DOD「アンコウスタンド」のレビューまとめ!チンアナゴペグとの違いは?

お気に入りに追加

アンコウスタンドのレビューまとめから、チンアナゴペグとの違いまで徹底解説します。実際にキャンパーがアンコウスタンドを利用したレビューや商品詳細もまとめました。また、チンアナゴペグとの違いも詳しく解説しますので、今後のキャンプの参考にしてみてください。

DOD「アンコウスタンド」のレビューまとめ!チンアナゴペグとの違いは?

目次

  1. DOD「アンコウスタンド」について解説!
  2. DOD「アンコウスタンド」のレビューまとめ
  3. DOD「アンコウスタンド」とチンアナゴペグの違い
  4. DOD「アンコウスタンド」はポール付きでお得!

DOD「アンコウスタンド」について解説!

アンコウスタンド(LP1-605)はキャンプするのに必要不可欠なアイテムです。ここではアンコウスタンドについて解説します。

アンコウスタンドはいわゆるランタンスタンドです。地面に突き刺して使うだけで完成します。初心者のキャンパーでも簡単に使うことができます。

DOD「アンコウスタンド」のレビューまとめ

キャンパーのみなさん御用達のアンコウスタンド。アンコウスタンドのレビューまとめを詳細に解説していきます。アンコウスタンドの特徴やデメリット面も解説しますので、参考にしてみてください。

ペグのように打ち込める

アンコウスタンドはペグのように打ち込める事が特徴です。ペグを打ち込むのと同じようにハンマーで叩けば、地面に簡単に刺さります。あとはランタンを吊るせば完成です。女性でも簡単に打ち込むことができるので、実際に購入して是非トライしてみて下さい。

男性
男性

アンコウスタンドは使いやすい!

評価:

アンコウスタンドはやっぱり持ち運び重視で選ぶのがベスト!
ランタンを吊るすには最高です!

コンパクトに収納できる

アンコウスタンドは収納力も抜群です。コンパクトに収納できるので持ち運びも便利なアイテムとなっております。キャンプで必須アイテムな上に収納が楽というのは、キャンパーにとっては最高ですよね。

打ち込みが簡単

アンコウスタンドは打ち込みが非常に簡単です。地面に対してアンコウスタンドを立て後はハンマーで叩くだけです。

アンコウスタンド自体も長さが短いのですぐに打ち込みが終わります。女性や、キャンプ初心者の方でも簡単に打ち込みができるので、かなり便利なアイテムとなっています。

専用アルミポールがある

アンコウスタンドにはポールもついてきます。ポールがついていない商品もあるので、最初から専用ポールがついているのは心強いです。またポールも分割することができるので持ち運び、収納面に長けてます。

チンアナゴペグは専用ポールがついてないので注意してください。タープポールも別売りで購入可能なので、タープポールを検討している方は購入してみても良いかもしれません。タープポールの大きさは、自分に合ったタープポールの購入をオススメします。

デメリット①ランタンの耐荷重

アンコウスタンドは、非常日に便利ではありますが、デメリットもあります。それは、800gまでの耐荷重しかないことです。

ランタンを吊り下げるには、あまりにも耐荷重が少ないのがデメリットとしてあります。そのため、燃料を必要とするランタンには適していないのが少し残念な部分ではあります。

デメリット②移動する手間がかかる

もうひとつのデメリットは移動が手間なところです。地面に直接打ち込むアイテムとなってますので抜く作業があります。すでに上述しておりますが、打ち込むことは簡単ですが、抜くことは少々手間がかかります。

パイルドライバー等でしっかりと打ち込んでいる為、移動するとなると手間がかかってしまうのがデメリットです。

DOD「アンコウスタンド」とチンアナゴペグの違い

アンコウスタンドとチンアナゴペグとの違いを解説します。この比較はキャンパーの中でも取り上げられてます。どちらの商品も良いところ、悪いところありますが、この比較を参考にキャンプの際に活用してみて下さい。

チンアナゴペグの商品情報

出典: 楽天市場
DOD
DOD チンアナゴペグ2 LP5-635-SL
3,280円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

チンアナゴペグは価格もリーズナブルです。チンアナゴペグはよくアンコウスタンドと比べられますが、ランタンの用途によって使い分けるのがベストです。一番の違いは耐荷重となってますので、ランタンが燃料を使うものなのか、そうではないのか。使用するランタンで使い分けて下さい。

30代/男性
30代/男性

やっぱりチンアナゴペグ!

評価:

燃料を使うランタンならやっぱりチンアナゴペグ!耐荷重もバッチリだし使いやすい!
価格もリーズナブルで購入しやすい商品です。

違い①ランタンハンガーをかける高さと耐荷重

アンコウスタンドとチンアナゴペグのランタンハンガーの違いはかける高さと耐荷重にあります。アンコウスタンドは耐荷重が800g以下ですが、チンアナゴペグは1㎏以上のランタンを吊るすことが可能です。

チンアナゴペグは燃料を使うランタン、例えばガソリンランタン等も利用することができるので、ランタンの種類を選ばずに利用することが違いとなります。

ランタンハンガーもチンアナゴペグはアンコウスタンドより高いのでアンコウスタンドと比べたら持ち運びのしやすさでいうと、アンコウスタンドの方が勝っていると思います。

違い②付属品と価格

アンコウスタンドとチンアナゴペグの価格と付属品の違いを解説します。まず価格からだとアンコウスタンドは約4,500円くらいです。それに比べチンアナゴペグは約3,000円弱とチンアナゴペグの方が価格は安いです。

価格の差はやっぱり付属品の違いです。アンコウスタンドは専用ポールが最初から付属されている為、チンアナゴペグより高くなっています。逆にチンアナゴペグはポールが付属されていないので、安くなってます。

もちろんタープポールも購入することで利用用途が広がりますのでタープポールを購入検討しているのならチンアナゴペグの方を購入する方が良いかもしれません。タープポールも大きさがあるので購入の際は気を付けて下さい。

違い③収納サイズと重量

アンコウスタンド

チンアナゴペグ

ペグ

W8×D2.5×H40

 W8×D3.5×H60 

ランタンハンガー

18cm

27cm

収納サイズ

W15×D45×H4

 W25×D63×H6 

重量

880g

960g

アンコウスタンドとチンアナゴペグの収納サイズと重量の違いを解説します。アンコウスタンドは持ち運びのしやすさ、軽量。

チンアナゴペグはアンコウスタンドより大きいので持ち運びのしやすさや重量は少し分が悪いところがあります。どちらが良いか悪いかはひとそれぞれだと思いますので自分に合ったものがベストです。

DOD「アンコウスタンド」はポール付きでお得!

アンコウスタンドはポール付きとなっているので非常にお得です。チンアナゴペグは別途購入が必要なのでチンアナゴペグと比べるとリーズナブルな価格で購入できます。またアンコウスタンドは自作でもできるので、購入にためらいがあるのならば自作してみるのも良いかもしれません。

自作でアンコウスタンドができればハンガーを吊り下げる高さや重量も自分で決めることができるので、自作してみるのもひとつの手段です。是非自作でもトライしてみて下さい。

ランタンスタンド(ランタンポール)おすすめ8選!軽量の人気アイテムも

あわせて読みたい

ランタンスタンド(ランタンポール)おすすめ8選!軽量の人気アイテムも

おすすめのランタンスタンドを紹介します。ランタンスタンドの形状や選び方のポイントを説明!また、人気メーカーのオススメ商品一覧と各メーカーの比較表もまとめましたので、ランタンスタンドの購入を考えている方は参考にしてください。

ランタンスタンドの自作方法まとめ!簡単に作れてキャンプに便利

あわせて読みたい

ランタンスタンドの自作方法まとめ!簡単に作れてキャンプに便利

ランタンスタンドを簡単に自作する方法を紹介!コンパクトにたためるランタンスタンドも市販されていますが、自作なら好きな高さ、好きな方向にランタンを吊るす方法も説明。キャンプがもっとおしゃれになる、ランタンスタンドの魅力も解説します。

fumi

この記事のライター

fumi

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

キャンプ道具

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

ジャックウルフスキンの魅力と日本での評価を紹介します!ジャックウルフスキンの幅広い商品ラインナップから、おすすめ商品も紹介していきます。国内外から高い評価を得ている商品多数なので、新生活に向けてリュックやジャケットの新調を考えている方、参考にしてください。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード