ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングを徹底比較!使い方も!

お気に入りに追加

薪ばさみの代表格であるロゴスと、ファイヤープレーストングの特集です。キャンプやバーベキューの焚き火に役立つグッズである、ファイヤープレーストングを解説します。ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングの主な特徴や、スペックの違いを徹底比較します。

ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングを徹底比較!使い方も!

目次

  1. ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングを紹介!
  2. ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングの商品紹介
  3. ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングの比較
  4. ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングの比較まとめ

ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングを紹介!

炭の画像

キャンプやバーベキューなどのアウトドアでは、焚き火する機会が多いです。その時に役立つグッズが、薪ばさみです。

薪ばさみの代表格といえるブランドは、テオゴニアのファイヤープレイストング、もしくはロゴスの薪ばさみの2つでしょう。ファイヤープレイストングとロゴスの薪ばさみの、魅力や特徴を解説していきます。

ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングの商品紹介

バーベキューやキャンプなどのレジャーやブッシュクラフトにて、焚き火は欠かせない行動です。そこに薪ばさみを持参すると、かなり役立ちます。

薪ばさみの中でも有名なのが、テオゴニアのファイヤープレーストングと、ロゴスの薪ばさみです。双方の商品概要を紹介します。

ロゴスの薪ばさみの商品紹介

出典: 楽天市場
ロゴス
焚き火 薪ばさみ
2,420円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

重い薪でもしっかりと掴める、薪ばさみの代表格といえる商品です。バーベキューの際に持参すると、手軽ながらも重宝するアイデアグッズです。

これがあれば、炭で手を汚すこともありません。カシメ部分を後からカスタム・改造して強化すると、さらに自分らしい使い方ができます。

サイズ 42×8×2.5cm
素材 スチール

キャンプやバーベキュー用のアウトドア商品の総合メーカーである、ロゴスが作った薪ばさみです。グリップ感が程良く、掴んだ薪が滑りにくい特徴があります。シンプルな構造が魅力です。

30代/男性
30代/男性

これからも長く使える

評価:

何となく購入してみたところ、意外とよく活躍してくれます。グリップ部分が、次第に使い込まれていきます。扱いにくい薪でもしっかり固定して掴めます。多少コツが要るのですが、使い方に慣れれば重宝します。価格も安くておすすめできます。

ファイヤープレーストングの商品紹介

出典: 楽天市場
テオゴニア
ファイヤープレーストング 薪ばさみ
3,980円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ファイヤープレーストングは、下町育ちのメイドインジャパン製品です。その品質は上等で、こだわりの材質を使って仕上げたトングといえます。ブラックウォールナットのグリップを使用し、使い込むほど馴染んでいく楽しみがあります。

サイズ 全長420mm
素材 スチール

テオゴニアは、元々バイク用品の開発をしているメーカーです。アウトドア用の薪ばさみとして、ファイヤープレーストングを販売したところ、たちまち主要商品になりました。

人気タレントが動画で紹介するなど、こだわりのある仕様でファンを獲得した国内メーカーです。

40代/男性
40代/男性

質感が高い

評価:

ファイヤープレーストングのおしゃれなルックスが気に入っていまず。純国産の製品で、しっかりとした作りで安心です。焚き火のクォリティが、ワンランク向上した気分を満喫できます。何となくビンテージ感もあって、使い込むとますます味が出てきそうです。

ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングの比較

今や薪ばさみといえば、ロゴスとファイヤープレーストングが主流とされています。では、この2つの商品について、さまざまな側面から比較をしていきましょう。

比較①スペック

ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングの各スペックは、とても類似しています。全長は双方とも420mm、スチール製、グリップ部分は木材を使用している点などは一緒です。

異なる点としては、ファイヤープレーストングのほうがやや重量があります。ファイヤープレーストングが390gに対し、ロゴスの重量は330gです。また、ファイヤープレーストングは国内生産をしていますが、ロゴスは生産国を公表していません。

比較②先端部分とグリップ

薪を掴む先端部分を比較すると、ファイヤープレーストングの先端面積のほうが、ロゴスよりも大きく広がっています。また、グリップ部分は双方とも木材仕様ですが、ファイヤープレーストングは、ローズウッドを使うこだわりを持っています。一方のロゴスは材質を公表していません。

比較③カシメとストラップ

カシメ部分は、ファイヤープレーストングのほうがしっかりと作られていて、ロゴスのほうは少し頼りない印象を持つ人もいるようです。そのためロゴスのユーザーの中には、後からカシメ部分を改造やカスタムしている人も多いです。

また、ロゴスの薪ばさみにはグリップ部分にストラップが付いていますが、ファイヤープレーストングには付いていません。

比較④値段とカスタマイズ性

値段を比較すると、ファイヤープレーストングのほうがやや高めな設定です。純国産で素材にこだわっている点からも、ファイヤープレーストングには、グレードの高さが伺えます。

ロゴスは、カシメ部分を後から強化させるカスタムメイドや改造が可能です。グリップ部分、ナチュラルな木目を生かして塗装するなど、我流にアレンジができます。

ロゴスの薪ばさみとファイヤープレーストングの比較まとめ

炭ばさみを使う画像

キャンプやバーベキューのお供として、薪ばさみを持参すると意外と役に立ちます。中でも、ファイヤープレーストングの完成された使い心地は、ユーザーからも高評価です。

また、ロゴスは自分でカスタマイズしながら、使い心地を極めることができます。この2つのどちらを選ぶかは、好みで決めるとよいでしょう。ぜひ、薪ばさみの良さを実感してみてください。

kuritch1

この記事のライター

kuritch1

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

オルファのクラフトナイフの魅力!特徴から活用法まで徹底解説!

刃物・マルチツール

オルファのクラフトナイフの魅力!特徴から活用法まで徹底解説!

オルファのクラフトナイフの魅力を紹介!キャンプなどのアウトドアに最適な、オルファのクラフトナイフの特徴や、活用法を徹底解説します。記事の後半では、人気のブッシュクラフトナイフについても紹介していますので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

登山用ナイフおすすめ15選!メリットや活用法についても紹介!

刃物・マルチツール

登山用ナイフおすすめ15選!メリットや活用法についても紹介!

登山用ナイフのおすすめ製品を紹介します。登山用ナイフのメリットや、活用法についても解説!普段ナイフを使わない人が気になる必要性や用途も説明しています。刃物を所持するに当たって、知っておくべき銃刀法の知識もまとめているので、参考にしてみてください。

マルチツールおすすめ13選!キャンプやアウトドアに便利!

刃物・マルチツール

マルチツールおすすめ13選!キャンプやアウトドアに便利!

キャンプなどアウトドアライフで役立つマルチツールを解説します。おすすめのマルチツールを13アイテム厳選して詳しく紹介します。また、一表にして比較!さらに、マルチツールの選び方や使い方と、刃があるマルチツールを所持するときの注意点も説明します。

ナイフの研ぎ方は?シャープナーや砥石を使った簡単なやり方を伝授

刃物・マルチツール

ナイフの研ぎ方は?シャープナーや砥石を使った簡単なやり方を伝授

ナイフを自分で研げるように、研ぎ方の準備や手順を詳しく解説します。ナイフの研ぎ方にはちょっとしたコツが必要なので、この記事で説明します。また、シャープナーや砥石を使った簡単なやり方も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

フィレナイフの魅力とおすすめ商品を紹介!注意点やお手入れ方法も解説!

刃物・マルチツール

フィレナイフの魅力とおすすめ商品を紹介!注意点やお手入れ方法も解説!

キャンプ料理の強い味方である、フィレナイフの魅力を解説!選び方やおすすめ商品を一挙に紹介します。使用上の注意点や研ぎ方、お手入れ方法も詳しく説明していますので、購入を検討している人は参考にして、自分に合うフィレナイフを見つけてください。

関連するキーワード

刃物・マルチツールの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード