ロッジのスキレットがおすすめ!サイズや手入れ方法をチェック

お気に入りに追加

ロッジのスキレットを紹介します。シーズニング不要で初心者にもおすすめなロッジのスキレットを、種類やサイズでまとめています。長く愛用する為のお手入れ方法についても記載しているので、スキレット購入初心者の方にもおすすめの記事です。

ロッジのスキレットがおすすめ!サイズや手入れ方法をチェック

目次

  1. ロッジのスキレットのサイズや手入れ方法を解説!
  2. ロッジのスキレットの特徴
  3. ロッジのスキレットを使用後の手入れ方法
  4. ロッジのスキレットを正しい手入れ法で長く愛用しよう!

ロッジのスキレットのサイズや手入れ方法を解説!

スキレット
TAKA@P.P.R.S

キャンプ料理には欠かせないスキレット。熱効率が良く保温性があります。料理が冷めにくいので、アウトドアにおすすめの道具です。また、そのおしゃれさも人気の理由で、スキレットを使ったレシピの本も出されています。

その中でも、性能が良くアメリカで大人気のブランド、ロッジ(LODGE)のスキレットを紹介します。

ロッジのスキレットの特徴

ロッジ(LODGE)とは、創業120年、キャストアイアンの調理器具ではアメリカNO.1といわれるブランドです。目玉焼きを焼くロゴが印象的。 

種類やサイズも豊富で、初心者にもおすすめなシーズニング不要製品です。日本のキャンプシーンでもよく見かけます。

ロッジのスキレットのサイズの種類

出典: 楽天市場
ロッジ(LODGE)
ロッジ アイアンスキレット 6.5インチ
1,895円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

直径16.5cmスキレット。小さめスキレットなので一人分で出すお料理や、ソロキャンプにおすすめ。深さも2.5cmと浅めなので焼き物レシピに向いています。

サイズ 直径16.5cm
重量 約889g
30代/男性
30代/男性
評価:

ソロキャンプで使用しちょうどよかったです。同じメーカーでフタがそろうのはポイント。1回使用でいい色になります。

タイプ

サイズ

(直径×高さcm)

 値段

(ロッジ公式サイト参照)

6.5インチ片手

(ソロキャンプにおすすめ)

15.5×3

2,420円 

8インチ片手 

20.2×4.3

3,630円

10 1/4インチ片手 

25.7×4.7 

5,060円 

12インチ片手 

29.9×5 

7,480円 

ミニチュア スキレット 

(デザートにおすすめ)

10×2.2 

1,320円 

5インチスクエア 

(サーブにおすすめ)

11.7×1.9 

3,080円 

ラウンドパンルーハンドル8

両手 (オーブンに入れる料理におすすめ)

21×5.4 

4,400円 

ラウンドパンループ10 1/4 

両手

27×5 

5,060円  

ラウンドパンループ12

両手 (煮込み料理におすすめ)

32×5.7 

7,480円 

特徴①シーズニングが不要

スキレット
TAKA@P.P.R.S

ロッジのスキレットは使用開始前のシーズニングが不要なので、初心者にもおすすめ。シーズニングとは、新品についている錆止めのワックスを落とし油膜を作る作業で、慣れていても面倒な作業です。購入後、さっと洗ってすぐ使うことができるのはうれしいポイントです。

特徴②IHクッキングヒーターで使用可能

IH
Kamaji Ogino Pexels

直火だけでなく、IHクッキングヒーターにも対応のロッジ。熱伝導率が良いので、時短料理や余熱調理ができ普段使いにもおすすめです。

ロッジのスキレットは鋳鉄で、重みがあります。怪我にもつながるので、落とさないよう注意しましょう。

特徴③蓄熱性が高い・蓋がある

焚き火で鍋を温めている様子
Artem_Apukhtin

蓄熱性、保温性も高いロッジの鋳鉄製品。調理後そのまま食卓に並べれば、温かい料理を長く楽しむ事ができます。

それぞれのサイズに対応した蓋が販売されているのもポイント。じっくり弱火で熱を入れたいお肉や煮込みのレシピにもおすすめです。

ロッジのスキレットを使用後の手入れ方法

用意するもの

  • キッチンペーパー
  • たわし(フライパン用がおすすめ)
  • 食用油

大まかな汚れをふき取るので、丈夫なキッチンペーパーを用意しましょう。また、食用油は熱で固まりやすい乾性油の油がおすすめで、サラダ油やえごま油が該当します

手入れ方法手順

  1. キッチンペーパーで汚れを拭き取る
  2. フライパン用のたわしでこすり、水で流す。※洗剤を使わないことがポイント
  3. 火にかけて乾かし、食用油を塗り込む

汚れをふき取る際こびりついてしまっている場合は、お水を入れて火にかけることで汚れが浮きます。ただし、スキレットは保温性が高いので火傷に注意して行ってください

注意すること

吊りさげられたいくつものフライパン
Ernest_Roy

ロッジのスキレットは鋳鉄製で熱を良く保ちます。熱いうちに洗うと火傷や製品が割れる可能性があるので、冷ましてから洗うほうが安全です。

最大の注意点は、洗剤を使わないこと。せっかくなじんだ油がとれてしまうので、洗剤で洗った場合は、シーズニングをしましょう。また、錆びやすく湿気に弱いでので、新聞などでくるんでの保管をおすすめします。

ロッジのスキレットを正しい手入れ法で長く愛用しよう!

料理
SHGxMaster

スキレットは格段に料理がおいしくなり、キャンプ感がでるのでおすすめの道具です。ロッジのスキレットは特に重い方で、お手入れや保管に手がかかりますが、その分愛着がわく道具です。使ったあとは正しく手入れをし、大切に長く愛用しましょう。

おすすめのミニスキレット紹介!使い方や人気レシピもチェック

あわせて読みたい

おすすめのミニスキレット紹介!使い方や人気レシピもチェック

キャンプにおすすめなミニスキレットを紹介!選び方や使い方、人気の理由についても触れているので、ぜひそちらもチェックしましょう。ミニスキレットを使った料理のレシピも掘り下げています。眠ってしまっているスキレットがある人は、レシピも参考にしてみましょう。

 スキレットのシーズニングのやり方は?簡単な方法を覚えて長く使おう

あわせて読みたい

スキレットのシーズニングのやり方は?簡単な方法を覚えて長く使おう

料理上級者の間で人気の調理器具のスキレットのシーズニングのやり方についてまとめました。スキレットを扱うのは難しいと感じている方もでも、簡単にシーズニングができるように詳しく解説。他にも、おすすめのスキレットや、シーズニング不要のスキレットを紹介します。

ダイソーの300円スキレットが話題に!色々なレシピを試してみよう

あわせて読みたい

ダイソーの300円スキレットが話題に!色々なレシピを試してみよう

ダイソーの300円スキレットについて紹介します。お手頃な価格で買いやすいダイソーの300円スキレットの、気になる実力について詳しく解説します。また、実際に自宅やキャンプで簡単に作れるおすすめレシピについてもまとめています。

saki

この記事のライター

saki

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

キャンプにおすすめの鍋18選!おしゃれな道具で美味しい料理を作ろう

食器・調理器具

キャンプにおすすめの鍋18選!おしゃれな道具で美味しい料理を作ろう

直火で使えるキャンプにおすすめの鍋を18選紹介!クッカーやダッチオーブンについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。また、キャンプで作れる簡単鍋レシピの詳細も掘り下げているため、料理好きのキャンパーも必見です。

クッカーおすすめ8選!炊飯はもちろんアウトドア料理にも使えて便利

食器・調理器具

クッカーおすすめ8選!炊飯はもちろんアウトドア料理にも使えて便利

おすすめのクッカーを8選紹介します。キャンプやアウトドアで、炊飯などのアウトドア料理を作るために、必要なクッカーをまとめました。また、購入時に失敗しないように、クッカーの選び方も合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ユニセラ熱燗あぶり台の魅力は?基本スペックと活用アイデアも!

食器・調理器具

ユニセラ熱燗あぶり台の魅力は?基本スペックと活用アイデアも!

ユニセラ熱燗あぶり台の魅力について紹介します。熱燗あぶり台のスペックや使い方から、熱燗あぶり台と炉ばた焼器炙りやとの相性についても解説。さらに、ユニセラ熱燗あぶり台の活用アイデアから、キャンプの楽しみ方をまとめましたので、ぜひ購入の際の参考にして下さい。

 ゴートレンジのチタン製マグカップが優秀!キャンプや登山におすすめ

食器・調理器具

ゴートレンジのチタン製マグカップが優秀!キャンプや登山におすすめ

ゴートレンジのチタン製マグカップについて解説します。マグカップのスペックや評判についてもaわせて紹介。また、ゴートレンジのマグカップについてのよくある質問はQ&A形式で回答しているので、ぜひ参考にしてください。

燻製器おすすめ18選!キャンプ・自宅で使える便利なアイテム紹介

食器・調理器具

燻製器おすすめ18選!キャンプ・自宅で使える便利なアイテム紹介

燻製器のおすすめ製品を紹介します。キャンプだけでなく自宅でも使える製品を含めてまとめました。初心者でも挑戦しやすいスモーク方法も解説。燻製器の素材や形状による違いなど、選び方も説明しています。コールマンやSOTOなど人気メーカーのアイテムも要チェックです。

関連するキーワード

食器・調理器具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード