Toogeの寝袋「ダウンシュラフ」は最強!おすすめする理由・評判は?

お気に入りに追加

Toogeの寝袋「ダウンシュラフ」の魅力を解説します。保温力だけじゃない!冬キャンプにおすすめの理由や、気になる商品の評判についても紹介しています。普段使いでの具体例も説明。Toogeの寝袋を知らなかった方、どんな寝袋を買おうか迷っている方はぜひ読んで下さい。

Toogeの寝袋「ダウンシュラフ」は最強!おすすめする理由・評判は?

目次

  1. Toogeの寝袋の魅力を紹介!
  2. Toogeの寝袋をおすすめする理由
  3. Toogeの寝袋の商品情報
  4. Toogeの寝袋は冬キャンプに使えて評判も折り紙付き!

Toogeの寝袋の魅力を紹介!

寝袋
出典: www.photo-ac.com

Toogeのダウンシュラフを知っていますか?寝袋が欲しいけど何を買おうか悩んでいる…そんな方に最強におすすめできる寝袋ブランドです。

この記事ではToogeの寝袋をおすすめする理由を、気になる評判も合わせて解説します。また、キャンプ以外の日常での使い方も紹介していきます。

Toogeの寝袋をおすすめする理由

保湿性が高い

寝袋にはいる女子ソロキャンパー

寒い時期のキャンプで気になるのが、お肌の乾燥ではないでしょうか?Toogeの寝袋は、保湿性に優れたコットン素材を使用しています。冬キャンプで朝起きたらお肌がカサカサ…という事態を防げるのはうれしいですね。

肌触りが良い

キャンプでコーヒーを飲んでいる女性
Free-Photos

内部に使われているコットン素材により、おふとんのように柔らかい肌触りがします。コットンのおかげで、寒い夜でも寝袋に入ればすぐに暖かみを感じることができます。 

冬キャンプに使える

抜群の保温性も大きな魅力です。なんと、最低気温-(マイナス)25℃で使用できるモデルも!『2月のキャンプで快眠できました』との声もありました。寒さの厳しい冬用の寝袋として、ぜひ持っておきたいですね。

色々な用途で大活躍

黄色い寝袋

Toogeの寝袋は、キャンプシーン以外の多くの場面でも大活躍!例えば、登山、車中泊、職場での仮眠用、災害時の緊急避難用など、例を挙げればキリがありません。自宅で使う冬用の寝袋として、寒い冬を乗り切るために使っているという声も。

キャンプシーズンを過ぎても活躍してくれるため、いざという時のためにも持っておくことをおすすめします。

Toogeの寝袋の商品情報

Toogeの寝袋ダウンシュラフ【1kg】

家で広げた寝袋

【詰め物重量】

700g 

【下限外気温度】

10℃  

【快適外気温度】

15℃~25℃  

Toogeの1.0kgダウンシュラフは、夏の使用も可能な封筒型の超軽量モデル。コンパクトなしまい方が可能なので、バイクツーリングのお供にも最適!洗濯機や手洗いでの洗濯が可能なので、汗や汚れがついても安心です。 

Toogeの寝袋ダウンシュラフ【1.4kg】

出典: 楽天市場
Tooge
寝袋ダウンシュラフ1.4kg
5,215円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
仮眠や車中泊などいざという時にもおすすめ

Toogeの1.4kgダウンシュラフは、コンパクトで軽量ながらも最低5℃の環境で使用可能。仮眠や車中泊などでも大活躍してくれるでしょう。

”最低気温0度前後、白い息が見えるほどの寒い室内ですが十分暖かいです”との声もあり、その性能はコンパクトながらお墨付き。キャンプ以外の使用を検討している方にもおすすめの製品です。

詰め物重量 1000g
下限外気温度 5℃
快適外気温度 10℃~20℃
男性
男性

値段相応?

評価:

先日、テントの中が17度まで下がった夜に、薄いハンモックの上にマット無し、薄い綿のシャツとワークマンの綿アノラックパーカーで暖かく寝れました。

Toogeの寝袋ダウンシュラフ【1.8kg】

出典: 楽天市場
Tooge
寝袋ダウンシュラフ1.8kg
7,020円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
幅広いシーズンで活躍の高コスパシュラフ。

Toogeの1.8kgダウンシュラフは、 最低ー5℃、快適使用温度0℃~10℃、肌寒くなってからも使用可能な、幅広いシーズンで活躍してくれる高コスパなシュラフです。 

Toogeの寝袋は全サイズに収納袋とバンドが付いており、コンパクトで場所を取らないしまい方が可能です。袋へのしまい方のコツは、寝袋を脚の間にはさみながら、体重をかけながら丸めていく方法。ボリュームのある製品ですが、力に自信のない女性の方でも小さくまとめることができます。 

詰め物重量 1400g
下限外気温度 -5℃
快適外気温度 0℃~10℃
女性
女性

工夫次第でオールシーズンあり。

評価:

秋キャンプ、外は0度を下回り朝には霜が降りバケツの水が凍っていました。インナー毛布や湯たんぽを入れ、スヌードも使ってぐっすり眠れました。普通のキャンプ場くらいなら全然オールシーズンいけますね。

Toogeの寝袋ダウンシュラフ【2.3kg】

出典: 楽天市場
Tooge
寝袋ダウンシュラフ2.3kg
12,609円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る
『もっと暖かく&もっと軽く!』ー25℃環境でも使える最強版。

Toogeの2.3kgダウンシュラフは、最低ー25℃での使用にも耐えられる最強の冬用寝袋です。

2.3kg版では、中の詰め物にダウンを使用しています。コットンを上回る保温力と軽さを備え、収納サイズも1.8kg版よりも小さくなるという優れもの。表面素材にナイロンを使い、高い防水性も備えています。

こちらも自宅の浴槽を使えば簡単に洗濯可能なので、購入時の高い性能を保ちながら長く使い続けることができます。

羽毛量 1500g
下限外気温度 -25℃
快適外気温度 -10℃~5℃
男性
男性

暖かいです

評価:

安い物もいくつかあたのですが冬しか使わないので-25度まで対応と書いてあったこれにして正解です。暖かいです。

Toogeの寝袋は冬キャンプに使えて評判も折り紙付き!

キャンプ場でオレンジ色に灯ったテント
RobertSedlakCz

Toogeの寝袋「ダウンシュラフ」の紹介でした。保温性はもちろん、高い保湿力と肌触りの良さで、冬キャンプでも快適に使える性能を誇ります。

口コミからもキャンプシーン以外の日常使いでも活躍してくれることがわかります。Toogeの寝袋を、あなたの寝袋選びの候補に加えてはいかがでしょうか?

家で使用できる寝袋おすすめ7選!布団代わりに使った寝心地は?

あわせて読みたい

家で使用できる寝袋おすすめ7選!布団代わりに使った寝心地は?

家で使うことができるおすすめの寝袋をまとめました。ミニマリストの方をはじめ、子供のいる家族で自宅で日常使いする際のメリットとデメリットをまとめています。自宅で布団代わりに使用する寝袋の選び方もまとめているので、参考にしてみてください。

寺田 翔

この記事のライター

寺田 翔

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【寝袋・シュラフ】マミー型と封筒型の特徴は?おすすめアイテムも

寝袋・枕

【寝袋・シュラフ】マミー型と封筒型の特徴は?おすすめアイテムも

寝袋・シュラフのマミー型と封筒型の特徴とメリット・デメリットを分かりやすく解説!マミー型と封筒型の寝袋・シュラフのおすすめ商品もそれぞれ5選ずつ紹介します。マミー型と封筒型のどちらの寝袋・シュラフを購入しようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

寝袋・枕

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

おすすめの最強冬用シュラフを16選紹介します!冬キャンプを快適に過ごせる人気商品や、コンパクトさに特化した商品を掘り下げています。また、冬用シュラフの選び方や防寒アイテムについても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

寝袋・枕

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

タイベックのシュラフカバーについて徹底調査しました!タイベック素材のシュラフカバーの特徴や、おすすめのメーカー商品を詳しく解説します。タイベックを使ったシュラフカバーの自作方法もまとめました。さらに初心者にも分かりやすく、Q&Aも合わせて紹介します。

冬キャンプ・登山に便利な寝袋(シュラフ)の使い方を徹底調査!

寝袋・枕

冬キャンプ・登山に便利な寝袋(シュラフ)の使い方を徹底調査!

快適な寝袋(シュラフ)の使い方についての特集です。各種素材や形状を比較しながら、寝袋の適した使い方について解説します。また、冬のキャンプや登山・テント内で活躍するための正しい使い方や、上手な洗濯方法についても併せて紹介していきます。

DOD「ジャケシュラ」のレビューまとめ!冬キャンプにおすすめ

寝袋・枕

DOD「ジャケシュラ」のレビューまとめ!冬キャンプにおすすめ

DODから販売されている「ジャケシュラ」を紹介します。ジャケシュラの魅力や、ファスナー・ポケットなどの機能をレビューと共に解説!DODのジャケシュラを使用する際の注意すべきポイントも説明していますので、ぜひ参考にしてください。

関連するキーワード

寝袋・枕の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード