マウンテンバイクのおすすめタイヤ5選!種類や選び方のコツも紹介!

お気に入りに追加

マウンテンバイクの重要パーツの1つであるタイヤのおすすめを5選紹介。さらには、タイヤの特徴やおすすめの選び方を解説します。走行性能に大きく違いの出るタイヤの種類も説明するので、マウンテンバイクライフの参考にしてください。

マウンテンバイクのおすすめタイヤ5選!種類や選び方のコツも紹介!

目次

  1. おすすめのマウンテンバイク用タイヤを紹介!
  2. マウンテンバイク用タイヤの種類
  3. マウンテンバイク用タイヤの選び方のコツ
  4. マウンテンバイクのおすすめタイヤ5選
  5. マウンテンバイクのおすすめタイヤを見つけよう!

おすすめのマウンテンバイク用タイヤを紹介!

マウンテンバイク
Farbsynthese

マウンテンバイクで重要なパーツはいくつかありますが、その中でも重要なパーツに入るタイヤ。とくにオフロードを走るタイヤは危険な場所もあるので、適当に選ぶのは危険でおすすめしません。

マウンテンバイクでオフロードにはブロックタイヤ、アスファルトにはセミスリックやスリックタイヤなどがおすすめで、サイズや太さも様々です。マウンテンバイクに長距離用タイヤ装着して、ツーリングに出るのも楽しみの一つでおすすめです。

マウンテンバイク用タイヤの種類

種類①ブロックタイヤ

マウンテンバイク
sawest

これぞマウンテンバイクのおすすめタイヤ!ゴツゴツしたブロックタイヤが、濡れた路面や岩場、木の根っこなどのトレイルで抜群のグリップを発揮します。

サイズや太さが様々あり、耐久性の高さ、衝撃吸収にも優れ、体への負担を減らします。マウンテンバイクでトレイルを走るにおすすめです。

種類②センターリッジタイヤ

センターリッジタイヤ
Juhele

センターリッジタイヤはオンロード、オフロードをバランスよく走りたい人におすすめです。一見するとブロックタイヤのように見えますが、ブロックタイヤほどノブが高く無いです。その分、軽量でスピードが出しやすいのが特徴になり、軽快に乗りたい人におすすめです。

種類③セミスリックタイヤ

セミスリックタイヤ

センター部分をヤスリ目のパターン、両サイドにブロックを配置することで、マウンテンバイクでもオン、オフどちらも走れる設計になっています。タイヤ自体が軽量に作られ、走行抵抗も少ないのでオンロードでも走りやすく、おすすめ。

多少の荒れた路面では、両サイドのブロックがグリップしてくれます。こちらもセンターリッジ同様、本格的なマウンテンバイクでのトレイルには、向かないので気をつけましょう。

種類④スリックタイヤ

スリックタイヤ
Arulonline

マウンテンバイクのタイヤで、1番軽量に作られていて直進安定性、走行抵抗も最小限なので、オンロードを快適に走るのにもっとも適してます。ツーリングや、ロングライドの長距離にもおすすめです。

マウンテンバイクの通勤や、通学で未舗装路を走ることがほとんど無いのであれば、スリックタイヤがおすすめ。

マウンテンバイク用タイヤの選び方のコツ

選び方のコツ①路面に合ったタイヤを選ぶ

マウンテンバイク
Free-Photos

マウンテンバイクは走るフィールドごとに、タイヤのサイズやパターンを選ぶ必要があります。距離や街乗りがメインであれば走りやすいスリックタイヤ、本格的なトレイルを走るのであれば、ブロックタイヤにしましょう。

太さでもグリップ力が変わり、太いほどグリップ力が上がります。グリップを上げたければ太いタイヤがおすすめです。

選び方のコツ②グリップ力と耐パンク性の高さで選ぶ

パンク

マウンテンバイクのタイヤはロードバイクより耐久性が高くなります。オンロードを走るのであればスリックタイヤが1番グリップが高いですが、トレイルではグリップしません。

耐パンク性はノブの高さがあるブロックタイヤが1番です。スリックタイヤは軽量に作られてる分、ゴムの厚みが薄いので耐パンク性は下がります。

マウンテンバイクのおすすめタイヤ5選

MAXXIS ミニオン DHR II

出典: 楽天市場
MAXXIS(マキシス)
ミニオン DHR II 27.5inchx2.30
8,910円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
荒れた路面もしっかりグリップ!

初代DHRからフルモデルチェンジして、新たにマウンテンバイク用に再設計し、ワールドチャンピオンタイヤになったダウンヒル向けのおすすめタイヤ。ランプ形状にサイプしたセンターは走行抵抗を軽くし、コントロール性を大幅アップ。太さやサイズも豊富。

サイズ 27.5inch×2.3
ビード Foldable
重量 805g
コンパウンド 3C Maxx Terra
男性
男性

ハイグリップタイヤ!

評価:

最高のハイグリップタイヤです。多少重量はあるけどその分、路面への食いつきがすごいです!さすがマキシスで、ダウンヒルにおすすめですね。

WTB Vigilante

出典: 楽天市場
WTB
Vigilante TCS 27.5inch×2.5
7,480円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
よりアグレッシブに!

アメリカ発の「WTB」が放つハイグリップタイヤ。ノブをより高くし感覚を広げることによって強力なグリップを実現。トライテックコンパウンドやスラッシュガードを備えよりアグレッシブにマウンテンバイクでトレイルを走りたい人に、おすすめのタイヤです。

サイズ 27.5inch×2.5
ケーシング Light
コンパウンド High Grip
重量 1,126g
男性
男性

ノブの高さがスゴい迫力

評価:

太くしたかったので、Vigilanteをフロントに履いてリアにTrail boosを装着。フロントはハイグリップ、リアが漕ぎ重視でとても快適です。

Panaracer リッジライン

出典: 楽天市場
Panaracer(パナレーサー)
リッジライン 26inchX2.00
2,980円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
快適なMTBツーリングに!

オンロードでのグリップ力を重視したセンターリッジタイヤ。マウンテンバイクでキャンプなどの積載にも強く、ツーリングに適したタイヤです。ある程度の林道や未舗装路も走行でき、マウンテンバイクでアウトドアによく行く人には、おすすめのタイヤです。

サイズ 26inch×2.00
パターン センターリッジ・サイド強化仕様
スペック レギュラーコンパウンド
重量 830g
男性
男性

回転が軽くなった!

評価:

元々ブロックタイヤを履いてたけど回転が重かったのでこれに交換。結果は非常に軽くなって満足です!

Continental Speed King Race Sport

出典: 楽天市場
Continental(コンチネンタル)
Speed King Race Sport 27.5inchx2.2
6,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
万能に使えるオールラウンダー!

コンチネンタル社が出すマウンテンバイク向けセミスリックタイヤ。高密度3レイヤー・ナイロンケーシングを採用しながら、軽量化を実現。オンロードメインでたまに未舗装を走る人におすすめ!

サイズ 27.5inch×2.2
ビード フォールディング
重量 445g
ETRTO 55-584
男性
男性

グラベルには最適です。

評価:

グラベルを走りたくてセミスリックをチョイス。空気圧を落とすことによって砂利道でも跳ねることなくグイグイ進みました。

SCHWALBE MARATHON MONDIAL

出典: 楽天市場
SCHWALBE(シュワルベ)
MARATHON MONDIAL 27.5inch×2.00
8,624円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
シュワルベの定番、ロングツーリングモデル

ツーリングタイヤの定番であるシュワルベマラソンを、さらに走破性や耐久性を上げたロングツーリングモデル。オンロードメインですが、軽いダートなら難なく走行できます。マウンテンバイクで長距離ツーリングや、街乗りメインの人におすすめ。

サイズ 27.5inch×2.00
重量 780g
ビード フォールディング
ETRTO 50-584
男性
男性

ロードノイズが少なくなった

評価:

ブロックタイヤは街乗りではデメリットしかなかったので、スリックに。交換後はロードノイズが静かになってスーッと加速していきます。

マウンテンバイクのおすすめタイヤを見つけよう!

マウンテンバイク
lincerta

マウンテンバイクと言っても様々なジャンルが存在し、使うフィードによって変わってきます。それに伴ってタイヤにも様々なサイズ、パターンが存在し、消費者は選ぶのに大変です。長距離向けのサイズは、太さは細いほうが軽量でおすすめです。

ホーイルも昔は26インチがメインでしたが現在は29インチや27.5インチがメインになってます。メインでマウンテンバイクを使うフィードを決めてからタイヤを選ぶのがおすすめ。

takugo

この記事のライター

takugo

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

シーグラスを拾える場所や見つけ方は?自分だけのアクセサリーを手作り

アウトドア遊び

シーグラスを拾える場所や見つけ方は?自分だけのアクセサリーを手作り

シーグラスを拾える場所や見つけ方を徹底調査!きらきら光るシーグラスをビーチで探す際の、ちょっとした見つけ方のポイントをまとめました。実際にシーグラスを拾えると噂の海岸についても紹介しています。シーグラスを拾って自分だけのアクセサリーを作りましょう!

アメフクラガエルの飼育方法や鳴き声は?原産地や販売店も!

アウトドア遊び

アメフクラガエルの飼育方法や鳴き声は?原産地や販売店も!

アメフクラガエルの飼育方法や鳴き声を紹介します。姿や鳴き声はかわいいけれど、土に潜ってほとんど出てこない独特の生態を持つ、アメフクラガエルの特徴を解説します。難しいと言われる飼育法や、原産地、販売店についても説明しますので、参考にしてください。

庭でバーベキューを楽しもう!注意点や便利なおすすめアイテム!

アウトドア遊び

庭でバーベキューを楽しもう!注意点や便利なおすすめアイテム!

省スペースで行える、庭バーベキューの楽しみ方を紹介!自宅で行う際の注意点だけでなく、テーブルやコンロなど便利なアイテムを掘り下げていきます。庭バーベキューの魅力についても触れているので、気になる人はぜひ参考にしてみてください。

メダカの産卵はいつから始まる?条件や水温・繁殖させるポイントは?

アウトドア遊び

メダカの産卵はいつから始まる?条件や水温・繁殖させるポイントは?

メダカの産卵について詳しく解説します。メダカの産卵時期はいつからなのか、また産卵するための条件にはどのような点が挙げられるのかを紹介します。メダカの産卵に必要な、水温や繁殖を行なうポイントをピックアップしていきますので、参考にしてください。

シュノーケリングにおすすめのライフジャケット紹介!選び方もチェック

アウトドア遊び

シュノーケリングにおすすめのライフジャケット紹介!選び方もチェック

シュノーケリングにおすすめの、ライフジャケットについて紹介します。機能や色など、シュノーケリングに最適なライフジャケットの選ぶポイントを、徹底的に解説しています。また、ライフジャケットのおすすめの商品もまとめています。ぜひ、参考にしてみてください。

アウトドア遊びの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード