。

①ペトロマックス/ファイヤーアンカー

出典: 楽天市場
ペトロマックス
ファイヤーアンカー
16,500円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
簡易的なテーブルとして利用可能

手軽に調理を楽しみたいという人には、ペトロマックスのファイヤーアンカーがおすすめ。付属の網に食材を乗せることで、バーベキューを楽しめます。反対側にはクッカーをつりさげることも可能です。網部分はテーブルとしても利用できるため、ソロキャンプに最適なアイテムといえます。

サイズ 全長103.5cm
重量 6.7kg
30代/女性
30代/女性

調理がはかどります

評価:

自分に合わせた使い方ができます。テーブルとしてだけでなく、バーベキュー用の網としても使用可能。大きめの鉄板を乗せれば、焼きそばなどを作ることもできます。これからも、いろいろな調理に使いたいと思っているところです。

②37CAMP/ハンギング

出典: 楽天市場
37CAMP
ハンギング
18,200円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
同時調理に最適

手軽な焚き火ハンガーを購入したいのなら、37CAMPのハンギングがおすすめ。調理器具を吊り下げられるだけでなく、重たいダッチオーブンも利用できます。工夫をすることで複数の料理を同時に行えるので、自分なりの使い方を探してみてください。

40代/男性
40代/男性

ジューシーなベーコンを作れます

評価:

大ぶりのベーコンを購入して、吊るしベーコンを作っています。じっくりと火を入れることによって、より香ばしさがアップしておすすめです。もちろん、調理器具を吊り下げられるので、その時に合わせた使い方を楽しみたいです。

③CAMPOOPARTS/ツールスタンド

出典: 楽天市場
CAMPOOPARTS
ツールスタンド
20,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
キャンプギアの吊り下げに最適

使えば使う程、味のある焚き火ハンガーを使いたいという人には、CAMPOOPARTSのツールスタンドがおすすめ。様々なシチュエーションで使える他、小さめサイズなのでソロキャンプにぴったりです。軽いキャンプギアを吊り下げられるので、清潔を保ちたいという人から人気があります。

サイズ 全長950mm
30代/女性
30代/女性
評価:

時間とともに色合いが変わっていきます。そのため、自分だけの焚き火ハンガーがほしいと思っていた自分に合っていました。ソロキャンプ以外でも利用できるアイテムなので、今度はグループキャンプで使いたいと考えています。

④スノーピーク/焚火ツールポール

出典: 楽天市場
スノーピーク
焚火ツールポール
24,281円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ちょっとした作業におすすめ

スノーピークの焚火ツールポールは、調理器具を吊り下げることができます。コンパクトなサイズのアイテムで、シンプルな構造なので壊れにくいです。アツアツになったフライパンや火はさみを吊り下げておくことで、冷ましてから収納可能になります。

50代/男性
50代/男性

コンパクトです

評価:

コンパクトに収納できるサイズで、シンプルな作りをしています。重たいものも利用できるので、いろいろなシチュエーションで使ってみたいです。

⑤FLYFLYGO/ファイアスタンド

出典: 楽天市場
FLYFLYGO
ファイアスタンド
8,190円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ソロキャンプに人気

FLYFLYGOのファイアスタンドは、お手頃な価格で購入できる焚き火ハンガーです。部品を取り外せば、コンパクトに収納できて持ち運びやすいです。小さめサイズなので、ちょっとした焚き火にも利用できます。空気の循環が良いので、焚き火を効率良く燃やせておすすめです。

サイズ 73×10×10㎝
重量 3.2kg
20代/女性
20代/女性

バーベキューが楽しい

評価:

ソロキャンプを行う時に使用しています。バーベキューが楽しめるアイテムなので、ちょっとした調理を行いたい時に最適です。

⑥DOD/ビートルくん

出典: 楽天市場
DOD
ビートルくん
13,461円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
焚き火もできるハンガー

DODから販売されているビートルくんは、焚き火も行える焚き火ハンガーです。組み立てが簡単な焚き火ハンガーで、収納時はコンパクトにできます。テキーラテーブルと組み合わせることで、より使い勝手が良くなるので、別売りのオプションも利用してみてください。

30代/男性
30代/男性

初心者の自分でも組み立てられます

評価:

簡単に組み立てられるアイテムなので、組み立てに時間を取られたくない自分に最適です。

⑦ブッシュクラフト/焚き火スタンド

出典: 楽天市場
ブッシュクラフト
焚き火スタンド
14,300円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
日本製の焚き火ハンガー

ブッシュクラフトの焚き火スタンドは、日本製の焚き火ハンガーです。600度まで対応できる塗装が施されていて、焚き火に利用できます。シンプルな組み立てで出来ている焚き火ハンガーなので、初心者が手軽にキャンプを楽しみたいという時にもおすすめです。

サイズ 約1100mm
素材 鉄筋
20代/女性
20代/女性

ちょっとした収納や調理に

評価:

ランタン、ケトル、トングを吊り下げて使っています。網を乗せればステーキを焼けるので、ちょっとした調理をしたいと考えている時におすすめです。

⑧ツインポール ワイド

出典: 楽天市場
不明
ツインポール ワイド
8,670円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ランタンハンガーとして利用可能

お得にハンガーを利用したいのなら、こちらの商品がおすすめ。有名なメーカーから販売されているわけではありませんが、効果的に利用できるアイテムです。軽量タイプなので、持ち運びやすくなっています。ランタンを吊り下げられるのですが、状況に合わせて他の使い方も可能。

40代/女性
40代/女性

別の使い方もあります

評価:

ランタンハンガーですが、調理器具を吊り下げることもできます。ずり落ちてしまう心配がないため、安心して利用可能です。

焚き火ハンガーパイルタイプの商品比較表

ブランド

ペトロマックス

37CAMP

CAMPOOPARTS

スノーピーク

FLYFLYGO

DOD

ブッシュクラフト

テキスト

画像

ビートルくん

商品名

ファイヤーアンカー

ハンギング

ツールスタンド

焚火ツールポール

ファイアスタンド

ピートルくん

焚き火スタンド

ツインポールワイド

特徴

テーブルとして利用可能

・ソロキャンプにおすすめ

・バーベキューができる

同時に調理可能

・重たいものも利用できる

・吊しベーコンが作れる

使うほど個性が出る

・小さめサイズ

・グループキャンプにもおすすめ

コンパクトに収納できる

・ちょっとした作業に使える

・初心者にもおすすめ

部品を分解できる

・ソロキャンプに最適

・小さめサイズ

・焚き火ができる

・オプションが豊富

別売りのテキーラテーブルあり

ソロキャンプにおすすめ

・調理もできる

・コンパクト

ずり落ちない

・ランタン専用

・他の使い方もできる

商品リンク

楽天(16,500円) 楽天(18,200円) 楽天(20,000円) 楽天(24,281円) 楽天(8,190円) 楽天(13,461円) 楽天(14,300円) 楽天(8,670円)

焚き火ハンガーのおすすめ商品8選【ブリッジタイプ】

次は、焚き火ハンガーとして人気のブリッジタイプについて掘り下げていきましょう。ブリッジタイプの焚き火ハンガーは大きいサイズのものが多く、大人数でのキャンプにおすすめです。調理にも向いているアイテムなので、キャンプで調理を行いたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

①尾上製作所/マルチハンガー

出典: 楽天市場
尾上製作所
マルチハンガー
12,455円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
調理と収納に優れているアイテム

尾上製作所のマルチハンガーは、サイド部分にツールを吊り下げられるようになっています。焚き火に使用できるグローブやまな板、トングなどを置きましょう。中心部分にあるS字フックには、重たいダッチオーブンを吊り下げることも可能。

サイズ 900×685×845mm
20代/男性
20代/男性

広く利用できます

評価:

中央部分が広くなっているため、大きめの焚き火台も使用できます。ゆとりをもって調理が行えるので、効率良く熱を加えたい場合にも最適です。

②ペトロマックス/ファイヤーブリッジ

出典: 楽天市場
ペトロマックス
ファイヤーブリッジ
21,999円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
サイズの異なるフックがポイント

ダッチオーブンやケトル、スキレットなどサイズの異なるツールを吊り下げたい場合は、ペトロマックスのファイヤーブリッジがおすすめ。工具を使わずに簡単に組み立てられて、サイズの異なるフックが4種類あります。

洗ったものを乾かすこともできる他、コンパクトにまとめることも可能です。もちろん、重たいダッチオーブンも置くことができます。

サイズ 全長110cm
重量 16kg
30代/女性
30代/女性

アイテムを全て吊り下げられる

評価:

サイズの異なるフックがあるので、持っているアイテムを全て吊り下げられました。大きめサイズなのですが、部品を外すことでコンパクトに収納することも可能です。

③ハイランダー/アイアンハンガーラック

出典: 楽天市場
ハイランダー
アイアンハンガーラック
6,980円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
コスパ最強アイテム

お得に焚き火ハンガーを購入したい人には、ハイランダーのアイアンハンガーラックがおすすめ。専用のフックが4つ付いているので、ダッチオーブンやケトルだけでなく、焚き火に必要なツールを効率良く吊り下げられます。

サイズ 約104×89.5×65cm
重量 3.7kg
50代/男性
50代/男性

かなりお得です

評価:

フックの数は少ないですが、かなりお得に購入できる焚き火ハンガーです。。

④アイアンクラフト/ITADAKI

出典: 楽天市場
アイアンクラフト
ITADAKI
39,600円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
本格的な焚き火ハンガー

本格的な焚き火ハンガーを探しているという人には、アイアンクラフトのITADAKIがおすすめ。専用のフックが4つ、ダッチオーブンを置ける部品が1つあります。好きな位置に吊り下げられるアイテムなので、使い方自由自在です。ランタンを吊り下げれば、夜キャンプの調理にも最適。

サイズ 幅165×高さ90×奥行48cm
50代/男性
50代/男性

こだわりの焚き火ハンガー

評価:

簡単に組み立てられる焚き火ハンガーです。道具を簡単にしっかりと吊り下げられるアイテムなので、重たいダッチオーブンやスキレットにもおすすめ。

⑤ユニフレーム/焚き火ベース450

出典: 楽天市場
ユニフレーム
焚き火ベース450
19,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
ソロキャンプに最適

ソロキャンプでも使える焚き火ハンガーを探している人には、ユニフレームの焚き火ベース450がおすすめです。焚き火台とハンガーがセットになっているアイテムなので、ソロキャンプにも使えます。どこでも使える他、バーベキューを楽しむことも可能です。

サイズ 約500×810×790(高さ)mm
重量 5.3kg
40代/女性
40代/女性
評価:

ソロキャンプでも使えるサイズの焚き火ハンガーです。バーベキューを楽しめるだけでなく、焚き火台としても使えます。

⑥ハイランダー/アルミハンガーラック

出典: 楽天市場
ハイランダー
アルミハンガーラック
3,380円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
日常使いもできる

ハイランダーのアルミハンガーラックは、お得に購入できる焚き火ハンガーです。小さめサイズの焚き火ハンガーなので、小さめサイズの調理器具やランタンを吊り下げられます。他にも、連泊する場合は服を吊り下げたり、寝袋を干して乾燥させることも可能です。

サイズ 約W66×H69×D60cm
重量 640g
30代/女性
30代/女性

家でも使っています

評価:

こちらの製品は、家でも使用することができます。ハンガーと服を吊り下げて利用できるので、キャンプ以外でも活躍してくれておすすめです。

⑦Lixada/ランタンハンガー

出典: 楽天市場
Lixada
ランタンハンガー
7,037円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
夏や冬のキャンプに最適

Lixadaのランタンハンガーは、最大8kgまで耐えられます。あまり重たいものを吊り下げることはできませんが、調理器具を清潔に保つには問題ないアイテムです。夏や冬にキャンプへ訪れる場合は、道具だけでなく、洋服をかけておくのもおすすめ。簡単に組み立てられるのも魅力の1つです。

40代/女性
40代/女性

オールシーズン使っています

評価:

重たすぎるものを吊り下げることはできません。ただ、アイテムをテーブルに置きたくない場合に利用できるので、これからも重宝すると思います。

⑧37キャンプ/拡張キットファイヤラック

出典: 楽天市場
37キャンプ
拡張キットファイヤラック
8,580円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
拡張に最適

パイルタイプの焚き火ハンガーをブリッジタイプに変換したい場合、37キャンプの拡張キットファイヤラックがおすすめ。組み合わせることで、調理と収納を両立させられます。組み合わせても小さめサイズなので、ソロキャンプから2人、3人キャンプに最適なアイテムと言えるでしょう。

重量 3.9kg
50代/男性
50代/男性

拡張して利用しています

評価:

すでにパイルタイプの焚き火ハンガーを使っていました。しかし、ブリッジタイプに惹かれてこちらを購入。

焚き火ハンガーブリッジタイプの商品比較表

ブランド

尾上製作所

ペトロマックス

ハイランダー

アイアンクラフト

ユニフレーム

ハイランダー

Lixada

37キャンプ

画像

商品名

マルチハンガー

ファイヤーブリッジ

アイアンハンガーラック

ITADAKI

焚き火ベース450

アルミハンガーラック

ランタンハンガー

拡張キット ファイヤラック

特徴

調理と収納に利用できる

・重たいものも吊り下げられる

・大きめの焚き火台も置ける

サイズの異なるフックがついている

・コンパクトにまとめられる

・工具がなくても組み立てられる

重たいものを吊り下げられる

・フックが4つ付いている

・別売りのフックも利用可能

本格的な焚き火ハンガー

・使い方自由自在

・簡単に組み立てられる

・ソロキャンプに最適

・バーベキューができる

焚き火も可能

・小さめサイズ

・物干し竿としても利用可能

自宅でも使える

最大8kgまで対応

・洋服をかけられる

・リーズナブル

拡張できる

・少人数におすすめ

・小さめサイズ

商品リンク

楽天(12,455円) 楽天(21,999円) 楽天(6,980円) 楽天(39,600円) 楽天(19,900円) 楽天(3,380円) 楽天(7,037円) 楽天(8,580円)

焚き火ハンガーの簡単な自作方法

ハンガーは、簡単に自作できます。購入するよりも簡単に自作したいと考えている人は、ここから紹介する自作方法を参考にしてみてください。

自作焚き火ハンガーの材料とツール

  • 鉄筋
  • メジャー
  • チョーク
  • ペイントスプレー

必要最低限のアイテムはこちらです。もっと簡単な自作ハンガーにこだわりを持ちたい場合は、ハケやペンキを用意してください。好きなカラーにできますが、ホワイトやブラウン、ブラックが特におすすめです。カラーを組み合わせて塗装するというのも、オリジナリティがあって良いでしょう。

自作焚き火ハンガーの作り方

  1. 鉄筋を棒に巻き付け、1つの円ができるようにする
  2. 鉄筋の端を切り落とし、反対側はS時になるように曲げる
  3. 支柱になる鉄筋を切り落とし、端を丸くなるように加工する
  4. 部品を好きなカラーに染め上げる
  5. 支柱を地面に刺し、細い方の鉄筋を支柱に設置する

まずは、ちょうど良いサイズの鉄筋を用意します。鉄筋は支柱になる太めのものを1本、道具を掛けられるように、細めのものを3つ用意しましょう。しっかりと円を作っていれば、重たいものでも吊り下げることができます。

自作焚き火ハンガーの組み立て方

簡単に作れる自作ハンガーは、簡単に組み立てられます。パラコードは繋げたままにして置き、組み立てる際は異形丸棒を刺すだけです。簡単に組み立てられるだけでなく、コンパクトに収納できるので持ち運びにもおすすめです。

焚き火ハンガーのQ&A

焚き火ハンガーの活用方法は?

調理器具を吊り下げたり、料理に利用できます。ダッチオーブンなどの重たいものを吊り下げられるものも多いので、自分なりの使い方を探してみてください。

パイルとブリッジはどちらがおすすめ?

パイルタイプとブリッジタイプは、それぞれ特徴が異なります。パイルタイプはコンパクトなので、ソロキャンプに最適。ブリッジタイプは調理に向いている他、ツールをたくさん吊り下げられるのでグループキャンプにおすすめです。

自作できますか?

焚き火ハンガーは自作できます。しかし、鉄筋を使った自作では力が必要です。鉄筋を切り落とすために専用の器具が必要なので、自作する際は用意する道具に注意しましょう。もっと簡単に自作したい場合は、木材を使うのがおすすめです。自分に合った自作方法を探しましょう。

自宅でも使えますか?

キャンプを行っていないときは、自宅で利用できます。例えば、ハンガーを吊るして服をかけておくという使い方です。ちょっとした大きめサイズの寝袋や、服の乾燥に使うこともできます。見た目がおしゃれなものも多いので、インテリアとしても優秀です。

焚き火ハンガーをキャンプに持っていこう!

焚き火ハンガーは簡単に自作可能です。そのため、自作する気持ちがある人は、ぜひ簡単な自作方法を試してみてください。もちろん、メーカーからは様々な形のハンガーが販売されています。自分好みのアイテムを探してみましょう。

すうこ

この記事のライター

すうこ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

キャンプ道具

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

ジャックウルフスキンの魅力と日本での評価を紹介します!ジャックウルフスキンの幅広い商品ラインナップから、おすすめ商品も紹介していきます。国内外から高い評価を得ている商品多数なので、新生活に向けてリュックやジャケットの新調を考えている方、参考にしてください。

関連するキーワード

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード