コンプレッションバンド(コンプレッションベルト)はキャンプに便利!

お気に入りに追加

キャンプに便利なコンプレッションバンド(コンプレッションベルト)についてまとめました。キャンプのどんなシーンに便利なのか、使用用途について紹介しています。また、おすすめのコンプレッションバンドも紹介しているので、是非参考にしてください。

コンプレッションバンド(コンプレッションベルト)はキャンプに便利!

目次

  1. コンプレッションバンド(コンプレッションベルト)を紹介!
  2. コンプレッションバンド(ベルト)の使い方
  3. コンプレッションバンド(ベルト)のおすすめ商品紹介
  4. コンプレッションバンド(ベルト)をキャンプで活用しよう!

コンプレッションバンド(コンプレッションベルト)を紹介!

キャンプに便利なコンプレッションバンド(コンプレッションベルト)について、まとめました。コンプレッションバンドとは、キャンプなどのアウトドアで使う荷物をまとめるためのバンドです。コンプレッションベルトとも言います。

これからコンプレッションバンドを購入する方にとっても重要な、おすすめ商品も紹介しています。是非参考にしてください。

コンプレッションバンド(ベルト)の使い方

使い方①シュラフ・寝袋をまとめる

寝袋は、専用のケースに入れたとしても空気が入ってかさばってしまいます。そんな時に便利なのが、コンプレッションバンドです。

コンプレッションバンドを寝袋に装着すれば、小さくすることが可能で幅を取らず持ち運びにも便利になります。

使い方②テントをまとめる

テントはそのまま収納すると、かさばり広がってきます。コンプレッションバンドを使用することで、テントのポールが広がってくることを抑えられます。運ぶ際も便利になります。

使い方③長物をまとめる

コンプレッションバンドで長物をひとまとめにすれば、持ち運びも便利になります。荷物を連結することでコンパクトにまとまり、ツーリングの荷物としても楽々と運べます。

使い方④クーラーボックスを固定する

キャリーにクーラーボックスを固定する時も、コンプレッションバンドを使えます。コンプレッションバンドを使用することで安定し、安心してキャリーに載せられます。

使い方⑤フィールドラックを固定する

キャンプで便利なフィールドラックですが、2個以上連結する際にそのままだとぐらついて安定しません。コンプレッションバンドを連結に使用することで、がっちりと固定され、安定して使えます。

コンプレッションバンド(ベルト)のおすすめ商品紹介

おすすめ商品①ユニフレーム コンプレッションバンド

出典: 楽天市場
UNIFLAME
ユニフレーム コンプレッションバンド
880円 (税込)
キャンプに便利なコンプレッションバンド

アウトドアに使う荷物をまとめたり、固定するのに便利なコンプレッションバンドです。反射材もついているので、夜でも固定している場所が一目で分かるので安心です。

30代/男性
30代/男性

固定するなら必須のコンプレッションバンド

評価:

フィールドラックを4段連結するのに使用しました。連結するには必須のバンドです。

おすすめ商品②デイトナ コンプレッションベルト

出典: 楽天市場
DAYTONA
デイトナコンプレッションバンド 2本入り
1,341円 (税込)
格好良い!幅広く頑丈なベルト

頑丈なマジックテープで固定するため、簡単に装着が可能です。赤のラインがワンポイントとなり、お洒落度があがります。

40代/男性
40代/男性

赤いワンポイントが気に入ってます

評価:

コンプレッションバンドは黒が多いですが、こちらは珍しく赤のワンポイントが入っており一目で気に入りました!

おすすめ商品③ケメコ コンプレッションバンド

出典: 楽天市場
KEMEKO
ケメコ ハンドル付き組合せ型汎用 コンプレッションバンド
3,080円 (税込)
簡単着脱!いろんな形の荷物に応用できるコンプレッションベルト

積み込みにくい荷物である、テントやポールやテーブルを簡単にパッキングできます。分解変化構造なため、荷物によって様々な組み合わせが可能です。

荷物の形に合わせて応用出来るので、ポール形状のものが多いアウトドアの際にあると便利です。

40代/男性
40代/男性

使いやすいバンドがセットになっていて良い

評価:

4つのタイプのバンドがセットになっているので、いろんな形の荷物をパッキングするのに重宝しています。

コンプレッションバンド(ベルト)をキャンプで活用しよう!

バイクでソロキャンプをしている様子
nidate

コンプレッションバンドは、寝袋やテントなどをコンパクトにまとられます。また、クーラーボックスやテーブルを固定する際にも、とても便利なアイテムです。

100均でも販売しているので、試したい方はまず安価なものからチャレンジしてみるのも良いでしょう。コンプレッションバンドを応用して、快適なキャンプにしましょう!

kumaori

この記事のライター

kumaori

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

キャンプ道具

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

ワーカーズオカモチⅡの魅力を解説します。この記事では、テンマクデザインとコラボして発売されたワーカーズオカモチⅡの特徴や人気の理由をまとめました。さらにワーカーズオカモチⅡのおしゃれな活用方法や取り扱う際の注意点をくわしく紹介します。

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード