裏磐梯「銅沼」の景色に感動!登山・トレッキングにおすすめ

お気に入りに追加

裏磐梯にある「銅沼(あかぬま)」のおすすめ登山ルートを紹介します。銅沼への場所や行き方、駐車場の場所も解説しています。また、銅沼の魅力だけでなく、登る際の注意点もまとめたので、ぜひ銅沼への登山やトレッキングの参考にしてください。

裏磐梯「銅沼」の景色に感動!登山・トレッキングにおすすめ

目次

  1. 裏磐梯「銅沼」の登山ルートを紹介!
  2. 裏磐梯「銅沼」の基本情報
  3. 裏磐梯「銅沼」の主要ルート3選
  4. 裏磐梯「銅沼」登山・トレッキングの魅力
  5. 裏磐梯「銅沼」登山・トレッキングの注意点
  6. 裏磐梯「銅沼」に関するQ&A
  7. 裏磐梯「銅沼」の絶景を堪能しに行こう!

裏磐梯「銅沼」の登山ルートを紹介!

銅沼のある裏磐梯
Atsushi Boulder

福島県にある会津磐梯山の北、裏磐梯側には「銅沼(あかぬま)」という火口湖があります。この銅沼は明治時代に起きた大噴火によって形成されました。

銅沼の水は強酸性で、湖底の泥は水酸化鉄を含んでいるため、全体が赤茶けて見えます。そこから銅沼という名前がつきました。また、五色沼の赤系色の原点の一つとも言われています。

いまだに白い噴気を上げ、荒々しい姿を残す裏磐梯と銅沼との組み合わせは、まるで異世界のような絶景です。この景色を見るために、毎年多くの人がトレッキングや登山に訪れています。

裏磐梯「銅沼」の基本情報

場所・行き方(アクセス)

場所名

銅沼

住所

福島県耶麻郡北塩原村檜原

ホームページ

「裏磐梯観光協会」公式サイト

銅沼は、裏磐梯スキー場から50分~1時間ほど登った場所にあります。磐梯山には多くのルートがあり、山頂を目指す登山の途中で銅沼に立ち寄ることができますが、山頂まで行かなくても見ることができます。銅沼を見るだけであれば、トレッキングとして行くのがいいでしょう。

その場合、一番行きやすいのは裏磐梯スキー場から行くルートとなります。裏磐梯スキー場駐車場が利用できますので、まずはそこを目指しましょう。

裏磐梯スキー場に着いたら、駐車場に車を停め、スキー場のゲレンデを登ります。途中、道標が道しるべが出てきますので、その方向は通りに進むと、火口壁に囲まれた銅沼にたどり着きます。

駐車場

場所名

裏磐梯スキー場駐車場

住所

〒969-2701

福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字大府平山1170-5

料金

無料

駐車台数

100台

ホームページ

「裏磐梯スキー場」公式サイト

裏磐梯スキー場へのアクセスは、東北自動車道郡山JCより磐越自動車道新潟方面へ進み、猪苗代磐梯高原ICで下車。国道115線から、県道459号線裏磐梯方面へ進むと到着します。

苗代磐梯高原ICから約25km、大体30分ぐらいの場所ですので、銅沼が目的でしたら、まずはここの駐車場に行くようにしましょう。

裏磐梯「銅沼」の主要ルート3選

ルート①八方台ルート

八方台ルートは、磐梯山の登山コースで一番標高の高い地点にある八方台登山口から登るコースになります。登山道も整備され、きついアップダウンも比較的少なく、初心者でも登りやすいので、大変人気があるコースです

ただし、通常の八方台ルートでは銅沼は通りませんので、ここでは帰りは銅沼を通るルートを紹介します。

コース名

八方台ルート

登山口

八方台登山口

駐車場

八方台第1駐車場、八方台第2駐車場

ルート

(登り)八方台登山口~中ノ湯跡~お花畑分岐~弘法清水~磐梯山山頂

(下り)磐梯山~櫛ヶ峰分岐~火口原分岐~銅沼~裏磐梯スキー場分岐

~八方台登山口

所要時間

往路:2時間30分

復路:4時間

合計:6時間30分

ルート②表登山口猪苗代ルート

猪苗代ルートは、猪苗代スキー場のゲレンデを登るところか始まるルートで、磐梯山の登山コースの中で一番標高差のあるルートです

登山口からスキー場の登りが急坂となるため、最初はかなりきついですが、スキー場を登り切るとだいぶ楽になります。途中、色々な高山植物が咲く沼ノ平があり、シーズン中はお花畑を楽しみながら登ることができます。猪苗代湖も大きく見え、景色と植物を楽しめるルートとなります。

こちらのコースは銅沼が反対側になるため、時間的にも難しいのでおすすめしません

コース名

猪苗代ルート

登山口

猪苗代登山口

駐車場

猪苗代湖スキー場

ルート

(登り)猪苗代スキー場~1合目(天ノ庭)~赤埴山~沼ノ平~川上コース分岐

~弘法清水~磐梯山

(下り)磐梯山~弘法清水~川上コース分岐~沼ノ平~赤埴山~1合目(天ノ庭)

~猪苗代スキー場

所要時間

往路:3時間30分

復路:3時間00分

合計:6時間30分

ルート③裏磐梯登山ルート

裏磐梯ルートは、噴火口や荒々しい裏磐梯の噴火壁、銅沼など見所が多いルートです。主に2つのルートがあり、どちらのルートも中級者以上のルートです。

ここでは往復でどちらのルートも通ります。登りは火口原や櫛ヶ峰を通って山頂へ、帰りは銅沼を通ります。荒々しい裏磐梯を十分堪能できます。

コース名

裏磐梯登山ルート

登山口

裏磐梯登山口

駐車場

裏磐梯スキー場駐車場

ルート

(登り)裏磐梯スキー場~火口原分岐~櫛ヶ峰分岐~弘法清水~磐梯山山頂

(下り)磐梯山山頂~裏磐梯スキー場分岐~銅沼~裏磐梯スキー場

所要時間

往路:3時間30分

復路:2時間30分

合計:6時間

裏磐梯「銅沼」登山・トレッキングの魅力

魅力①山頂からの360度の大パノラマを楽しめる

磐梯朝日国立公園の中心的な存在である磐梯山山頂からの景色はまさに絶景。さすが日本百名山にも入っているだけのことはあります。さえぎるものがないので、360度の大パノラマが広がります。猪苗代湖や五色沼、会津の街並み、吾妻連峰の絶景を見渡すことができます。

ただし、磐梯山の山頂から銅沼は崖に隠れて見えません。同様に銅沼から磐梯山の山頂は見えません。

魅力②豊富な登山ルートがある

磐梯山には6つの登山口があり、どのルートを通っても山頂には行けますが、それぞれ特色がありますので、下記の表を参考に計画してみましょう。

ルート名

特色

八方台登山口

山頂までの高低差が少なく、最も多くの登山者が訪れる定番人気コース。

初級者におすすめ。

裏磐梯登山口

表とは一味違う荒々しい裏磐梯を見ながら登れるルート。

桧山湖・五色沼などの美しい湖沼群を背後に眺めることができる。

川上登山口

前半は森林ハイクだが、そこを抜けると険しい火口壁の階段を登る

ダイナミックなルート。体力のある人や上級者向け。

渋谷登山口

うっそうとした森林を歩く、森林浴に最適なルート。

ただ、道が非常にわかりにくいので、一般登山者は避けたほうが無難。

猪苗代登山口

スキー場のゲレンデを登るコース。傾斜はきついが、

振り返れば美しい猪苗代湖が登山の疲れを癒してくれます。

翁島登山口

急勾配のガレ場を一気に登るルート。体力に自信のある中級者向け。

会津盆地や飯豊連峰まで見渡せる最高の眺望。

魅力③磐梯山の崩落の跡を眺められる

1888年、磐梯山は山体崩落するほどの大きな噴火があり、集落が飲み込まれ、多くの人の命が奪われる悲しい災害がありました。そのすさまじさは裏磐梯に行くとよくわかります。また、銅沼に行ってみると、磐梯山の生々しい崩落の跡が目前に迫り、その迫力に圧倒されます

裏磐梯「銅沼」登山・トレッキングの注意点

注意点①土石流で道が不明瞭なところがある

火口原付近は土砂やガレ場となっていて、雨などで地形が変わりやすくなっています。2009年には大雨によって土石流が発生し、登山道が変わってしまったほどです。そのため道がわかりづらくなっていますので、地図や目印をよく見て進むようにしましょう。

注意点②樹林帯の中は落石注意

裏磐梯の崩落箇所を抜けると樹林帯があります。たまに大きな落石が登山道を塞ぐ形で落ちているときがあります。樹林帯なので、落石があった場合、どこから落ちてくるかわかりません。注意しながら進むようにしましょう

注意点③売店の営業日は事前確認が必要

磐梯山には、山頂より手前に弘法清水小屋と岡部小屋という2件の休憩所兼売店があります。どちらも長年、登山者の疲れた体を癒してくれる憩いの場です。

営業期間は4月下旬~11月中旬までで、冬期はお休みになります。営業時間は大体朝8時ごろから、終わりは最後の下山者が通過する頃までやっています。よほど変な時間に登らない限りはお店に立ち寄ることができるでしょう。また、台風や大雨などの悪天候のときはやっていませんので注意してください。

もともとわかっている休みなどの連絡はホームページに記載されていますので、行く前に確認しておくといいでしょう

裏磐梯「銅沼」に関するQ&A

銅沼に行くのに熊対策は必要ですか

磐梯山にも熊はいます。銅沼も磐梯山にありますので、山頂まで行く予定がなくても、鈴をつけたり、笛を吹いたり、ラジオで音すなどの熊対策はしてください。もし物がなかったら大声で話すなどして、熊に自分の存在を知らせるようにしましょう

五色沼湖沼群も見れますか

五色沼湖沼群は、ミシュランガイドの1つ星に認定され、磐梯朝日国立公園にも指定されています。磐梯山の山頂からも見ることもできますが、できれば近くで見たいですよね。もし、銅沼へのトレッキングで時間があるようであれば、五色沼自然探勝路にも行ってみましょう。片道4kmのコースを大体1時間30分ぐらいで歩いて回ることができます。五色沼のきれいな色に癒されますよ。

裏磐梯「銅沼」の絶景を堪能しに行こう!

裏磐梯の景色
TANAKA Juuyoh (田中十洋)

昔起きた磐梯山の大噴火によって、たくさんの命が奪われたことは悲しい事実です。ですが、その噴火によってできた、裏磐梯の荒々しい姿に魅了されてしまうのもまた事実です。

噴火壁、赤茶けた岩、あちこちから噴き出す白い噴煙の裏磐梯を見ると、山は生きているんだなということを実感させられます。ぜひ裏磐梯「銅沼」へ行ってみてください。絶景を見れば元気が湧いてきますよ。

桜井えつみ

この記事のライター

桜井えつみ

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

雪山登山に必要な装備は?初心者におすすめの道具や服装も!

登山

雪山登山に必要な装備は?初心者におすすめの道具や服装も!

雪山登山に必要な装備を徹底解説!夏山とは大きく異なる雪山装備で、なぜそのウェアやギアが必要なのか、どのように選んだら良いかを説明していきます。また、それぞれのおすすめ商品も紹介していくので、冬山デビューの装備選びの参考にしてください。

沖縄「石川岳」はトレッキング・ハイキングにもおすすめ!登山コースは?

登山

沖縄「石川岳」はトレッキング・ハイキングにもおすすめ!登山コースは?

沖縄県の石川岳のトレッキング・ハイキングコースを紹介します。複数あるトレッキング・ハイキングコースをコース別に解説しています。また、石川岳のおすすめの周辺施設も詳しく説明します。石川岳について詳しくまとめていますので、チェックしてみてください。

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)15選!選び方も!

登山

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)15選!選び方も!

登山におすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)を紹介します。登山向けヘッドライトの選び方として、性能や明るさ・重さなどのチェックポイントをまとめました。おすすめのヘッドライト15選を口コミとあわせて紹介し比較表にしています。

登山難易度ランキング!世界・日本で登頂が難しい山を徹底調査

登山

登山難易度ランキング!世界・日本で登頂が難しい山を徹底調査

登山の難易度をランキングにして紹介します。世界・日本の登頂が難しいといわれている山は、どのような点で難易度が高くなっているのか解説。これから登山に挑戦したい人や趣味にしたいと考えている人は、ランキングを参考にしてください。

登山におすすめの日焼け止め15選!紫外線対策に効果的な人気商品紹介

登山

登山におすすめの日焼け止め15選!紫外線対策に効果的な人気商品紹介

登山におすすめの日焼け止めを15選紹介!女性と男性別で登山に人気の日焼け止めを掘り下げましたので、ぜひ参考にしてみてください。また、夏の登山や冬の登山での選び方についても解説。登山に行く機会が多い人は、選び方を参考に購入しましょう。

登山の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード