ソロキャンプにウォータータンクは必要?選び方やおすすめ商品も

お気に入りに追加

ソロキャンプにウォータータンクが必要か解説します。ソロキャンプでウォータータンクを用意する際のサイズや種類を紹介!ウォータータンクのソフトタイプやハードタイなどの選び方、メリットやデメリットを説明しているので、ぜひ参考にしてください。

ソロキャンプにウォータータンクは必要?選び方やおすすめ商品も

目次

  1. ソロキャンプにウォータータンクは必要か?
  2. ソロキャンプ用ウォータータンクの選び方
  3. ソロキャンプ用ウォータータンクのおすすめ商品
  4. ソロキャンプにもウォータータンクはおすすめ!

ソロキャンプにウォータータンクは必要か?

ウォータータンク

アウトドアで水分補給や手洗いに便利なウォータータンク(ウォータージャグ)ですが、ソロキャンプに必要なのでしょうか?ソロキャンプでウォータータンクを使うときの選び方やおすすめ商品を紹介します。

ソロキャンプに必要な水の量を確認し、ウォータータンクの種類も確認しましょう。いろいろなウォータータンクの中から、ソロキャンプに使いやすいものを選ぶ参考にしてください。

ソロキャンプ用ウォータータンクの選び方

選び方①必要な水の量から選ぶ

ウォータータンクの選び方として、ソロキャンプに必要な水の量から選ぶ方法がおすすめです。

ソロキャンプで必要な水の量は2L~3Lです。これはソロキャンプで水を飲んだり、手を洗ったりするときに必要な量となっています。

もし、ソロキャンプで料理などをする場合は2Lよりも多い容量がおすすめです。5Lタイプのウォータータンクを選ぶと余裕を持って水を使えます。

選び方②ハードタイプとソフトタイプ

ウォータージャグの容器はハードタイプとソフトタイプがあります。それぞれメリットが異なるので、ソロキャンプの目的や荷物量に合わせて選びましょう。

ハードタイプのウォータージャグは、容量が多いタイプが豊富で壊れにくいのがメリットです。デメリットとして、場所を取るため、ソロキャンプの荷物として持ち運びにくく、重く感じます。

ソフトタイプのウォータージャグは、畳めるので荷物が嵩張りません。軽くて持ち運びやすいですが、デメリットは気温の影響を受けやすく、ぬるくなりやすいです。また、完全密閉式ではないタイプが多いので注意してください。

ソロキャンプ用ウォータータンクのおすすめ商品

LOGOS 抗菌広口ショルダー水コン16

出典: 楽天市場
LOGOS
抗菌広口ショルダー水コン16
2,178円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
中がしっかり洗える衛生的なウォータータンク

ソロキャンプ用品などを多く手掛けるLOGOS製のウォータータンクです。透明になっており、残量がわかりやすく、口が大きいので洗いやすいのがおすすめポイント!また、使用後はコンパクトに畳めるウォータータンクになっています。

サイズ 30×24×27cm
容量 16L
女性
女性

非常時の備えにもおすすめ

評価:

ソフトタイプのウォータータンクは、折り畳めるので使いやすいです。ソロキャンプはもちろんですが、非常時にも使いやすいと思います。安定感もあるので、たくさん水を入れたいときも、少なめに抑えたいときも気に入っています。

イグルー ウォータージャグ 400

出典: 楽天市場
イグルー
ウォータージャグ 400
5,998円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
おしゃれなデザインなハードタイプ

可愛らしい見た目が印象的なイグルーのウォータータンクです。こちらは容量が8Lとなっており、ソロキャンプで水を多めに使う人におすすめ!ハンドルが付いているので持ち運びやすく、安定感があります。

サイズ 29.5×28.5×37.5cm
容量 約8L
女性
女性

見た目がとっても可愛い

評価:

見た目が気に入って購入しました。ハードタイプのウォータータンクは保冷力があるので、夏場に重宝しています。ソロキャンプでもキャンプ飯を堪能したいタイプなので、サイズ的に容量のあるものを選びました。

キャプテンスタッグ ウォータータンク

出典: 楽天市場
キャプテンスタッグ
ウォータータンク
718円 (税込)
楽天市場で詳細を見る
コンパクトサイズで収納しやすい

ソフトタイプで蛇腹になっており、簡単に収納できます。ソロキャンプに最低限必要な3Lを入れられるので、安心して使ってください。ソロキャンプ以外に普段遣いもできるので、一つ購入しておくのをおすすめします。

サイズ 15×20×18cm
容量 3L
男性
男性

価格が安いので使いやすい

評価:

価格が安く、3L入るので普段からソロキャンプで使っています。ウォータータンクの選び方は様々ありますが、とにかく一つ用意しておくなら、こういったものが安心です。ハードタイプとの使い分けで、サブに使ってもいいかもしれません。

ソロキャンプにもウォータータンクはおすすめ!

ソロキャンプにウォータータンクが必要な理由を紹介しました。水分補給は重要で、飲むだけでなく、手洗いや調理に水は必要です。

ウォータータンクの選び方として、サイズと素材の種類から決めることがおすすめ!夏場は容量が大きいものが安心です。ソロキャンプにウォータータンクを用意して、快適なキャンプを楽しみましょう

【2020】100均ダイソーのウォータージャグ特集!リメイク方法も

あわせて読みたい

【2020】100均ダイソーのウォータージャグ特集!リメイク方法も

ダイソーのウォータージャグについて紹介します。ダイソーの2種類のウォータージャグ、ハードタイプとソフトタイプについて詳しく解説。また、2020年発売されたウォータージャグをタイプ別に、使い方、リメイクの仕方についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

浅倉恭介

この記事のライター

浅倉恭介

山の中で家を改装して開拓中。そんな経験を活かした記事を発信していきます。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

キャンプ道具

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

ジャックウルフスキンの魅力と日本での評価を紹介します!ジャックウルフスキンの幅広い商品ラインナップから、おすすめ商品も紹介していきます。国内外から高い評価を得ている商品多数なので、新生活に向けてリュックやジャケットの新調を考えている方、参考にしてください。

関連するキーワード

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード