焚き火で使いたい陣幕7選!風除けから便利な目隠しタイプまで!

お気に入りに追加

焚き火陣幕についてまとめました。大人気品薄状態のクイックキャンプの焔から、ロゴスといった有名メーカーの陣幕まで徹底調査!焚き火の際に必要な風除け機能から便利な目隠しタイプまで、各メーカ毎のおすすめ要素をあわせて紹介します。

焚き火で使いたい陣幕7選!風除けから便利な目隠しタイプまで!

目次

  1. 焚き火におすすめの陣幕を紹介!
  2. 焚き火陣幕の効果
  3. 焚き火陣幕の選び方
  4. 焚き火におすすめの陣幕7選
  5. 焚き火におすすめの陣幕比較表
  6. 焚き火陣幕のQ&A
  7. 焚き火におすすめの陣幕まとめ

焚き火におすすめの陣幕を紹介!

焚き火
Pexels

キャンプの醍醐味のひとつでもある焚き火は雨風に弱く、キャンプ場で風が強く残念ながら断念することもありますよね。

そんなときに陣幕があれば風を防ぎ安定した焚き火を楽しむことが出来ます!ほかにも陣幕ごとの特性と効果があるので詳しく紹介していきます。

また、陣幕をホームセンターで手に入る素材で自作することも可能です。自作については記事の最後で紹介してますので、キャンプギアはなるべく自作したい!DIYやブッシュクラフトが好き!という方は是非自作に挑戦してみてください。

焚き火陣幕の効果

焚き火陣幕の効果①風よけ

陣幕で焚き火を囲むことが出来るので、横からの風を防ぎ火が強くなりすぎることを防止できます風を防ぎ安定させることは、火の粉の飛び散りを防止し大切なテントに穴が開いてしまう、なんてことも防ぐことにつながります。

焚き火陣幕の効果②目隠し

人気のキャンプ場など人が多いとき、チェアに座ってゆっくりしたいのに視線が気になったりすることはないでしょうか。

自分のサイトを目隠して、自分だけのプライベートな空間をつくることもできます。さらに、サイトの中が見えにくくなるので防犯にも効果があります。

焚き火陣幕の効果③暖かい空間

難燃性の生地は火のそばに設置しても安心なため、熱を反射してより暖かいと感じることが出来ます。冬の寒いときの焚き火はとても暖かく癒されますが、「焚き火に面している部分は暖かいけど…」という経験をした方も多いでしょう。

そんなときは輻射熱の効果で、より暖かい焚き火に包まれてみてはどうでしょうか。また、光を反射する効果があるので、明るさをアップさせることにもなります。

焚き火陣幕の選び方

焚き火陣幕の選び方①サイズ

「大きい陣幕で自分たちだけ空間をつくりたい!」そんなときは大きいサイズのものを選びましょう。分割数が多いものだと、アレンジの幅も増えておすすめです。さらに複数の陣幕で、囲み誰にも邪魔されない空間をつくることもできます。

焚き火陣幕の選び方②形状

形状としては主に2種類で、「台形」と「四角形」です。台形はソロキャンプや焚き火周りを囲むときに適しており、四角形は大人数でのキャンプ時や視線を遮りたいときに適してます。

また、プロジェクターの映像を投影することも出来るので、その際は大型の四角形がいいかもしれませんね。

焚き火陣幕の選び方③素材

焚き火の温度は約1000℃ほどあり、大体のものなら簡単に燃えてしまう温度になってます。しかし、燃えにくい理由は、生地が難燃性で作られているからなのです。

難燃性の生地が絶対に燃えないかと言うとそうではないので、生地ごとの特性を知り納得できるものを選んでみましょう。

コットン(綿)

コットン(綿)の耐熱温度は約275℃~456℃となっており、焚き火の温度を余裕で越えています。よく燃えにくいと言われる理由は、ポリエステルなどの他の繊維より強いというだけなのです。

ですが、たしかに多少火の粉がついても穴があいたり、コットンが燃え広がることがありません。焚き火陣幕としては効果があるでしょう。クイックキャンプの焔は、こちらの生地を採用してます。

ファイバーグラス

 ファイバーグラスとは素材がガラス繊維で出来ており、耐熱温度はなんと約500℃もあります。最近使用している人が多くなってきた焚き火台シートも、ファイバーグラスのものが多く信用がおける素材です。

ロゴスの陣幕はこちらの生地を採用してます。ロゴスの陣幕だと火により近づけることが出来るので、暖かい焚き火ができます。

ポリコットン

ポリコットンとは、ポリエステルとコットンから成る混紡素材です。そのため、両者の優れた特性を取り入れており、コットンの耐久性と軽量なポリエステルの特性が合わさった画期的な素材です。

しかし、コットンの比重が少なくないものや、コットン100%と比べると火に弱くなっています。使用する際は、焚き火に近づけすぎないように注意が必要です。

焚き火におすすめの陣幕7選

各メーカーの陣幕をまとめました。大人気クイックキャンプ焔のポイント解説や、ロゴスといったメーカ毎の特性などをチェックしています。買って後悔しないものを集めてみたので、是非お気に入りの一品を見つけてみてください!

①クイックキャンプ(QUICKCAMP) 焚火陣幕-homura

展開サイズ

約幅240(上部140)cm×高さ70cm

収納サイズ

約90cm×φ10cm

重量

約6.2kg

素材

フレーム:鉄 生地:コットン100%(綿 洗い加工)

男性
男性
評価:

ソロで使うには丁度良い大きさです。
素材は少しゴワゴワしたキャンバス生地でかなり丈夫でした。また火の粉がついても燃えるようなことは全く心配ない感じで色もとても良い感じです。

大人気のため売り切れになってることが多く入手困難なクイックキャンプの焔です。焚き火しているときはその場所を動きたくなくて、つい手の届く範囲にギアを煩雑に置いてしまうことはないでしょうか。

クイックキャンプの焔は独自のアイアンハンガーで道具をかけることも出来る仕様となってます。自分のこだわりのギアをハンガーにかけていつもと一味違う焚き火を焔で味わってみてはいかがでしょうか。また、焔はランタンフレームもついているのでランタンを横にかけることも出来ます。

②ロゴス(LOGOS) TAKIBI de JINMAKU

出典: 楽天市場
ロゴス
LOGOS (ロゴス) TAKIBI DE JINMAKU キャンプ用品 ソロ その他テント 81064040
9,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

ロゴスからでている風から焚火を守る陣幕型ウィンドスクリーンです。素材にファイバーグラスを採用しており耐熱温度が高いので安心して焚き火に近づけることが出来ます

火に近づけられる距離が近いほど輻射熱の効果を得られるので、暖かい焚き火を求めてる方にはロゴスがおすすめです。

展開サイズ 幅90×奥行90×高さ101cm
収納サイズ (約)幅14×奥行56×高さ7cm
重量 (約)2kg
素材 フレーム:スチール 生地:ファイバーグラス(シリコンコーティング)
男性
男性
評価:

焚火の風よけにと思って購入しました。長さ・高さが小さい焚火台に丁度良く、何より焚火の雰囲気が盛り上がります。実用性よりもカッコ良さの方が気に入ってしましました。お値段が少々高いのがネックですが、写真のように火が近くても解けたり焦げたりせず、何の問題もありませんでした。

③BUNDOK(バンドック) 焚火 リフレクター

幕サイズ

約2000(600・800・600)×700mm

収納サイズ

約430×75×75mm

重量

約700g

素材

フレーム:アルミ合金 生地:綿100%

男性
男性
評価:

カッコイイ!
設営も簡単!
ソロベースにベストマッチ!
収納サイズもGOOD!
耐久性はこれから使い込んで検証しますが…テントと違い強いチカラが掛かるようなものではないので問題ないかと思います。

 軽量でコンパクトになるのでソロキャンプにはピッタリでおすすめです。色もグレーなので合わせやすくコスパもいいので初めての陣幕にもおすすめです。 

④テンマクデザイン 陣幕 ミニ TC

出典: 楽天市場
tent-Mark DESIGNS
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)陣幕ミニTC
10,780円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

スクエア型の時代劇に出てくるようなタイプです。囲む範囲が広いのでまさに秘密基地作りにはピッタリでおすすめです。

展開サイズ 高さ100×全長幅300cm
収納サイズ 46.4 x 14.6 x 14 cm
重量 3.1kg、本体/0.8kg、ポール/2.1kg、収納ケース/0.2kg
素材 本体生地:コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)、ポールスリーブ/ポリエステル、ポール/スチール
女性
女性
評価:

風除け、プライバシー確保と一石二鳥でロースタイルキャンプにも活躍しそうです。設営も簡単で良い買い物をしたと思います。

⑤FIELDOOR(フィールドア) 焚火スクリーン220

展開サイズ

(約)220cm×74cm

収納サイズ

(約)42cm×9cm×9cm

重量

(約)1.5kg 

素材

本体:ポリエステル65%、コットン35% ・ポール:スチール

男性
男性
評価:

しっかりとした生地で作られています。
収納はコンパクトで、ツーリングキャンプなどでも使えそうなサイズです。

 生地には火の粉に強い難燃性に優れたT/C素材を採用しておりコスパも高いので人気が高く品薄な商品となってます 

⑥TENT FACTORY(テントファクトリー) サイドウォールTC(ポリコットン)

出典: 楽天市場
TENT FACTORY
TENT FACTORY(テントファクトリー) サイドウォールTC DBE TF-TCW500
12,200円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

幅が5mでこの値段という大きいサイズを求めている方にとってはこれ以上ないくらいコスパが高い陣幕です。生地にポリコットンを使用しているので焚き火でも安心して使えます。

展開サイズ 510×140cm
収納サイズ 59×12.5×12.5cm
重量 3.5kg
素材 フレーム:スチール(粉体塗装) 生地:TC(ポリエステル45%・コットン55%)
男性
男性
評価:

風除け、視線避けと本来の希望は達成出来ました。
ただ、ポールがちょっと弱く、引っ張ったら先端部分が曲がりました。
もう少し強度を高めていただきたいです。

⑦ビジョンピークス タープ 横幕 ファイアプレイスTCウィンドウォール

出典: 楽天市場
ビジョンピークス
横幕 ポール付き ファイアプレイスTCウィンドウォール VP160202I02 ビジョンピークス VISIONPEAKS
12,900円 (税込)
楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

こちらも幅が5mで大きなサイズですが、2分割なので設置方法が限られてしまいます。しかし大きさは十分なので目隠し効果大です。また、プロジェクター投影にもおすすめです。

展開サイズ 約500cm×140cm
収納サイズ 直径約15cm×68cm
重量 約4.3kg
素材 幕/ポリエステル+綿 フレーム/スチール
男性
男性
評価:

必要な物は全て揃っておりました。ポール3本タイプなので初めてでも簡単に設営出来ました。これからは必需品になりそうです。大変満足です

焚き火におすすめの陣幕比較表

メーカー

クイックキャンプ

ロゴス

BUNDOK

テンマクデザイン

FIELDOOR

TENT FACTORY

ビジョンピークス 

画像

クイックキャンプ ロゴス バンドック テンマク フィールドア テントファクトリー ビジョンピークス

商品名

 焚火陣幕-homura 

TAKIBI de JINMAKU

焚火 リフレクター

陣幕 ミニ TC

焚火スクリーン220

サイドウォールTC

ファイアプレイスTCウィンドウォール

特徴

・ソロにおすすめ

アイアンハンガーあり

・コットン100%使用

・暖かい焚き火におすすめ

・焚き火に強い素材

・ファイバーグラス使用

・軽量

・コンパクト

安価で購入可能

・目隠しにピッタリ

・四角形で高さがある

ロースタイルにおすすめ

コンパクトに収納可能

・ポリコットンを使用

・人気のグレーカラー

・コットン比重55%

視線遮断に最適

・サンドカラーでお洒落

・シンプルなデザイン

大人数におすすめ

・火の粉に強いTC素材使用

参考価格

Amazon(12,800円)

楽天(10,890円)

Amazon(6,977円)

楽天(10,780円)

Amazon(8,900円)

楽天(12,200円) 楽天(12,900円)

焚き火陣幕のQ&A

設営は難しくないのでしょうか?

テントやタープと同じくロープとペグで立てられますが、可能であれば近場で試し張りすることをおすすめします。

重くないのでしょうか?

生地や大きさにもよりますが、ソロキャンプや焚き火向けであれば軽量なものが多いです。

火の粉が飛ぶことを完全に防ぐことはできるのでしょうか?

完全に防ぐことは難しいです。テントが密集している状態で風が強い日などは過信せず、状況によって判断しましょう。

焚き火におすすめの陣幕まとめ

おすすめの陣幕を紹介しましたが、キャンプギアはなるべく自作したい!ブッシュクラフトやDIYが好き!という方は自作することも出来ます。

自作については以下のYouTubeで詳しく紹介されているので参考にして自作に挑戦してみてはいかかでしょうか。 自作したギアは人と被らないし、愛着がわいていいですよね。

時間も忘れて見ていられる焚き火、楽しみ方はそれぞれあると思いますが、是非陣幕を取り入れて暖かい快適な癒しの時間を過ごしてみてください!

aoasa

この記事のライター

aoasa

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

キャンプ道具

ジャックウルフスキンの魅力・評価は?リュックなどおすすめ商品8選も

ジャックウルフスキンの魅力と日本での評価を紹介します!ジャックウルフスキンの幅広い商品ラインナップから、おすすめ商品も紹介していきます。国内外から高い評価を得ている商品多数なので、新生活に向けてリュックやジャケットの新調を考えている方、参考にしてください。

関連するキーワード

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード