セリアの自在金具(コードスライダー)はキャンプで活躍するおすすめ商品

お気に入りに追加

セリアの自在金具(コードスライダー)の魅力について紹介します。セリアの自在金具(コードスライダー)の特徴を詳しく解説!自在金具(コードスライダー)を使うポイントについてまとめていますので、キャンプで使いたい方もぜひチェックしてみてください。

セリアの自在金具(コードスライダー)はキャンプで活躍するおすすめ商品

目次

  1. 大人気セリアの自在金具(コードスライダー)を紹介!
  2. セリアの自在金具(コードスライダー)のスペックと魅力
  3. セリアの自在金具(コードスライダー)を使う時のポイント
  4. セリアの自在金具(コードスライダー)を使ってみよう!

大人気セリアの自在金具(コードスライダー)を紹介!

100円ショップのセリアでは、たくさんのキャンプ用品を売っています。食器やバーベキューグッズはもちろん、テント設営に必須の、ペグやガイロープなども揃っています。その中でもおすすめな商品が、セリアの自在金具(コードスライダー)です。

安いのに高品質で、とても100円とは思えない商品です。カラーも3色あるので、テントを固定するガイロープのアクセントにもなります。キャンプ好きの方は、見逃せないアイテムです。ぜひチェックしてみてください!

セリアの自在金具(コードスライダー)のスペックと魅力

セリアの自在金具(コードスライダー)のスペック

セリアの自在金具(コードスライダー)の詳細なスペックは、以下のとおりです。

商品名

アルミ製コードスライダー6P

材質

アルミニウム

本体サイズ

約3.8mm x 15mm

ロープ穴

約5.5mm

カラー

シルバー、ブラック、レッド

生産国

中国

包装単位

6個入れ

魅力①6個入りでお手頃価格

セリアの自在金具(コードスライダー)は、100円(税別)で6個入りなので、とてもお買い得です。1個あたりの金額は、約16.7円(税別)です。

他メーカーの商品では1個50円以上するものが多いので、とてもお手頃価格で魅力的です。個数も6個単位なので、予備用として購入したり、ちょっとずつ買い増しするのにちょうどよい数です。

魅力②3色のカラー展開

セリアの自在金具のカラーは、全部3色あります。色はシルバー、ブラック、レッドの3種類なので、好みに合わせて選べます。レッドやブラックの塗装も、キレイに仕上がっています。

一般的には、ガイロープにシルバーの自在金具の組み合わせが多いです。しかし、レッドをチョイスすればワンポイントのアクセントになります。ちょっとしたこだわりで、キャンプがおしゃれで楽しくなります。

セリアの自在金具(コードスライダー)を使う時のポイント

強力なロックのかけ方

自在金具の使い方を、きちんとマスターしておきましょう。風などで緩んでしまったら、大変危険です。

自在金具は「くの字型」をしています。テント側のロープをくの字の上の穴に、内側から通します。そして、折り返してきたロープを、下穴に通して固定します。

下穴に通すときに、くの字の外側から通した場合は通常の使い方です。更に強力にロックしたい場合は、くの字の内側から下穴に通しましょう。

ロープと金具に角度がつくので、摩擦が強くなり緩みにくくなります。その他に、上穴を通したロープを自在金具の中央部で引っ掛ける等して摩擦力をあげて、緩みにくくする方法もあります。

ロープを穴に通してまとめておくのもOK

自在金具は、テントやタープを固定するために必須です。そのため、少し予備として多く持っておくと安心です。もし手持ちのものが壊れてしまったときに、すぐ対処できるためです。

自在金具は小さい部品なので、バラバラになったり、なくしてしまいがちです。いざ使用したいときに、見当たらなかったら困ります。そんなときは、ガイロープに通してまとめて保管しておくのがおすすめです。

耐久性に注意

セリアの自在金具(コードスライダー)は、耐久性に関して少しだけ不安があります。本体の厚みが約1mmしかないため、強い負荷が掛かったときに破損してしまう恐れがあります。

とはいえ、一般的に過酷な条件でキャンプをすることは少ないので、問題は無いでしょう。テントやタープが吹き飛んでしまうほどの強風時は、そもそもキャンプをすること事態が危険です。

セリアの自在金具(コードスライダー)を使ってみよう!

セリアの自在金具は、100円とは思えないくらい使い勝手がよく、おすすめの商品です。シルバーの無機質なカラーから、赤などにチェンジして雰囲気を変えてみるのもいいでしょう。

自在金具は細かい部品ですが、テントやタープを固定するために、大切なアイテムです。だからこそ、少しこだわってみましょう。

100円ショップには自在金具の他にも、高品質で実用的なアイテムがあります。積極的に取り入れてみてください。

urataka

この記事のライター

urataka

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

キャンプ道具

「ワーカーズオカモチⅡ」が大人気!おしゃれなスパイスボックスを調査

ワーカーズオカモチⅡの魅力を解説します。この記事では、テンマクデザインとコラボして発売されたワーカーズオカモチⅡの特徴や人気の理由をまとめました。さらにワーカーズオカモチⅡのおしゃれな活用方法や取り扱う際の注意点をくわしく紹介します。

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

キャンプ道具

DOD「ビッグファイアクレードル」が人気!焚き火台としても使えて便利

DODの「ビッグファイアクレードル」が人気を集めるポイントを解説!焚き火台としても使える便利な特徴について説明します。DODの「ビッグファイアクレードル」と一緒に使うとキャンプの雰囲気が盛り上がる、おすすめアイテムも紹介します。

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

キャンプ道具

ハイマウントのミニパックグリルがキャンプに便利!withプレートも人気

ハイマウントのミニパックグリルを徹底解説!キャンプに最適な理由や価格、五徳としての性能について掘り下げていきます。ミニパックグリルwithプレートとの違いについても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

キャンプ道具

ノルディスク商品を購入するならOutdoorfairで個人輸入がおすすめ

Outdoorfairを利用した、ノルディスクの商品を購入する方法について解説します。この記事では海外ブランドの個人輸入について、また個人輸入のメリットデメリットについてまとめました。Outdoorfairサイトの活用方法を紹介します。

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプ道具

キャンプにすのこがあると便利!使い方やおすすめアイテム紹介

キャンプやアウトドアでの、すのこの便利な使い方についての特集です。テーブルや玄関マット・物置きなど、アイデア次第でアウトドアがより充実できるための便利な使い方を解説します。また、キャンプで実用的なアウトドア用すのこも紹介します。

キャンプ道具の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード