コストコのコンテナがキャンプで大活躍!スペックや活用法を紹介!

お気に入りに追加

便利なコストコのコンテナを紹介します。キャンプで大活躍するコストコのコンテナのスペックと、魅力を3つ紹介!また、キャンプ時だけでなく、屋内での活用方法を併せて紹介します。キャンプにおすすめのコストコのコンテナを、この記事でチェックしてください。

コストコのコンテナがキャンプで大活躍!スペックや活用法を紹介!

目次

  1. 便利なコストコのコンテナを紹介!
  2. コストコのコンテナのスペックと魅力
  3. コストコのコンテナの活用法
  4. コストコのコンテナはキャンプにもおすすめ!

便利なコストコのコンテナを紹介!

コストコのコンテナボックスは、デザインがオシャレで値段が安く、人気の商品です。使わない時は折りたたみ収納ができるので便利です。家庭内だけではなく、キャンプなどの屋外でも大活躍します。

コストコのコンテナボックスのスペックや、便利な活用法を紹介しますので、ぜひチェックしてみて下さい。コストコでコンテナを購入したけど、使い道がいまいち分からないと悩んでいる方は必見です。

コストコのコンテナのスペックと魅力

コストコのコンテナのスペック

容量

46L               

サイズ

53.3×35.6×28.6cm

畳んだときの高さ

5.5cm

耐荷重

約34kg

コストコのコンテナは、CleverMadeというメーカーの折りたたみコンテナボックスです。たたんでスタッキングすることもできます。イタリア製のとてもオシャレなデザインとなっています。

折りたたんだコンテナは、コンテナのフタとしても使用できます。キャンプの時に、カテゴリー別に色を分けておくと、必要な道具をすぐに取り出すことができて便利です。

買い物に行く際に、車に折りたたんだコストコのコンテナを積んで持ち運べます。お店でカートの下に折りたたんだコンテナを置き、会計後に組み立てて購入品を入れると、持ち運びに便利です。

魅力①値段が安い

コストコの折りたたみコンテナは、1,000円程で購入でき、他のコンテナと比べても値段が安いです。しかも、大容量で折りたたみ収納ができ、コスパが良い商品となっています。

値段が安いので、色違いで複数枚購入して使い分けて使用することができます。屋内だけでなく、ガーデニングの用品を収納したりと、屋外でも使えます。

魅力②組み立てが簡単

コストコのコンテナの組み立てはとても簡単です。両サイドに持ち上げて、側面のパネルを両サイドに開き、内側から軽く叩くだけで完成します。

折りたたむ時は、側面パネルを内側に軽く叩くだけです。コツをつかめば、力の弱い方や子供も簡単に組み立てたり、折りたたむことができます。簡単なので、屋外でも重宝するコンテナです。

魅力③キャンプ道具の持ち運びに使える

46Lと大容量なので、キャンプ道具がたくさん入ります。コンテナに荷物を入れたまま車に積んだり、コンテナごとキャリーカートに乗せてキャンプ場まで運ぶのも楽です。

コンテナを色分けして、キャンプ道具や食器類と寝具類など分けて収納しておくと、探す手間が省けるでしょう。

コストコのコンテナの活用法

活用法①キャンプ道具の収納

かさばるキャンプ道具をコンテナに収納し、物置などに保管しておけます。キャンプに行く時は、そのまま車に持ち運べて便利です。

自宅でのキャンプ道具の保管や、キャンプ場での使用に活躍するでしょう。耐荷重が約34kgなので、キャンプ道具を入れたまま積み重ねても大丈夫です。

活用法②衣類やタオルの収納

衣類やタオルの収納として使用するのもよいです。脱衣所に置き、洗濯物入れにしたり、バスタオルの保管に活用できます。

ダウンコートやスキーウェアなどの、大きな衣類や衣替えの衣類の収納に使うこともできます。重ねることができるので、クローゼットにスッキリと保管することができるのも、よいところです。

活用法③食品の収納

野菜
congerdesign

コストコのコンテナは、キッチンでの食品の収納や、パントリーの仕分けボックスとして使用できます。使用しない時は、折りたたんで隙間などに収納しておけるので、場所を取りません。

コストコの商品はサイズが大きいので、購入後の保管にも便利です。共稼ぎや大家族の世帯で、食品をまとめ買いする時の収納にも活躍します。

活用法④デスク周りのものや本の整理

A4サイズの書類やファイルを縦に収納すると、ピッタリと収まります。散らかりがちなデスク周りがスッキリします。デスク以外での作業時も、コンテナボックスごと持ち運べて便利です。

また、置きっぱなしになりがちな雑誌などの収納にも使うのもよいでしょう。図鑑など本棚に収納できない大きいサイズの本の保管にも使えます。

コストコのコンテナはキャンプにもおすすめ!

キャンプ
imgdive

コストコのコンテナは屋内でも屋外でも活用できます。大容量のコンテナなので、大型のキャンプ道具を保管したり、そのままキャリーカートに乗せてキャンプ場に持ち込むとよいでしょう。

コストコのコンテナは価格が安いので、いくつか購入して使い分けすると便利です。コストコに行った際は、ぜひコンテナをチェックしてみて下さい。

あいまお

この記事のライター

あいまお

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

キャンプ道具

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

ワーカーズオカモチⅡの魅力を解説します。この記事では、テンマクデザインとコラボして発売されたワーカーズオカモチⅡの特徴や人気の理由をまとめました。さらにワーカーズオカモチⅡのおしゃれな活用方法や取り扱う際の注意点をくわしく紹介します。

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード