「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

お気に入りに追加

日本のアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」の魅力を徹底解説!また「サーカスTC BIG」と「サーカスTC」の違いも検証してみました。「サーカスTC BIG」のタープ連結方法やレイアウトも紹介していきますので、参考にしてみてください。

「サーカスTC BIG」の魅力とは?レイアウトや連結方法もチェック!

目次

  1. サーカスTC BIGの魅力を紹介!
  2. サーカスTC BIGの魅力と違い
  3. サーカスTC BIGの連結方法とレイアウト
  4. サーカスTC BIGのQ&A
  5. サーカスTC BIGでキャンプを楽しもう

サーカスTC BIGの魅力を紹介!

日本の人気アアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」。その人気と魅力の秘訣はデザイン性や機能性にとても優れていることです。

サーカスTC BIGの素材はポリコットンで出来ているため、オールシーズン使用可能。夏は通気性に優れ、冬は薪ストーブをテントの中に入れることも出来ます。また家族4人でも広々と使えるのも特徴です。

そしてサーカスTC BIGは様々なレイアウトも可能なので、オリジナルのスタイルで楽しめるのも魅力のひとつです。

サーカスTC BIGの魅力と違い

サーカスTC BIGの魅力①広々としている

テンマクデザイン「サーカスTC BIG」のサイズは520×520×H350㎝と、とても広々としていてファミリーサイズの大きさになっています。高さもあるのでとても広く感じます。

ハーフインナーでも大人4人寝られて、さらに荷物やストーブを置くスペースまで確保できる程の大きさ。ファミリーキャンプやグループキャンプにぴったりのサイズ感です。

サーカスTC BIGの魅力②開放的

テンマクデザイン「サーカスTC BIG」はドアパネルを開けることが出来るため、とても開放的でシェルターとして大活躍します。

出入口も2か所あり、出入口を大きく開けることもできるのでかなり開放的に使用することができます。

サーカスTC BIGの魅力③冬キャンプに最適

テンマクデザイン「サーカスTC BIG」はポリコットンの素材を使っているので、熱を逃しにくく、燃えにくいのが特徴です。またテント内が結露しにくいのも魅力。

テント上部には薪ストーブの煙突を出せるため、冬キャンプにとても適しています。薪ストーブはテンマクデザインからも販売しています。

また上部に窓と、下部に5か所のベンチレーションがあるので喚起に優れています。テントの中に薪ストーブをいれても一酸化炭素中毒になりにくく、暖かいのが魅力です。

サーカスTC BIGの魅力④夏も使える

テンマクデザイン「サーカスTC BIG」のインナーセットでは全面メッシュのインナーになっているので、通気性が抜群です。インナーがメッシュ生地だと虫対策にも適していて夏のキャンプにも最適です!

またポリコットンの素材は夏は遮光性があり、涼しいのも特徴。ベンチレーションも5か所あり、出入口2か所をあければかなり風通しもよくなります。通気性もあり、遮光性もあるので夏キャンプに適したテントです。

サーカスTC BIGの魅力⑤おしゃれなデザイン

「おしゃれなテントと言えばワンポールテント」というイメージがある方も多いでしょう。なかでもテンマクデザイン「サーカスTC BIG」はシンプルな見た目ですが、人気のサンドカラーが魅力。

そのシンプルさとカラーがどんなギアとも相性がよく、インスタ映えもします。冬は薪ストーブを使うとオシャレ度が上がります。

サーカスTC BIGとサーカスTCの違い

「サーカスTC」と「サーカスTC BIG」ってなにが違うの?と思われる人も多いでしょう。一番の違いは大きさです。

「サーカスTC」は420×420×H280cmに対し、「サーカスTC BIG」は520×520×H350cmになっています。

床面の広さ、幅、奥行きが1m程広くなっているので、かなり大きいです。それに伴いポールも太くて長くなっています。その他素材、デザイン、付属品は特に違いはありません。

サーカスTC BIGの連結方法とレイアウト

サーカスTC BIGの連結方法

ワンポールテントは前室がないので、悪天候の時にはタープがあると便利ですよね。メーカー純正の焚火タープコネクトヘキサBIGと連結できますが、廃盤となってしまいました。

自前のタープや違うメーカーのタープとの連結方法として、連結金物をポールにつけてタープを連結させる方法があります。

動画で連結をする方法をレクチャーしているので、参考にしてみてください。

サーカスTC BIGのレイアウト①カンガルースタイル

「サーカスTC BIG」では純正のインナーテントもありますが、中にワンタッチテントを入れたカンガルースタイルも可能です。カンガルースタイルはとても人気でよくキャンプ場でも見かけます。

さらに天井も高いので、使えるテントも豊富です!オリジナリティー溢れるカンガルースタイルが可能になります。

カンガルースタイルはより熱をこもらせ、冷え込み対策にもなります。デッドスペースも生まれにくいのがメリットです。

サーカスTC BIGのレイアウト②穴あきテーブルを活用

テーブルの置き場所に困ったら、穴あきテーブルを使うと便利です。中央に穴が開いていて、センターポールを囲うようにテーブルを設置することができます。

ワンポールテントの弱点ともいえるセンターポール付近のデットスペースも、穴あきテーブルを置くことで解決できます!

サーカスTC BIGのレイアウト③入り口を跳ね上げる

跳ね上げスタイルならば、タープを張らず、日よけもできておしゃれ!陣幕のように風除けや目隠しにもなります。

また、ポールを追加すればオリジナリティー溢れる跳ね上げも可能です。「サーカスTC BIG」は跳ね上げひとつにしても自由度が高いレイアウトができます。

サーカスTC BIGのQ&A

サーカスTC BIGってどこで買えるの?

テンマクデザインは「WILD-1」のオリジナルブランドです。お近くの「WILD-1」の店舗やオンラインストアで販売されています。

「サーカスTC BIG」って価格はどのくらい?

49800円(税抜き)で販売されています。

サーカスTC BIGでキャンプを楽しもう

日本のアウトドアブランド・テンマクデザイン「サーカスTC BIG」の魅力は広々として開放的。また機能性にもデザイン的にも優れているのでオールシーズン使えるのが魅力です。

また様々なレイアウトも可能なので、自分に合ったオリジナルのスタイルを見つけてみるのも一つの楽しみですよね。

「サーカスTC BIG」のテントでファミリーキャンプやグループキャンプを楽しんでみてはいかがですか?

rikumama

この記事のライター

rikumama

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

テント

CIRCUS 720DXの使い心地は?スペックや魅力を紹介!

CIRCUS 720DXの使い心地について説明します。テンマクデザインのCIRCUS 720DXの基本的なスペックや、魅力的な特徴をまとめました。廃盤後に登場した、テントとサイドウォールのセットについても紹介しているので、チェックしてみてください。

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

テント

黒いテントがカッコよくておしゃれ!おすすめブランドと注意点も紹介

黒いテントのおすすめブランドと、注意点やデメリットを解説していきます。黒いテントの魅力を、徹底的にまとめました。また、様々なデザインの黒いテントを、5つ紹介しています。黒いテントが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

テント

MSRのツインシスターズは今でも人気!魅力と手に入れる方法は?

MSRのツインシスターズが今でも人気の理由について解説!MSRのツインシスターズならではの魅力や、入手方法を説明しています。MSRの類似モデルであるパビリオンやツインピークスとの違いも調べましたので、チェックしてみてください。

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

テント

サバティカル「モーニンググローリーTC」のレビュー!設営・レイアウトは?

サバティカル「モーニンググローリーTC」について徹底解説していきます。「モーニンググローリーTC」の商品情報やレビュー、設営やレイアウトについても紹介します。サバティカル「モーニンググローリーTC」を検討されている方は参考にしてください。

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

テント

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

小川キャンパル「シャンティ23」の人気の理由を説明します。購入前に気になる設営方法や、価格・サイズなど基本情報をまとめました。小川キャンパル「シャンティ23」ならではの特徴についても解説!設営時にあると便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてください。

関連するキーワード

テントの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード