ナンガのダウンシュラフおすすめ10選!サイズや選び方もチェック

お気に入りに追加

寝袋メーカー「ナンガ」のダウンシュラフに、どのような種類やサイズがあるか調査しました。また、ナンガ製のダウンシュラフを選ぶ際に知っておきたい選び方や、おすすめダウンシュラフ10選を紹介します。比較表も記載しているので参考にして下さい。

ナンガのダウンシュラフおすすめ10選!サイズや選び方もチェック

目次

  1. ナンガのおすすめダウンシュラフを紹介!
  2. ナンガ製ダウンシュラフの魅力
  3. ナンガ製ダウンシュラフの選び方
  4. ナンガのおすすめダウンシュラフ10選
  5. ナンガのおすすめダウンシュラフ10選の比較表
  6. ナンガのダウンシュラフでアウトドアを楽しもう!

ナンガのおすすめダウンシュラフを紹介!

キャンプ、登山で必ず用意するシュラフ(寝袋)を1941年から製造、販売している「ナンガ」。羽毛の産地として有名な、滋賀県米原市を拠点に日本中のキャンパー達に親しまれています。

寝袋メーカーだからこそ、こだわったダウンシュラフを多く販売しています。ここでは、ナンガのダウンシュラフの魅力に選び方、そしておすすめを紹介します。

ナンガ製ダウンシュラフの魅力

魅力①高品質の製造技術

ナンガは、自社工場でこだわり抜いた職人が1つ1つ丁寧に工程を進めます。また、製造技術に縫製やメンテナンスはトップレベルです。

国内生産だからこそ高品質かつ安心、安全を極めているダウンシュラフを販売しているのが魅力です。

魅力②こだわり抜いたダウン

ナンガのダウンシュラフに使用する羽毛は全て、国内の有名羽毛加工メーカーで洗浄されます。加工工場の水は、自然環境で採取された軟水を使用し、また乾燥させてる工程で最も適している気候の場所で行われています。

羽毛自体の寿命は約30年以上ですが、使い続けることで汗を吸うなどして劣化します。羽毛増量が必要になった際は、有料でナンガに依頼できます。

羽毛にこだわりナンガだからこそ、軽くて温かいダウンシュラフが出来上がり、使い続けることができます。

魅力③永久保証付き

自社工場で生産することによって培った技術は、他のメーカーには真似できません。もしシュラフに修理が必要になった場合、ナンガでは基本無償で修理できます。

キャンプなどで使用するため、どこかのタイミングで破れてしまったりすることもあります。ダウンシュラフの修理、修繕や破れなどが永久保証してもらえるのはナンガの魅力といえます。

ナンガ製ダウンシュラフの選び方

選び方①種類

ナンガ製ダウンシュラフの正規の種類はオーロラ、オーロラライト、ミニマリスム、UDDバック、ラバイマバッグと計5種類あります。また、オーロラ、オーロラライトは別注モデルが存在します。

また、正規とは別に訳ありとしてナンガの社長が賞賛したハイクオリティの海外工場生産のダウンシュラフもあります。こちらは、羽毛に特有の匂いがあるため価格を抑えて販売しています。種類によってサイズはショート、レギュラー、ロングと選べます。

選び方②フィルパワー

フィルパワーとは、羽毛のかさの高さを表す単位を表します。ナンガ製ダウンシュラフにはこのフィルパワーが記載されており、この数字が高ければ高いほど羽毛の保温機能が増し暖かく感じるでしょう。ダウンシュラフの選び方で、このフィルパワーを基準にシーズンに合わせて種類を選べます。

選び方③使用するシーズン

ダウンシュラフは羽毛の量によって、使用するシーズンが異なります。選び方として、3シーズン使用する場合は450、600のものを選ぶようにして下さい。

夏など蒸し暑い時には、一番数字が小さい180のものがあります。極寒の冬また海外などのあらゆる条件の山岳での使用には、一番数字が大きい900、1000を選ぶと間違いありません。

ナンガのおすすめダウンシュラフ10選

ナンガのおすすめダウンシュラフ①UDD BAG 180DX

出典: 楽天市場
NANGA
UDD BAG 180DX
29,700円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ナンガ製ダウンシュラフで、1番羽毛の量が少なく収納サイズが小さいです。羽毛に超撥水加工が施されており、ダウンの最大の弱点である水漏れしにくいようになっています。

また水に強い化繊の寝袋に比べて、コンパクトかつ軽く温かいのが特徴です。こちらのダウンシュラフは夏での使用をおすすめします。

サイズ 最大長:210 × 最大肩幅80/cm(身長178cmまで)
収納サイズ 直径12 × 20cm
総重量 約450g
快適使用温度/下限温度 11度/7度
50代/男性
50代/男性

夏用に

評価:

薄くてコンパクトサイズ。バックパックに入れてもかさばらないです。川でのキャンプで濡れても大丈夫なのが嬉しい。

ナンガのおすすめダウンシュラフ②MINIMARHYTHM 250

出典: 楽天市場
NANGA
MINIMARHYTHM 250
63,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

世界最軽量クラスで、使用できる外気温-5度のダウンシュラフです。フィルパワーは250と軽いですが、使用している羽毛は最高級シルバーグ一スです。

また高強度のシェル仕様なので、耐久性も抜群です。先ほどのUDD BAG 180DXと比較すると、こちらの方が総重量は軽くまた使えるシーズンも幅が広いです。サイズはレギュラーのみです。

サイズ 最大長:210×最大肩幅:80/cm [身長180cmまで]
収納サイズ 直径13 × 25cm
総重量 約415g
想定使用温度 -5度(NANGA基準)
30代/男性
30代/男性

高価だが…

評価:

非常に高価だけど、軽量かつ使えるシーズンが広いため購入しました。永久保証があるから、一生モノのシュラフが買えて満足です。

ナンガのおすすめダウンシュラフ③AURORA 350

出典: 楽天市場
NANGA
AURORA 350
32,780円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

ナンガの原点といえる種類のオーロラから、フィルパワー350のダウンシュラフです。ンプルかつ重量を抑えられる縫製方法で作られているので、コストを抑えながら誰でも使用できるように考えられたシュラフです。

また3シーズン使用できるのも魅力です。こちらはキャンプ以外にも、車中泊で使用している人も多いです。

サイズ 最大長:210×最大肩幅80/cm(身長178cmまで)
収納サイズ 直径15×25cm
総重量 約980g
快適使用温度/下限温度 7度/2度
40代/女性
40代/女性

ベーシック

評価:

真冬はキャンプをしないので、3シーズン使用できるオーロラに決めました。サイズは3種類あり、自分の背丈に合わせて購入できました。

ナンガのおすすめダウンシュラフ④UDD BAG 450DX

出典: 楽天市場
NANGA
UDD BAG 450DX
43,450円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

最初におすすめしたUDD BAG180DXと同じシリーズになります。羽毛に撥水加工済みなので、水に強いです。またこちらは更に羽毛の量が増えるため、夏の高所から冬の低所登山までのシーズン使用可能モデルです。

全てのダウンシュラフには、YKKの特殊パーツが使われています。ジッパーと生地の噛み込みの発生を軽減し、蓄光樹脂が使われているので暗い場所でも操作しやすいようになっています。軽量かつ、水に強いので登山やバイカーにおすすめです。

サイズ 最大長:210×最大肩幅80/cm(身長178cmまで)
収納サイズ 直径14 × 30cm 付属品:ショルダーウォーマー付
総重量 約825g
快適使用温度/下限温度 1度/-4度
20代/男性
20代/男性

水に強い

評価:

選び方を調べたら、450もしくは600が基準としりこちらを購入。雨の中でバイクに乗っても気にせず運べるから便利です。

ナンガのおすすめダウンシュラフ⑤AURORA light 450DX(さかいや別注)

出典: 楽天市場
NANGA
AURORA light 450DX(さかいや別注モデル)
37,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

アウトドア、登山用品専門店さかいやスポーツがナンガに別注でオーダーしたダウンシュラフです。ナンガで1番ベーシックなオーロラに立体構造を加えたのが、オーロラライトです。

また全てのダウンシュラフのフットボックスには、特に羽毛の量を多めに入れ自然な脚の形で保温できる設計になっています。

別注モデルのため、デザインが被りたくない人におすすめです。

サイズ 最大長:210×最大肩幅80/cm(身長178cmまで)
収納サイズ 直径14 × 30cm
総重量 約865g
快適使用温度/下限温度 -0度/ -5度
50代/男性
50代/男性

別注モデル

評価:

通常のも考えましたが、希少な感じがするので別注モデルにしました。肌触りよく、寝心地最高です。これから、車中泊でも使用します。

ナンガのおすすめダウンシュラフ⑥アウトレット訳あり ダウンシュラフ 450

出典: 楽天市場
NANGA
アウトレット訳あり ダウンシュラフ 450
24,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

通常ナンガは日本で製造されていますが、こちらはナンガの社長が惚れ込んだ高品質な海外工場で製造されているダウンシュラフです。ただダウン特有の匂いがあり、匂いに敏感な方は気になるかもしれない商品になっています。

こちらのシュラフのみ、通常にはないLジッパーがついているので連結することができます。訳ありですが、ナンガがバックアップしているため永久保証が付くのでコスパを抑えてかつナンガのクォリティは欲しい方におすすめです。

サイズ 最大長:210×最大肩幅80/cm(身長178cmまで)
収納サイズ 直径17×29cm
総重量 約940g
快適使用温度/下限温度 -4度/-8度
30代/女性
30代/女性

コスパ良し

評価:

年に数回しか寝袋使用しないので、コスパが良くクォリティーがいいモノを探してました。色は微妙だけど、保証もついて安心です。

ナンガのおすすめダウンシュラフ⑦AURORA light 600DX

出典: 楽天市場
NANGA
AURORA light 600DX
55,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

シュラフカバーがいらない、高機能コンパクトモデル「オーロラ ライト」から4シーズン使用可能なダウンシュラフです。チタンスパッタリング材を採用することによって、チタンの蓄熱・保温効果が高まり従来のものより温かいです。

4シーズン使用できると、ダウンシュラフの活躍の場が多くなると思います。その為ある程度使用したら、洗濯が必要になります。

洗濯は自宅でできます。洗濯ネットに入れ、洗濯機の毛布洗いコースを選択し洗います。脱水モードは使用せず、手で絞って陰干しをします。乾いてきたら羽毛をよくほぐして天日干しをして完了です。汗や油もとれ、フワフワのダウンが蘇ります。

サイズ 最大長:210×最大肩幅80/cm(身長178cmまで)
収納サイズ 直径17 × 31cm 付属品:ショルダーウォーマー、ドラフトチューブ付き
総重量 約1,050g
快適使用温度/下限温度 -4度 / -11度
20代/女性
20代/女性

オールシーズン

評価:

オールシーズン対応可能なので、キャンプ以外に防災も兼ねて購入しました。品質が良く、冬でも温かく使用できて満足です。

ナンガのおすすめダウンシュラフ⑧RABAIMA BAG W600

出典: 楽天市場
NANGA
RABAIMA BAG W600
63,800円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

2人用スリーピングバックシリーズの種類から、RABAIMA BAG W600を紹介します。子供連れのキャンプや車中泊の場合でも、親子で一緒に寝られるダウンシュラフです。

春から秋にかけて使用できるので使えるシーズンが長いです。更に選び方として、これ以外に400のものあり夏フェスやキャンプなどで使えます。家族やカップルで使用したい方におすすめです。

サイズ 140×233㎝
収納サイズ 直径25×40cm
総重量 約1,600g
40代/女性
40代/女性

家族用に

評価:

子供と一緒に寝ましたが、サイズが丁度良く2人で寝ると温かく寝心地も良かったです。日本製なので耐久性バッチリです。

ナンガのおすすめダウンシュラフ⑨AURORA light 750DX

出典: 楽天市場
NANGA
AURORA light 750DX
60,500円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

厳しい冬の国内ならほぼ使用可能な高機能モデルです。

冬に対応しているフィルパワー600以上のダウンシュラフには、ショルダーウォーマー、ドラフトチューブが付いてます。この2種類が付くことによって、保温された空気を逃さず更に保温力を向上する効果があります。

使用しないシーズンはどう保管するか気になると思います。収納袋に入れたまま保管すると、ダウンが圧縮され続けフワッとした状態が失われ品質が低下します。

その為保管方法は、シュラフ専用の通気性が優れたメッシュ生地の袋に防虫剤を入れるのがおすすめです。

サイズ 最大長:210×最大肩幅80/cm(身長178cmまで)
収納サイズ 直径19 × 31cm 付属品:ショルダーウォーマー、ドラフトチューブ付き
総重量 約1,200g
快適使用温度/下限温度 -8度 / -16度
20代/男性
20代/男性

温かい

評価:

羽毛の量が多い分、重さはありますがかなり保温性が高いです。洋服を着込んで寝る場合は、サイズを1つ上げて購入するといいです。

ナンガのおすすめダウンシュラフ⑩UDD BAG 1000DX

出典: 楽天市場
NANGA
UDD BAG 1000DX
77,000円 (税込)
楽天市場で詳細を見る

UDD BAGの中で一番羽毛量が多く、厳しい冬山から海外の高山登山にも対応できるダウンシュラフです。構造は台形ボックス同士が支え合うことによって、片寄を防ぎ効率的に保温できます。

羽毛の量が多い分、収納する際のたたみ方が気になると思います。まず収納する前に、ダウンシェラフのに含まれた空気をしっかり抜くことが重要です。

縦半分に畳み、全体を細長くします。更に押して巻いていくと全体の空気が抜けます。空気がある程度抜けたら、再度全体を広げ足側から袋に突っ込んで入れて収納します。

サイズ 最大長:210×最大肩幅80/cm(身長178cmまで)
収納サイズ 直径21 × 41cm 付属品:ショルダーウォーマー、ドラフトチューブ付き
総重量 約1,450g
快適使用温度/下限温度 -9度 / -16度
50代/男性
50代/男性

冷え性

評価:

冷え性なので、保温性の1番高い種類を探して決めました。真冬でもぐっすり寝れます。

ナンガのおすすめダウンシュラフ10選の比較表

商品名

UDD BAG 180DX

MINIMARHYTHM 250

AURORA 350

UDD BAG 450DX 

AURORA light 450DX(さかいや別注モデル)

アウトレット訳あり ダウンシュラフ 450

AURORA light 600DX

RABAIMA BAG W600 

AURORA light 750DX

UDD BAG 1000DX

画像

特徴

夏のシーズンのみ

・収納サイズが一番コンパクト

・超撥水加工

・3シーズン使用可能

世界最軽量クラス

・高強度のシェル仕様

・3シーズン使用可能

・ナンガの原点ダウンシュラフ

シンプル構造

・夏の高所から冬の低所登山までの

 シーズン使用可能

登山に適している

・3シーズン使用可能

さかいや別注モデル

・オーロラより軽量

・夏の高所から冬の低所登山まで使用可能

ダウン特有の匂いがある

・正規と同じ永久保証付き

4シーズン使用可能

・チタン素材で保温効果大

・オーロラより軽量

・春・夏・秋の3シーズン使用可能

2人用スリーピングバック

・家族、カップル向け

国内のほとんどの厳冬期環境

 で使用可能

・ショルダーウォーマー、

 ドライチューブ付き

厳冬期をから海外の

 高山登山まで使用可能

・超撥水加工

商品リンク

楽天(29700円) 楽天(63800円) 楽天(32780円) 楽天(43450円) 楽天(37800円) 楽天(24800円) 楽天(55000円) 楽天(63800円) 楽天(60500円) 楽天(77000円)

ナンガのダウンシュラフでアウトドアを楽しもう!

ナンガの魅力である、羽毛へのこだわりが詰まったダウンシュラフ。正規のものは、国内生産なので耐久性、保温性への信頼また永久保証が付くことによって安心して使えます。

種類も豊富かつ、カラーやサイズもバリエーションがあります。ご自身のアウトドア用品の1つとして、ナンガのダウンシュラフを加えてみてはいかがでしょうか。

インナーシュラフのおすすめ10選!選び方や活用法も合わせて紹介!

あわせて読みたい

インナーシュラフのおすすめ10選!選び方や活用法も合わせて紹介!

インナーシュラフについてまとめました。インナーシュラフの素材や形の違いで、どのような差がでるのか徹底調査の結果を紹介します。また、季節に応じたインナーシュラフで快適な睡眠を得られるように、おすすめ商品についてもまとめてます。

Toogeの寝袋「ダウンシュラフ」は最強!おすすめする理由・評判は?

あわせて読みたい

Toogeの寝袋「ダウンシュラフ」は最強!おすすめする理由・評判は?

Toogeの寝袋「ダウンシュラフ」の魅力を解説します。保温力だけじゃない!冬キャンプにおすすめの理由や、気になる商品の評判についても紹介しています。普段使いでの具体例も説明。Toogeの寝袋を知らなかった方、どんな寝袋を買おうか迷っている方はぜひ読んで下さい。

Tomo P

この記事のライター

Tomo P

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【寝袋・シュラフ】マミー型と封筒型の特徴は?おすすめアイテムも

寝袋・枕

【寝袋・シュラフ】マミー型と封筒型の特徴は?おすすめアイテムも

寝袋・シュラフのマミー型と封筒型の特徴とメリット・デメリットを分かりやすく解説!マミー型と封筒型の寝袋・シュラフのおすすめ商品もそれぞれ5選ずつ紹介します。マミー型と封筒型のどちらの寝袋・シュラフを購入しようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

寝袋・枕

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

おすすめの最強冬用シュラフを16選紹介します!冬キャンプを快適に過ごせる人気商品や、コンパクトさに特化した商品を掘り下げています。また、冬用シュラフの選び方や防寒アイテムについても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

寝袋・枕

タイベックのシュラフカバーが優秀!自作方法・メーカー商品をチェック

タイベックのシュラフカバーについて徹底調査しました!タイベック素材のシュラフカバーの特徴や、おすすめのメーカー商品を詳しく解説します。タイベックを使ったシュラフカバーの自作方法もまとめました。さらに初心者にも分かりやすく、Q&Aも合わせて紹介します。

冬キャンプ・登山に便利な寝袋(シュラフ)の使い方を徹底調査!

寝袋・枕

冬キャンプ・登山に便利な寝袋(シュラフ)の使い方を徹底調査!

快適な寝袋(シュラフ)の使い方についての特集です。各種素材や形状を比較しながら、寝袋の適した使い方について解説します。また、冬のキャンプや登山・テント内で活躍するための正しい使い方や、上手な洗濯方法についても併せて紹介していきます。

DOD「ジャケシュラ」のレビューまとめ!冬キャンプにおすすめ

寝袋・枕

DOD「ジャケシュラ」のレビューまとめ!冬キャンプにおすすめ

DODから販売されている「ジャケシュラ」を紹介します。ジャケシュラの魅力や、ファスナー・ポケットなどの機能をレビューと共に解説!DODのジャケシュラを使用する際の注意すべきポイントも説明していますので、ぜひ参考にしてください。

寝袋・枕の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード