テントにスカートは必要?スカート付きのテントおすすめ商品まとめ

お気に入りに追加

テントにスカートは必要かどうかについてまとめました。スカートのメリットやデメリット、オススメのスカート付きテントについて紹介しました。また、スカートを自作する方法についても説明したので、スカート付きテントの購入を検討している人はチェックしてみてください。

テントにスカートは必要?スカート付きのテントおすすめ商品まとめ

目次

  1. テントスカートの必要性とおすすめ商品を紹介!
  2. テントにスカートは必要?
  3. テントのスカートのデメリット
  4. スカート付きテントの選び方
  5. スカート付きテントのおすすめ商品10選
  6. スカート付きテントのおすすめ商品比較表
  7. テントスカートは自作も可能!
  8. スカート付きテントに関するQ&A
  9. テントスカートの必要性とおすすめ商品まとめ

テントスカートの必要性とおすすめ商品を紹介!

雪山付近にスカート付きテントを張っている様子
Pexels

テントスカートは、冬キャンプの際に重要な役割を果たします。スカートがあると、テントの内側の保温性を高めるのに非常に有効です。

この記事では、テントスカートのメリットやデメリットやおすすめのスカート付きテントについて紹介します。また、スカートを自作する方法についてもまとめたので、ぜひ読んでみてください。

テントにスカートは必要?

テントのスカートとは?

テントのスカートとは、フライシートの四方に付いている裾のことをいいます。スカートが付いている部分は裾が長くなっているので、テント内の保温性を高めてくれます。

スカートはペグで固定できるモデルが多いですが、雪や石を置くことで固定することも可能です。夏はテントスカートを巻き上げるようにすると、涼しく快適に過ごせます。

防寒・防風に効果的

スカートは冬に絶大な効果を発揮します。テントにスカートが付いていると雨風や隙間風を防ぐことができ、寒い中でもテント内の保温性が高まるのです

幕下からの冷たい風は、テントの内側の温度を下げます。冷気の侵入を防いでくれるスカートは、冬キャンプに欠かすことができないアイテムなのです。

害虫の侵入を防げる

スカートは冬だけではなく、虫の多い夏にも効果を発揮します。スカートがあることで隙間がなくなり、テント内への虫の侵入を防ぐことができるのです。また、スカートが不要な時は巻き上げると、蒸し暑くなることも少ないです。虫が苦手な人には、スカート付きのテントは非常におすすめです。

雨や泥の跳ね返り対策にも

スカート付きのテントが雨の中張ってある様子
JerzyGorecki

雨が降った時にも、スカートは有効です。雨が降るとフライシートの隙間から降った雨や泥が跳ね返り、テント内に侵入してくることがあります。

しかし、テントにスカートが付いている場合は、雨や泥の跳ね返りを防ぐことができます。雨や雪の日でも安心して使えるので、スカート付きテントはおすすめです。

テントのスカートのデメリット

夏キャンプでは巻き上げないと暑い

スカートが付いていると通気性が下がってしまい、夏はテントが暑くなってしまいます。ただし、ほとんどのスカートは巻き上げることができるので、あまり問題はありません。夏もキャンプを楽しみたい人は、簡単に巻き上げられるかチェックしましょう。

気温を確認しながら、スカートを必要に応じて巻き上げるようにするのがおすすめです。また、スカート付きでもTCと呼ばれるポリコットン素材は、夏でも比較的涼しいといわれています。

TC素材は、遮光性が高いため日差しに強いのです。スカート付きテントを選ぶ際は、巻き上げの有無や素材についても確認してください。

テントの内側が結露しやすい

スカートには、テントの内側が結露がしやすいというデメリットがあります。スカートがあることでインナーテントとフライシートの間に空気が溜まりやすく、結露してしまうのです。さらに、テント内で過ごしていると、余計に結露が起きやすくなります。

これは、外気に対して室温が高くなることが原因です。結露を防ぐためには、換気をこまめにするようにしましょう。

また、コットン系の素材は吸湿性があるので、多少結露がしにくくなります。スカートがついている場合は、結露防止の対策をしっかり行うようにしてください。

汚れやすい・乾きにくい

スカート付きテントは地面に直接触れるため、汚れやすく乾きにくいというデメリットがあります。

スカート部分に雨や朝露が溜まりやすく、泥状になることもあります。必要に応じてスカートを巻き上げるなど、対策をするようにしましょう。また、カビを防ぐために、撤収の際はスカート部分も十分乾かしてください。

スカート付きテントの選び方

選び方①換気と保温性

スカート付きテントの選ぶ際は、換気と保温性をェックするようにしましょう。冬はテントの内側でストーブを使用する場合も多いです。

換気機能が十分に備わってないと、ストーブを使用した際に一酸化中毒を起こす危険が高いです。一酸化中毒は命にも関わるので、換気機能の有無は十分チェックしておきましょう。また、通気性が良いと、結露がしにくいというメリットもあります。

テントの内側から換気できるテントを選ぶようにしてください。さらに、保温性が高いかどうかもテントを選ぶ上で重要なポイントです。ポリコットン生地を使っているテントは暖かく保温性も高いので、おすすめです。

選び方②ストーブの使いやすさ

一般的に、テントの内側での火器の使用は禁止されている場合が多いです。しかし、冬キャンプでストーブなどの暖房器具を使用する人は多くいます。その場合はメーカーの使用上の注意を確認して、安全に使用するようにしてください。

また、最近はテントの内側で薪ストーブを使えるよう設計されているテントも多くあります。スカート付きのテントを選ぶ際は、ストーブの使用のしやすさについてもチェックしましょう。

スカート付きテントのおすすめ商品10選

①コールマン「タフスクリーン2ルームハウス+」

出典: 楽天市場
コールマン
タフスクリーン2ルームハウス+
51,240円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

リビングスペースが広々とした、お手頃価格の2ルームテントです。ペグなどもセットになっており、一人でもスムーズに設営ができると人気があります。定員は4〜5人なので、ファミリーキャンプにおすすめです。

また、生地に防水加工されているので、雨や雪の日でも安心に過ごせます。キャンプ初心者にぴったりの大人気のテントです。

サイズ 約320×230×170 (h)cm
重量 約16kg
男性
男性

コスパ最高

評価:

ダークルームのおかげで寝床側は良い意味で真っ暗です。日光も90%ブロックするので、インナー取り外して投影機使って映画を見ることもできます。

②ogawa「ティエララルゴ」

出典: 楽天市場
ogawa
ティエララルゴ
173,798円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ogawaのティエララルゴは、機能性が高いテントとして人気があります。スカート付きテントですが、メッシュパネルを搭載しているため夏でも快適に過ごせます。

また、室内の換気効率を高めるベンチレーターを採用しているので、テント内部からも換気ができます。夏はスカートを巻き上げると、過ごしやすいです。

サイズ 620×310×高さ210cm
重量 22kg
40代男性
40代男性

良い

評価:

インナーテントがT/Cで雨の日の設営・撤収が楽なことが決定打になりました。小川のテントはやっぱり安心感があります。

③テンマクデザイン「サーカスTC」

出典: 楽天市場
テンマクデザイン
サーカスTC
34,980円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

おしゃれな見た目が特徴的なサーカスTCは、オールシーズン快適に過ごせるスカート付きテントです。生地には、遮光性と通気性を兼ね備えているコットン素材を使用しています。

また、出入り口も2箇所ついているので、風通しもよいです。定員は1人から2人なので、ソロキャンプにもおすすめです。

サイズ 442×420×(H)280cm
重量 10.88kg
男性
男性

真冬のキャンプにおすすめ

評価:

スカートで隙間風がなく、結露も起こりにくいです。雨が降っても大丈夫ですが、カビに気をつけてください。

④ノルディスク「アスガルド」

出典: 楽天市場
ノルディスク
アスガルド
129,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

アスガルドは、デンマーク初のアウトドアブランドノルディスク製のハイセンスなテントです。素材はテクニカルコットンを使用しているので、夏涼しく冬暖かいという特徴があります。また、出入り口と窓がメッシュ素材を使用しており、通気性に長けています。

サイズ 横400×奥行375×高さ250cm
重量 約16kg
女性
女性

かわいいテント

評価:

見た目はかわいいのに、しっかりした生地です。作りもとてもしっかりしています。
次のキャンプが楽しみです!

⑤ヘルスポート「バランゲルドーム」

出典: 楽天市場
ヘルスポート
バランゲルドーム
171,380円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ヘルスポートのパランゲルドームは、個性的なデザインが目を引くスカート付きテントです。3つのドアと2つの窓があり開放的ですが、雨や雪の際はしっかりと守ってくれます。

パランゲルドームは、薪ストーブの使用を前提に設計されています。そのため、寒い時期でも暖かく快適に過ごすことができます。

サイズ H170cm×W345cm×D370cm
重量 6.82kg
男性
男性

高いけど満足

評価:

設営は2.30分でしたでできました。幕内は有効面積が広く、この大きさにしては軽いです。
なにより他と被らないのが嬉しいです。

⑥スノーピーク「エルフィールド」

出典: 楽天市場
スノーピーク
エルフィールド
87,780円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

スノーピークのエントリーモデルであるエルフィールドは、お手頃価格の2ルームシェルターです。シンプルな作りで設営しやすく、ペグなどの必要な道具もセットになっています

リビングスペースにはスカートが備わっているので、隙間風を防いでくれます。また、メッシュパネルを採用しており、夏でも涼しく過ごせると人気です。

サイズ 600cm×380cm×175cm
重量 15.5g
男性
男性

満足度の高いツールーム

評価:

とても満足のいく、2ルームシェルターでした。
設営時間も短く、大人2名で30分かからず設営できました。
中も広くリビングとして十分の大きさで満足です。

⑦テンティピ「オニキス」 

出典: 楽天市場
テンティピ
オニキス
137,500円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

オニキスのテンティピは、北欧生まれの大型テントです。センターポール1本のシンプルな構造のため、わずか数分で設営可能です。定員も6〜10人と多く、ファミリーにオススメのテントとなっています。

また、ボディの素材は結露を防いでくれるので、安心です。さらに、内部から操作できる換気機能を装備しており、風通しが良い作りになっています。

サイズ 幅5.3m高さ3.1m
重量 13.3kg
男性
男性

おすすめ

評価:

早速張ってみました。見た目・機能ともに満足感の高いテントです!

⑧ローベンス「フェアバンクス」

出典: 楽天市場
ローベンス
フェアバンクス
66,999円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ローベンスのフェアバンクスは、4人用のティピー型テントです。比較的小ぶりなサイズですが、大人4人が快適に過ごせるように設計されています。

テント素材にはポリコットンを使用しているので、夏涼しく冬暖かく過ごすことができます。また、フロアシートはフライシートと一体化しているため、設営や撤収を簡単に行うことが可能です。

サイズ 365×300×高さ185cm
重量 9.1kg
50代男性
50代男性

シンプルでかっこいい

評価:

インナー一体型なので組み立て設置も早く、片付け易いです。また、ポールが外に出ているため、邪魔にならず広く使えて良かったです。生地と生地の縫い込みもしっかりとしています。

⑨ザ・ノースフェイス「ホームステッドルーミー2」

出典: 楽天市場
ザ・ノースフェイス
ホームステッド ルーミー 2
40,699円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ホームステッドルーミー2は、防風性や耐久性が優れた小型のテントです。定員は2人ですが、ソロキャンプ にもおすすめです。

スカート付きテントですが、重さは2.78kgと軽く持ち運びしやすくなっています。クイーンサイズのマットも入るので、室内でゆっくりしたい人におすすめのテントです。

サイズ 223×165cm×h116cm
重量 2.78kg
30代男性
30代男性

新作テント

評価:

価格、デザイン共に素晴らしいです。大満足の商品です。

⑩ギアトップ「フォーシーズンテント」

出典: 楽天市場
ギアトップ
フォーシーズンテント
11,980円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

フォーシーズンテントは、手頃な値段が魅力の2人用テントです。ンナーテントの大きなメッシュが、風通しを良くし結露を防いでくれます。また、シンプルな構造なので、初心者でも簡単に設営ができます。3kgと軽く、持ち運びにも便利です。

サイズ 260cmx210cm高さ115cm
重量 約3,000g
男性
男性

大満足

評価:

コスパ最高のテントです。ソロの冬用のスカート付きを探していましたが、機能性抜群でした。巻き上げも出来るので、4シーズン使えそう!広さもソロなら充分です!

スカート付きテントのおすすめ商品比較表

商品名

タフスクリーン2ルームハウス+

ティエララルゴ

サーカスTC

アスガルド

バランゲルドーム

エルフィールド

オニキス

フェアバンクス

ホームステッドルーミー2

フォーシーズンテント 

画像

タフスクリーン2ルームハウス+ ティエララルゴ サーカスTC ノルディスクのアスガルド バランゲルドーム オニキス フェアバンクス ザ・ノースフェイス「ホームステッドルーミー2」 フォーシーズンテント

ブランド

コールマン

ogawa

テンマクデザイン

ノルディスク

ヘルスポート

スノーピーク

テンティピ

ローベンス

ザ・ノースフェイス

ギアトップ

特徴

・お手頃価格

・設営が簡単

防水加工された生地を採用

・通気性がよく、夏でも快適

テントの内側から換気が可能

・定員4〜5人

コットン素材を採用

・出入り口が2箇所

・ソロキャンプにおすすめ

生地にテクニカルコットン使用

・窓と出入り口がメッシュ素材で、風通しが良い

・北欧のおしゃれなデザイン

薪ストーブ使用可能

・3つのドアと2つの窓があり、通気性抜群

・雨や雪に強い

初心者向けの2ルームシェルター

・設営しやすい

・メッシュパネルで夏でも涼しい

・わずか数分で設営可能

テント内側から換気可能

・結露しにくい素材を使用

・設営・撤収が簡単

ポリコットン素材使用

・夏涼しく、冬は暖かい作り

・防風性・耐久性に優れている

軽量で持ち運びやすい

・定員1〜2人

・春夏秋冬快適に過ごせる

軽量で持ち運びやすい

・風通しがよく、結露しにくい

商品リンク

楽天(51,240円) 楽天(173,798円) 楽天(34,980円) 楽天(129,800円) 楽天(171,380円) 楽天(87,780円) 楽天(137,500円) 楽天(66,999円) 楽天(40,699円) 楽天(11,980円)

テントスカートは自作も可能!

テントスカートの自作方法①ダブルクリップ

テントスカートの自作方法について紹介します。用意するものは、大きめのシートとダブルクリップのみです。まず、シートを30〜40cmほどの幅の帯状に切ります。続いて、フライシートの裾に帯状に切ったシートを取り付け、ダブルクリップで挟みます。

フライシート全体にシートを取り付けられたら、スカートの完成です。スカートはハトメをつけ、ペグダウンすることも可能です。ただし、めくれにくいので、必ずしもペグダウンする必要はありません。

テントスカートの自作方法②マジックテープ

スカートをマジックテープで自作する方法もあります。まず、シートを必要な幅に切り出します。両面テープ付きのマジックテープを、フライシートの裾全体に貼ります。

そこに、切り出したシートを貼り合わせたら、完成です。マジックテープは、100円ショップなどで購入できるので、安価に作れます。完成した後は、ペグでしっかりと留めると安心です。

テントスカートの自作方法③マグネット

マグネットを使っても自作スカートを作ることができます。まず、シートを必要な長さにカットしていきます。フライシートにスカートを取り付け、内側と外側から固定します。

マグネットを利用する場合固定していない部分が隙間が空いてしまうので、スカートを上にして重ねた方が風を通しにくいです

スカート付きテントに関するQ&A

自作でスカートを作る場合、おすすめの生地はありますか?

自作でスカートを作る場合は、撥水加工が施されたシートを使用しましょう。レジャーシートなどでも構いませんが、ユタカのODシートが安価でおすすめです。

自作スカートを作る場合に注意することはありますか?

自作スカートを作る場合は、テントに直接縫い付けるのはおすすめしません。夏でもテントを使用したい場合は、スカートを取り外しできるようにしましょう。上記で紹介した自作方法を参考に、取り外しできるスカートを作ってみてください。

スカートはどのようにして固定したら良いですか?

テントスカートは、ペグダウンして固定するのが一般的です。手間をかけたくない人は、ペグではなく石などの重さのあるものを置いて固定するのもおすすめです。

また、スカートを内側に落ち込んでペグダウンする方法もあります。ただし、風の強い日はスカートが捲れてしまうこともあるので、ペグダウンしておくのが良いでしょう。

テントスカートの必要性とおすすめ商品まとめ

夜灯りがついている黄色のテント
bhossfeld

テントスカートの必要性とおすすめ商品について紹介しました。この記事で紹介したスカート付きテントのメリットとデメリットを考慮し、購入を検討しましょう。また、普段使っているテントに自作する方法も紹介したので、スカートを作ってみるのもおすすめです。

パンダTCのスカートの自作方法は?冬キャンプを快適に過ごすために準備

あわせて読みたい

パンダTCのスカートの自作方法は?冬キャンプを快適に過ごすために準備

パンダTCのスカートの自作方法を詳しく説明します。テンマクデザインのワンポール型テント、パンダTCの魅力やスペックやセールスポイントをピックアップし、スカートを付ける効果を紹介。また、パンダTC用のスカートの自作方法も詳しく解説します。

人気テント「パンダTC+」の魅力に迫る!スカート付きの新型デザイン

あわせて読みたい

人気テント「パンダTC+」の魅力に迫る!スカート付きの新型デザイン

パンダTC+の魅力について徹底的にを解説します!新型デザインになり、スカートが導入されたパンダTC+のメリットとデメリットについてまとめました。新型と旧型のスペックを表にして、サイズや重量も比較していますので、ぜひチェックしてみてください。

関谷涼子

この記事のライター

関谷涼子

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

テント

CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

CIRCUS 720DXの使い心地について説明します。テンマクデザインのCIRCUS 720DXの基本的なスペックや、魅力的な特徴をまとめました。廃盤後に登場した、テントとサイドウォールのセットについても紹介しているので、チェックしてみてください。

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

テント

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

黒いテントのおすすめブランドと、注意点やデメリットを解説していきます。黒いテントの魅力を、徹底的にまとめました。また、様々なデザインの黒いテントを、5つ紹介しています。黒いテントが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

テント

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

MSRのツインシスターズが今でも人気の理由について解説!MSRのツインシスターズならではの魅力や、入手方法を説明しています。MSRの類似モデルであるパビリオンやツインピークスとの違いも調べましたので、チェックしてみてください。

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

テント

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

サバティカル「モーニンググローリーTC」について徹底解説していきます。「モーニンググローリーTC」の商品情報やレビュー、設営やレイアウトについても紹介します。サバティカル「モーニンググローリーTC」を検討されている方は参考にしてください。

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

テント

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

小川キャンパル「シャンティ23」の人気の理由を説明します。購入前に気になる設営方法や、価格・サイズなど基本情報をまとめました。小川キャンパル「シャンティ23」ならではの特徴についても解説!設営時にあると便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてください。

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード