登山向きワークマンの手袋おすすめ3選!選び方のポイントは?

お気に入りに追加

登山にも使えるワークマンの手袋を紹介!ワークマンの手袋の中から登山にも使えるものを3つ厳選しました。また、登山向きの手袋の選び方について、種類・形状・季節や登山スタイルの3点でまとめましたので、登山用の手袋をお探しの方、是非ご覧ください。

登山向きワークマンの手袋おすすめ3選!選び方のポイントは?

目次

  1. 登山で使えるワークマンの手袋を紹介!
  2. 登山向き手袋の選び方
  3. 登山におすすめのワークマンの手袋3選
  4. 登山向きワークマンの手袋を使ってみよう!

登山で使えるワークマンの手袋を紹介!

ワークマンといえば作業服のイメージですが、実は普段着やアウトドア用のアイテムとして注目が集まっています。

その中でもワークマンプラスという店舗が特に人気。ワークマンプラスでは、作業服のノウハウを生かした機能性と低価格が売りの商品が多数販売されています。

本記事では、今大注目のワークマンの中から登山向きの手袋を紹介。機能性と低価格を兼ね備えた登山向きの手袋をお探しの方、是非参考にしてください。

登山向き手袋の選び方

選び方①種類

手袋
HOerwin56

手袋は主に3種類に分けられます。1つ目はオーバーグローブ。防水性に優れた素材を使用したものが多く、手袋内への浸水を防止。また、手袋を重ねて使う際に一番外側になる手袋で、次に紹介するインナーグローブの上に重ねることで、より保温性の向上もできます。

2つ目はインナーグローブ。軽量で薄い素材で作られていることが多く、伸縮性があります。手袋を外さなくても細かい作業ができ、操作性も高いです。冬にはオーバーグローブと併用して保温性を高め、春や秋には体温調節に役立つなど、幅広く活躍できます。

3つ目はフィンガーレスグローブ。指先が露出しており、スマホの操作や靴紐の結び直しなどがそのままできるのが魅力。手のひらを岩などから守るのにも役立ちます。主に活躍するのは夏の登山で、冬や指全体の保護には向いていません。

選び方②形状

ミトン
MariaGodfrida

手袋の形状には、5本指タイプとミトンタイプの2種類があります。5本指タイプは、つかむ・持つといった動作がしやすく、道具を扱いやすいというメリットも。また、ケガの防止や防寒対策にも役立ちます。

ミトンタイプは、親指のみが分離しており、保温性が高いのが特徴です。しかし、指の自由がききにくいため、場面によって使い分ける必要があります。

選び方③季節や登山スタイル

手袋
cocoparisienne

登山の手袋には様々な種類があり、季節や登山スタイルに合ったものを選ぶのがおすすめです。

例えば、春・秋には調節のしやすいインナーグローブの併用、夏には速乾性や消臭性に優れたものが良いでしょう。冬には保温性の高いものなど、春夏秋冬それぞれの季節にあったものを選びましょう。

また、カメラやスマホを使用する場合は、タッチパネルに対応しているものやフィンガーレスのものを選ぶのも良いです。状況に合ったものを選ぶのがおすすめ。

登山におすすめのワークマンの手袋3選

登山におすすめのワークマンの手袋①THE MAX THERMO PLUS

カラー

オレンジ

サイズ

M~LL

性能

防水・防じん、保温

外側はゴムでできているため風を通さず、内側は起毛になっていて、冬でもあたたかい手袋です。また、手袋自体が二重構造になっており、保温性を高めています。

ゴムは天然ゴムを使用しているため、伸縮性や柔軟性に優れています。また、手のフィット感があり、細かい作業をするのに向いています。防水・防じんに対応しているため、雪の日や風の強い日でも安心です。

登山におすすめのワークマンの手袋②STANDARD GLOVE

カラー

 グレー・ブラウン・ワイン・ネイビー

サイズ

S~LL

性能

人差し指はタッチパネル対応、すべり止め付き

どんな服装にも合わせやすいシンプルなデザインの手袋。グレー・ブラウン・ワイン・ネイビーの4色展開で、カラーバリエーションも豊富です。また、カラーによってはSサイズもあるため、女性の方にもおすすめです。

内側は裏起毛になっているためあ暖かく感じます。人差し指はタッチパネル対応になっているので、手袋をしたままスマホを扱えるのも嬉しいポイント。

すべり止めもついていて登山にも向いています。ただし、防水・防風機能はないため、標高の高い山や雪山には不向きです。

登山におすすめのワークマンの手袋③防寒テムレス手袋

出典: 楽天市場
ショーワグローブ
防寒テムレス手袋
1,480円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
防水で暖かい手袋!

外側は雨や雪を弾き、内側は裏起毛になっていて、高い保温効果を持つ手袋です。素材はポリウレタンで軽いうえに、手にフィットする柔軟性もあって、手袋をしたまま細かい作業もできます。特殊樹脂のコーティングがされており、すべり止めの効果もあります。 

30代/男性
30代/男性

リーズナブルで防寒性も十分!

評価:

安くて十分な防寒性能です。インナーグローブと重ねれば登山でも使えるということで購入。とても暖かいです。見た目が少し安っぽい点が惜しい。

登山向きワークマンの手袋を使ってみよう!

登山向きの手袋の選び方とワークマンの手袋を3つ紹介しました。ワークマンには低価格で高機能な手袋がまだまだあります。ワークマン・ワークマンプラスに足を運んで、自分にぴったりのものを探してみてはいかがでしょうか。

焚き火用グローブ・手袋ランキングTOP15!耐熱性に優れたアイテム紹介

あわせて読みたい

焚き火用グローブ・手袋ランキングTOP15!耐熱性に優れたアイテム紹介

焚き火用グローブと手袋の人気アイテムを徹底調査!耐熱性に優れ、キャンプの焚き火に大活躍する手袋・グローブをランキング形式で紹介しています。選び方のポイントもまとめていますので、コスパ優秀の人気おすすめアイテムをチェックしてみましょう!

防寒テムレスを改造すれば最強に!雪山に便利なグローブのカスタム方法は?

あわせて読みたい

防寒テムレスを改造すれば最強に!雪山に便利なグローブのカスタム方法は?

雪山で効果抜群の防寒テムレスの改造について、まとめました。防寒テムレスのスペックについても、詳しく説明しています。また、通常使用でも暖かい防寒テムレスを、さらに効果をあげるための改造方法について徹底解説しますので、ぜひ参考にしてください。

Wells Lamontのグローブはどんなアイテム?使い心地は?

あわせて読みたい

Wells Lamontのグローブはどんなアイテム?使い心地は?

Wells Lamontのグローブについて解説します。Wells LamontのグローブについてのQ&Aも交えながら、魅力について分析していきます。Wells Lamontのグローブの購入を検討している方や、使い心地の気になる方は是非参考にしてください。

ハーリーー

この記事のライター

ハーリーー

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

登山におすすめの水筒16選!大容量・保温性に優れた人気アイテムも

登山

登山におすすめの水筒16選!大容量・保温性に優れた人気アイテムも

登山におすすめの水筒を16種類厳選して紹介します!大容量のものや保温性に優れたものなど、人気商品をタイプ別にリサーチして比較しました。あわせて、登山にもっていく水筒の選び方についても解説しています。ぜひ購入の際の参考にしてください。

雪山登山に必要な装備は?初心者におすすめの道具や服装も!

登山

雪山登山に必要な装備は?初心者におすすめの道具や服装も!

雪山登山に必要な装備を徹底解説!夏山とは大きく異なる雪山装備で、なぜそのウェアやギアが必要なのか、どのように選んだら良いかを説明していきます。また、それぞれのおすすめ商品も紹介していくので、冬山デビューの装備選びの参考にしてください。

沖縄「石川岳」はトレッキング・ハイキングにもおすすめ!登山コースは?

登山

沖縄「石川岳」はトレッキング・ハイキングにもおすすめ!登山コースは?

沖縄県の石川岳のトレッキング・ハイキングコースを紹介します。複数あるトレッキング・ハイキングコースをコース別に解説しています。また、石川岳のおすすめの周辺施設も詳しく説明します。石川岳について詳しくまとめていますので、チェックしてみてください。

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)15選!選び方も!

登山

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)15選!選び方も!

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)を紹介します。登山向けヘッドライトの選び方として、性能や明るさ・重さなどのチェックポイントをまとめました。おすすめのヘッドライト15選を口コミとあわせて紹介し比較表にしています。

登山難易度ランキング!世界・日本で登頂が難しい山を徹底調査

登山

登山難易度ランキング!世界・日本で登頂が難しい山を徹底調査

登山の難易度をランキングにして紹介します。世界・日本の登頂が難しいといわれている山は、どのような点で難易度が高くなっているのか解説。これから登山に挑戦したい人や趣味にしたいと考えている人は、ランキングを参考にしてください。

登山の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード