ナンガのオーロラとオーロラライトの違いは?おすすめ商品も紹介!

お気に入りに追加

ナンガのシュラフ、オーロラとオーロラライトについてまとめました。ナンガのオーロラとオーロラライトの生地の違いや、その他の違いも含めて、それぞれの特徴を徹底調査します。また、使用用途に合わせたおすすめ商品も紹介しています。

 ナンガのオーロラとオーロラライトの違いは?おすすめ商品も紹介!

目次

  1. 大人気ナンガのオーロラとオーロラライトの違いを紹介!
  2. ナンガのオーロラとオーロラライトの違い
  3. ナンガのオーロラとオーロラライトの違いを知っておこう!

大人気ナンガのオーロラとオーロラライトの違いを紹介!

ナンガのシュラフといえば、日本メーカーとして絶大な人気を誇っており、永久保証というきめ細かなサポートでも有名です。

シュラフを選ぶポイントは、使用するシーズンや用途が重要となります。オーロラやオーロラライトにはいくつか種類があり、悪天候に強く細かな用途に応じたUDDもあります。この記事では、そのなかでも代表的なオーロラとオーロラライトを紹介します。

ナンガのオーロラとオーロラライトの違い

オーロラ350の商品紹介

出典: 楽天市場
ナンガ
オーロラ350 レギュラー
32,780円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ナンガでもっとも人気の「オーロラ」です。春から秋にかけての3シーズン用として、使用するのがおすすめです。

細かな機能をそぎ落とし、初めての人でも手にしやすいコストを抑えたモデルです。数字の違いはダウン量で多いほど暖かくなり、より厳しい寒さでも耐えることが出来ます。

サイズ レギュラー:最大長:210 ×最大肩幅80/cm(身長178cmまで)
収納サイズ φ15 × 25cm
重量 約980g
快適使用温度 7℃
下限温度 2℃
生地 表地:オーロラテックス®、裏地:40dnナイロンタフタ
ダウン スパニッシュダックダウン80-20% (650FP)
男性
男性

ナンガのシュラフは安心です。

評価:

今まで使用していたダウンシュラフと比べコンパクトで軽く、とても使いやすいです。また、表面が撥水仕様になってるのも、シュラフカバーが不要になるで嬉しいです。

オーロラライト450DXの商品紹介

出典: 楽天市場
ナンガ
オーロラライト450DX レギュラー
42,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ナンガのオーロラシリーズから、名前の通り軽量・コンパクト性がアップしたモデルです。中でもオーロラライト450dxは、下限温度が-5度なので、オールシーズン使用することも可能です。

厳冬期や冬山登山等で使用する場合には、ダウン量がアップした600dxがおすすめです。よりこだわりたい方には、同じくナンガのUDDもおすすめです。

なお、ナンガのオーロラライトシリーズに350dxもありますが、違いはダウン量なので3シーズンが適しています。

サイズ レギュラー:最大長:210 × 最大肩幅80/cm(身長178cmまで)
収納サイズ φ13 × 25cm
重量 約750g
快適使用温度 0度
下限温度 -5℃
生地 表地:15dn オーロラテックス®、裏地:15dn リップストップナイロン
ダウン スパニッシュダックダウン90-10%(760FP)
男性
男性

年中つかえます!

評価:

350dxと450dxと600dxで悩みましたが、インナーシュラフを使用したら450dxでも冬のキャンプで快眠することができました。収納袋に入れるのに多少無理やり感がありますが、それ以外は文句なく最高の寝袋です!

違い①価格

ナンガの代表的なシュラフがオーロラですが、そのフラグシップモデルと位置しているのがオーロラライトです。

価格の違いとして、オーロラライトが軽量・コンパクトで高性能な分、若干高くなってます。アウトレット品であれば-5000円で購入することも可能です。

違い②重さ

ナンガのオーロラとオーロラライトで大きく違うのは、重さです。総重量の差が230gなので、登山やソロキャンプなどで荷物をコンパクトしたいときに効果があります。

車移動のキャンプなど積載量に余裕がある場合は、オーロラライトではなく安価なオーロラをおすすめします。また、ダウン量で重さに違いがあるので、600dxより350dxの方が軽量となります。

違い③インナー生地

インナー生地にナンガのオーロラは「40dnナイロンタフタ」を使用しており、オーロラライトには「20dnナイロンタフタ」を使用しています。

この違いは、生地の強さの違いを表しているので、オーロラの方が生地が強くなっていると言えます。しかし、どっちも防水加工されているほどなので、耐久性はあまり気にしなくても大丈夫です。

違い④カラーと収納サイズ

ナンガのオーロラとオーロラライトでは、デザインとカラー展開が異なります。同等の性能であれば、好みのカラーで選ぶのも良いでしょう。

また、収納サイズはオーロラライトの方がコンパクトになります。わずかな差のように感じますが、家での収納場所や荷物の軽く・少なくしたい方は、オーロラライトの方がおすすめです。

ナンガのオーロラとオーロラライトの違いを知っておこう!

ナンガの2つのシュラフの違いを紹介しましたが、ナンガのオーロラとオーロラライトは、ナンガを代表するシュラフです。

ダウンシュラフの購入を検討しているなら、ナンガのシュラフの違いを見極めて、購入することをおすすめします。

値段も高いですが、どちらのシュラフも高機能なので、初めてのシュラフとしてもおすすめです。また、ナンガはアウトレットもあるので、アウトレットで探すのも一つの手段です。

aoasa

この記事のライター

aoasa

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ワークマンのソフトシェルジャケットが優秀!冬登山やキャンプにおすすめ

アウトドアジャケット

ワークマンのソフトシェルジャケットが優秀!冬登山やキャンプにおすすめ

ワークマンの「ソフトシェルジャケット」を紹介します。撥水や軽量などの機能を持つワークマンのソフトシェルジャケットの魅力を、7つに分けて解説します!ソフトシェルジャケットに関するQ&Aも用意していますので、気になっていた方はぜひ記事を参考にしてください。

ナンガの別注モデル「焚火ダウンジャケット」がおすすめ!人気の理由は?

アウトドアジャケット

ナンガの別注モデル「焚火ダウンジャケット」がおすすめ!人気の理由は?

ナンガの「焚火ダウンジャケット」について紹介します。ナンガオリジナルアイテムの、焚火ダウンジャケットの基本的な情報と魅力をまとめました。また、おすすめの焚火ダウンジャケットの別注モデルについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

パタゴニアのソフトシェルジャケット紹介!キャンプ・登山におすすめ

アウトドアジャケット

パタゴニアのソフトシェルジャケット紹介!キャンプ・登山におすすめ

パタゴニアのソフトシェルジャケットから、おすすめの商品を紹介します!パタゴニアのソフトシェルジャケットが、キャンプ・登山におすすめの理由も解説!さまざまな魅力をピックアップしてまとめました。購入を検討されている方は、是非参考にしてください。

焚き火ウェア・ジャケットおすすめ20選!難燃性に優れた安いアイテムも

アウトドアジャケット

焚き火ウェア・ジャケットおすすめ20選!難燃性に優れた安いアイテムも

焚き火ウェア・ジャケットについて紹介します。難熱性に優れたおすすめのウェアや、動きやすく子供も着れるジャケットなど、メンズとレディース合わせて20選にまとめました。さらに、焚き火ウェア・ジャケットの選び方も掲載しています。

パタゴニア「ナノエア・フーディ」のレビューまとめ!サイズ感や着心地は?

アウトドアジャケット

パタゴニア「ナノエア・フーディ」のレビューまとめ!サイズ感や着心地は?

パタゴニア「ナノエア・フーディ」のサイズ感や着心地などについて詳しく解説。メンズだけでなく、レディースも取り揃えられている人気の商品を説明します。ナノエア・フーディシリーズの魅力やレビューについて紹介しているので、参考にしてください。

関連するキーワード

アウトドアジャケットの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード